2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の31件の記事

2012年7月31日 (火)

ピッキーン

空の段ボールを素手で解体していました。

箱を裏返しにして、テープで止めている箱だったら
側面をちょいと押してテープを引っ張って剥ぐのですが、
その段ボールはテープを使わず、
しっかりと糊でくっついておりました。

なので、ちょっとしたすき間に左手指を入れて
グイッと力を入れて左腕で引っ張りましたら
思ったよりも糊付けが弱かったようで
簡単に剥げたのですが、その直後……。

ピッキーン!
……と激痛が右腕に走りました。

糊付けが弱いのは想定外でありまして、
左腕を勢いで引っ張りすぎたということは
箱が動かないように右腕で押さえていたのですが
その右腕を伸ばしすぎたというわけです。

続きを読む "ピッキーン" »

2012年7月30日 (月)

小さな伏兵たち

夏の音といえば、Kassyの中では「蚊(の羽根の音)」でありまして
夜中にたった一度、プーン♪と音がなっただけで
一晩眠れなくなるほど、毛嫌いしたい音の種類であります。
体は小さいながらも、Kassyにとっては天敵です。

ここ最近の夏は、何故か蚊と巡り会うこともなく(?)
それなりに平和な日日を送っていたKassyに
ついに伏兵が現れました。

ミーンミンミンミン……。

あまりけたたましくセミが鳴く(鳴らす?)ので
起きてみましたら、現在は朝5時!
朝5時からそんなに鳴かなくても(T^T)

まぁ、1週間の命というお宅の事情も分かるけれど
だからといって、
“ここにいるよ”アピールはいらないのだよ。
本来であればまだまだ寝ていられるはずなのに
おかげでこちらは寝不足ぢゃ。

明日はギリギリまで眠らせてくれるかなぁ?

2012年7月29日 (日)

(30)平家納経 〜怨霊を鎮めよ! 進め嵐の厳島へ 第二部完〜

まずは、崇徳上皇について簡単におさらいを。

「保元の乱」で勝ち、
それに続く「平治の乱」でも勝ちを収めた平 清盛は
武士でありながらも公卿という高い位に座ることができますが、
逆に、乱で敗北した者の運命は、実に辛いものであります。

その“敗北した者”というのが崇徳上皇でありまして、
その罪を問われ、わずかに付き従う者たちとともに
讃岐国へ流されます。

そもそも崇徳上皇は
白河法皇と待賢門院璋子の“不義の子”ということもあり、
(義)父・鳥羽天皇から“叔父子”と蔑まれていて、
朝廷内から騙され、裏切られ、軽んじられていました。

「なんと思うままにならぬ……我が一生よ!」

今回は、讃岐に流されて
世の人々からも忘れられようとしている
崇徳上皇のおはなしです。

ちなみに「上皇」とは譲位した元天皇に贈る尊称でして、
その「上皇」が出家すると「法皇」となります。

崇徳上皇は、ドラマ上では仁和寺にて髪を下ろして
出家しているはずですが、尊称はなぜか上皇のまま。
よってこの時代には、崇徳院と後白河院の「上皇」が
ふたり存することになります。

続きを読む "(30)平家納経 〜怨霊を鎮めよ! 進め嵐の厳島へ 第二部完〜" »

2012年7月28日 (土)

思い込みは怖い

書いたつもりでいたブログ記事が
実は書かれていなかった──。

書いたと思い込んでいたのですが、
書かなきゃと思いながら
書いたつもりになっていたのかもしれません。

まさか1ヶ月後に気づくとはw

でも、気づいた分だけマシですか?(笑)

2012年7月27日 (金)

うんともすんとも、その後

昨晩、パソコンをあちこち触ってみたりしていましたが
結局は何の回復もなく、諦めて寝てしまいました。

で、今朝。
リハビリで病院に行く前に、スマホで検索をかけてみました。
「power mac g4 電源入らない」

すると、いろいろページがヒットしまして、
そのうちのあるブログの3年前の記事に
PUMリセットと内蔵電池交換という手だてもあるらしい
という言葉があったので、
それにチャレンジしてから諦めようということに。

