2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« 好きなだけ寝られるとしたら、何時間寝たい? | トップページ | プレイバック国盗り物語・総集編前編 »

2011年7月19日 (火)

おつかれさま

地上・BSデジタル放送完全移行 2011年7月24日まで あと5日
地上およびBSのアナログテレビ放送は終了し、デジタル放送へ移行します。


思わず“おつかれさまでした”と
胸の中でつぶやいたお相手が、偶然にもこの日におふたり。

うち、まずおひとりは、
地元F岡出身の大関・魁皇関でありましょう。

横綱・千代の富士関(現 九重親方)が樹立し、
今まで破られなかった“通算最多勝”という大記録を
コツコツと勝ち星を重ねてきたことで見事に塗り替えた魁皇関。

マラソンにしたって何にしたって、
目の前に先頭走者や記録が走っていれば
それを目標にただひたすらに頑張れることもありますが、

記録を塗り替え、今なお更新中という身であるならば
自分自身は孤独です。
孤独の戦いほどつらくきついものはありません。

魁皇関へのいろいろな媒体の取材などでは、
身体はあちこち故障し、ただ気力だけで土俵に立っている
……といったようなことを何度かお聞きしましたが、

孤独の戦いでは、やはり
気力の維持すらかなわなくなったのかもしれません。

魁皇関の、大相撲界への貢献度はとても高いと思います。
欲を言えばK州場所まで、というのも確かにあるでしょうが、
魁皇関ご本人が一所懸命に相撲を取り続けた結果なので
「よくやった!」とねぎらってあげたいですよね。

本当に、おつかれさまでした。


そしてもうおひとり、俳優・原田芳雄さんです。
原田芳雄さんといえば、アウトローの雰囲気が特徴の
素晴らしい役者さんであります。

Kassyが初めて原田芳雄さんを知ったのは、
NHK大河ドラマ『独眼竜政宗』での
政宗の伯父にあたる最上義光役ででした。

この時は、政宗の伯父でありながら
最上家は伊達家の宿敵でもあったので、
とても怖いというか、一筋縄ではいかない役柄でした。

だからKassyは、幼心にも
原田さんにそういうイメージを持っていたのですけど(^ ^;;)

でも、そう思わせるというところに
役者としての素晴らしさがあるんだなぁと
大人になって感じていました。

それ以降、大河ドラマ『毛利元就』『義経』や
民放ドラマ『ブラックジャックによろしく』
『ヤンキー母校に帰る』などでもおなじみで、
いつしかKassyの好きな役者さんのおひとりになっていました。

先日7月11日にも、ご自身が主演なさった映画
『大鹿村騒動記』のプレミア試写会にご参加。
腸閉塞に誤嚥性肺炎を併発、さらに腰部脊柱管狭窄症の悪化という
そんな闘病の身でありながらも車椅子で参加されておられました。

「今日はどうもありがとうございます。
どうぞ、ごゆっくりご覧ください」
と、原田さんからのメッセージを
共演の石橋連司さんが代読されていました。

お元気なころの原田さんとは思えないほど
お身体もとてもやせ細っていて、
闘病の過酷さを物語っていたように感じていたのですが、

今日届いた、原田さんの訃報。
本当に、本当におつかれさまでしたと言いたいです。

今まで勇気を与えてくれて、
今まで希望を与えてくれて、感謝です。
ありがとうございました。

« 好きなだけ寝られるとしたら、何時間寝たい? | トップページ | プレイバック国盗り物語・総集編前編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 どうもこんにちは。
 大関の引退・・・ついにこの時が来てしまいましたねぇ・・・。若貴や曙、貴ノ浪、武蔵丸などが全盛期の時から上位でずっと戦いつづけ、けがや持病に負けずよく頑張ってこらてました。
 印象のある取組は色々ありますが、やはり平成16年(2004)のK州場所の千秋楽。当時横綱の朝青龍関との結びの一番。勝てば、横綱に昇進するかもしれないという大一番でした。テレビで観戦してましたが、勝ってほしいと祈ってました。結果は寄り切りで勝利しましたが、残念ながら横綱への昇進は見送りとなり次の場所に途中休場となり、昇進はできませんでした。
 そしてその後、けがや持病に苦しみながら今までよく頑張ってこられました。
 本当にお疲れさまでした。
 今回はこの辺で・・・・

──────────

M:Iさーん。こんにちは!
今日もコメントありがとうございまーす。


>若貴や曙、貴ノ浪、武蔵丸などが全盛期
あ〜……相撲にはあまり詳しくないKassyですが
名前を聞きますと、実に懐かしい時期ですね(笑)。

あの時期から活躍していたと考えれば
とても長い間、
先頭を突っ走って来られたんですね〜。


>残念ながら横綱への昇進は見送り
うろ覚えですが、
当時のことは何となく覚えています。
協会の中ででも、
何かいろいろ揉めたんでしたっけ?

かわいそう、という一言では
片づけてはいけないのかもしれませんが、
勝負事の厳しさを見せつけられたような気がします。

本当におつかれさま、ですね( ^ ^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 好きなだけ寝られるとしたら、何時間寝たい? | トップページ | プレイバック国盗り物語・総集編前編 »