2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« プレイバック獅子の時代・(11)死の影 | トップページ | 効きすぎ »

2013年8月 7日 (水)

方向幕考(119)

幕ファンのみなさま、
大変長らくお待たせいたしました。

“センバツ・ほうこうまくぅ(方向幕コレクション)”。
通称“幕コレ”の第65弾は、
N鉄高速バスのF岡〜U仙・S原線2種を
ご紹介します。

今回ご紹介の2種類は、ページ管理の便宜上
「U仙号」(中距離車)と「Sまばら号」(長距離車)としてますが、
調査時期は、この2種はかなり離れています。

「U仙号」は1990年代のH多営業所時代、
そして「Sまばら号」はN鉄高速バス発足後の
2000年代に入っての調査です。

さらに、「U仙号」としてご紹介したものは
調査時は「S島号」で運用されておりました(^ ^;;)

かつてKassyはこの「S島号」をよく利用していたので
その数だけ「S島号」車両のコマ資料がたくさん貯まったのですが、
仮にそれをそのまま掲載してしまうと、
中距離高速車、長距離高速車のほとんどが
「S島号」になってしまうので、

そのほとんどは日の目を見ずにお蔵入り、
残る一部はこうして他路線に分散させております(笑)。

Kassyは車両形式などには全く疎いので
あまり分かりやすい説明ではありませんが、

Kassyがよく乗っていた当時のS島号は
N鉄便は全部で10台(7台日帰り+3台K児島停泊、夜行便除く)で
運用されていましたが、

今でも見られるような長距離高速車でほとんどが運用される中で
1台だけ、O分やS世保など中距離路線で使用される車両で
1+2列タイプのものが定期運用されていました。
(もちろんトイレはついていましたよ)

いつもその車両を送り出しながら
なぜこのダイヤだけ? と疑問に思っていたのですけど、
その理由をとうとう聞けずじまい。。。
聞いておけばよかったですなぁ。


そして「Sまばら号」の幕コマですが、
長距離車両の幕コマは、1990年代に製作されたものは特に
『F岡高速営業所 (汎用車)』のような
幕窓に入りきれない大きさになっているのですが
(↑これも忠実に再現したつもりですw)

それに比べると枠内にキレイに収まっています。

ただ、従来に比べてちと細長くなった感じもしますね。
って書くとワガママか(^ ^;;)

──────────

例の如くですが、幕の貴重な情報をお持ちの方の
情報提供を広く募集しております♪

N鉄バスであれば エリアは限定しておりませんが、
特に北K州・C後・C豊方面の情報を募集中!
F岡市内およびその近郊でも大歓迎です!
情報提供、感想ともども、
どうか、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

それではどうぞお楽しみください! ↓↓↓


<方向幕コレクション>
専用ページへ

« プレイバック獅子の時代・(11)死の影 | トップページ | 効きすぎ »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プレイバック獅子の時代・(11)死の影 | トップページ | 効きすぎ »