2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« 久々のニューヨーク | トップページ | 青です »

2012年5月27日 (日)

(21)保元の乱 〜燃える平安京! 新しき武士の世の夜明け!〜

後白河天皇側と崇徳上皇側とで
分かれて戦うことになった保元の乱ですが、
まずは誰がどっちかというのを再確認です♪

保元の乱人物関係図
後白河天皇
(松田翔太さん)
鳥羽法皇の第四皇子
(鳥羽法皇と璋子の子)

美福門院得子
(松雪泰子さん)
鳥羽法皇の寵妃
天皇家崇徳上皇
(井浦 新さん)
鳥羽法皇の第一皇子
(白河法皇と璋子の子)
藤原忠通
(堀部圭亮さん)
関白
藤原忠実の長男

信西(高階通憲)
(阿部サダヲさん)
後白河天皇の乳父
藤原家藤原頼長
(山本耕史さん)
左大臣・氏長者
藤原忠実の次男

藤原教長
(矢島健一さん)
崇徳院側近
平 清盛
(松山ケンイチさん)
安芸守・平氏の棟梁
平 忠盛の嫡男
平氏平 忠正
(豊原功補さん)
平 忠盛の弟
源 義朝
(玉木 宏さん)
下野守
源 為義の嫡男

源 頼政
(宇梶剛士さん)
親戚・摂津源氏出身
源氏源 為義
(小日向文世さん)
源氏の棟梁
源 義朝の父

源 為朝
(橋本さとしさん)
源 為義の八男

コチラ↑を踏まえた上で、続きをご覧くださいね。

後白河天皇のため、平 清盛や源 義朝らが高松殿に入ります。

手柄顕著な者には昇殿も許されよう! との叱咤に、義朝は
死んだ後の恩賞は意味ない、今すぐ昇殿を許せ! とわめき……。
信西は、その覚悟のほどを聞いて昇殿を認めます。


白河北殿には、崇徳上皇に味方する武士たちが集結。
左大臣・藤原頼長は、どう戦うべきかの意見を求めますが、
源 為朝は夜討ちを提案します。

しかし、その案は頼長は取り上げません。
夜討ちは田舎武士が小勢で行う狼藉であり、
上皇と帝の戦いでは許すわけにはいきません。

「利に合えばすなわち動き、利に合わざればすなわち止まる」
兵数が敵よりも劣っているのならば利に合わない。

「夜呼ぶものは恐るるなり」
夜に兵が呼びあうのは臆病者の証、夜討ちは卑怯な策である。

頼長は、大和からの援軍が
到着するのを待とうというわけです。


同じころ、高松殿でも似たような軍議になっておりました。
義朝が夜討ちを進言したわけです。
ただ、こちらの結論は上皇方とは全くの正反対であります。

「夜呼ぶものは恐るるなり」
夜通しで軍議をするのは臆病者の証である。

「利に合えばすなわち動き、利に合わざればすなわち止まる」
夜が明けるまでぼんやりと待つのを良しとせず。

であれば、今すぐ動こう! という信西の解釈です。

その上で信西は、義朝の献策を褒め讃えるどころか
武功を上げた時には破格の恩賞を約束して送り出します。
しかし、清盛には「ま、お手並み拝見」と
あまり期待していない素振りです。


陣に戻った清盛は
上皇方を打ち破るには鎮西八郎為朝がキーマンと見て、
伊藤忠清・忠直兄弟に為朝が守るであろう白河北殿南門に向かわせ
自らの子の平 重盛・基盛にも軍勢に加わらせますが、

もともと離反するつもりであった弟の平 頼盛には
戦に加わらせずに追い出してしまいます。
敵方に味方することもできず、
その責めを負うこともできない頼盛はとても不満顔です。

そしてついに、戦が始まりました。

“夜討ちは卑劣な戦法”とたかをくくっていた頼長は
実際に天皇方が夜討ちをかけたと聞いてとても慌てふためき、
その頼長の意見を取り上げた上皇も、顔色をなくします。

為朝をけしかけた忠直は
為朝が射た超高速の矢にあっけなく倒れ(笑)、
南門攻撃はかなり手こずります。

一方、清盛軍は北門を攻撃すべく集まっていますが、
そこを守るのは忠正です。
甥と叔父の対決です。


夜が白み始めました。
清盛は相変わらず忠正と対決中です。

為朝への攻撃も相変わらす続行中ですが、
こちらは義朝軍から鎌田正清が攻撃に参加。
為朝は、小賢しい正清に矢をお見舞いしますが、
サッと正清の前に入った男が、代わりに射られてしまいます。

父・鎌田通清です。

「よい、急所は外れておる」と気丈に振る舞う父は
今は敵となった息子に、父を見習うでないと言い残し
フラフラになりながら白河北殿の中に戻って行きます。

殿がお育ての若武者ばらは皆、
立派な武士にお育ちなされておられまする!
為義に報告した通清は、そのまま倒れて絶命します。

一方、頼長は
かごに入れられたオウムを抱えて右往左往。
通清の死も目の前で目撃し、奇声を発しています。

白河北殿の外に出ようとする為義を
自分を守れと頼長は懇願していますが、
もはやゴマをするだけの為義ではありません。
「耳を塞いで、時が過ぎるのを待っておれ!」

権力者の、こういったぶざまな振る舞いには
いつ見ても失笑ですね(^ ^;;)


ついに北門が破られ、今度は火攻めです。

鯉煙りの中、頼長は上皇とすれ違います。
「そなたを信じた朕が、愚かであった」
頼長はもう絶望です。

上皇方の武将たちも必死に戦いますが、
兵たちは火攻めを恐れて次々と逃げ出し
おまけにトップたる上皇も非難したとあっては
大将なき軍勢と同じであります。


絢爛豪華に着飾った白河院の御所が、
無残にも焼け落ちていきます。

──────────

保元元(1156)年7月11日、
寅の刻(午前4時ごろ)に上皇方との戦闘の火蓋が切られる。

治承4(1180)年8月17日、
源 頼朝が挙兵して平氏に反旗を翻すまで


あと24年1ヶ月──。


作:藤本 有紀
音楽:吉松 隆
題字:金澤 翔子
──────────
松山 ケンイチ (平 清盛)
玉木 宏 (源 義朝)
松田 翔太 (後白河天皇)
深田 恭子 (時子)
豊原 功補 (平 忠正)
金田 明夫 (鎌田通清)
宇梶 剛士 (源 頼政)
矢島 健一 (藤原教長)
伊東 四朗 (白河法皇(回想))
※ 矢島・伊東:ピンクレジットなし
──────────
山本 耕史 (藤原頼長)
田中 麗奈 (由良御前)
阿部 サダヲ (信西)
井浦 新 (崇徳上皇)
加藤 浩次 (兎丸)
武井 咲 (常盤御前)
青木 崇高 (鬼若)
岡田 将生 (源 頼朝・語り)
──────────
小日向 文世 (源 為義)
和久井 映見 (池禅尼)
上川 隆也 (平 盛国)
松雪 泰子 (美福門院 得子)
國村 隼 (藤原忠実)
中村 梅雀 (平 家貞)
──────────
制作統括:磯 智明
    :落合 将
プロデューサー:櫻井 壮一
演出:中島 由貴


◆◇◆◇ 番組情報 ◇◆◇◆

NHK大河ドラマ『平 清盛』
第22回「勝利の代償」

デジタル総合:午後8時〜
BSプレミアム:午後6時〜

« 久々のニューヨーク | トップページ | 青です »

NHK大河2012・平 清盛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 久々のニューヨーク | トップページ | 青です »