2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月の29件の記事

2012年2月29日 (水)

プレイバック義経・(06)わが兄 頼朝

平氏の家臣に遮那王逮捕をたきつけられた大日坊春慶は
常盤が危篤だというしらせを遮那王に吹き込み
鞍馬山から出させることに成功。

春慶たちが待ち伏せする場所へ、
何も知らない遮那王は走ってやってきます。

なるだけ急いで母の元に駆けつけたい遮那王ですが、
それは春慶が遮那王をおびき寄せるためについた
口実、ウソです。

春慶ら一派と遮那王の乱闘が始まりますが、
遮那王は、五条の大橋での武蔵坊弁慶との時と同じように
軽い身のこなしで春慶らの攻撃をかわしていきます。

続きを読む "プレイバック義経・(06)わが兄 頼朝" »

2012年2月28日 (火)

予想は外れる

夜9時半ごろ、ふと気づけば吹雪いてました(^ ^;;)

天気予報では“雨”とは聞いていましたが、
雪の予報は一切聞いてはいませんでしたぞ?

ま、天気予報とは
どれだけ精度を上げたとて100%には絶対にならず、
とかく外れてしまうものですから仕方ないですね。
(↑高校時代に「地学」を選択していた者の率直な感想)

ただ、数週間前に大雪が降ったときのさらさら雪とは違って
雨まじりと言いますか、
この雪では雪だるまは作れないとでも言いましょうか、
そういった雪が積もっていたので、帰宅するのに往生しました(^ ^;;)

雪が靴にしみ込んで、それが靴下を通り抜けて足に。。。
冷たいっちゅうに(^ ^;;)

2012年2月27日 (月)

「新古発見」

移動は専らKassy号ですので、
公共交通機関に乗るチャンスは
ほとんど皆無となってしまったKassy。

どうりで、二mocaカードの残額が全然減らないわけだ(笑)。

先日、F岡の都心に赴く要事がありまして、
ひさびさにジェイR電車に乗って参りました(^ ^)

ま、ひさびさだったので
快速電車でありながら空席がそこそこあったにもかかわらず
座席に座らずにドア付近に立って移動したのですが、

そこから見える車窓と言えば……。

続きを読む "「新古発見」" »

2012年2月26日 (日)

(08)宋銭と内大臣

今回から、この『平 清盛』に新キャラが登場します。

物事のみならず、本の積み重ねられ方も杯の位置も
とにかく曲がったことが大嫌いという──藤原頼長。

今で言うなら、スーツをビシッと決めて
枠の細いメガネをかけたような
藤原摂関家の超エリートとでも言いましょうか。

その頼長が、世を乱す悪者にたいして宣戦布告。
「徹底して……粛清いたします」
平清盛の前に立ちはだかります。


博多・神崎荘商業地──。
宋と行われている商いの場です。
あまりの活気に清盛は、おぉ! と声を上げます。

アリガトーゴザイマス、アリガトーゴザイマス。
オウムがしゃべって、目を丸くする清盛です。
この珍鳥、馬をも買える10貫だそうです。

続きを読む "(08)宋銭と内大臣" »

2012年2月25日 (土)

おっと

ふと気づけば、“てっぺん”越えしていました。

集中していたわけではないのですが、
やらなければならないことがたくさんあったので
自主的に残っておしごとしていたわけです。

おぉおぉ、まずいまずい。
こんなに残っていたら、怒られてしまう(^ ^;;)

直属の上司には、こんなに残ってくれて
“お疲れさまでした!”という意味で
缶ジュースをおごっていただきましたが、
特段これが初めてというわけではなく、

その上司の知らないところで、
自主的にけっこう残っておしごとしているのよ(笑)。

……ぐったり(┰_┰)

2012年2月24日 (金)

わたしはどこ?

予告通り、出張で来ました(^ ^)/

この写真だけで、Kassyが
どこに滞在していたか分かったあなたはすごいです!

Lb2301

2012年2月23日 (木)

プレイバック義経・(05)五条の大橋

鴨川にかかる五条の大橋──。

遮那王が奏でる もの悲しい笛の音が
辺り一帯に響き渡ります。

笛は、母・常盤が別れ際にくれた大事な品です。
これを奏でていると、そばに母がいるようで
遮那王は、どんなにささくれ立っていても
心休まるのかもしれません。

そこへ、下駄の音をカラコロと響かせて
対岸からひとりの僧が相対してきます。

薄暗くてよくは見えませんが、
ちょうどかかっていた雲が晴れて、
月夜で相手の姿を認めることができました。

対岸の僧は、武蔵坊弁慶です。

続きを読む "プレイバック義経・(05)五条の大橋" »

2012年2月22日 (水)

方向幕考(98)

ホントはそのつもりではなかったけれど、
なぜかKassy、スマホデビューすることになりました(^ ^;;)

もともとは、今使っているFOMA携帯の充電が
上手くいかなくなったので、
充電池パックをもらおうとショップに行ったわけです。
(↑Kassyは保険に入っているので、今回は無料なのです)

で、ついでに将来のことも考えてスマホを触ってみたのですが、
値段もそこまで高くなるわけでもないし、
ポイントもそこそこ貯まっていたし、
今のFOMA携帯は購入して来月で丸3年だし、で
思い切って購入してみました。

続きを読む "方向幕考(98)" »

2012年2月21日 (火)

イメージ崩れ

明後日の木曜日から翌金曜日にかけて、
他県に泊まりで出張してきます。

出張はKassyだけではなく、複数で行くのですが
なぜかKassyが“ハンチョウ”のような使命を負ってしまい(笑)
行動を共にする他のメンバーの統率を図るべく
まずは集合時間やら何やらを伝達することになりました。

メンバーのうち半数は未成年の若き女の子なもので、
自由気ままな彼女たちの性格を考えたとき、
出張という業務を「旅行」などと勘違いして
“えー”とか“いいじゃんいいじゃん”とか
彼女たちの物差しで流されてしまうのではないかと
Kassyなりに予測していたわけです。

続きを読む "イメージ崩れ" »

2012年2月20日 (月)

人には言えない

ふと気づけば、内ももに何か
デキモノができてしまいまして(^ ^;;)

ぷっくりと。

歩く度にこすれて、痛いのですよね。
特に足の太いKassyは。

すぐにでも皮膚科に行けばいいのでしょうけど、
しばし放置プレイで行ってみたいと思います。
痛いけど(笑)。

2012年2月19日 (日)

(07)光らない君

第1回以降、視聴率の上で
低空飛行を続ける大河ドラマ『平清盛』。

某県知事による猛烈な番組批判が
逆に視聴率を押し上げる結果になるのではなかろうかと
Kassyは推測し、それを期待しておりましたが、
なんのなんの、全く影響を受けることなく低空飛行です(笑)。

大河ドラマの場合、
似たような番組という比較対象があまりにも少ないもので、
どうしても近年放送された別の大河ドラマで
比較せざるを得ないのですが、

昨年の『江 〜姫たちの戦国〜』よりは
ガツンとパンチの効いたストーリーで、
久々に大河らしい大河が見られると
楽しみにしておりましたのに。

意外なところで低空飛行。

何が原因なのか? 改善点は?
残念ながら、Kassyは今のところ見いだせておりません。

続きを読む "(07)光らない君" »

2012年2月18日 (土)

1枚の写真(番外編)

紹介するつもりではなかったけれど、
以前までお届けしていました「1枚の写真」シリーズで
ついでにデータ処理化しておいた自分の写真。

それを改めて眺めておりました。

Jk0821

続きを読む "1枚の写真(番外編)" »

2012年2月17日 (金)

カバー

急にお休みになった方のカバーに入るのは、
なかなか大変です(^ ^;;)

カバーに入るだけではなく、
自分自身の仕事は仕事でちゃんと存在するものだから
いわば2人分動かなければなりません。

カバーのお話をいただいた最初こそ
「いいですよ、頑張ります!」なんて張り切っていたKassyも、
勤務時間の中間を過ぎた辺りから次第に口数が減っていき
表情も曇りがちに。。 ←自分で自覚症状有り(笑)

まぁ、ここでは明かせないような不満も
ちらと思わぬではありませんけど(汗)、
2時間程度の無料奉仕を経て、本日の勤務は無事終了。

ストレス発散に、今日は「すき屋」へ行きました
(^ ^)/

2012年2月16日 (木)

vol.082・都道府県民ショー(前編)

vol.082・都道府県民ショー(前編)
(パーソナリティ:姫・Kassy)

第82回放送です。

多面的なアンケートで、都道府県民性をランキング。
意外にウチの県、高くなかったんだね……!!
関係ないですが、風邪ひいちゃいました(笑)。


今回のListening Pointは……
忘れんといてー


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

2012年2月15日 (水)

プレイバック義経・(04)鞍馬の遮那王

嘉応3(1171)年。

鞍馬寺で厳しい修行をしている遮那王。
“己は一体何者か”という疑念を払拭するが如く
懸命に修行しますが、未だに出家するには至らず。

遮那王は、いつか金売り吉次が連れて来た
新宮十郎義盛のことが気になっていて、
それを見抜いた覚日律師は
こっそりと吉次の家を教えてあげます。

遮那王は義盛に、自らの出自から
父・源 義朝のこと、母・常盤のこと、
そして清盛のことを聞きたくて会いたがっていますが、

そんな簡単に説明できるようなものではなく、
吉次は「いずれ時が来た時に」とやんわり断ります。

続きを読む "プレイバック義経・(04)鞍馬の遮那王" »