続きを読む "うんともすんとも、その後" »

2012年7月26日 (木)

うんともすんとも

今日は珍しく早上がりだったので、帰宅して
ネットサーフィンでも楽しもうかとパソコンの電源ボタンを押すと

……うんともすんとも(-_-;;)

ディスプレイやハードディスクはいつも通り
キュイーンだったりカリカリカリと音を立てますが、
本体からは起動音すらなりません。

あれれ?ヾ(*゚A`)ノ

Kassy家で8年近く暮らしているこのパソコンも、
もともと友人に安く譲ってもらった経緯があるので
実質的にはもっともっとおじいちゃんだったりします。(←男?)

Kassyとしては、パソコンにはまだまだ頑張ってもらいたいのですが
そろそろ買い替え時かなぁ? なんて考えてまして、
その前に、パソコンの内蔵ハードディスクの内容を
外付けハードディスクに移し替えておかなきゃね! なんて
考えていた矢先の出来事です。

続きを読む "うんともすんとも" »

2012年7月25日 (水)

プレイバック義経・(29)母の遺言

源 頼朝の命により、京都守護として京に戻った源 義経。
その彼と入れ替わりで、同じく頼朝の命により
源 範頼は梶原景時父子らとともに鎌倉へ戻ることになりました。

義経は、範頼の後を引き継いで
訴訟の裁定や平氏方への内通者の取り締まりなど
かなり多忙であります。

義経への賞賛の声はますます上がるばかりで、
その流れは鎌倉の大倉御所内でも同様であります。
北条時政はじめ、大江広元や善信も恩賞を出すべきとしますが、
頼朝はどうも乗り気ではありません。

源氏内としてはそうないのですが、
朝廷や法皇がことさらに義経を持ち上げることに
頼朝は危機感を抱いているようです。

続きを読む "プレイバック義経・(29)母の遺言" »

2012年7月24日 (火)

アウト→イン→アウト

文字通り「アウト(外側)」→「イン(内側)」→「アウト(外側)」。

カーブ、例えば右カーブであれば
カーブ手前で左端(つまりカーブ外側)に寄せておき
カーブ中央付近で右端(つまりカーブ内側)に寄せ
カーブ終了辺りで左端(つまりカーブ外側)に寄せる。

すると、仮にほぼ直角のカーブであっても
そこまで急激な減速加速をしなくても
比較的スムーズにカーブが曲がれます。

カーレースなどでもよく見られるので、
映像でご覧になれば「あ〜あ〜」と
納得いただけるのではないかと思いますが。

続きを読む "アウト→イン→アウト" »

2012年7月23日 (月)

かぜ

毎日毎日暑いですね(^ ^;;)
ちなみにまだ7月下旬です。

現在でこんな状況ならば、8月の暑さはハンパないというか
どれぐらいの暑さか想像を絶するものとなりそうな気がしますが、
みなさまいかがお過ごしですか?

おしごとから帰宅すると、戸締まりをして出たせいもあって
もう数十分で明日という時間帯なのに
室温が30℃を超えていることもあり、
慌てて窓を全開にして熱い空気を外に逃がす毎日です。

雨が降っていれば
いくら室温が高くても窓を開けられないので、
せっかく入浴してキレイさっぱりとしても
すぐに汗だく状態になってしまいますが、

梅雨明けして雨が降らなくなったので、
窓を開けられるようになって大助かりです。

続きを読む "かぜ" »

2012年7月22日 (日)

(29)滋子の婚礼 〜後白河院の恋〜

永暦元(1160)年6月。
平 清盛は正三位に出世し、公卿の座についにのぼります。

少し離れた所に置いた壷の中に矢を投げ入れて、
ヒマつぶしをして遊んでいる後白河上皇に、清盛は
正三位に上げてくれた御礼を述べに現れます。

今まで、武士の最高位はどう頑張っても正四位止まりであり
公卿という位が近くて遠い存在でありましたが、
その高くそびえ立つ壁を打ち破って公卿になれたことは
父・忠盛でさえ叶わなかったことであり、
武士としても初の快挙と言わざるを得ません。

