2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« 過渡期 | トップページ | 首位打者賞 »

2014年2月 2日 (日)

大河ドラマ軍師官兵衛・(05)死闘の果て 〜愛するひとを守り抜け!〜

黒田(小寺)官兵衛が、
姫路を流れる暴れ川の崩壊した堤を作り直したおかげで
洪水という天災も起きず、作物もしっかりと実っています。

父・職隆から家督を譲り受けた官兵衛は
領内の視察をくまなく行い、
民衆たちからも慕われたいい殿さまぶりです。

そんな官兵衛に、間もなくパパになります。
正室の光が子どもを身ごもっているのです。


永禄11(1568)年9月、織田信長はついに上洛を果たします。
次期将軍・足利義昭を守護するというのが大義名分で
戦い続きの荒れ果てた京の町をしずしずと進んでいきます。

そんな中、
町の女が苦労して貯金したであろう銭の瓶を強引に奪い取り、
それでもその足を捕まえて離そうとしない女を蹴っていた男が
信長の目に入りました。

信長は何も言わず、男の首を刎ねます。
「乱暴狼藉を働いたものは即刻首を刎ねる!」

信長の心の中には、京の都を立て直すという意欲があり、
そういったアメとムチのやり方で
わずか1ヶ月にして京の都の乱れを正します。


光が夜に書物を読みたいというので、
侍女のお福が照明用の油が欲しいと母里小兵衛に言えば
「夜は早く寝るに限る」とあしらわれ、
寒くなったので部屋を暖めようと炭が欲しいと小兵衛に言えば
「重ね着をなさればよろしい」と言われ、
プライドの高いお福には、黒田家の家風が肌に合いません。

「それは倹約だ」
官兵衛は笑って光に答えます。
金はいざという時にドンと使う、それまで大切に蓄えておく。
目薬を売っていた祖父・黒田重隆から残る家風であります。

なれどけちとも申せましょう。
光は歯に衣着せぬ発言で官兵衛に言ってのけますが、
納得しそうになって、いやいや倹約だ! と慌てて返します。

その家風が影響しているのかどうか、
官兵衛が使っていたものを家臣に下げ渡す場合でも
安く売る、という場合があります。

単にタダで下げ渡したのでは、もらえた家臣は大喜びですが
もらえなかった家臣はひがんでしまうので、
少額でも金をもらうことで、
そのひがみを薄くしようという効果です。


10月。
義昭は、ついに室町幕府第十五代将軍に就任。
それに貢献したであろう信長に、
義昭は副将軍に任じますがあっさりと断られます。

しかも、義昭主催で能の宴を催す予定ですが
未だに将軍に従わない者がいる中で、
悠長に能など催している場合ではないのです。
信長は、能の演目十三番までを五番までに短縮させます。


そのころ、近江にある竹中半兵衛の庵を
木下藤吉郎が頻繁に訪れていました。
どうしても、半兵衛を織田方に引き入れたくて
その説得に当たっているのです。

己の野心のために、身内でさえ犠牲にする。
弟の信行もだまし討ちしています。
そんな織田の手法がどうも合わないと感じていて
難色を示しているのです。

天下万民のために戦を早く終わらせたい。
そのために、半兵衛の力を借りたい。
そう言って土下座する藤吉郎の熱意に打たれ
半兵衛はとうとう、承諾します。

ただし、織田に仕える道理はないので
藤吉郎の家臣として働きたいと言い出します。
夢のようじゃ! と藤吉郎は顔をくしゃくしゃにして笑います。


産気づいた光は、まもなく男の子を産みました。
幼名・松寿丸、後の黒田長政であります。

そんな時、隣国の龍野・赤松政秀が挙兵します。
迎え撃つことになった官兵衛は、
わずか数百の手勢で赤松勢に奇襲をかけ
3,000の兵を撃退。

ただし、将軍義昭のために
上洛すると公言している赤松のことです。
官兵衛の読みでは、このまま引き下がるわけはなく
必ず再び攻め込んで来るでしょう。

官兵衛は、次なる厳しいであろう戦に備えて
小兵衛や武兵衛、善助に銭の瓶を持って来させ
この戦いで勇敢に戦ってくれた家臣たちに
褒美として与えます。


果たして、翌永禄12(1569)年6月、
赤松はまたも攻め込んできました。
今回は御着の小寺政職も加勢してくれています。

しかし、その準備に備えていたとき
赤松が奇襲して小寺軍を囲もうとしているとの報告を聞き
「後は頼む」との言葉を残して、政職は一戦交えることなく
そのまま御着に引き下がってしまいました。

