2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« やっぱりお蔵入り | トップページ | 方向幕考(100) »

2012年3月 6日 (火)

プレイバック義経・(07)夢の都

遮那王を取り巻く状況は日に日に厳しくなっていき、
今まで放置プレーを楽しんでいた(わけではない)平 清盛も、
そうはいかなくなってきました。

むかし、遮那王が牛若と名乗っていた幼い時分に
福原・大輪田泊への熱い夢を語って聞かせてくれた清盛。

それを思い返した遮那王は、五足に
福原へ連れて行ってほしいと懇願しますが、
「それこそ夢の都や!」と大笑いされてしまいます。

カッコイイ遮那王を恋い慕ううつぼは、
遮那王に被衣を貸し与えてくれた白拍子の静が
福原にいるのではと疑って膨れっ面ですけど(^ ^;;)


一方、伊豆の源 頼朝は
相変わらず流人の暮らしを送っています。
今日はのどかに釣り三昧。

その対岸に北条政子登場──。

政子は、頼朝らが釣りを楽しんでいるのを知った上で
バシャバシャとわざと音を立てて顔を洗います。
魚が……と従者の安達盛長は怒り心頭ですが、
頼朝は「笑っていよ」と冷静に振る舞います。

ただ政子は、ニコニコと微笑む頼朝に石を投げつけますが
それでもケラケラと笑ってばかりの頼朝です。
「堪えよ、堪えよ──」

その、頼朝憎しの心情が、いつの間にやら
夢にも出てくるほど気になる存在に変わりつつありまして、
男勝りで有名だった政子が、
なぜか庭の花を愛でる女の子に大変身(笑)。

父母の北条時政・牧の方は、そんな政子を心配しています。
ただ、誰よりも戸惑っているのは政子本人かもしれません。


摂津入りした遮那王は、
異国へと通じる海の道を目の前にして
子どものようにはしゃいでいます。

そこを渡る、一隻の船に
清盛が乗っているような気がして
謝名王は崖の手前まで追いかけますが、
その先は行くことができません。

遮那王は、自分が鞍馬寺にいることで
騒ぎが大きくなるのは本意ではなく、
ただ鞍馬を離れたくないと思っていますが、
奥州へ旅立った方がみんなのためなのかもしれません。

夢の都は奥州で見ることにします。


清盛と時子の娘・徳子姫の入内が決定しました。

そんな平氏絶頂のときに、都の往来でちょっとした事件が。
平 維盛・資盛兄弟の輿の前に、三位殿の牛車が立ちはだかり
お互いに道を開けるように主張したわけです。

特に資盛は、前年の殿下乗合事件で
父・平 重盛にこっぴどく叱られたこともあり
兄・維盛が譲歩するように強く言っても
意地でも動かないという構えでおります。

維盛・資盛兄弟の従者たちはことごとく烏帽子をとられ
その場から撤収せざるを得なくなったわけですが、
この事件に立腹した重盛は、思わぬ報復へ出ます。


京に戻ってきた遮那王は、うつぼに
遠くない将来、平泉に発つことを打ち明けます。
いずれ京に戻ってくることも、現段階では分かりません。

いつもそばにいると言ってくれたのに──。

恋い慕う相手との別れ。
それはいつも急で、どうしようもない形で訪れるものです。

別れもあれば、出会いもあります。
鞍馬山に戻った遮那王を待っていたのは、
いつか五条の大橋で対決した武蔵坊弁慶です。

その意趣返しか、と遮那王は身構えますが、
家来に取り立ててほしいと弁慶は手をついて懇願。
しかし遮那王は固辞します。

「諦めませぬぞーッ!!」
遮那王の後ろ姿に声をかけるしかありませんでした。

──────────

原作:宮尾 登美子
   「宮尾本平家物語」「義経」より
脚本:金子 成人
音楽:岩代 太郎
脚本協力:川上 英幸
    :眞鍋 由起子
題字:陳 燮君
タイトル画:宮田 雅之
語り:白石 加代子
──────────
[出演]
滝沢 秀明 (遮那王)
松平 健 (武蔵坊弁慶)
上戸 彩 (うつぼ)
伊藤 淳史 (喜三太)
中越 典子 (徳子)
中江 有里 (建春門院滋子)
松嶋 尚美 (亀の前)
田中 美奈子 (牧の方)
北村 有起哉 (五足)
二木 てるみ (比企尼)

勝村 政信 (平 重盛)
賀集 利樹 (平 維盛)
小泉 孝太郎 (平 資盛)
平野 忠彦 (平 盛国)
神木 隆之介 (牛若(回想)) ※ ピンクレジットなし
──────────
平 幹二朗 (後白河法皇)

財前 直見 (北条政子)
市川 左團次 (金売り吉次)
萬田 久子 (あかね)
小林 稔侍 (北条時政)

中井 貴一 (源 頼朝)

渡 哲也 (平 清盛)
──────────
制作統括:諏訪部 章夫
演出:木村 隆文

« やっぱりお蔵入り | トップページ | 方向幕考(100) »

NHK大河2005・義経」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やっぱりお蔵入り | トップページ | 方向幕考(100) »