2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« プレイバック獅子の時代・(33)人力車渡世 | トップページ | vol.126・復活祭 »

2013年10月23日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(50)

終点停留所の旅“たそがれ”第20弾です。
今回はF岡県大M田市にある
「A明高専前」バス停をご紹介します。

Mb2205

学校へ通じる通学路。
狭いですが、この道をバスがポンポンポンと上っていきます。

Mb2201

上り詰めたところに学校。
バスが転回できるように広々とスペースがとられています。


Mb2202Mb2203

市道から校舎に向かって左側に降車場、右側に乗車場です。
降車場のバス停銘板は、社紋が入った旧タイプ。
コーポレーションマークが入った新しいタイプのシールが
上から被せられる中で、今となっては珍しい存在。

写真右……『整列乗車にご協力ください』ですね(^ ^)


Mb2204

バス停銘板には上から紙が重ねられていました。
“A明工専前”となっていたところに
紙を重ねて“A明高専前”とした模様。

校名の正確な名称は『A明工業高等専門学校』なので
略名称に“工業”をとるか“高等”をとるかで
変わって来ると思うのですが、

終戦前後まで存在した高等工業学校は“工専”という略称でしたが、
現在ではそのほとんどが大学に昇格したり廃止されたり。
だから一応は“高等”が正解のようです。
校内の文化祭でも『高専祭』と名乗っているようですし。

何をかくそうKassyは
中学生時代に高専を目指していた時期がありまして、
まぁココの高専ではありませんでしたが、
取材時はそれを思い出し、当時の夢とか希望が甦ってきていました。

結局は受験しなかったのですけれどw

« プレイバック獅子の時代・(33)人力車渡世 | トップページ | vol.126・復活祭 »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プレイバック獅子の時代・(33)人力車渡世 | トップページ | vol.126・復活祭 »