ここは黒田の兵のみで戦うしかない、と
腹をくくった官兵衛は籠城の道を選ばず、
姫路を守るためにあえて赤松軍に向かって攻撃します。

しかし、今回が初陣となる善助は
官兵衛の叔父・井出友氏が討ち取られると
その怒りで隊列を乱してまで敵陣に突っ込み、
それを追う小兵衛は敵の矢に当たって落命します。

父の黒田(小寺)職隆は、官兵衛に加勢しますが、
友氏と小兵衛の討死の報には肩をふるわせます。


戦死者を増やしながら迎えた日没。
叔父・黒田(小寺)休夢が姫路での籠城を主張する中
官兵衛はこれから攻め込む下知をします。

味方の兵はくたくたに疲れ果てているわけですが、
言わばそれは敵方も同じことでありまして、
戦った今日はもう攻めて来ることもあるまいと
敵は油断しているでありましょう。

そこを突くのです。

先陣を切ると言い出す官兵衛に
職隆は、ぞんぶんにやれ、と送り出します。
官兵衛は、動けるものだけという条件で兵を集め
出発していきます。

姫路を落とせば御着はひとひねり、と高笑いの政秀ですが
そこにまさかまさかの、黒田軍襲撃です。

もとは小寺家に仕え、裏切って赤松に乗り換えた石川源吾と
官兵衛は対決しますが、官兵衛に向かって槍を突き出したところ
走り込んで来た武兵衛によって助けられました。
しかし武兵衛が身代わりに槍で刺され、討ち死に。

官兵衛は、そうした危ない目に遭いながらも
どうにか石川を討ち取ることが出来ました。
そして赤松本陣は龍野に向かって敗走。

官兵衛は、大きな犠牲と引き換えに
宿敵赤松を追いつめて勝ちました。

姫路に戻った黒田軍でしたが、
勝ったという喜びを示す者はおりませんでした。
習わしに従って勝鬨(かちどき)は上げますが
なおも涙がこぼれる戦勝祝いです。

特に、こっそりと光の侍女・お国と愛を育んで
戦から戻ったら祝言を、と約束していた武兵衛の死は
お国のみならず姫路の者たち皆を悲しませます。


官兵衛は、新しい家臣たちを集め始めます。

もとは職隆家臣であった父が前の戦で討ち死にし
後を継いだ井上九郎右衛門。
そして、太兵衛。
太兵衛は大柄な男で、槍を得意としているようです。

その後ろに控える善助。

彼らが、後に『黒田二十四騎』と呼ばれる
一騎当千の精鋭たち──。


永禄11(1569)年9月、
足利義昭が織田信長軍らに警護されて上洛を開始する。

慶長3(1598)年8月18日、
太閤・豊臣秀吉が波乱の生涯を閉じるまで


あと28年11ヶ月──。


作:前川 洋一
脚本協力:穴吹 一朗
音楽:菅野 祐悟
題字:祥洲
語り:藤村 志保
──────────
[出演]
岡田 准一 (黒田(小寺)官兵衛)

中谷 美紀 (光)

谷原 章介 (竹中半兵衛)
春風亭 小朝 (明智光秀)

益岡 徹 (櫛橋左京亮)
尾藤 イサオ (伊吹善右衛門)
吹越 満 (足利義昭)
濱田 岳 (栗山善助)
速水 もこみち (太兵衛)
高橋 一生 (井上九郎右衛門)
金子 ノブアキ (櫛橋左京進)
永井 大 (母里武兵衛)
近藤 芳正 (柴田勝家)
勝野 洋 (丹羽長秀)
──────────
江口 洋介 (織田信長)
──────────
塩見 三省 (母里小兵衛)
片岡 鶴太郎 (小寺政職)
竹中 直人 (木下藤吉郎)
柴田 恭兵 (黒田(小寺)職隆)
──────────
制作統括:中村 高志
プロデューサー:勝田 夏子
演出:本木 一博


◆◇◆◇ 番組情報 ◇◆◇◆

NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』
第6回「信長の賭け」

デジタル総合:午後7時15分〜 ←放送時間が変更です!
BSプレミアム:午後6時〜

« 過渡期 | トップページ | 首位打者賞 »

NHK大河2014・軍師官兵衛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 過渡期 | トップページ | 首位打者賞 »