2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月の30件の記事

2013年6月30日 (日)

(26)八重、決戦のとき

後の世に“幕末のジャンヌ・ダルク”と呼ばれた川崎八重──。

そもそも、この「ジャンヌ・ダルク」という人物は
どういう時代に生き、どういう人生を歩んだのでしょう。

詳しくはそれぞれ検索いただくとして(笑)、
ジャンヌ・ダルクの生涯を
ほんの少しだけかいつまんでおきたいと思います。


ジャンヌ・ダルクが少女だったころのフランスでは、
国王のシャルル6世は、跡継ぎとして王太子シャルル(後の7世)を残している。
しかしフランス王位はイングランド出身の幼いヘンリー6世に相続された。

これは、百年戦争等の戦いを終了させようと、1420年に
シャルル6世とヘンリー5世によって署名された
「トロワ条約」によるものである。

その条約の大まかな中身とは、
“ヘンリー5世は国王シャルル6世の娘・キャサリンと結婚し、
シャルル6世の死後、王位はヘンリー5世および彼らの子に継承される”とあり
これは実質的にフランス国王の王位継承ラインから
シャルル6世の子を外すことを意味している。

ただ、国王継承予定者であるヘンリー6世はまだ幼かったため、
フランス王として、まだ正式には就任していなかった。

1425年、ジャンヌ・ダルクは
“ヴォークルールの守備隊長ロベール・ド・ボードリクールに会い、
オルレアンの包囲を解いてフランスを救うように”という「声」を聞く。

その「声」に従い、3年後の1428年5月に
ボードリクールの元を訪れたものの、すげなく追い返された。
しかし、シャルル(7世)はジャンヌ・ダルクの言う「声」を信じる。

1429年4月、「乙女」と呼ばれるようになったジャンヌ・ダルクは
イングランド軍に包囲されていたオルレアンに向けて出発。
ジャンヌ・ダルクは、オルレアンの総司令官であったジャン、
アランソン公、ラ・イール、ジル・ド・レイたちと共に
イングランド軍と戦った。

ジャンヌ・ダルクは果敢に突撃し、
仲間の兵隊たちを鼓舞する役目を果たし、
しかも戦闘では自ら進んで突撃をも敢行する。
ジャンヌの鼓舞により、オルレアンの兵隊たちの士気は上がった。

そして翌月、イングランド軍は撤退し
オルレアンはイングランド包囲網から解放されたのである。


会津戦争で、女性であるが故に男装し
銃を持って最後まで奮戦した八重。
今回は、その“幕末のジャンヌ・ダルク”と
呼ばれるに至ったゆえんの回です。

続きを読む "(26)八重、決戦のとき" »

2013年6月29日 (土)

業務量増加

相変わらず、毎週土曜日は“ぼっち”のKassyです。

そんな土曜日に、新たに業務が追加されまして(^ ^;;)
就業時間内では、よっぽどヒマでない限りは無理と判断、
ここはもう、居残りするしかなさそうです(涙)。

誰か助けておくれ〜。。

2013年6月28日 (金)

プレイバック新選組!!・(50)土方歳三 最期の一日

──箱館・五稜郭。
旧幕府軍、最後の砦である。

明治元年10月、
海を越えて蝦夷地に渡った徳川の家臣たちは
新政府軍からこの五稜郭を奪い取り、
兵を勧めて蝦夷地を平定した。

彼らは独立政権の樹立を目指し、
旧幕臣・榎本武揚を総裁に選んだ。
陸軍の指揮は大鳥圭介、土方歳三はその補佐役となった。

しかし、新政府軍の反撃は厳しく
明治2年5月には箱館の町と五稜郭周辺だけが
最後の拠りどころとなっていたのである──


明治2(1869)年5月・蝦夷地(北海道) 七重浜──。

続きを読む "プレイバック新選組!!・(50)土方歳三 最期の一日" »

2013年6月27日 (木)

ぐらぐら

右の上の奥歯が取れます。
たぶん、スコーン! と。

喋れば、その歯が震えます。
明らかに、歯茎と一体になっていないのが分かります。

歯を磨くとき、下から上向きにゴシゴシと磨けば
その歯が装着されるのが分かります。
多分、宙ぶらりんの状態なのでしょう。

痛くないので、
すでにその歯の神経は死んでしまっている?

