2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月の31件の記事

2014年3月31日 (月)

28時半のお買い物

すごかったですねー、まとめ買いの行列。

ウチは販売店なので、消費税増税前の駆け込み需要
(というか、もはや今日となっては『滑り込み』?)は
すさまじいものがありまして。

ふつうの平日だったら売上は通常900、
ドタバタする土日でも1,200〜1,300ほどなので、
(↑単位は省略……でも分かっちゃうかw)
今日は平日の倍、土日の1.5倍の1,800。

土日よりも少ない人員で、何とか乗り切りました。


で。

続きを読む "28時半のお買い物" »

2014年3月30日 (日)

大河ドラマ軍師官兵衛・(13)小寺はまだか 〜男の嫉妬? 武士の面目?〜

織田家への同盟の証として、
小寺家の代表として松寿丸は人質となり
羽柴秀吉の元に預けられることになりました。

そしてついに、天正5(1577)年10月
織田の毛利攻め総大将として秀吉が姫路に到着します。

城主たる黒田(小寺)官兵衛は、姫路城を秀吉に進呈するという
大胆なやり方で秀吉を出迎え
その前代未聞のやり方に感激した秀吉は
官兵衛と義兄弟の契りを交わします。

ただ、父の黒田(小寺)職隆は
姫路城明け渡し、秀吉との義兄弟の契りなど
御着城の者たちがどう思っているのか
気になるところであります。

続きを読む "大河ドラマ軍師官兵衛・(13)小寺はまだか 〜男の嫉妬? 武士の面目?〜" »

2014年3月29日 (土)

意識が飛ぶ

ここまで酷使の期間を積み重ねますとね、
突然睡魔が襲ってきたり、そこまではいかなくとも
立っていてもボーッとしていたり、
クラクラッとめまいがしたりすることも多くなります。

朝、いつものようにコンビニでお買い物しておりますと
お会計でお札と小銭をトレイに出したものの
Tポイントカードは? と店員さんに催促され、
(常連なので、カードを所持していることはご存知なのです)

おまけにお買い物の合計金額よりも
下回る金額しかトレイに出しておらず、
またまた店員さんに催促される始末。

あー、やっぱりお疲れなのよ。
すんごいお疲れなの。

仕事場に立っていても、ちょっとめまいを感じたりして
この年齢になると、攻めの態勢はどこへやら
何事も守りに入りますな。

今日は残業1時間で帰る! と高らかに宣言したところで
結局のところは4時間みっちり残業して帰るところが
いかにもワタクシらしい部分であります。

2014年3月28日 (金)

プレイバック黄金の日日・(10)南海の館

ラカンドーラの前に引きずり出された石川五右衛門。

助左は、五右衛門は自分の友だちだと助命嘆願に動きますが
これでもか、と杉谷善住坊を狙った
弓と矢を証拠に出されます。
「戦の他は、人を殺さぬのがトンド族の掟だ」

掟に背いた者は腕を切る、と冷たく言い放ちますが、
五右衛門に命を狙われたはずの善住坊が
ワーッと叫びつつ前に出て五右衛門を守ります。

このことは自分たちで片を付ける。
だからそっちの指図は受けぬ! というわけです。
これには、さすがのラカンドーラも
「勝手にせい」とあきれ顔ですが(笑)。

続きを読む "プレイバック黄金の日日・(10)南海の館" »

2014年3月27日 (木)

vol.137・なまら北海道 (後編)

vol.137・なまら北海道 (後編)
(パーソナリティ:Kassy)

第137回放送です。

今回はラジオお召し上がり前に『水曜どうでしょう』の
映像なり内容なりを予習なさったほうが
更に美味しくいただけます。

今回のListening Pointは……
トローリー、おー


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

2014年3月26日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(66)

終点停留所の旅“たそがれ”第36弾です。
今回はF岡県B前市の
櫛K屋バス停をご紹介します。

Mc1944

ちなみに「大河内」は名優・大河内傳次郎の出生の地。
H柱小学校跡から移動してきたわけですが、
まさか林道を走る羽目になるとは思いませんでした(^ ^;;)
道幅狭い狭いw

だけど、全国的に林道を見た時には
これでもかなり走りやすい部類に入るそうです。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(66)" »

2014年3月25日 (火)

プレイバック黄金の日日・(09)交易事始

島の男たちに囲まれ、腕を捕まれて
ラカンドーラの前に連れ出された助左と杉谷善住坊のふたり。

「わしらはマリキットを助けたンじゃ!」と日本語を言い
身振り手振りで、敵ではないことを説明しますが
伝わっているのか伝わっていないのか……。

不安気にその様子を見つめるマリキットは
ラカンドーラの前に行き、手を握ります。
しかし、ラカンドーラの下したのは
“殺せ”という非道なものでした。

竹槍を向けられるふたり。

彼らは勇者よ。父上は勇者を殺すのですか──。

続きを読む "プレイバック黄金の日日・(09)交易事始" »

2014年3月24日 (月)

すきなもの。

「好きなもの」って何だったかなぁ、と考える。
日ごろから意識してそういうのを記憶していないと
いざというときになかなか思い出せない。

それが偶然にも(←失礼)当たるととても喜ばれるし
まぁ外れて怒る人はあんまりおりませんが(^ ^;;)
とてもビミョーな雰囲気になるのは必定であります。

でも今さら聞けることでもないし、確認も取れないので
記憶の端々を引っ張り出してきて
何とか考えている有り様です。

ノートか何かに記録しておきゃよかった(-_-;;)

ちなみに昨日のものは、大当たりでしたv(^ ^)v

2014年3月23日 (日)

大河ドラマ軍師官兵衛・(12)人質松寿丸 〜最愛のわが子よ! 母の悲痛〜

「播磨へ行け! 毛利攻めを始めよ」
羽柴秀吉による播磨出兵が、ようやく決まりました。
黒田(小寺)官兵衛にとっての、2年越しの念願が
ついに叶ったわけです。

天正5(1577)年8月。

本願寺門徒であることを理由に
本願寺を執拗に攻撃する織田方に味方した黒田家を見限り、
しかし戦で怪我をして行く当てもなく戻ってきたお道が
プロポーズを受けて結婚した栗山善助の子を身ごもりました。

それを聞いた官兵衛も大喜びですが、
善助は嬉しさのあまりパニックです(笑)。

続きを読む "大河ドラマ軍師官兵衛・(12)人質松寿丸 〜最愛のわが子よ! 母の悲痛〜" »

2014年3月22日 (土)

鋭意残業中!

以前、お話ししたかもしれません。
ウチのおしごと、サービス業でありますが圧倒的に肉体労働であります。
労働時間8時間、もうみっちりと(^ ^;;)
なので、業務を終えるとけっこうグッタリすることも多々。

そんな状態での残業は、なかなか厳しいものがあります。

1日3〜4時間ずつの残業。
家に帰ってバタンキュー。
アッという間に朝を迎えて出社時間と相成ります。

一応、有限ではあるものの
その期間が終了するのはかなり先のお話(の予定w)。
今はただ、身体を壊さないことを祈りつつ
可能な範囲で3〜4時間ずつ残業やってます。

はふん。

2014年3月21日 (金)

プレイバック黄金の日日・(08)呂宋(ルソン)島漂着

晴天。
穏やかな海。

キレイな浜辺に助左は打ち上げられています。
しばらく気絶していましたが、目を覚ましました。

助左の脳裏に、
昨晩の荒波の映像がフラッシュバックします。

「うぬが船が沈む時は、船長も一緒に死ぬ!」
船が横に大揺れし、海に投げ出された助左は
五右衛門や善住坊の名を叫びながら、気を失ったのです。

ここは? と辺りを見渡しますが、
頭上には大きなヤシの木が何本もそびえ立ち
見たこともないような光景が広がっています。
「どこなんだここは……」

続きを読む "プレイバック黄金の日日・(08)呂宋(ルソン)島漂着" »

2014年3月20日 (木)

残日数で均等割

小学生のころの夏休みの宿題でさえ
ラスト数日で慌てて仕上げるほど
面倒なことは後回しするKassyに、
業務上の宿題がw

単位を言ってしまうとアレなので
テキトーにカモフラージュして言いますと
「全体で42あるのを10日で仕上げよ」とのことです。

10日とはいえ、実質的には公休日も含めての日数なので
それを差し引けば6日しかありません。
ということは、均等割しますと1日7ずつ進めよ、
っちゅうことですかな。

ひぇ〜。

期限までに間に合うのかしら???

2014年3月19日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(65)

終点停留所の旅“たそがれ”第35弾です。
今回はF岡県M都郡Mやこ町の
H柱小学校バス停をご紹介します。

Mc1935Mc1940

昭和初期に建てられたであろう木造平屋の小学校校舎。

それから近隣のI良原小学校と統合されるまでの間に
どれだけ増改築が行われたかは分かりませんが、
休校(廃校?)されてすでに15年以上が経過するのに
今見ることが出来るのは、その当時のものです。

現在は、帆柱地区集会所となっています。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(65)" »

2014年3月18日 (火)

プレイバック利家とまつ・(14)比叡山の赤ん坊

元亀元(1570)年9月12日、猛烈な雨の中を
大坂進出のために天満の森に兵を進めた織田信長軍は
浅井・朝倉と同盟を結んだ大坂本願寺から攻撃を受けます。

浅井・朝倉・本願寺 vs 織田、という構図こそ
以後11年に渡って続く『石山合戦』の始まりであります。

9月14日、かすがい堤の合戦で
先陣の佐々成政が鉄砲で撃たれ重傷を負うなど織田軍は苦戦。

しかし前田利家の奮闘ぶりに織田軍は士気を取り戻し
かろうじて辛勝します。
信長はこの利家の働きを『堤の上の槍』と称え
近江今浜の1万石を利家に与えます。

利家は、1万石は返上するから
佐脇良之を織田家に帰参させてやってほしいと願い出ますが、
信長はあっさり「否」だそうです。
市の元から勝手に戻ってきたことを怒っているようで、
顔も見たくない、といった感じなのだそうです。

続きを読む "プレイバック利家とまつ・(14)比叡山の赤ん坊" »

2014年3月17日 (月)

当然の結果

職場には、言わば無数の“ハコ”がありまして、
そのそれぞれに分類のシールが添付されています。

当然、その“ハコ”の中には
大小不揃いのモノが収納されておりまして、
“ハコ”に入っている種類数が変わってくるので
シールの枚数も自ずと変わってくるわけです。

現在、訳あってそのシールの張り替え作業を行っております。

続きを読む "当然の結果" »

2014年3月16日 (日)

大河ドラマ軍師官兵衛・(11)命がけの宴(うたげ) 〜秀吉が信長に逆らい切腹?〜

天正4(1576)年7月、
摂津の木津川河口で織田と毛利の水軍が激突。
「木津川の合戦」であります。

火矢と焙烙玉による攻撃を展開した毛利水軍の前に
織田水軍はなす術なく壊滅しました。
毛利の勝利によって織田包囲網は勢いを増し、
それは播磨をも大きく揺るがすことになります。

前将軍・足利義昭を擁する毛利方では、今回の勝利で
味方したいという書状が続々と到着していて、
織田方についた小寺政職も大いに迷っているとか。
小寺を引き込めば播磨は全て手に入る、と考えるのは
織田も毛利も同様であります。

続きを読む "大河ドラマ軍師官兵衛・(11)命がけの宴(うたげ) 〜秀吉が信長に逆らい切腹?〜" »

2014年3月15日 (土)

はぴはぴ

Happy Happy Birthday !!

たっくんさん


今日、3月15日は
“ヘビーコメンテーター”のたっくんさんの誕生日♪

てなわけで、Kassyから
奇跡の言葉をお一つ。

──────────

努力した者が全て報われるとは限らん。 しかし、成功した者は
皆すべからく努力しておる!!


(『はじめの一歩』の鴨川会長の言葉より)

──────────

おめでとうございまーす。

2014年3月14日 (金)

プレイバック黄金の日日・(07)琉球丸難破

元亀元(1570)年5月20日・千草峠──。

杉谷善住坊が待ち構える場所に向かって
何も知らない織田信長が徐々に近づきつつあります。

狙うシミュレーションを繰り返しつつも
善住坊は手が震えて脂汗も出てきました。
緊張が高まります。

善住坊を止めようと堺から急行した助左は
おそらく善住坊が焚いたと思われるたき火の後を発見。
そう遠くには行っていないはずです。
懐から羅針盤を取り出し、方角を確認して行きます。

信長が来ました。

引き金に指をかけます。

続きを読む "プレイバック黄金の日日・(07)琉球丸難破" »

2014年3月13日 (木)

vol.136・なまら北海道 (前編)

vol.136・なまら北海道 (前編)
(パーソナリティ:Kassy)

第136回放送です。

年始の福岡編に引き続き、今回は北海道編をお届け。
同じ日本でもこうも文化が異なると
訪問してみたくなりますね。

今回のListening Pointは……
北の国から


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

2014年3月12日 (水)

方向幕考(80)改

“センバツ・ほうこうまくぅ(方向幕コレクション)”。
今回は、第80回(第37弾)でご紹介した内容の修正版です。

過去に公開した幕内容の更新ということで
上のようなタイトルにしているという裏事情は
前回もご説明いたしました通り。


第80回では、N鉄バスS賀からT栖営業所の一般路線バスと、
N鉄バスC豊からN方営業所の高速車両の2本をご紹介しましたが、
今回更新したのは、うちN方営業所の高速車両の方です。

続きを読む "方向幕考(80)改" »

2014年3月11日 (火)

プレイバック黄金の日日・(06)信長狙撃

織田の幟旗がはためき、
かがり火が赤々と焚かれている金ヶ崎城。
敵兵は夜、そこに夜襲をかけます。

しかしそこはもぬけの殻。
しんがりを務める木下藤吉郎軍は
いつの間にか逃げていった模様です。

金ヶ崎に鉄砲弾薬を運んできた
助左、石川五右衛門、斎藤十郎の3人は
しんがり軍と運命を共にして逃げてきました。

夜、途中の山間で小休止をとろうとしますが、
まだ彼らを追って来ているようです。
追い立てられるように逃げますが、
「織田の命運は尽きた」と思った五右衛門は
単身でしんがり軍から抜け、行方知れずに。

続きを読む "プレイバック黄金の日日・(06)信長狙撃" »

2014年3月10日 (月)

はぴはぴ

Happy Happy Birthday !!

うっちゃんさん


今日、3月10日は
“ヘビーコメンテーター”のうっちゃんさんの誕生日♪


てなわけで、Kassyから
奇跡の言葉をお一つ。

──────────

ケンカのいいところは、
仲直りができることね。


(映画『ジャイアンツ』より)

──────────

おめでとうございまーす。

2014年3月 9日 (日)

大河ドラマ軍師官兵衛・(10)毛利襲来 〜迫り来る大軍勢を撃退せよ!〜

「天下布武」を掲げ、天下統一を目指す織田信長。
対抗する毛利は、足利義昭を備後鞆の浦に迎え入れます──。

「余が来たからには、毛利は鬼に金棒じゃ。オッホッホッホ」
足利幕府再興という大義名分を得た毛利は
一向宗の本山・石山本願寺と手を組み、
信長包囲網を形成しようとしていました。

一文字に三ツ星……。
毛利水軍が、今まさに迫らんとしていました。

続きを読む "大河ドラマ軍師官兵衛・(10)毛利襲来 〜迫り来る大軍勢を撃退せよ!〜" »

2014年3月 8日 (土)

一粒で二度ビックリ

同じ出勤時間であっても、業務内容が異なれば
その人は頭数には入れずに業務にあたるので
まぁそんなに驚くこともないのですが、

同じ出勤時間であっても、業務内容が異なれば
職場内で顔を見なくても「まぁどこかにいるんだろう」程度でいるので
その人が実際には“いない”と分かると、かなりビックリします。

さらに、昨日はKassyがお休みだったので知らなかったのですが
その人が実は、Kassyと同じ出勤時間ではなく
全く違うシフトに組み込まれていた(←だから職場にいない)
ということを知ると、それはそれで二度目のビックリです。

プチ浦島太郎です、かな(^ ^;;)

2014年3月 7日 (金)

プレイバック黄金の日日・(05)総退却

将軍足利義昭によって
突如として「元亀」と改元される3日前の
永禄13(1570)年4月20日、

京の都を進発した織田信長の軍勢3万余は
近江・琵琶湖西畔を通り、高島を経て若狭南端の熊川を渡り
佐柿を越えて越前の敦賀に入ります。
徳川家康の三河軍8,000とは近州坂本で合流。

この知らせは、小谷城の浅井久政・浅井長政の元にも届きます。
許可なく縁戚の朝倉を攻めないという約束を
反古にしての出陣に久政は激怒します。

縁戚の朝倉と妻の実家の織田が戦となった今、
朝倉に味方するのか、織田に味方するのか
その決断如何では浅井の命運が大きく左右されます。

続きを読む "プレイバック黄金の日日・(05)総退却" »

2014年3月 6日 (木)

復習をしないとこうなる

昨日、O分県N津市まで所用で行って参りました。
そう、つい最近まで「終点停留所の旅『たそがれ』」で
ご紹介してきたあの街でありますよw

ただ、あの取材は昨年3月に行っておりまして、
しかも訪問したのはKassy号であります。
今回はジェイRの特急電車です。

ジェイRの電車に乗ったのは、まぁ1ヶ月ぶりですが
特急電車に乗るのなんて何年ぶりでしょうねえ?
というわけで、チケットを購入するにあたっての予習を
しておかなければなりますまい。

電車好きな方々にはもはや当たり前のことであっても
めったに乗らないKassyの場合、予習をしておかないと
何かと不安がつきまといますのでw

続きを読む "復習をしないとこうなる" »

2014年3月 5日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(64)

終点停留所の旅“たそがれ”第34弾です。
今回はF岡県C上郡C上町の
上S田バス停をご紹介します。

バス路線の系統を辿る名目であれば、
Y橋駅からバス通りに沿って進むのが順当だと思うのですが、
遠方まで出てきているため取材数を稼がなければなりません。
あくまで短距離重視で、危ない峠越えもこなします。

前回ご紹介の「求B提資料館」バス停から
更に県道32号線を峠越えしますと、
ここS田(さわだ)地区に行くことができます。
(ですが、道路は1車線未満の道幅なので注意が必要です)

Mc1929

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(64)" »

2014年3月 4日 (火)

プレイバック利家とまつ・(13)まつの城

永禄13(1570)年春、織田信長は越前朝倉攻めを号令。

それに従って、前田利家は兄利久から受け継いだ
荒子衆60人を引き連れて出陣しましたが、
出陣前の村井又兵衛による槍の稽古では
兵士として使い物になるようなものでは全くなく
少し心もとない出陣であります。

さらに心配なのが、昨年の米の不作が響いて
商人に対し米を金に換金できなかったので
利家に金を持たせることが出来なかったことです。

もし負け戦で逃げる場合は、船賃が要り、
馬を借りる金も要り、食べ物を食べるのにも金が要る。
いざとなったら柴田勝家に借りる、と利家は言いましたが、
地獄の沙汰も金次第、です。

「前田のまつに頼んだら何とかしてくれる、そう思われなくては」
お金がないと正直に言うだけでは、家来は命をくれない、と
母のたつは部屋の戸棚の奥から瓶を出してまつに差し出します。
亡き前田利昌に内緒で、たつがコツコツ貯めていったお金です。

続きを読む "プレイバック利家とまつ・(13)まつの城" »

2014年3月 3日 (月)

はぴはぴ

Happy Happy Birthday !!

やまさん


今日、3月3日は
“ヘビーコメンテーター”のやまさんの誕生日♪


てなわけで、Kassyから
奇跡の言葉をお一つ。

──────────

人生は道路のようなものだ。 一番の近道は、
たいてい一番悪い道だ。


(フランシス・ベーコンの言葉より)

──────────

おめでとうございまーす。

2014年3月 2日 (日)

大河ドラマ軍師官兵衛・(09)官兵衛試される 〜火花散る軍師の対決!〜

織田信長に謁見し、羽柴秀吉の長浜に滞在した黒田(小寺)官兵衛。
翌朝、長浜城に登城しますが、
秀吉は今朝早くに岐阜に向かってしまったのだとか。

忙しく動き回るお方だ……と感心していると、
秀吉の近習・石田三成は、秀吉はコマネズミのように働き
むしろそうでなくては織田の重臣は務まらぬ、とそっけないです。
「ご承知おきを。織田方につくというのは、そういうことなのです」

こちらです、と三成に案内されてついていくと、
そこにはひょうたんを収穫している竹中半兵衛がいました。
人のウワサ、ことに活躍したという話を聞いて信じる官兵衛、
人に会っただけで“こいつは切れ者だ”と信用する秀吉とは違い
半兵衛は、あくまでも人のことは信用しないようです。

国内で小競り合いが続く播磨国内にあって
どうまとめていけばいいか、を半兵衛は官兵衛に問いますが、
官兵衛が主張する“なるだけ戦を避け、説得に当たる”論は
半兵衛に言わせれば、だれでも思いつくことであるわけです。

説得に当たるなど、悠長に構えている暇はないゆえに
ほとんど毛利になびく播磨の形勢をいっぺんに変える手だて……。
目が泳ぐ官兵衛を見て半兵衛は、フウとため息をつきます。

続きを読む "大河ドラマ軍師官兵衛・(09)官兵衛試される 〜火花散る軍師の対決!〜" »

2014年3月 1日 (土)

決定的瞬間をこの目で!

……見ました(^ ^;;)

Kassy号に乗って帰宅しようと自宅に向かっていたところ
逆走(と気づいているのかいないのかは不明ながら)しようと
切り返し、ターンしてくるおばちゃんの車。

まぁ、下りるはずのインターを通り過ぎた! か何かで
高速道路を逆走する危険行為極まりない車のニュースをまれに見ますが、
基本的にはアレ、作りは逆走できないようになっているはずなんですよね。
無理にUターンしない限りは。

それを逆走しているという時点で、無理矢理Uターンしているのは
現場を見なくても確実ではあるのですが、
高速道路と一般道との違いこそあれ
まさにその現場を目の前で見てしまったわけです。

続きを読む "決定的瞬間をこの目で!" »

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »