2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« バス停について本気出して考えてみた(64) | トップページ | プレイバック黄金の日日・(05)総退却 »

2014年3月 6日 (木)

復習をしないとこうなる

昨日、O分県N津市まで所用で行って参りました。
そう、つい最近まで「終点停留所の旅『たそがれ』」で
ご紹介してきたあの街でありますよw

ただ、あの取材は昨年3月に行っておりまして、
しかも訪問したのはKassy号であります。
今回はジェイRの特急電車です。

ジェイRの電車に乗ったのは、まぁ1ヶ月ぶりですが
特急電車に乗るのなんて何年ぶりでしょうねえ?
というわけで、チケットを購入するにあたっての予習を
しておかなければなりますまい。

電車好きな方々にはもはや当たり前のことであっても
めったに乗らないKassyの場合、予習をしておかないと
何かと不安がつきまといますのでw

まずは、往復することを考えて『2枚きっぷ』があるかどうか。

『2枚きっぷ』とは、K州管轄外でご覧のみなさまにご説明しますと
簡単に言うと、(乗車券+特急券)の往復分の乗車券のようなものです。

一般的には、往復乗車券は乗車券部分の割引でありまして
特急を利用する場合は別途特急券を購入する必要があります。
それがこの『2枚きっぷ』だと、別途購入する必要のある特急券も
往復分組み込まれているので、区間内利用だとそれだけでOKです。

ちなみに特急券は、区間によって指定席特急券になる場合もあり
自由席特急券になる場合もあります。

で、Kassyが行きたいO分県のN津駅へは
“F岡市内”から、指定席に乗れるという
『2枚きっぷ』ということが判明しました。
しめて往復5,500円。(←指定席利用)


往路:O駅─→H駅─→A駅─→K駅─→N駅
復路:O駅  H駅  A駅←─K駅←─N駅

実は今回、単純に往復するというわけではなく
このようにJターンする形になるわけですが、
O駅の3駅手前にあるF駅から乗車してN駅まで行き、
N駅からA駅まで戻るとして

『2枚きっぷ』を買わないで移動した場合、
特急も利用すると、およそ7,500円。
この金額を見ただけでも『2枚きっぷ』が安い!
ということがお分かりいただけると思います。

ただ、お気づきの方も多いかと思うのですが、注意点とすれば
その『2枚きっぷ』の区間が“F岡市内”〜N津間であること。
O駅は実はF岡市内の駅ではないので
O駅からF岡市内の駅であるM駅までの片道料金は別途必要です。

別途必要、ですけど160円なので、大した額ではありませんね。
これが“F岡市内”ではなく
特急電車の始発駅である“H駅”であったら220円になるので、
これまた注意が必要ですね。


次の注意点は、
『2枚きっぷ』の区間が“F岡市内”〜N津間なので
特急で、始発駅・終着駅たるH多駅〜N津駅間での
利用であれば全く考える必要はないのですが、

今回のKassyの利用方法では、帰路ではH多駅まで戻らず
途中のA駅で降りてしまう、ということです。
『2枚きっぷ』では、途中下車は認められておりません。

ここで考えるのは“途中下車”という概念。
言葉から受ける印象では、途中下車とは
途中で電車を降りて改札口から出てしまうこと、
と思われがちですが、この場合では単なる“下車”。

では“途中下車”とは何か?

途中で電車を降りて改札口から出て
というところまでは同じなのですが、
これはもう一工程増えまして、切符を新たに買うことなく
改札口から入って電車に乗って目的地へ向かうこと。

だから、電車を降りて改札口から出た時点でも
持っていた乗車券の効力を生かしたままでいることを言います。
効力が生きていれば、また改札口から入場して
電車に乗って旅行を継続させることが出来ますからね。

で、結局のところKassyが行う“下車”であれば
改札口を出た時点で『2枚きっぷ』の効力は無くしますので
問題が無いわけです。
細かい字で“下車前途無効”と書いてありますw


という点を予習しまして、O駅の窓口で『2枚きっぷ』を所望。

「H多からN津までの『2枚きっぷ』ください」

「今から乗れる『Sニック号』を指定したいのですが」

「帰りの指定は現地で取ればいいですね?」

この2枚きっぷは“F岡市内”からの区間ですので……。
「あ、M駅までの切符を券売機で買えばいいですね?」

といった具合に、駅員さんからの
「これはどうします?」「あれは?」という質問にも
予習しておいたお陰で、あれのことね! と即座に返答していけます。
よかったよかったw


でもまぁ、Kassyの場合は
それに安堵してしまって復習を怠るものだから、
恐らくは数年後、今度特急電車に乗る必要に迫られた時に
あれは何だっけ? これはどっちだっけ? と慌てふためくわけですね。

いい加減覚えてしまいなさい! なんて思うのですが、
特急電車に乗車する機会がほとんどないものだから
仕方ありません(^ ^;;)

« バス停について本気出して考えてみた(64) | トップページ | プレイバック黄金の日日・(05)総退却 »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バス停について本気出して考えてみた(64) | トップページ | プレイバック黄金の日日・(05)総退却 »