しかしこれは、後白河上皇との
長い長い双六遊びの序章に過ぎませんでした。

続きを読む "(29)滋子の婚礼 〜後白河院の恋〜" »

2012年7月21日 (土)

「飯食いに──」

今の会社に就職して初めて、
社内の人と退勤後にご飯を食べに行きました。

そういえば、前の前のおしごとでは、
業務を終了してもだらだらと居残って
「飲みに行きましょうよ!」だの「ご飯食べません?」だのと
連れ立って行くことがしょっちゅうでありまして、

翌朝仕事だというのに終電で帰宅することも
ざらにあったのですが、全然苦にはなりませんでした。

それが前職では、飲食に出かけることはほぼ皆無。
小さな会社でしたが、まぁみなさん
プライベートタイムは邪魔されたくないようで。
パチンコ屋に次々と消えて行くみなさんを引き止めてまで
食事に誘う勇気はありませんでした(笑)。

まぁ……それでもたまには、と(直属ではない)上司と
飲みに行ったのがわずかに1回のみでしたなぁ。

続きを読む "「飯食いに──」" »

2012年7月20日 (金)

病院通い

病院通いが週3日というのも、なかなかうんざり(^ ^;;)

午前中に病院に行って、
リハビリなり診察なり検査なりやってもらい
昼から出勤して深夜まで、というリズムに
うまく組み込まれているせいか、

通院というのもあまり考えはしないことでしたが、
それが週3回ともなると、
さすがに“う〜ん”となりますね(笑)。

Kassyが入院したのは、
物心つく前に「肺炎」であるらしく(←覚えてないw)
物心ついてからは入院は全くないのですが、
一日中、天井を向いてジーッとしているのもウンザリきそうです。

現に、点滴を打つ1時間半でさえ、ウンザリしてました(笑)。
当時の日記には「5分間さえも地獄」なんて書いてましたがw

でも、今のリハビリの状況を考えると
この生活リズムは、残念ながらしばらくは続きそうです。


肘部に地味な痛みが継続的に続く状態、
伸ばした際に激痛が走ることも。
曲がる角度:1時〜5時半 ぐらい
(ほとんど変化なし)

2012年7月19日 (木)

vol.093・夏の思ひ出

vol.093・夏の思ひ出
(パーソナリティ:Kassy)

第93回放送です。

いよいよ夏休みです。
夏休みと聞いて思い出す、子供のころの思い出は何かありますか?
今回、時系列に洗い出してみました。

今回のListening Pointは……
学割


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

2012年7月18日 (水)

プレイバック義経・(28)頼朝非情なり

寿永3(1184)年2月7日早暁・一の谷──。

源 義経による逆落としの奇襲が功を奏して勝利。
平氏方は幼い帝とともに三種の神器を持って屋島へ。

その後、平 重衡を捕らえての義経の入京に
京の民たちは喝采であります。


久々に屋敷に戻ってきました。
静は待ちこがれたように手をついて義経を出迎えます。

──義経と静の対面です。

続きを読む "プレイバック義経・(28)頼朝非情なり" »

2012年7月17日 (火)

連休明けの行列

土・日・月の3連休が終わりました。
みなさまいかがお過ごしでしたか(^ ^)

今日はいつも通り、リハビリの日であります。

しかし連休明けともなれば、予想されるのは
月曜日にかかっておくべき患者さんも
今日来院することで起こりえる病院内の混雑。

Kassyが脱臼のケガを負ったのはゴールデンウィーク中で、
その連休後の平日に改めて本格的な治療に入ったのですが、
その来院時もかなり混雑しておりましたので。

それよりも予想されるは、病院駐車場待ちの行列です。
なので、気持ち20分ほど早めに病院に向かうことにしました。

病院駐車場に着きますと、駐車場待ちの行列ができています。
ほらやっぱり(^ ^;;)

