2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« プレイバック新選組!・(41)観柳斎、転落 | トップページ | 広がる夢 »

2013年5月29日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(38)

終点停留所の旅“たそがれ”第9弾です。
今回は、S賀県T栖市にある
「A楽寺」をご紹介します。

Ma2501Ma2504

立派なバスカットが
そのままの状態でキレイに残っているので、
バス路線がなくなった現在でも
容易に場所を確認することができます。

……と言っても、あまりこの周辺の
バス路線に関する歴史を詳細には知らないのですが、
ここは「普通停留所」だった時期もあり、
soramameさんの提唱する(?)「狭義の終点」だった時期もあるようです。

そのどちらと認識するかは
それぞれの方の考え方によって異なって来ると思いますが、
今回のKassyは、そのどちらと結論を出さずに
紹介してみたいと思いまして。。。

ちなみに「狭義の終点」なら、
それなりのバス転回場があってもよさそうな感じがしますが、
スイマセン、見つけきれませんでした。
いや、それらしいスペースは周辺にあったのですが、
そこだと断定するだけの確たる材料がありませんで(^ ^;;)

ここで終点となった後、そのまま走り抜けて
例えばそこそこ近くのバス営業所へ戻るとか
別系統になって別の場所から運行を開始するとか
そういう場合はココに転回場は必要なく。

その可能性を考えた時、
ありもしないバス転回場を探すということになるわけで
その作業はホントに無駄に思えてきます(涙)。

もし詳細をご存知の方、どうかご教授くだされm(_ _)m


Ma2503

バスカットらしく、ブロックも
前扉用、中扉用の分を考えて設置されていますね。


Ma2502

遠くに見えるのは、全国的に有名な企業の
工場だったり倉庫だったり。
直線距離で1.5〜2kmほど離れていますが、
だだっ広い田んぼのおかげで見わたせます(笑)。

« プレイバック新選組!・(41)観柳斎、転落 | トップページ | 広がる夢 »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プレイバック新選組!・(41)観柳斎、転落 | トップページ | 広がる夢 »