2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« プレイバック功名が辻・(22)光秀転落 | トップページ | 七夕の短冊に書きたい願いごとは? »

2011年7月 3日 (日)

(25)愛の嵐

地上・BSデジタル放送完全移行 2011年7月24日まで あと21日
地上およびBSのアナログテレビ放送は終了し、デジタル放送へ移行します。


豊臣秀吉(55)が千 利休(70)に切腹を命じたことは
またたく間に江(19)の耳に入ります。

大徳寺山門の二階に利休の木造を設置し
関白秀吉でさえも その股の下をくぐらせるような所業は
石田三成(32)としても許せないことではあるのですが、
江はそれを「黙れ!」と一蹴。

天下人・秀吉に対しても「お気は確かですか!?」と詰め寄る江は
今や秀吉の力をも凌ぐ影の権力者!
……というわけでもなく、最近の秀吉は
江をシカトする術を身につけております。

秀吉も、利休を失いたくはないのです。
しかし天下人が下した命令は
そうやすやすとひっくり返せるはずもなく、

かといって利休も、
秀吉に対する“目の上のたんこぶ”的性質を
切腹を命じられたからといって変えるわけにもいかず。

ここは男同士のプライドが激突しているだけに
江が口を挟んだところで、どうなるわけでもありません。

豊臣秀次(24)は、利休の切腹を止めるには
秀吉を動かすのではなく、逆に利休を動かす
つまり“利休から秀吉に詫びを入れさせる”という
素晴らしい提案をしますが、

利休にもプライドがあって、命乞いはしない可能性が高く
結局のところは利休も動かせないでしょう。

天正19(1591)年2月28日、
千 利休、切腹──。


秀吉の悲劇は、更に続きます。

秀吉が愛してやまない鶴松が
わずか3歳で夭折してしまったのです。
秀吉も淀も、
幼い子の亡きがらを前に泣き崩れています。

わが子を失った母親は、とても辛い立場だと思います。
希望を失っている淀は 鶴松を追うつもりだと言いますが、
北政所は、わざと明るく淀に話しかけます。
「また秀吉の子を産んではもらえまいか?」

子をなくしたばかりの母親にかける言葉にしては
むごいものにも聞こえますが、
それがみんなを救う道……いや、
みんなだけではなく 淀を救うためでもあるのです。


一方で、乱行気味の秀吉は
三成にそそのかされて、朝鮮出兵に夢中になり出します。

朝鮮に戦いを挑むという所業は、関白という立場では
「恥ずかしいとは思いませぬか」と江は反対しますが、
それならいっそ関白なんか辞めてしまえ、と
秀吉は関白職を辞して、秀次にその座を譲ってしまいます。

12月、秀次は帝から関白に任じられ
同時に秀吉は、関白の父を表す「太閤」となりました。


「今一度、嫁に行け」と秀吉が江に命じたのは
天正20(1592)年の正月のことです。

8年前とはいえ、江は秀吉の命令で
佐治一成(24)に嫁いだ身でありまして、
それをまたも秀吉の命で離縁させられたわけで、

己の思いのままに人生を操られているように感じた江は
ついに怒りを爆発させるのですが、
その相手は、ナント……
江が密かに思いを抱いていた豊臣秀勝(24)であります。

江にとって意外だったのは、
秀勝も密かに江を好いてくれたことであります。
「江殿、私の妻になってくれませぬか」

発していい言葉がみつからず、
目を丸くするだけの江です。

──────────

天正19(1591)年2月28日、
豊臣秀吉に命じられ、千 利休が切腹する。
享年70。


慶長20(1615)年5月8日、
大阪夏の陣で敗れ、豊臣家が滅亡するまで

あと24年2ヶ月──。

(『春日局』では「(7)愛の鞭」〜「(8)嫁ぐ」のドラマ空白部分)


原作・脚本:田渕 久美子
脚本協力:田渕 高志
音楽:吉俣 良
題字:菊池 錦子
──────────
[出演]
上野 樹里 (江)
宮沢 りえ (淀)
水川 あさみ (初)

向井 理 (徳川秀忠)
鈴木 保奈美 (市・語り)
──────────
AKIRA (豊臣秀勝)
萩原 聖人 (石田三成)
北村 有起哉 (豊臣秀次)
──────────
石坂 浩二 (千 利休)

岸谷 五朗 (豊臣秀吉)
草刈 正雄 (本多正信)
大竹 しのぶ (北政所)
北大路 欣也 (徳川家康)
──────────
制作統括:屋敷 陽太郎・櫻井 賢
ブロデューサー:大杉 太郎
演出:野田 雄介


◆◇◆◇ 番組情報 ◇◆◇◆

NHK大河ドラマ『江 〜姫たちの戦国〜』
第26回「母になる時」

アナログ総合・デジタル総合:午後8時〜
BSプレミアム:午後6時〜

« プレイバック功名が辻・(22)光秀転落 | トップページ | 七夕の短冊に書きたい願いごとは? »

NHK大河2011・江」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プレイバック功名が辻・(22)光秀転落 | トップページ | 七夕の短冊に書きたい願いごとは? »