続きを読む "連休明けの行列" »

2012年7月16日 (月)

なんだかなー

Kassyの中での、紳士服のお店のイメージは
「閉店セール」と銘打っておきながら
なかなか閉店しない(←とは失礼ですが)というような、

もしも、なかなか閉店しませんねと口にした時には
「閉店? 毎日閉店してますよ」と即答されそうな
そんなイメージを持っているのですが、
(どんなイメージ?w)

“閉店します!”と数年に渡って言い続け
閉店後の店舗不動産を受ける企業が現れなかったからと
結局は自店で使うことになったという
某紳士服店から、先日DMが届きました。

『完全売りつくし!』
本状ご持参で値下げ価格からさらに10%OFF!
有効期限:平成23年7月31日

ヾ(;´Д`A ツカエネー

2012年7月15日 (日)

(28)友の子、友の妻 〜平治の乱終結! 義朝、常盤の運命は〜

平治元(1159)年12月、
怒濤の一年も暮れようとしております。

軍勢のほとんどを失った源 義朝は、
長男義平、次男朝長、そして三男頼朝とともに
東国へと落ちていきます。

しかし、義朝が大切に持っていた『髭切』の太刀が
父の手元にないことに気づいた頼朝は、それを探すわけですが
夜明け前の薄暗い山中で、父たち一行とはぐれてしまいました。


そのころ、今回の謀反の首謀者である藤原信頼は
絶大な信頼を寄せてくれていた後白河上皇を頼って
やっとの思いで仁和寺にたどり着きます。

続きを読む "(28)友の子、友の妻 〜平治の乱終結! 義朝、常盤の運命は〜" »

2012年7月14日 (土)

まだまだ先

この度、Kassyブログは皆さまのご厚情を賜りまして、
平成24(2012)年7月14日、午前7時33分57秒に、
Kassyブログへのアクセス数が


320,000 counts


を達成しました!
ありがとうございます!

続きを読む "まだまだ先" »

2012年7月13日 (金)

いたみ

本日は、いつものようにリハビリでした。
しかも今回は整形外科での診察つき。

リハビリをこなしながらいつも感じることですが、
数字などで明確に“治ってきてますね!”と
言えるものではないだけに、
その意味・意義をどうしても考えてしまいます。

ま、固定が外れた当初よりは改善しました(←当然w)。

ちなみに今日のリハビリの最中、伸ばしの部分で
いきなり右肘に激痛が走ってしまいまして(^ ^;;)
思わず声をあげてしまいました。。

続きを読む "いたみ" »

2012年7月12日 (木)

プレイバック義経・(27)一の谷の奇跡

寿永3(1184)年1月29日。
後白河法皇によって平家追討の院宣が下され
源 義経ら一行は小勢に分かれて出陣。

都から丹波路を経て摂津一ノ谷を目指します。

それを迎え撃つ一ノ谷にも、鎌倉軍が京を出発して
こちらを目指して進軍中との情報が入って来ておりまして、
大手が山陽道経由で東から、搦手が丹波路経由で西から
というところでは一致。

矢合わせですが、
源氏が着陣するのは2月3日か4日と思われます。

そこで平 宗盛がぶつぶつと独り言です。

続きを読む "プレイバック義経・(27)一の谷の奇跡" »

2012年7月11日 (水)

雲行き

今日は、バセドウ病の検査で病院行きです。
ですが、珍しく順調にポンポンポンと検査も会計も終わりまして、
どうせなら、と車で遠出してみることにしました。

遠出と言ったって、たかだか片道30分強ぐらいの距離なのですが
通勤時間5分なもので、充分遠出かと(^ ^;;)
お出かけした先は、峠越えしましてF岡市S良区(南部)。

KassyにとってのS良区南部地区というのは
あくまで目的地が遠くにあって
そこまでの通過点でしかないわけで、
特につぶさに行き来したようなルートではないのですが、

