2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« (19)鳥羽院の遺言 | トップページ | 下へ、さらに下へ »

2012年5月14日 (月)

うっちゃんさんに!

目撃されました( ^_^)/

これは先週の火曜日のお話ですが、
整復後、初の診察となる日のことです。

姫が病院までお見舞いに来てくれるというのですが、
診察予約を朝9時にとっていたので、
恐らく姫が到着する昼0時ごろには診察も終わって、
家でのんびりしている可能性は大きいです。

それでも、乗る電車とバスの時間も含めて
病院までの行程をメールしておきました。


朝、総合病院ならではの
長蛇の行列ができることを見越して
朝7時20分ごろに病院に到着しました。

診察受付は7時半に始まり、Kassyは133番となりました。
たくさんの科がある中で、133番であれば
やはりそこまで時間はかからなさそうです。
(1時間半ぐらい?)

9時に診察開始。
でもKassyの番はまだまだです。

10時半、診察。
ここまでは予定通りですね。

しかし、祝日の関係で4日の初診には
レントゲンしか撮れなかったので、
今日の診察前に改めてCTを撮ってみたところ、
ひじの部分に小さな骨折1ヶ所、
腕の部分にひび1ヶ所が見つかりました。

うーん、やっぱり折れておりましたか(^ ^;;)

ま、それはそれとして
固定具とともに包帯でしっかり巻いてもらい
再度、レントゲン撮影となりました。

撮影が終わり、11時すぎに再度診察室に呼ばれると
主治医の先生はいったい何が気に入らなかったのか、
固定具とともに再度包帯の巻き直しをしまして、
再度のレントゲン撮影。

さっき撮ってくださった技師さんは、
さっき撮ったばかりのKassyがチョコンと座っているので
「あれれ?」という顔でKassyの顔を見ています。
うん、ワタクシも「あれれ?」ですわ(笑)。

ともかく、再度レントゲンを撮って
診察室に戻ったのは11時半。
あら、このままではもしかしたら
姫が到着した時には終わっていないかも(^ ^;;)

それから今後の治療方針について話があり、
精算と薬の受け取りが終わったのが11時50分。

おー、なんとかギリギリでした。。。


来院してから何も飲んでいなかったので、
道路向かいのコンビニでコーヒーを一気飲み。
また道路を渡って、病院前のバス停で姫を待ちます。

実はおっちょこちょいなKassy、
家にケータイを忘れてきてしまいまして
実質的には姫と連絡が取れない状況にあります。

病院までの行程は詳細に書いたものの、
自称“方向オンチ”な姫(←あくまで自称)が道に迷ってしまい、
病院に来れないという場合もあるかもです。

病院が早く終われば、姫がくるまでの間に
ケータイを一旦取ってきて、
病院かもしくは駅などで合流すればいいことですが、

到着予定まであと10分と迫っていては、
片道30分程度かかる道のりで一旦帰宅! という選択肢は
選べそうもありませんね。

もし、予定のバスに乗っていなかったら
それから急いで帰宅して、
改めて連絡を取るしか方法はなさそうです。

……と、そんなことを考えているうちに
正午すぎ、ほぼ定刻で滑るようにバス到着です。

Le1301
↑こんな格好で待っていました。

姫は確かに乗っておりましたよ(笑)。

ひとりでなんと心細かったことでしょう、と
姫を労っていたわけですが、どうやらそこを
うっちゃんさんに目撃されちゃったようです。
で、うっちゃんさんはいずこにおわしたか?

──そう、バスです。

姫が病院まで乗車したバスに、
偶然にもうっちゃんさんが乗務されておられました!
何だか、嬉しいやら恥ずかしいやら。

その後のうっちゃんさん、
終点に着いてすぐにメールを送ってくださいました。
「右腕折れたの!?」

はい、かくかくしかじか……という事情でした。

でも、出迎える側のKassyは全然気づきませんでした(笑)。

無論、ケータイを家においておりましたので、
うっちゃんさんに目撃されたのを知るのは
さらに数時間後となるわけですが、

うっちゃんさんがメールくださらなかったら
多分永久に知らないままだったでしょう。
ありがとうございました!m(_ _)m

« (19)鳥羽院の遺言 | トップページ | 下へ、さらに下へ »

おともだち」カテゴリの記事

コメント

バスから
女性が慌てて降りていく
でも、ステップを1歩降りてから
振り返り、ありがとうございました!
ビックリして、発車するのも
忘れて見ていると、
右腕を吊るした
Kassyさんがお迎え!
姫だと気づきました。
僕も6月12日手術です。

──────────

うっちゃんさーん。


>振り返り、ありがとうございました!
この場面だけは、姫も詳細に語っていましたよ。

ですが、うっちゃんさん運転と知らずに
乗っていたものだから、
顔とかよーく見ておくんだった、と
悔しかってました(笑)。

事前に分かっていたらよかったんですけどね!


>僕も6月12日手術です。
手術!?
何のですか!!

腰のヘルニアです!
もう、限界なのですが、
人数足らず、奮闘してるのですが、
現在病欠されてる方が来月復帰の予定
確認してから、入院しようかと
思ってます。

毎週火曜日は、
同じダイヤを乗務しています。

──────────

うっちゃんさーん。


>現在病欠されてる方が来月復帰の予定確認してから
なるほど。
すぐにはできないだけに、大変そうですね。

それまでどうか、無理なさいませんよう……。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« (19)鳥羽院の遺言 | トップページ | 下へ、さらに下へ »