2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« お散歩(115-1) | トップページ | (35)幻の関ヶ原 »

2011年9月10日 (土)

お散歩(115-2)

……つづき……

せっかくO分までやってきたので、
祖母の家の周辺を軽くお散歩してみました。

Ki0304Ki0303

Kassyがまだ小さい頃は、
基本的に親の車で祖母の家まで帰っていたのですが、

ひとりで電車に乗って帰るようになってからは、
O分駅からてくてくと
徒歩で祖母の家まで帰るようになりました。

とはいえ、O分の道事情に特段詳しいわけでもなく。
昔、帰省時に遊んだこの公園を目印に帰っていたのを思い出します。

シーソーの、腰掛け部分の板がとても懐かしく、
思わずパシャリ(^ ^)
ただ、四半世紀前にKassyが遊んだものとは考えにくいので、
比較的新しいシーソーなのかもしれません。

Ki0306Ki0305

小さい頃は、公園にしか気が行っていなかったので、
コレがあったことには気づきませんでした。

強風のためか、実がたくさん落ちてます。

Ki0307

この公園の近くには、確か「スーパー吉四六(さん)」という名の
お店があったような記憶がありますが、今回探してみたところ
そのような名前のお店はありませんでした(T^T)

Ki0308Ki0309

祖母の家の前には、
それはそれは細い路地になっておりまして
普通車が通るのがやっとでありました。

1枚目の画像に写る交差点の、次の十字交差点から
とてもとても狭くなるのですよ(^ ^;;)

「狭い!」ということだけ記憶していたKassyは、
軽自動車であるKassy号で通ってみましたが、
まぁ、軽ならさすがに通れま……狭ッ!(笑)

難なく通った父親の運転技術に脱帽であります。。

ちなみに2枚目ですが、
Kassyがよく帰省していた頃は双方向行き来できる道で、
祖母の家の真ん前……というか、路地側に玄関があるので
この通りから見れば真裏? にバス停があったはずですが、

いつしか一方通行路になってしまっております。

ちなみに祖母の家の近くには銭湯があり、
お風呂が万年(?)壊れていたので、
帰省時は銭湯に毎日お出かけしておりました。

その銭湯も探してみたのですが、
どうやら探し方が悪かったらしく見つけきれませんでした。
(でも地図上では存在するようです)

祖母の家の前まで行ってみます。

ちなみに祖母亡き今は、
祖母の妹さん(つまりKassyの大叔母)が住んでおられます。
昔帰省していたころと何の変わりもなく建っているのを確認して、
13時40分、ひとまず近くのコンビニへ。

食事休憩&お昼寝です(笑)。


O分駅前を14時49分に出発しました。
さ、F岡へ戻りましょう。

帰り道は、O分帰省時に往復した道を通るので、
場所によっては「おっ!?」と思えるところもあるかもしれません。

B府からK乃井ホテル前を通ってY布院方面へ向かいますが、
かなりの急坂が続くのですね(^ ^;;)
こりゃ逆方向じゃなくてよかったわ。。。

15時34分、K島高原。
ココの見晴らしの良さは、幼心にも記憶がありますぞ。
この雄大さは、なかなか忘れられるものではありません。

16時03分、M分峠。
F岡から見て、ココを通過すればもう一歩! という分岐点で
それだけに峠の道なりを詳細に記憶していましたが、
それは今でも変わりなく存在しました。

ちょっと一安心です(^ ^)

16時49分、Aヶ瀬。
側道をおりて行けば温泉街に通じますが、
特に立ち寄る必要がなかったので、
天空を超えるが如き道をバビューンと走り抜けます。

B後N川駅からは、T塚からのバスルートと合流するので
ココからは何度も通ったことがある道です。
N川駅の先にあるコンビニで、10分程度の小休止。

17時20分、H田駅前。
一人で初めて訪れたときは、バスセンターの場所が分からなくて
何度も車で行ったり来たりを繰り返しておりましたが、
案外目の前にあってビックリしました(笑)。

18時34分、Y家道。
帰省のルートはココからも直進なのですが、
夕方ということもあり、H摺東のYめタウン付近で
渋滞が待っているかもしれないと考えて、
ここは旧国道へ逃げました(笑)。

C豊本線(H田線)の踏切で見事に引っかかりましたが、
1日数往復の路線なので、引っかかることにも運命を感じます。

そんな形で、D宰府の自宅に18時58分に到着し、
往路4時間40分、復路4時間09分の
合計8時間49分の行程を走りきったわけですが、
意外にも疲れませんでした。

これは恐らく、車を降りている間に
何もしなかったからだと思われます。

普通であれば、どこかへお出かけすれば
目的地について車を降り、あちこち出歩いて車に乗り……
ということを繰り返すので、最終的にはクタクタになりますが、
今回はそれがなかったからでは? と自分なりに分析しています。

それでも、途中休憩を挟みながら
9時間弱を運転しきったことは自分自身初めてのことでもあり、
とても自信になりました(←何の?(笑))。

さ、次は12時間超を目指すどー!! ( ^ ^)/

« お散歩(115-1) | トップページ | (35)幻の関ヶ原 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お散歩(115-1) | トップページ | (35)幻の関ヶ原 »