試しに、とバスの終点を3箇所ほど選んで行ってみました。
北から順に「★の原団地」「西A山ハイツ」「Sわら台団地」。

ま、この周辺のバス路線もろくに覚えておりませんで(^ ^;;)
どこから右左折して入っていくかも
事前に予習しなかったものだから間違える間違える。

それだけに、到達できた喜びは
何者にも代え難い達成感と嬉しさで満ちあふれますね。
(↑オマエの終点訪問はエベレスト登頂かw)

いかん……いけません。

何だか自分自身の中で、何かが
化学反応を起こしているようです。
これは雲行きが怪しくなってきましたぞ(笑)。

2012年7月10日 (火)

心遣い

職員の健康診断が続いております。

ウチの健康診断は、当人がお休みの日に
「行っといで!」というものであり、
基本的には公休日に合わせて
健康診断スケジュールも組まれているわけですが、

その組んだ公休日スケジュールというのが4月時点なので、
班の異動などで人員が入れ替わり、公休日を組み直した場合は
この時限定で公休日変更を強いられてしまいます。

ま、とはいえ休日がずれるだけのお話なので
そう大したお話ではないのですが、

続きを読む "心遣い" »

2012年7月 9日 (月)

方向幕考(105)

幕ファンのみなさま、
大変長らくお待たせいたしました。

“センバツ・ほうこうまくぅ(方向幕コレクション)”。
通称“幕コレ”の第52弾は、N鉄バスグループのH田バスから
Hた号車両2種をご紹介します。

バス車両を正面から見た時に、従来からよく見る
高速車両のタイプ(フォントは新しいモデル)と
方向幕が前窓の上にある一般路線と同じ
タイプ(フォントは従来のモデル)とを掲載してみました。

続きを読む "方向幕考(105)" »

2012年7月 8日 (日)

(27)宿命の対決 〜清盛vs義朝! 源平合戦幕開け〜

平治元(1159)年12月18日。

源 義朝の挙兵を知って京に戻った平 清盛でしたが、
両雄対決を前に身構える一門の面々を前に
信西の自害を知りつつも、なかなか動こうとはしません。

さらには、武士として藤原信頼に恭順の意を示し
一門は腑に落ちないながらも渋々従うことにします。


一方、後白河法皇や二条天皇を幽閉して内裏を掌握した義朝は
来たるべき敵兵への守りを固めようとしています。

源氏の動きは野蛮すぎるし、
わが身を預けた信頼は遊びほうけてばかりで政治には無頓着だし、
信頼・義朝と手を組んで信西を滅ぼした藤原惟方と経宗は
後悔の念が次第に膨らみ始めています。

ちなみに今は源氏に味方する藤原成親は
清盛長男・平 重盛の妻の兄なので、
源氏が平氏に勝っても、逆に平氏が源氏に勝っても
どっちみち安泰なわけです。

続きを読む "(27)宿命の対決 〜清盛vs義朝! 源平合戦幕開け〜" »

2012年7月 7日 (土)

プレイバック義経・(26)修羅の道へ

非業の最期を遂げた木曾義仲の首が
検非違使によって獄門にかけられ、
京の人々の憎しみにさらされます。

数多くのものたちが首目がけて投石する中で、
巴も(“この世にひとり残された”という別の意味で)
義仲を恨んでいます。

巴の存在に気づく源 義経ですが、
巴が刀に手をかけたとき、とっさの機転で
何事もなかったかのように振る舞います。

巴は、義経が義高のお世話役であることを思い出し
義高の身を案じながらその場を後にします。

続きを読む "プレイバック義経・(26)修羅の道へ" »

2012年7月 6日 (金)

チャンネル権

いつものように、今日はリハビリでした。

何を思ったか、開始時間の1時間半前に
病院の駐車場に入ってしまったKassyは
今さら出庫するわけにも行かず。

だらだらと車内でスマホをピコピコw

さて、予定通りに肘を温めまして
療法士さんにリハビリしてもらい、
前回同様、肘の内側に電気も当ててもらいまして
今回のメニューは終わったわけですが、

リハビリの最中、右腕の屈伸以外
仰向けになって全く動く必要がないKassyは
リハビリのみなさん向けのBGMが
気になって気になって仕方ありません。

続きを読む "チャンネル権" »