だから、スコーン! と指で取ってしまえば
楽なのでしょうが、その勇気はないのです(^ ^;;)
自然落下を期待して待っています。

2013年6月26日 (水)

細かすぎて伝わらないバスネタ選手権(36)

既に廃止されたバス路線を辿ろうとするとき、
その路線が1系統という単純路線であるならば
どの道を通って、どのあたりにバス停があって、という
予測を立てるのにはさほど難しくはないのですが、

例えば「O郡・C紫野ニュータウン」のように
団地内でありながら系統がちと多い場合、
何らかの資料がアイテムとして必須となるわけです。


◎ バス路線図
世の中にはさまざまはバス路線図が存在するので
一概にはどうとは言えない部分がありますが、

某N鉄バスの場合、
バス路線を引き停留所を記した詳細なバス路線図と
大まかに系統内容を記した系統図がセットになっているので、
それを組み合わせて見ることで、バス路線はよく分かります。

しかし、系統が複数にわたって存在し
それを簡単に記している系統図の場合、
逆に混乱を来す原因にもなりかねず、

あるいは紙面の都合上、
本数の極少な系統は割愛されることもあって
正確なバス系統を把握するのは難しい場合もあります。

続きを読む "細かすぎて伝わらないバスネタ選手権(36)" »

2013年6月25日 (火)

毎度お馴染みの

この度、平成25(2013)年6月25日、午後2時32分24秒、
Kassyブログは皆さまのご厚情を賜りまして、
Kassyブログへのアクセス数が


380,000 counts


を達成しました!
ありがとうございます!

続きを読む "毎度お馴染みの" »

2013年6月24日 (月)

プレイバック新選組!・(49)愛しき友よ [終]

近藤 勇、逮捕──。

板橋の豊田家で預かりの身となった勇は、
いそいそと取り調べに向かいます。

坂本龍馬を暗殺したのが新選組であると思い込んでいる者が多く
それだけに新政府軍の怒りを買っている勇ですが、
勇としては、やっていないものは
何があろうとやっていないと言うしかありません。

その勇を救出に行こうと滝本捨助は提案しますが、
ここで局長奪還というのは、ちと分が悪く無理な感じです。

捨助は、たとえ一人でも
勇を助けに行くと言って出て行ってしまいます。
「見損なったぜ!」

続きを読む "プレイバック新選組!・(49)愛しき友よ [終]" »

2013年6月23日 (日)

(25)白虎隊出陣

新政府軍は奥州街道に兵を進めます。
西郷頼母は松平容保に再び恭順を説きますが
受け入れられず、白河総督の任を解かれます。

慶応4(1868)年7月29日
新政府軍に抗戦を貫いた二本松藩は壊滅し、
奥羽越列藩同盟は崩壊寸前に。

刻一刻と、会津に危機が迫っていました。


8月19日、陽暦で10月の奥羽には
もう寒さが忍び寄っていました。

何があっても、殿とお家を第一に考えて動けば
会津の人間として道を誤ることはない。
山本家では、権八が家族に対し訓示します。
「見苦しい真似は決してすんな」

権八と川崎尚之助は、角場で整理を始めます。
いつお城からお召しがあってもいいように、
余分なものは埋めておくことにします。

続きを読む "(25)白虎隊出陣" »

2013年6月22日 (土)

後戻りできない

というタイトル。
ちとカッコイイ感じも受けますが、
やったことはそこまででもないです(笑)。

Kassy、麻婆豆腐って好きなんですけど
ここ最近、ホントに最近は口にすることがありません。
まぁ、理由はいろいろあるのですが(^ ^;;)

で、おしごと帰りに『ココイチ』に立ち寄ったKassy、
目の前に、期間限定のそれらしいメニューがありまして、
オーダーしてみることに致しました。

店員さんを呼んで「麻婆豆腐カレー」と言いかけて
目の前にあるメニューには“麻婆豆腐”ではなく
“麻辣豆腐”となっていることに気がつきました。

おっ?
“麻辣豆腐”ってなんじゃらほい?

