2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« (33)徳川の嫁 | トップページ | 食事の食べ残し、どう思う? »

2011年8月30日 (火)

細かすぎて伝わらないバスネタ選手権(30)

今回は「ブルータス、お前もか」と
ついついつぶやいてしまいそうなバスネタです。


ほぼF岡県内を網羅するN鉄バス。
その行先表示(方向幕)のフォント、
つまり字体が変更になってはや1年ちょい。

その“新フォント”には、もう慣れましたか?

慣れたと聞くより、
新フォントに変更されるのと同時に
徐々にLED電子方向幕(←幕ではないけれど)にも
変わりつつあるので、

新フォントを目にする機会も
そこまでは多くはなかろうと存じます。

でも、Kassyは最近知ってしまいました。

この現象、N鉄だけの話ではなかったのですね!(^ ^;;)

車両等の点では、N鉄とけっこう仲良しな(?)関西のH急バス。
H急バスの方向幕も、他社に比較すれば
けっこう特殊と言えるような表示内容です。

Kh3001
(イメージ図)

一部地域・路線を除いて、
H急バスの方向幕は角ゴシック体をベースに
経由地や英文字が斜体となっていて、
パッと見ではとてもオシャレでカッコいい。

特に経由地欄では、
その経由地名を囲む平行四辺形のうち上辺と右辺がなく
下辺と左辺のみが記載されるというデザインで、

経由地欄が影のできる立体的デザインにも見えるし
見方を変えれば、今にも駆け出しそうなデザインにも見えます。

それが最近見かけた方向幕は、
フォントは角ゴシック体でありながら若干丸みを帯びた形で
経由地名を囲む平行四辺形は全辺記載があり、
斜体角度も従来のものよりもほんの少し緩やかになって
英文字はついに斜体ではなくなりました。

行先内容を合わせてみたら、次のようになります。

Kh3002
(イメージ図)

イメージ図は、まぁあくまでイメージなわけですが、
「角ゴシック体でありながら若干丸みを帯びた形」というのは
お分かりいただけるでしょうか。

[10]系統の「S和台」の“台”が、
丸みを帯びた形といいたいイメージです。
(実際のフォントは異なります)

となると、この方向幕をよくお見かけする関西地区でも
「この方向幕はどうなんだ??」などといった
議論を呼んでいるのでしょうかね。

なじみのお店がなくなってしまうということは、
想像以上に影響が波及してしまうということを
知ってしまったKassyでした(^ ^)

« (33)徳川の嫁 | トップページ | 食事の食べ残し、どう思う? »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« (33)徳川の嫁 | トップページ | 食事の食べ残し、どう思う? »