2012年7月 5日 (木)

vol.092・節電対策

vol.092・節電対策
(パーソナリティ:Kassy)

第92回放送です。

暑い季節がやって参りました。
電力不足を危惧する声が盛んに聞こえておりますが、
手始めに簡単にできる節電をご紹介します。

今回のListening Pointは……
8時


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

2012年7月 4日 (水)

遅起き

久々の遅起きっていいですね(^ ^)
遅起きって言っても午前10時ですが(←充分w)

昼から出勤の場合は
正午近くまで寝る生活が続いていたのですが、
1ヶ月ほどお休みをいただいて、規則正しい生活にした結果
昼から出勤の時でもいつも通り朝7時に起きるようにしています。

よって、おのずと習慣から
休みの日も朝7時に目覚めることが多いのですが、
今日はそれを3時間近くオーバーしました。

ま、昨晩は遅く帰ってきたので
睡眠時間自体はさほど長くはないのですけど(^ ^;;)

ちなみに明日は朝9時からのおしごとです。
今日眠れますかねぇ?

2012年7月 3日 (火)

意外と難敵

前回のリハビリが比較的順調に進んだこともあって、
いつもは3〜4日おきのリハビリが1週間後となって、今日です。

以前ほどではありませんが、確かに
少しずつは屈伸角度が広がっている感覚はあります。
ただ、伸ばした際に右肘の内側に激痛が走るのは
今も昔も全く変わりません。

Kassy担当の理学療法士さんは、その話を聞くと途端に顔色を曇らせ
(といっても、以前から“右肘の内側が痛い”と話しておいたのですが)
いつもにはないマッサージであれやこれやと試しておられました。

で、結局は「じゃあ電気当てますね」と言われたので
とりあえず「はい」と返事したものの、今から何をされるのか
経験したことがないだけに分かりません。

療法士さんは、リハビリ室の端に置いてあった機械を
ゴロゴロと引っ張って来ました。

え?
電気?
当てる?

続きを読む "意外と難敵" »

2012年7月 2日 (月)

一人はみんなのため

「一人はみんなのため / みんなは一人のため」
という言葉はよく聞きますが、ウチのおしごと先にも
その言葉を思い起こさせるちょっとした出来事があります。

Kassyが所属する部署の社内活動エリアは
地面から最も高い場所に位置しております。
位置としては3階といえばいいでしょうか。

ちなみに他の方々の活動エリアは“中2階”。
そして社内への入口は中1階にあります。

それで、中1階・中2階・3階には
エアコンというような文明の機器は導入されておりませんで、
(ちなみに1階と2階にはあります。ガンガン効いてます)

おかげで、中1階・中2階の熱い空気は
上へ上へと流れて3階に溜まります。

続きを読む "一人はみんなのため" »

2012年7月 1日 (日)

(26)平治の乱 〜武士の覇者は誰か? 平氏×源氏 決戦の時〜

平治元(1159)年12月4日、平 清盛は
その大願成就のために熊野詣でへ旅立ちます。

12月9日、その軍事的空白を狙って
源 義朝はついに動き出します。


京・三条殿──。

緩歌慢舞凝絲竹 盡日君王看不足
漁陽鼙鼓動地來 驚破霓裳羽衣曲
(のびやかな歌や踊り、笛や琴の音も美しく、
王は終日眺めて見飽きることがなかった。
突如、漁陽の陣太鼓が地を揺るがして迫り、
霓裳羽衣の曲を楽しむ日々は砕け散った。)

後白河上皇が高らかと詠み上げ、
お側近くに仕える女たちに講釈をしています。

そこへ、中納言・藤原信頼が駆け込んできます。
「何者かが、この三条殿に攻め寄せて参りまする」

続きを読む "(26)平治の乱 〜武士の覇者は誰か? 平氏×源氏 決戦の時〜" »

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »