2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« (13)日本海海戦 [終] 〜撃滅! バルチック艦隊─遂に日露戦争勝利! 3年にわたる物語が今夜完結 坂の上に見えたものは 感動のラストシーン〜 | トップページ | プレイバック功名が辻・(49)永遠の夫婦 [終] »

2011年12月26日 (月)

バス停について本気出して考えてみた(26)

およそ3ヶ月ぶり“本気出して考えてみ”ました(笑)。
いつも通り、戯れ言と思ってご覧くださいm(_ _)m

ある日、Kassyがバス通りを車で走っていると
ちょっとだけ頭を悩ます妙な表示を見かけました。

Kl0702


写真に写る「Tの浦団地入口」バス停ですが、
ここから出発する下り(郊外向き)便は
バス停銘板の行先欄をご覧いただけばお分かりの通り
「Tの浦営業所ゆき」1種類しかありません。

系統番号は(20)(21)(23)と3種類あるものの、
このバス停よりも手前(始発地側)での経路の違いであり、
ここから先は同一の経路を辿ります。

え? 回送バスがあるって??

なるほど。確かに回送バスも走っています。

お客さんを乗せた営業中のバスは
写真に写る交差点を直進するのですが、
お客さんが乗っていない回送バスは
営業所までショートカットするので、
写真に写る交差点を左折するわけです。

でも……営業中のバスも回送バスも、
どちらも「営業所ゆき」だもんなぁ(←イヂワル?)。

正しく表示するならば、“行先確認”というよりも
“種別確認”とか“経路確認”といったところに
なるでしょうか。

ま、これはそもそもバス乗務員さん向けの
注意喚起のメッセージであり、
私ら一般にとっては全く意味をなさないものであります。
それを充分分かった上でお話ししておりますので
ひねくれはご容赦のほどを(笑)。


こうも考えられます。

経路の分岐点において
複数の標柱が設けられている停留所の場合、
その一つ手前にあるバス停で注意喚起しておく。
この付近で言えば、2つ先の
「Tの浦県営住宅前」がそれに該当するでしょうか。

ただ、「Tの浦県営住宅前」下り便の到着バス停は
実は1ヶ所(集約型)でありまして、どの方向から来ても
集約された1つのバス停にしか停車しませんし、

そもそもこの「Tの浦団地入口」は
「Tの浦県営住宅前」の直前バス停ではないので、
それこそこの注意喚起は意味をなさないものになってしまう。

逆の場合(上り便)の場合であれば分かります。
「Tの浦県営住宅前」上りバス停は、
バスの経路によって設置場所が
2ヶ所(過去には3ヶ所の時期も)に分散しておりまして、

その一つ手前の停留所「Tの浦二丁目」バス停において
“行先確認してくださいよ!”→停車停留所が違いますよ、という
注意喚起になるわけです。


話を元に戻しますと、営業バスと回送バスを区別して
注意喚起する珍しい例なのだと思って、
その営業バスルートと回送バスルートが合流する地点
(「Tの浦三丁目」バス停)での表示を見てみますと、

Kl0701

乗降取扱中の、外方向へのマイク放送禁止を表す
「外マイク」の表示があるのみでした。

そうして考えますと、最初の表示が
一層ナゾに包まれてしまうわけですな。


百貨店などでの店頭で、お客さんのいる手前
「トイレに行きます!」なんて言えないから、
何かしら別のメッセージで仲間内だけが分かるように伝えたり。

こういった、そのおしごとに携わる方向けの暗号(?)を
いろいろ解読していくと、時に面白いものに出逢いますよね。

ちなみにKassyが以前勤めていた とある会社では、
タバコ休憩に行くことを「会議に行ってくる」って
言ってましたっけ(笑)。

たった5分程度で終わる会議っていったい……(笑)。

« (13)日本海海戦 [終] 〜撃滅! バルチック艦隊─遂に日露戦争勝利! 3年にわたる物語が今夜完結 坂の上に見えたものは 感動のラストシーン〜 | トップページ | プレイバック功名が辻・(49)永遠の夫婦 [終] »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« (13)日本海海戦 [終] 〜撃滅! バルチック艦隊─遂に日露戦争勝利! 3年にわたる物語が今夜完結 坂の上に見えたものは 感動のラストシーン〜 | トップページ | プレイバック功名が辻・(49)永遠の夫婦 [終] »