2012年2月14日 (火)

ひまつぶし

いや、タイトルでわざわざ宣言するほど
そこまでヒマではないです(^ ^;;)

最近、ケータイ電話でのゲームにハマっております。
Kassyは専らパズル系・トランプ系が多いのですが、
新たな可能性に賭けまして
他のジャンルにも果敢にチャレンジしております。

しかし、他ジャンルはヤル気が起きずに途中でやめまして、
結果的にはパズルやトランプに落ち着くと言ったところです。

続きを読む "ひまつぶし" »

2012年2月13日 (月)

来た……。

以前記事にしたような気がするのですが、
Kassyはちょっとした匂いがきっかけで
激しい頭痛が襲ってくるような頭痛持ちです。

それに関連して、
身体関係で言えば腸が“強い”とは言いがたく、
けっこうな頻度でお腹を壊します。
(よく姫に呆れられてます(^ ^;;))

特にコレを飲んだらお腹を壊す、という飲み物は
(牛乳以外には)ないような気がしますが、
例えばペットボトルのお茶を大量に飲んだからといって
お腹を壊すとは限らず、です。

続きを読む "来た……。" »

2012年2月12日 (日)

(06)西海の海賊王

──海賊が、現れました。

平清盛は、初陣として西海の海賊討伐のために西に向かいます。
たくさんの船荷の米俵をおとりに、
海賊たちをワナにはめようという戦法です。

海賊船から小船に乗り移った海賊たちは
藁を剥いで中身を確かめますが、
中から出てきたのは海賊討伐の兵士たちです。

「うぬらの長のもとへ案内せよ」
伊藤忠清の大声に、おとなしく神妙にしていたかに見えた
海賊たちは、棟梁を売るつもりはない と暴れ出します。

降り注がれる弓矢の中、清盛は矢面に立たされます。
そのピンチを、乳父(めのと)である平 盛康が救うのですが、
逆に盛康が標的となり、矢で射抜かれてしまいます。
「盛康、盛康、しっかりせぇ──!」

続きを読む "(06)西海の海賊王" »

2012年2月11日 (土)

バスから得た教訓

Kassyはバスファン(もっと限定すれば方向幕ファン)であって
“N鉄バスヲタではない”と日ごろから口を酸っぱくして
強調しているところでありますが、

「あ、こいつヲタじゃないな」と
みなさまに思われるほどの小咄をお一つ。

先日、国道3号線を車で南下しておりまして
ふと 久しぶりにH多駅前を通ってみたくなり、
H多営業所前の小道(線路沿いと言えば分かりますか?)を
H多駅方向に沿って進んでみることにしました。

ちょうど“Oたふく駐車場”前の交差点で赤信号に阻まれて
素直に信号停車していたときです。

続きを読む "バスから得た教訓" »

2012年2月10日 (金)

あららら

この度、Kassyブログは皆さまのご厚情を賜りまして、
平成24(2012)年2月8日、午後9時08分27秒に、
Kassyブログへのアクセス数が


290,000 counts


を達成し(てい)ました!(←笑)
ありがとうございます!

続きを読む "あららら" »

2012年2月 9日 (木)

プレイバック義経・(03)源氏の御曹司

「私の真の父上は、どなたなのですか?」

常盤は、牛若の疑問に対して思わず窮します。
もはやこの世のお方ではない、と答えるのが精一杯です。

長寛2(1165)年。

京の街道筋をひとりとぼとぼと歩く牛若は、
火事や干ばつ続きで溢れ出た下々の者たちを見、
まるで目に入らないかのようにうつむきます。

平 清盛による政治がいけない、と
五足は文句をブツブツ言いますが、
たまたま通りかかった平 重盛の輿に小石を投げつけると
アッという間に逃げていきます。

五足を追う牛若ですが、重盛はその後ろ姿を見て
あの牛若だと気づきます。
京の都で牛若を野放しにしていることに
危機感を覚えた重盛は、それを清盛に訴えます。

続きを読む "プレイバック義経・(03)源氏の御曹司" »

2012年2月 8日 (水)

方向幕考(97)

幕ファンのみなさま
大変長らくお待たせいたしました。

“センバツ・ほうこうまくぅ(方向幕コレクション)”。
通称“幕コレ”の第47弾は、
N鉄バスS賀からS賀営業所をご紹介します。

K州の中ではかなりの営業エリアの広さを持つN鉄バスですが、
ほぼF岡県内にある営業所の中にあって、他県に存在するという
今や希少価値の高い営業所となってしまいました。
(↑唯一ではないですが)

続きを読む "方向幕考(97)" »

2012年2月 7日 (火)