でも、今さらメニューを変えようとしても
店員さんも呼んでしまったし、再考すれば時間もかかるしで
結局は“いってまえ〜”の精神から、
そのままオーダーすることにしました。

ちなみに“麻辣豆腐”、
「まーらーどうふ」って言うらしいです。
でもオーダーを取った店員さんは
「麻婆豆腐ですね」とオーダーを繰り返して行きましたぞ?

続きを読む "後戻りできない" »

2013年6月21日 (金)

プレイバック新選組!・(48)流山

慶応4(1868)年3月6日、
近藤 勇率いる120余の甲陽鎮撫隊は
10倍以上の勢力の新政府軍と激突。

頼みにしていた菜葉隊には
新選組からの援助要請も黙殺されてしまっていて、
ついに現れることがなかったわけです。
なすすべもない甲陽鎮撫隊。

勇と対立した永倉新八は、原田左之助とともに新選組を離脱。
病状が悪化して戦列を離れた沖田総司は、
東京千駄ヶ谷の植木屋平五郎宅の離れにて療養中。

勇と土方歳三は、江戸の中心部を避け
五兵衛新田で再起のチャンスを狙っていました。
「オレには振り返っているヒマはねえ」
歳三は、関東で新しい新選組を作ろう、と言います。

続きを読む "プレイバック新選組!・(48)流山" »

2013年6月20日 (木)

vol.117・ベタなネタですいません(後編)

vol.117・ベタなネタですいません(後編)
(パーソナリティ:姫・Kassy)

第117回放送です。

ドラマやアニメでよく見られるベタな展開。
途中、Kassyが興奮しすぎて話を端折っていますが、
分かりやすいように本編ブログに補足しておきました。

今回のListening Pointは……
除隊が……。

番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

補足内容は↓コチラ↓の「続きを読む」から

続きを読む "vol.117・ベタなネタですいません(後編)" »

2013年6月19日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(40)

終点停留所の旅“たそがれ”。
とりあえずO郡〜T栖〜S賀エリアを
10ヶ所ご紹介して参りました。

今回はひとまず小休止。
終点停留所のご紹介はありません。

こうしてコーナーを始めたからには、
簡単にはやめるわけにはいかないと考えまして、

何ヶ所ほど回らなければならないのかを見て
どういうふうに回っていこうかと計画すべく
地図を広げて、訪問してみようと考える場所に
印をつけていったわけです。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(40)" »

2013年6月18日 (火)

プレイバック新選組!・(47)再会

慶応4(1868)年2月12日・江戸城──。

徳川慶喜は謹慎のため上野寛永寺に移り、
新選組は、その警護を任されます。

「オレはこのまま終わるつもりはない」
薩長と戦う、と近藤 勇が言い出しますと、
土方歳三も賛成してくれます。

その歳三は、刀の時代は終わったのだと
榎本武揚が身にまとっていた洋服を入手し
髪型も変えました。
「オレは、姿形から入るンだ」

相当なナルシストですw

続きを読む "プレイバック新選組!・(47)再会" »

2013年6月17日 (月)

スーパーのお弁当

これまでずっとコンビニ弁当を買って出勤していたのに
最近は懐具合の兼ね合いもあって、
スーパーのお弁当(できれば見切り品)を買って帰り、
翌日持参するようにしています。

ただ、スーパーのお弁当はコンビニ弁当と違い
輪ゴムで止めているだけで
ラップでお弁当を包んでいないものがあって、
バッグの中に入れていると、ちょっと傾いただけで
汁がこぼれてしまうという難点もあります。

汁は拭けば綺麗になりますけど、
この季節で言えばニオイがどうも……(^ ^;;)

あとは、見切り品として割引率が高くなるタイミングで
みなさんお弁当コーナーに集まるんですよね。
ま、398円のお弁当なら、2割引で318円のところ
半額になれば199円ですからね……そりゃ当たり前か。

ある時は、割引シールを持った店員さんが
まだ遠くの鮮魚コーナーにいたり、
またある時はお弁当コーナーの商品がすっからかんだったり。
最近スーパーでお買い物するようになったので
そのタイミングがイマイチつかめておりません。

もし見切り品を買いそびれたら、栄養分は考えないようにして
広告の品のカップラーメン+おにぎりという
安価な組み合わせにしています。
姫に怒られそうですけど(^ ^;;)

それでも、コンビニ弁当時代に比べれば
かなり出費は抑えられているような?

その分、コンビニはごぶさたです。
Tポイントも、1週間に1ポイントたまる程度で
累計18,000ポイントを目前に
足踏み状態が続いています(笑)。

2013年6月16日 (日)

(24)二本松少年隊の悲劇

奥羽鎮撫使一行は東北に入ります。
「容保は天下に入れざる大罪人、賊徒の首を取って参れ!」

会津藩の恭順は認められず、
奥羽諸藩は会津救済を願って連携を深めますが
世良修蔵の暗殺を契機に、慶応4(1868)年5月6日
ついに31藩からなる奥羽越列藩同盟が成立。

しかし、白河城が新政府軍の手に落ちると
戦火は東北一帯へと広がって行きました。

山本覚馬は、共に牢に入っている弟子の野沢鶏一に
自らの言葉を口述して紙に書き留めさせます。
新政府軍の狙いが会津に絞られる中、完成したら
新国家への意見書として提出するつもりでいますが、
牢番に見つかって何度も何度も破られてしまいます。

心が折れそうになっている野沢を励まし
覚馬は何度も何度も書き直しさせます。

続きを読む "(24)二本松少年隊の悲劇" »

2013年6月15日 (土)

プレイバック新選組!・(46)東へ

戦場に錦の御旗が揚がった時、戦の勝敗は決まりました。
官軍となった薩長の攻撃の前に、旧幕府軍は総崩れ。
決戦を主張していた佐々木只三郎も、
結局はこの戦いで受けた傷がもとで命を落とします。

慶応4(1868)年1月6日の夜、
徳川慶喜は松平容保・定敬兄弟を伴って大坂城を脱出。
大坂天保山に停泊させておいた開陽丸に乗って
海路を東にとり、江戸へ──。


慶応4(1868)年1月7日・京──。

不動堂村の新選組屯所に戻った土方歳三と斎藤 一は
屯所に残してきた書類等の処分をしています。
新撰組結成以来、誰を斬ったかなど事細かに記録しているものなどは
薩長の手に渡ってしまえばとてもまずいことになってしまいます。

しかし、次第に周囲をうろつく薩長兵が増えてきました。

淀からの道案内でついてきた山崎 烝も加えた3人は
八木源之丞と、息子・為三郎の手引きで
安全な抜け道を通って脱出することになりました。
「災い転じて福と成す、の喩えもおます」

続きを読む "プレイバック新選組!・(46)東へ" »

2013年6月14日 (金)

はぴはぴ

Happy Happy Birthday !!

甥っ子くん


6月14日は
Kassyの甥っ子くん(お兄ちゃん)の誕生日♪

甥っ子くんは小学2年生になりました。
パパさんのおしごとの関係で
今春よりT京からO阪へ移り住み、はや2ヶ月。
もうO阪弁に染まってしまったでしょうか(笑)。

あ、甥っ子くんをご存じない方のために
彼らのネタは育児カテゴリーで綴っていますので
参考までにどうぞご一読くだされ。

てなわけで、例の如くKassyから
奇跡の言葉をお一つ。

──────────

誰にでもできる事とできねェ事がある。
お前にできねェ事はおれがやる。
おれにできねェ事をお前がやれ!!!


(『ONE PIECE』よりサンジの言葉)

──────────

おめでとうございまーす。

2013年6月13日 (木)

はぴはぴ

Happy Happy Birthday !!

MIさん


6月13日は
“ヘビーコメンテーター”のMIさんの誕生日♪


てなわけで、Kassyから
奇跡の言葉をお一つ。

──────────

感受性は女性の力である。


(ラヴァノターの言葉より)

──────────

おめでとうございまーす。

2013年6月12日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(39)

終点停留所の旅“たそがれ”第10弾です。
今回は、F岡県K留米市K野町にある
「両C苑」をご紹介します。

Ma2505

過去にココに訪問されたちょんびんさんは、
この『両C苑』という名前から
“老人ホーム?コミュニティホール?など、
何か人が集まる施設かと思った”と書いておられますが、

Kassyは……ちと違ったジャンルの
施設の名称と思っておりました(^ ^;;)
いろんな意味で書くのは憚られるので
どういう施設かは、お会いしたときにでも(笑)。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(39)" »

2013年6月11日 (火)

プレイバック新選組!・(45)源さん、死す

街道沿いの空き屋から、その勇を狙う武士がふたり。
銃の弾は、確実に近藤 勇に命中します。
肩から流血し、顔を歪める勇。

同行していた島田 魁の機転で、馬にむちを当てられ
勇を逃がすとともに、狙撃の容疑者を追う島田たちです。

流血がひどく、勇の隊服は真っ赤に染まっています。
松本良順から医学を学んだ山崎 烝が
勇の右肩に残る銃弾を取り出しました。

勇が狙撃されたという知らせは
すぐに土方歳三や井上源三郎ら
新選組幹部にも伝えられました。

新選組の役割は局長の敵を討つことだ、と
歳三は怒りに任せて叫びますが、
源三郎は、今は伏見城を守ることが役割だと言って抑えます。
「勝手に持ち場を離れてはいかん!」

続きを読む "プレイバック新選組!・(45)源さん、死す" »

2013年6月10日 (月)

千秋楽

……と言えば聞こえはいいですが、
単に今日が本番というだけです。

あ、試験とかそういう類いのものではありません(^ ^;;)

今日の本番に向けて、
会社にもかなり残ってがんばってきましたv(^ ^)v

さて、結果はどうなることやら。。。
明日からは、その結果を踏まえての後処理が続きます。

2013年6月 9日 (日)

(23)会津を救え

「三郎の仇を討づには、なじょしたらよがんべ?
 仇は……私が討づ!」

八重の脳裏を、若かりしころの覚馬と三郎の
生き生きとした姿が駆け巡ります。
そんな誇らしい兄と、愛らしい弟には、もう会えません。

旧幕府軍は、鳥羽・伏見の戦いに敗れて
三郎の戦死と覚馬の消息不明が伝えられます。
新政府軍は、白河口・日光口・越後口の三方から
会津に迫っていました。

仙台に到着した奥羽鎮撫総督の九条道孝は、
仙台藩主の伊達慶邦に会津討伐を命じます。
奥羽の賊徒は奥羽に討たせる、というのが
総督の考えのようです。

参謀の世良修蔵は、伊達に早く会津を討てとけしかけます。

慶応4(1868)年3月、仙台に本陣を置いた奥羽鎮撫使一行は
東北一円を戦乱に巻き込む、地獄の使者でもありました。

続きを読む "(23)会津を救え" »

2013年6月 8日 (土)

ケントがゆく(6)

イヌの世界に生まれた彼が人間界で暮らすとなると、
いろいろな部分で興味を持ったりなぞに思ったりします。

ほんのわずかな一挙手一投足にさえ注目されて
人間としてはちと恥ずかしく感じたりも(笑)。

気づけば、前足を揃えて座っています。

   \ちょこん/
Mf1301
(月齢2ヶ月)

コチラの行動を注視しているようにも見えますし、
何かの行動を期待しているようにも見えますし。

純朴な視線がかわいいです。

2013年6月 7日 (金)

プレイバック新選組!・(44)局長襲撃

それはまさに、クーデターであった──。

慶応3(1867)年12月9日、
薩摩の兵を中心に、尾張や越前などの5藩が
御所の守りにつきました。
松平容保の報告に飛び起きる徳川慶喜です。

薩摩藩らの決起から間もなく、
御所・御学問所では幼い明治天皇によって
『王政復古の大号令』が発布。

これにより260年余り続いた徳川幕府は正式に廃止され、
倒幕派の諸藩による、朝廷を中心とした
まったく新しい政府が作られたわけです。

すべてお見通しじゃ、と強がる慶喜ですが、
分かっていたならなぜ手を打たなかったのかと
容保は不安になっています。
「上様が何と仰せになろうと……薩摩を討つ!」

続きを読む "プレイバック新選組!・(44)局長襲撃" »

2013年6月 6日 (木)

vol.116・ベタなネタですいません(前編)

vol.116・ベタなネタですいません(前編)
(パーソナリティ:姫・Kassy)

第116回放送です。

ドラマやアニメでよく見られるベタな展開。
話の種類は数あれど、
けっこう“ありきたり”って多いんですね。

今回のListening Pointは……
どうぞ


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

2013年6月 5日 (水)

方向幕考(117)

幕ファンのみなさま、
大変長らくお待たせいたしました。

“センバツ・ほうこうまくぅ(方向幕コレクション)”。
通称“幕コレ”の第63弾は、
N鉄バスC豊 O隈営業所の一般路線バスと
N鉄バス大M田 大M田営業所の高速路線バスを
ご紹介します。

続きを読む "方向幕考(117)" »

2013年6月 4日 (火)

はぴはぴhappy01

こんにちはhappy01paper
毎度お馴染み姫です。
今日は、年に一度、Kassyブログに乱入できる日、
そうKassyのお誕生日なのですhappy01

Kassyと出会って、もう何度目のBirthdayなのかな。
お互い側にいることが、当たり前のように思えるけど。

でもね、Kassy。二人で、想い出という名の、
[思い]をいくつも、いくつも、重ねてきたよね。

これからも、そんな思いを、沢山、沢山、重ねていこう!
そしたら、二人の絆は、強くなるはず。

Kassy、お誕生日おめでとうnotesshinehappy02shinenotessign03

2013年6月 3日 (月)

プレイバック新選組!・(43)決戦、油小路

人間のドラマ。
それを人は歴史と呼びます。

決断の時、
決行の時、

人は何を考え、
どのようにして動いたか。

その歴史の決定的瞬間を取り上げます。


そしてみなさん、いよいよ「その時」がやってまいります。

続きを読む "プレイバック新選組!・(43)決戦、油小路" »

2013年6月 2日 (日)

(22)弟のかたき

慶応4(1868)年1月。
鳥羽伏見の戦場に錦の御旗が揚がると、
朝敵となるのを恐れた徳川慶喜は
松平容保を道連れにして江戸に逃れます。

置き去りにされた藩士たちの怒りを一心に受けて
神保修理は自刃に追い込まれます。

そのころ川崎尚之助は、
最新の戦術を学ぶため江戸を訪れていました。

慶応4年2月16日・江戸 会津藩上屋敷──。

容保は、僅かな供回りだけを連れて
ひっそりと江戸を去りました。
京都守護職に就いて以来、実に5年ぶりの帰国です。

続きを読む "(22)弟のかたき" »

2013年6月 1日 (土)

無頓着・無関心

職場でのゴタゴタは、あまり感知しません。
なので、誰と誰が何をしようが特に関心ないです(笑)。
誰が仕事で失敗した、誰が泣いた、誰と誰がケンカした……など
さほど興味もないし、ネタにすることもありません。

職場の同僚と呑みに行くこともありません。
退勤後、軽くご飯を食べにいくことはありますが、
それでも2年間で4回ほど。
休みの日に集まって遊びに行くのは1回だけなので、
ほぼ皆無と言っていいでしょう。

人の話は聞きます。
言われなければ、聞き出すことはしません。
来る者拒まず、去る者追わず、の立場です。

姫と出会った9年前は、むしろ
しょっちゅう同僚同士でお酒飲みに行っていたし
遊びにも行っていたような気がしますが(^ ^;;)

本当は、無頓着はともかく無関心というのは
あまりよくないと思うのですが、
例えば人の恋愛事情などを知って「お〜っ」と言う時期は
とうに過ぎてしまっただけです。

見た目は非常にこってりですが、中身は意外にあっさり。
そんなワタクシです(笑)。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »