2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月の31件の記事

2011年10月31日 (月)

考え事をしていて

よく、電車の運転士さんが
停車駅をついうっかり通過してしまった際に使う言い訳として
“考え事をしていた”というのがありますが、

Kassy、考え事をしておりまして
ついうっかりやってしまいました。

……というわけでは決してなく、
Kassyの場合、多忙を極めておりましたら
ついつい着地点を見過ごしてしまいました(^ ^;;)┓

申し訳ない。

てなわけでこの度、Kassyブログは
皆さまのご厚情を賜りまして、
平成23(2011)年10月27日、午後9時20分57秒に、
Kassyブログへのアクセス数が


270,000 counts


を達成しました!
ありがとうございます!

続きを読む "考え事をしていて" »

2011年10月30日 (日)

(42)大坂冬の陣

【アヴァン・タイトル】

──立場を超え、ともに天下泰平を願った秀忠と秀頼。

しかし、三姉妹に迫る悲劇。
最悪の事態は避けられるのか?

江との約束を胸に、秀忠は戦場に立つ──

続きを読む "(42)大坂冬の陣" »

2011年10月29日 (土)

プレイバック功名が辻・(39)秀吉死す

最終回まで、今回を含めて残すところあと11回!
この11回を残り2ヶ月少々でお届けいたします。


慶長元(1596)年12月。
豊臣秀吉は、わずか4歳の拾を元服させ、
名を「豊臣秀頼」と改めさせます。

秀吉自身、生い先短いことを悟っていたのかもしれません。

秀吉は、秀頼に背くものは天罰を被ると脅しますが、
徳川家康や前田利家は、そのお披露目の場にいる者たちの
表情を窺って何も言葉を発しません。
政局はすでに、秀吉没後のことに推移しているようです。

と、そこで秀吉が不覚にも失禁してしまいます。

続きを読む "プレイバック功名が辻・(39)秀吉死す" »

2011年10月28日 (金)

もう飽きた!

私の毎度の昼ご飯はコンビニおにぎり2つであります。

あまりの代わり映えのなさに、周囲の方は
「毎日そんなのばっかりで飽きんね?」と
口々におっしゃっておられますが、

飽きると言えば、コンビニおにぎりよりもむしろ
ドリンクの方かもしれません。

続きを読む "もう飽きた!" »

2011年10月27日 (木)

vol.074・ご長寿(番組)の秘けつ

vol.074・ご長寿(番組)の秘けつ
(パーソナリティ:姫・Kassy)

第74回放送です。

今春、そして今秋とお馴染みのご長寿番組が終了しました。
昔懐かしいご長寿番組について
少しだけ振り返り、熱く語ります(笑)。


今回のListening Pointは……
サビ


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

2011年10月26日 (水)

細かすぎて伝わらないバスネタ選手権(33)

Kassyの居住エリアを走るN鉄バスですが、
やはり地元だけあって、乗務員さんを始めとする
スタッフさんともお知り合いの方の数は
他のバス会社と比べても多いと思われます(←当然?)。

その乗務員さんの勤務体系としてよく出てくる
“輪番制”という言葉がありますが、これは
簡単に言えば ここにいくつかの勤務があったとして、
それを順繰り順繰りで充てるシフト制のことであります。

なので、例えば今日乗ったバスの乗務員さんが
翌日の同系統・同ダイヤのバスに乗っているとは限りません。

続きを読む "細かすぎて伝わらないバスネタ選手権(33)" »

2011年10月25日 (火)

先が見えない

机の上の書類が、当初は500枚ほどあったのに
集中してこなしていった結果、
6時間後にはあと30枚程度にまで減っていた! というように、

物事を進める上で、自分自身の目の前から
やらなければならないことの量が少しずつ減っていくのを見ると
それが目に見えるものであればあるほど
“お、ここまで減ったぞ♪”などというように
先が見えてきて、俄然やる気になるということがあると思います。

しかーし!

ガンバってガンバって残り30枚まで減らして
ちょっと一服……とタバコなりコーヒーなりで小休止をとり、
机に戻ってくると、残り30枚のペーパーの上にドーンと
400枚ほど追加で乗せられていた時の衝撃は計り知れません。

ヤル気は失せるわ、何より先が見えなくなります。
目の前の色で例えれば、間違いなく“黒”でしょうか。

最近は、ソレです。
うんざり(T^T)

2011年10月24日 (月)

プレイバック功名が辻・(38)関白切腹

文禄4(1595)年7月、京・山内一豊屋敷──。

豊臣秀次謀反の申し開きを伏見でするように
豊臣秀吉に出頭を命じられ、
秀次とともに秀吉の元に向かう一豊。

「最期の見送りになるやもしれぬ」という一豊に
千代は精一杯の励ましで夫を送り出します。


秀次を出迎えるために聚楽第に立ち寄った一豊ですが、
秀次家臣団たちは、こんな窮地であっても二分したままです。

「愚か者の名を残すのが男か、謀反人の名を残すのが男か」と
秀次に迫る木村常陸介と 前野将右衛門の息子・前野景定ですが、
秀次は態度を決めかねています。

続きを読む "プレイバック功名が辻・(38)関白切腹" »

2011年10月23日 (日)

(41)姉妹激突!

【アヴァン・タイトル】

──齢 七十を越えた家康、二十歳を越えた秀頼。

天下取りへの執念を燃やす家康にとって、
秀頼の存在が脅威となる。

残された時は、あとわずか。
家康は、最後の戦いに打って出る。

江たちに、悲劇が迫っていた──


慶長19(1914)年・夏。

江戸城内の廊下を、竹千代(11)を先頭に
のっしのっしと行軍(?)するお側衆一行。

出会い頭に衝突した家臣に凄い剣幕でまくしたて、
弟の国松(9)にも八つ当たりするなど、
最近の竹千代は非常にささくれ立っております。

続きを読む "(41)姉妹激突!" »

2011年10月22日 (土)

満身創痍

かかとの部分の骨に若干の異常を来して
歩く度に針で刺したように痛いので、
靴にガード用のマットを敷いて
7〜8割程度痛みを除去しておりますKassy、

おかげで、走ったり長時間歩いたりということについては
さほど苦痛に感じなくなっておりますが、

最近ではかかとのみならず、膝、そして腰と
不具合部分が着実に増えていっております(笑)。

激痛というほどではなく、
曲げた時にキュンと痛みが走る程度ではありますが、
いつ激痛になってもおかしくないので、
今日、腰にあてるコルセットと
膝用の関節帯(左足用・右足用)を買って参りました。

帰宅して実際に着用。。。

膝は今のところ ちょっと違和感がありますが、
腰は安定感があって、だいぶ落ち着いてきました。

でも、サポーターだらけの自分の身体を
鏡に映して見てみますと、まさに“満身創痍”。
この身体、いつまで持つのだろう? と
ふと怖いことを考えてしまいました(^ ^;;)

2011年10月21日 (金)

方向幕考(90)

方向幕において、赤や青など何らかの地の色があり、
それの白ヌキ文字と黒文字とでは
昼間あるいは夜間にどう見えるか? ということを
実際に作ってやってみるコーナーです。

とりあえず前回、あちこちから材料をかき集めて
方向幕機器に似せたものを自作したところまでお届けいたしました。
今回から、実際に見比べていきたいと思います。

昼間での見え方、
夜間での(蛍光ランプを照らした状態での)見え方に
ご注目ください。

まずはブルー系統、全5種です。

続きを読む "方向幕考(90)" »

2011年10月20日 (木)

続・名跡襲名に思う

※ [ ]内の数字を、それぞれ“○代目”と読み替えてください(^ ^;;)


先月末、名跡襲名に関するビッグニュースが舞い込んできました。

大河ドラマで言えば『風林火山』の武田信玄役、
そして昨年の『龍馬伝』では最終回のゲスト出演として
今井信郎役を好演された[2]市川亀治郎さんが
“[4]市川猿之助”を襲名するそうです。

[2]亀治郎さんは 現・[3]猿之助さんの
弟([4]市川段四郎)の子、つまり甥にあたります。

歌舞伎界のホープも、『風林火山』で初めてテレビ界に進出し
それ以降は、時代劇現代劇問わず数々の映像作品に出演。
また学歴の高さ(慶応大文学部卒)から、
クイズ番組などのバラエティ界にも顔を見せるという
マルチな活躍で知られています。

これでもKassyは、歌舞伎界の内情はよう知らぬので(笑)、
[2]亀治郎さんが“[4]猿之助”を襲名するに
適当なのかどうかは別問題として、
[2]亀治郎さんにその資格は充分にあるんだと思います。


が、何よりもそれよりビッグなのが……なんと!