勝手に

帰宅途中、車から降りた際に道路の向こう側を
恐らく会社帰りと思しき若い女性が
自転車をこいで走っておられました。

まぁ、ここまでなら至って普通の光景なのですが、
その女性、自転車をこぎながら大声で何事か叫んでおられます。

単なる独り言なのか、
どなたかと(イヤホンマイクを使って)電話しておられるのかは
夜遅かったこともあって確認はできませんでしたが、
Kassyには“気合いを入れている”という風に映りました。

自転車に乗りながら叫ぶということはKassyにも過去にあったことで、
それから察するに、よっぽど辛い出来事が襲ってきたのか
納得できない事象が発生したのかという辺りだろうと推察しますが、

それから明日の自分につなげるために
気合いを入れてい(ると勝手に解釈す)れば、
それを目撃した私としても応援したくなりますね。

ご本人の状況を確認したわけではないのですが、
勝手に推察し、勝手に解釈した結果、
なぜか私も勝手に元気になった瞬間でした(笑)。

2012年2月 6日 (月)

暖冬?

F岡には寒波が到来したのは過去記事に書きました通りです。

先週には雪が降り、積もり、
交通マヒが発生したほどだったのですが、
今日はそれに比べると非常に暖かく、
気分的にもなかなか気持ちよかったです。


……んっ!?

いやいや、ホントは寒いのですよ?(^ ^;;)
でも、寒い中にも“暖かかった”と
思ってしまう(言ってしまう)自分が
ちょっと恐ろしかったりします。

ちなみに寒波、もうしばらく続く見込みです。

2012年2月 5日 (日)

(05)海賊討伐

平 忠盛屋敷に歓喜の声が沸き立ちます。
“平五郎”という赤ん坊が誕生したわけです。

その赤ん坊を抱いてもいいかと平 家盛が遠慮がちに聞くと
無論じゃ、と宗子は答えます。
「そなたの弟なのですゆえ」

お……弟ですと!?
えらく年の離れた弟ですこと(^ ^;;)
(といっても、この時清盛は15歳ですから)

平太、平次ときて、次の男の子が平三郎ではなく
“平五郎”であることに家盛は疑問を持ちますが、
それは当然と言えば当然のことかもしれません。

「三と四は、よそにおるゆえ」
宗子は忠盛をチラ見して、コッソリと教えてくれます。

複雑な表情を浮かべている忠盛は、
庭で木刀を振って鍛錬する平 清盛に平五郎を抱かせます。

まるで怪獣を抱くが如く、恐る恐る手を伸ばす清盛ですが、
おとなしく寝ている赤ん坊の表情を見ていると、
自ずと表情が緩みがちになります。

続きを読む "(05)海賊討伐" »

2012年2月 4日 (土)

胸焼け

朝から胸焼けがします。
昨日、食べ過ぎたがや??(笑)

そういえば最近、ダメなものが
少しずつ増えていっているような気がします。

コーラも飲めなくなったし(飲めても最初の一口ぐらい?)
脂っこいもの(特にポテチなど)も胸焼けがひどくなります。
一方で、サラダはあっさりしていて最近よく食べます。

緑茶を飲んで、
ばりウマ!(=とてもおいしい)と感じる今日この頃。
日本人に生まれてよかったーッ!! \(^ ^)/
……と思える瞬間。

自分の身体に跳ね返ってくるのだから、
もう少し、食には気を遣おうと思いました(^ ^;;)

2012年2月 3日 (金)

プレイバック義経・(02)わが父清盛

長寛3(1165)年・平 盛国屋敷──。
平 清盛の子である知盛、重衡らと相撲に興じる牛若。

池に突き落とされても「いま一度!」と立ち向かう姿は
いい武将になれそうですが、
池禅尼の助命嘆願に加わった平 重盛も
あくまでも敵方の子どもが平氏の子どもらと交わるのは
いかがなものかと清盛に談判。

ただ、常盤のことを言われた清盛は
「分かっておる!」と席を立ってしまいます。

続きを読む "プレイバック義経・(02)わが父清盛" »

2012年2月 2日 (木)

vol.081・引くに引けなくなったとき

vol.081・引くに引けなくなったとき
(パーソナリティ:姫・Kassy)

第81回放送です。

2012年最初のネタ募集です。
Kassyの青春時代のちょっとした恋バナも聞けますが、
そこはまぁ……軽く流して(笑)。


今回のListening Pointは……
そうか


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

2012年2月 1日 (水)

秘密裏

ビックリしました。
N鉄バスが運行していても、
ダイヤ改正情報には載らないんですね(^ ^;;)

仮に確固たる掲載基準があるならば
コチラもそれに合わせることができるのですが、
載る場合あり、載らない場合あり、
それだとなかなか難しゅうて難しゅうて。

偶然、意外な方からの情報提供がありまして
情報を吸い上げることができたわけですが、
あやうく見落とすところでした。

というわけで、
前々から公開しておりますバス路線図
その他資料一式を本日一部更新致しましたので
お知らせ致しますm(_ _)m

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »