« プレイバック義経・(17)弁慶の泣き所 | トップページ | (19)鳥羽院の遺言 »

2012年5月12日 (土)

感謝デス

この格好(三角巾で腕をつった格好)でお店などに行きますと
今までにはなかった風景に出会うことが多々あります。

あれは病院で、診察室とレントゲン室の間を何往復もしていたとき、
左手で持っていた受診に関する
書類とクリアファイルを落としてしまったのですが、
まあ単純に落としただけなので、片膝ついて拾えばいいわけです。

よっこいしょ、と片膝をついて
いざ左手で拾おうとすると、これが意外にこれが難しい。

おまけに、落とした拍子に
書類がクリアファイルから出てしまったものだから、
それを再び書類を中に戻すのが“片手では”無理なのです。

ちょっともたつくKassyでしたが、どこからか看護士さんが現れて
サッと拾い、ファイルに入れて手渡してくれました。
(見かねた?(笑))

恐らく、病院という環境では
Kassyのような片手が不自由という人以上に
例えば車椅子に乗っておられる患者さんらが
たくさんいる中で、

誰かが困っている瞬間を見逃すまいと
常にアンテナを張り巡らしているのかもしれませんね。
ともかく、早く気づいてくださって
拾っていただいたことに感謝です。


続いて、スーパーやコンビニなどで「買い物」したとき。

標準的なスーパーであれば、
レジではチェッカー業務(レジ打込み+精算)のみやる、
というスタイルが圧倒的だと思います。

しかし、Kassyがレジに並んだ際は、チェッカー担当者が
サッカー(袋詰め)までしてくれたわけです。

確かに右手右腕は全く使えないにせよ
左手左腕は使えるわけですし、
チェッカー台からサッカー台に自ら運んで
自ら袋づめ、なんて当たり前だと思っていたから
かなりビックリしました。

コンビニは逆に
サッカー業務まで店員さんがこなしてくれます。
だから、それ以上求めることもありませんし
全てを安心してお任せできるわけですが、

毎朝立ち寄るコンビニで、
無愛想に応対する店長(オーナー?)が珍しく
「お怪我をされたのですか」と声をかけていただいたり。

他の店員さんも、いろいろとお声掛けしてくださいます。
お気遣い、ありがたいことです。


Kassy家近くのガソリンスタンドでも、
セルフスタンドであるにも関わらず
店員さんが事務所から飛んで出て、
代わりに給油してくださったり。

他のお店でも、とても細やかな心遣いをくださいます。
みなさま、本当にありがとうございます。

Kassyも、今回ケガしたことで体験したことは
おしごと柄、参考にできる部分はどんどん吸収していって
活かしていきたいと思います!

|

« プレイバック義経・(17)弁慶の泣き所 | トップページ | (19)鳥羽院の遺言 »

コメント

私も、先月病院で「手術」をしました。(あくまで、明細書の上では…ですが。)

2週間ほどで、完治しましたが

本当に、周囲の気遣いは有り難かったですね。

──────────

Sさーん。こんにちは!
今日もコメントありがとうございまーす。


>先月病院で「手術」をしました。
>2週間ほどで、完治しましたが
えっ……!!

2週間で完治できる手術って
どんなものなのでしょう?(笑)


>本当に、周囲の気遣いは有り難かったですね。
ホントですよね。
そういう立場になってみて、
初めて気づくことばかりです。

投稿: ★S | 2012年5月15日 (火) 21:36

手術…とはいえ、ちょっとひどいケガといったほうが正確なのかもしれませんね。
明細書には手術の項目でカウントされていたからとオーバーでした…。

──────────

Sさーん。こんにちは!
今日もコメントありがとうございまーす。


>ちょっとひどいケガといったほうが正確
そういう表現ならば、私のも
ちょっとひどいケガなのかもしれません(^ ^;;)

でもお互い、ケガには注意しましょうね!

投稿: ★S | 2012年5月22日 (火) 18:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プレイバック義経・(17)弁慶の泣き所 | トップページ | (19)鳥羽院の遺言 »