続きを読む "続・名跡襲名に思う" »

2011年10月19日 (水)

1枚の写真(3)

Jk0814

昭和60(1985)年。
A木駅で[普通]H畑ゆきが発車時刻を待つ写真です。

続きを読む "1枚の写真(3)" »

2011年10月18日 (火)

プレイバック功名が辻・(37)太閤 対 関白

日ごろからの鍛錬の成果か、山内家の拾はメキメキと力をつけ
祖父江新右衛門もあっけなく倒されるほど強くなりました。

ただ、山内一豊も新右衛門も侍女たちも拾を甘やかす中で、
千代だけは厳しく育てているせいか
千代を“怖い母上”と思っているようで、

「汗でも拭ってきなされ」という言葉にも
忠実に従うのみであります。

新右衛門は、拾が聡明な男子として育っていることに目を細め、
それはそれでとても頼もしく、嬉しいことなのですが、
改めて千代に忠告しておきます。
「殿のお跡目を、あの若君になさりたいとお考えではありますまいな」

続きを読む "プレイバック功名が辻・(37)太閤 対 関白" »

2011年10月17日 (月)

あなたは和食派? 洋食派?

ブログネタ: あなたは和食派? 洋食派?参加数

食欲の秋ですね! あなたは和食、洋食のどちらが好きですか?「焼き魚に味噌汁がやっぱり落ち着く」「オムライスなら毎日でも食べられる」など、その理由と好きなメニューも教えてください。「最近はめっきり和食党になった」「おいしい洋食屋さんを見つけて、すっかりはまってしまった」といった、“食の好みの変化”についてもぜひ。

この中から答えを選択

◎ 和食派
○ 洋食派
○ そのほか


特にこれといってどちらでもないのですが、
やっぱり朝は お味噌汁をズズズッといただくのが好きです。
一口いただいただけで、
なんだか生き返ります(←死んでたんかい)。

お寿司とかも大好きです。

ま、洋食もスパゲティなどいろいろ食べるのですけど、
本格的なお食事だとテーブルマナーなど
面倒なことを考えなければならないので、
あんまり得意な方ではありませんかね。

2011年10月16日 (日)

(40)親の心

【アヴァン・タイトル】

──二代将軍となった秀忠は、戦のない世を目指す。

しかし、隠居してなお 天下への野望を燃やす父・家康が
その前に立ちふさがる。

そして江には、次男・国松が産まれる。
一方、長男・竹千代とは、思いを通わせられない。

親から子へ、子から親へ。
江たちは、その心を通わせることができるのか?──


慶長16(1611)年・夏。
江(39)は、竹千代(8)の乳母を務める福(33)を呼び出します。

竹千代が疱瘡にかかっていたことを母の江は知らず、
何故知らせなかったのか、という詰問です。

疱瘡……天然痘とも言いますが、
全身に膿疱ができ、あばたを残すために
悪魔の病気として恐れられてきた感染症であります。

対する福の言い分は、
江にうつしてはならないからという考えからなのですが、
疱瘡は感染力がとても強いので、その考えも一理ありです。

続きを読む "(40)親の心" »

2011年10月15日 (土)

称号

((昨日からのつづき))

──というわけで、
公共交通機関に久々に乗車して参りました。
ホークスによるYフードーム最終戦の観戦であります。

ちなみに今年の野球観戦は、4月16日以来 半年ぶりです。

ま、何と言ってもコチラでしょ( ^ ^)/

P1000078

続きを読む "称号" »

2011年10月14日 (金)

鉄道の日

今日は、いわゆる「鉄道の日」であります。

明治5(1872)年、新橋〜横浜間に
日本の鉄道が開業したことを記念して制定されたそうです。
(旧暦で9月12日のこと)

とはいえ、最近は
電車はおろか、バスにも全然乗れていないなぁ……と
ふと考える。

ま、過去に頻繁に乗っていたというわけではないけれど、
方向幕の調査だったり、路線図の調査だったり、
運賃の調査だったりで、
今日はココの路線! と決めて乗っていただけに、

それらを机上で云々できる現在は、
乗る機会を失ってしまっています。

よし!
明日にでも久々に乗ってみるかッ!!

((明日につづく))

2011年10月13日 (木)

vol.073・はりきりすぎて失敗した事

vol.073・はりきりすぎて失敗した事
(パーソナリティ:姫・Kassy)

第73回放送です。

みんなあれこれ失敗なさっているんですね。
え、わ……わたくし??
まぁ、ワタクシはおっちょこちょいですから(^ ^;;)


今回のListening Pointは……
あとはよしなに


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

2011年10月12日 (水)

プレイバック功名が辻・(36)豊臣の子

天正19(1591)年8月5日、京・東福寺──。

豊臣秀吉の子・鶴松がわずか3歳で夭折し、
秀吉に近い人物だけを集めて
その葬儀がしめやかに執り行われますが、

秀吉の嘆き悲しみはいかばかりか……。

秀吉は泣き叫び、勢いで髷を落としますが
賎ヶ岳七本槍のメンバーは、秀吉に倣って
次々に髷を落としていきます。

呆気にとられる寧々と淀。

一方で、顔を見合わせ
慌てて立ち上がる山内一豊と中村一氏であります。

続きを読む "プレイバック功名が辻・(36)豊臣の子" »

2011年10月11日 (火)

方向幕考(89)

今回は「方向幕コレクション」の更新ではありません。
あしからず。


県内の大手私鉄・N鉄バスの方向幕が
順次LEDに切り替えられ、
その進捗率は日々高まる一方であります。

方向幕には方向幕のよさがあり、
LEDにはLEDの長所があるわけですが、
その一方で、いずれにもデメリットが存在します。

方向幕のデメリットを思いつくままに書き連ねますと、

車両1台に搭載できる方向幕コマ数が限定され、
区間便含めて大量のコマがある系統の場合だと
他路線で運用できないなど、汎用性が低くなる。

コマの移動に時間がかかる。 ……などの他に、

続きを読む "方向幕考(89)" »

2011年10月10日 (月)

“ヘンなところで寝ちゃった”エピソードを教えて!

ブログネタ: “ヘンなところで寝ちゃった”エピソードを教えて!参加数

ヘンなところ?(^ ^;;)
はて。

みなさんから“ヘンなところ”と思われるような場所で
寝たことは、未だかつてあったであろうか??
飲み屋で飲み過ぎて、寝てしまった……といっても
別に“ヘンなところ”ではないでしょうし。

あ、お風呂場(浴槽の中で)というのはあります。

続きを読む "“ヘンなところで寝ちゃった”エピソードを教えて!" »

2011年10月 9日 (日)

(39)運命の対面

【アヴァン・タイトル】

──迷いなき家康、天下人への野望が加速する。

されど秀忠は二代将軍に就任。
天下泰平を実現させるため、下した決断だった。

一方 江戸では、嫡男・竹千代のために
家康が選んだ乳母・福が江に立ちはだかる。

内にも外にも火種をかかえる江。
果たして、泰平への願いは届くのか──


徳川秀忠(27)が将軍の座を継いでから、江(33)は
将軍の正妻である敬称「御台所」と呼ばれることになりました。

江にとっては、秀忠が単に
徳川家康(63)の後を継いだだけなのですが、
“御台所”だの、それの“覚悟”だの言われても
なかなかピーンとはきません。

続きを読む "(39)運命の対面" »

2011年10月 8日 (土)

あれからボクたちは

地上デジタル放送完全移行から78日が経過しました。

割り当てチャンネルが異なるぐらいで
基本的には地上アナログ放送と同じなので、
特にコレと言って真新しさはないのですが、

お休みである今日、一日中テレビはつけなかったと
たった今気づきまして(笑)。

ただでさえテレビ番組はさほど視聴しないので
(視聴しても大河ドラマとそれ関連ぐらい?(^ ^;;))
全く見なかったからと言っても
驚くほどのことではありませんです、ハイ。

ワタクシが考えるに、以前に比べて
放送内容が極端に面白くなくなったわけではありませんが、
(確かにワンパターン化のきらいはありますが)

テレビありきの生活とは
真逆の方向に進んでいることは確かです。

聞けば、地デジ化を期にテレビから足を洗った
(放送を見ないと決めた)という方が
国内に数万人ほどいらっしゃるそうで、
その方々の考えも、何となく分かるような気もします。

2011年10月 7日 (金)

細かすぎて伝わらないバスネタ選手権(32)

前回の続きです。

スタフ1面を見た時の
左列のダイヤ・右列のダイヤのそれぞれの上段の枠4行、
その最上段にある「系統の番号」のお話でした。

上3ケタが路線番号の下3ケタ((例)1234→234)
次の1ケタが往路か復路か((例)行き1、帰り2)、
下2ケタが系統番号……だと思うのですが、

続きを読む "細かすぎて伝わらないバスネタ選手権(32)" »

2011年10月 6日 (木)

プレイバック功名が辻・(35)北条攻め

拾をつれて、城下町へ繰り出した時
すれ違った針商人が紛れもなく副田甚兵衛と気づいた千代。
甚兵衛が針の商いを始めた間に屋敷に立ち返り
旭に託された手紙を持ってきます。

甚兵衛は千代の姿を見て、一瞬たじろぎます。

旭は今、徳川家から豊臣家へ戻り
病気療養中で床に臥せっているのです。
千代としては、その現状を知っていてほしいわけですが
「旭なんて知らねぇなぁ」ととぼけ、慌てて立ち去ります。

しかし、千代から受け取った旭の手紙を隠れて読み
居ても立ってもいられなくなった甚兵衛は
千代の仲介で旭と対面することができました。

続きを読む "プレイバック功名が辻・(35)北条攻め" »

2011年10月 5日 (水)

放置

ふと気がつくと、
ブログ記事が3日分たまってしまっておりました。
おぉおぉ、やべぇ。

毎日更新を目標に掲げていますと、ちょっと気を抜くと
アッという間に2〜3日空いてしまうので、
充分気をつけなければならない部分ではあります。

それにしても、今回の3日分は全然頭になかったなぁ。

日曜日に毎度の如く大河ドラマネタを更新して、
月曜日の分は火曜日に書こうと思い、
火曜日は夜遅くて水曜日に書こうと思い、
……そして水曜日。

そりゃ3日分空きますわな(笑)。

本当はここで「空かないように頑張って書きます!」と
言った方がいいのでしょうけど、そんなことは申しませぬ(^ ^)
の〜んびりと書いて参ります。

2011年10月 4日 (火)

方向幕考(88)

幕ファンのみなさま
大変長らくお待たせいたしました。

“センバツ・ほうこうまくぅ(方向幕コレクション)”。
通称“幕コレ”の第43弾は、N鉄バスF日市から
H見営業所A木営業所をご紹介。

図らずも、同じバス子会社からのご紹介と相成りました。

続きを読む "方向幕考(88)" »

2011年10月 3日 (月)

一日で一番好きなときは?

ブログネタ: 一日で一番好きなときは?参加数

一番好きな時は……寝ている時ですかねぇ。
とはいえ、最近不眠状態が続いているので
「すんなりと寝られた時」に限りますけど(^ ^;;)

眠れない時は、ちと辛いものがありますね。
でも、以前のように眠れないことで
イライラすることは少なくなりましたね。

目も開けないし、今何時かも確認しないし、
時の流れに身を任せています。


一方で、寝起きはなかなか辛いです。
あと30分あれば、無抵抗に寝ていたいですね(笑)。

2011年10月 2日 (日)

(38)最強の乳母

【アヴァン・タイトル】

──関ヶ原の合戦から3年。

徳川家康は、ついに
武士の頂点である征夷大将軍の座に就いた。
更なる高みを目指す家康。
将軍家となった今、嫡男誕生の期待が江に重くのしかかる。

これまで、秀忠との間に4人の子をもうけるも
未だ男子の誕生はない。

やがて、家康の次なる一手を
江自身が打つことになろうとは、知る由もなかった──


慶長9(1604)年7月。
江戸城産所で出産に臨む江(32)ですが、
通算何度目となるのでしょう、この出産シーン(^ ^;;)

ともかく江は、徳川秀忠(26)の5人目の子を身ごもり
この出産シーンに臨んでいるわけですが、
大姥局(80)の必死のお祈りの真後ろで
秀忠はゴロンと寝転がり、本をパラパラと眺めています。

おぎゃあ! という声に歓喜の一同。

続きを読む "(38)最強の乳母" »

2011年10月 1日 (土)

たまにはいたわります。

アッという間に、今日から下半期です。

2011年も残すところあと3ヶ月、
気づけばもう4分の3は終わっているのですね。
早いなぁ。

昼間はまだ暑い日があるにせよ、
朝と夕方、だいぶ冷え込んで参りました。
秋らしい気候とでも言いましょうか。

Kassyは最近弱っているのか
ずっと風邪を引いているような気がしますが(^ ^;;)
季節の変わり目、風邪を引きやすい時期ですので
みなさまご自愛ください。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »