« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月30日 (水)

細かすぎて伝わらないバスネタ選手権(40)

お久しぶりです。8ヶ月ぶりのこのネタです。

Nd1102

「博多駅・福岡空港〜太宰府:太宰府ライナーバス『旅人』」が
平成26年4月1日から運行を開始したことを知らせる看板です。
ちなみにコチラは「五条(郵便局前)」バス停ですが、
コチラには、その「太宰府ライナーバス『旅人』」は停車しません。

続きを読む "細かすぎて伝わらないバスネタ選手権(40)"

| | コメント (1)

2014年4月29日 (火)

プレイバック利家とまつ・(16)おねの子、豪姫

岐阜・前田利家の役宅──。
佐々成政の妻・はるがまつを訪ねて来ています。

木下秀吉がおね以外の女に子を身ごもらせたらしいです。
まつは、そのことをおねが知ったら……と心配しますが
秀吉の子を身ごもった女はおねの下女だったので
知らないはずはないのです。

しかしそうだと知ったら、親友であるまつから見て
おねは“生きてはいけない”と感じるだろうと、
いま自分が身ごもっている、夏ぐらいに産まれて来る子が
女の子だったら……とまつは願うばかりです。

「女の子だったら、もらってくれますか?」
おねは、顔を強ばらせて礼を言いますが
お腹を痛めて産んだ我が子を他人に譲ることが出来るのかと
まつは自問自答します。

続きを読む "プレイバック利家とまつ・(16)おねの子、豪姫"

| | コメント (0)

2014年4月28日 (月)

はぴはぴ

Happy Happy Birthday !!

Riverside houseさん


昨日、4月27日は
“ヘビーコメンテーター”のRiverside houseさんの誕生日♪
(毎週日曜日は大河ネタと決まっておりますので、
1日遅れのご紹介です。あしからずm(_ _)m)


てなわけで、Kassyから
奇跡の言葉をお一つ。

──────────

自分だけの「儀式」がある

仕事ができて おいしい食事があって 楽しい仲間がいる
今の自分にとっての「あたりまえ」に感謝するため

手を合わせて
家族やスタッフ 昨日あった出来事に感謝する


(ベッキーさんの言葉より)

──────────

おめでとうございまーす。

| | コメント (0)

2014年4月27日 (日)

大河ドラマ軍師官兵衛・(17)見捨てられた城 〜非情の運命! 散る命〜

上月城は、5万の毛利軍に囲まれていました。

天正6(1578)年6月、城の守りを託された尼子党は
兵糧が尽きても立てこもり続けます。
「必ず援軍は来る……それまで、何とか」
小寺(黒田)官兵衛も、すがる思いです。

しかし、織田信長の出した決断は、非情なものでした。
「上月は見捨てよ」

続きを読む "大河ドラマ軍師官兵衛・(17)見捨てられた城 〜非情の運命! 散る命〜"

| | コメント (0)

2014年4月26日 (土)

わすれもの。

残したら残したで、別にそのままでも良いのでしょうけど
律儀に埋めましたw
気づいたら、そうせずにはいられない性格なもので。

気づいてしまったら、やはり自分の気持ちはだませませんものね。
100%完了! と言いながら
内心では(実は3本マイナスなのよねー)と思うのは
実に気持ち悪いものです。

ハイ、これでしっかり埋めました。
完了です!

| | コメント (0)

2014年4月25日 (金)

プレイバック黄金の日日・(17)乱世独歩

天正2(1574)年・春。
木下藤吉郎秀吉から「羽柴秀吉」へと改名した秀吉は
筑前守を拝命し、浅井長政の旧領・
北近江3郡12万石の大名となっておりました。

そして信長への最初の注文は
名城の誉れ高い小谷城はいらないから
今浜の地に城を築きたいというのです。

1.湖北の一向一揆への睨みをきかせる重要拠点であること。
2.近隣の国友村で生産が続けられている鉄砲を掌握すること。
3.湖を生かして都からの品の流れをよくし、
 岐阜のような商いの盛んな町づくりを目指せること。
理由はこれらの3つです。

秀吉は、もしお許しが出るのなら
今浜を、信長の一字をもらって「長浜」としたいとも提案。
よほど執着していると見た信長は、笑ってそれを許します。

続きを読む "プレイバック黄金の日日・(17)乱世独歩"

| | コメント (0)

2014年4月24日 (木)

vol.139・お金がない! (後編)

vol.139・お金がない! (後編)
(パーソナリティ:Kassy)

第139回放送です。

増税で次々と出費がかさむ中で
気分発散のためにもプチ贅沢を楽しみましょう。
あなたにとってのプチ贅沢とは?

今回のListening Pointは……
大人買い


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

| | コメント (0)

2014年4月23日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(69)

終点停留所の旅“たそがれ”第39弾です。

今回はF岡県I塚市の
Kヶ畑バス停をご紹介します。


Mg1218Mg1222Mg1219

ジェイR U野駅と内Y田地区を結ぶ市道から
Kヶ畑・A月方面へ右折します。
(2枚目の写真は逆方向から撮ったので“左折”)

曲がる所の石にも、
「左 A月A木 右 Uちの」と彫ってありますね。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(69)"

| | コメント (0)

2014年4月22日 (火)

プレイバック黄金の日日・(16)将軍追放

足利義昭軍3,700が宇治槙島城にこもって
織田信長軍を迎え撃ったのは
武田信玄が無念ながら没して3ヶ月後の
元亀4(1573)年7月のこと。

この一戦を最後に室町幕府は崩壊し
義昭は15代将軍の座を追われます。

7月28日、義昭が好んだ『元亀』の年号を
信長は即座に『天正』と改元。
そして8月には、宿敵浅井・朝倉の討伐を目指して
全軍を近江へ投入します。

信長軍は朝倉義景を追撃して敦賀へ向かい
追いつめられた義景は一乗谷で自刃。

続きを読む "プレイバック黄金の日日・(16)将軍追放"

| | コメント (0)

2014年4月21日 (月)

祭りのあと

お祭りのあとと言ったらどこか寂しさが広がります。
どちらかというと、お祭りというよりも
後片付けのようなニュアンス? でしょうか。

しかし今回のお祭りは、
最後の最後まで慌ただしく過ぎていきました。
いいことなのだけれど、ちょっと、変な感じです。

今夜は、頑張った自分へのご褒美に(笑)
定食屋へ外食しに行きました。
決して高くはないけれどw

最近は夜に食べるメニューを変えているので
ふつうのご飯をいただくのは久々です。

| | コメント (0)

2014年4月20日 (日)

大河ドラマ軍師官兵衛・(16)上月(こうづき)城の守り 〜毛利の大軍を打ち破れ!〜

「それがしは今決め申した……毛利につく!」

播磨では、全ての人々が戦いの渦に巻き込まれていきます。
敵か? 味方か?
もはや、曖昧な態度は許されませんでした。

毛利攻めのために播磨入りしていた羽柴秀吉軍は
これからは、西の毛利に東の別所のそれぞれに備えねばならず
止むなく本陣を移すことにしました。

黒田(小寺)官兵衛の提案で、
大軍が籠れて守りやすい場所……書写山へ。

続きを読む "大河ドラマ軍師官兵衛・(16)上月(こうづき)城の守り 〜毛利の大軍を打ち破れ!〜"

| | コメント (0)

2014年4月19日 (土)

お世話になってます

おしごと終わりの夜ごはんですが、
最近は少しメニューを変えまして、
野菜中心(いわゆるサラダ)にしています。

さすがに毎日毎日大量にサラダを食していると
いくら何でも飽きが来てしまうかも、と思いまして、
ビンのドレッシングを買ってそれを使い、
最後まで使い切ったら味を変えていこうと決めました。

1回分のドレッシングも販売されているんですけど
大量なサラダでは1袋(10ml程度?)では全然足らないし
2袋分買うと出費がイタいので(^ ^;;)

スタートは、シーザーサラダ風味から。
でも、高かった割には使った回数はほんのわずか。
1回分の量、多く使いすぎたか?w

で。

職場でドレッシングのお話をしておりますと、
「ポン酢が意外にいいよ!」と
とある主婦さんが教えてくれまして、

CMにも流れている某有名メーカーの
柚子風味ポン酢を買ってみました。

うん、確かに美味い。

最近では、大量なサラダにぶっかけ
冷や奴にぶっかけ、刺身にもぶっかけます。
ご安心アレ。刺身でも変な味はしません。
ポン酢の味ですw

もう使い切ったのですが、
ちとハマってしまったかもしれません。
柚子風味ポン酢、2本目です(^ ^)

| | コメント (0)

2014年4月18日 (金)

プレイバック黄金の日日・(15)九死一生

武田信玄の快進撃が続いています。

徳川家康の一種無謀とも思える出撃で
あっけなく敗北した三方ヶ原の戦い以後、
信玄の前に立ちふさがる敵は織田信長ただひとり。

その信長でさえ、信玄の前ではほぼ無力で
信長滅亡は時間の問題とされていました。


さて、銀略奪の計画を知ってか知らずか
生野銀山まで足を踏み入れた美緒。
(“踏み入れた”と言っても馬上の人なので、
踏んではいませんが(笑))

その一行の最後尾には、番頭平次もおります。
そして更に付かず離れずで、
今井宗久の命を受けた石川五右衛門の姿も。

銀山で働く男たちは、
縄を切れば大量の岩が落ちてくる仕掛けを崖の上に作って、
美緒一行を出迎えます。

続きを読む "プレイバック黄金の日日・(15)九死一生"

| | コメント (0)

2014年4月17日 (木)

バス停について本気出して考えてみた(68)

終点停留所の旅“たそがれ”第38弾です。

前回までは、主にN津エリアの
ローカル路線を中心に扱って参りましたが、
今回からは、C豊エリアを西部から東部へ横断して
ご紹介していきたいと思います。

今回はF岡県I塚市の
K曲バス停をご紹介します。

Mg1201Mg1202

冷M峠の途中にありますので
こんな急カーブも点在しています。
「K州のH根」と呼ばれるほどの難所であります。

このまま急勾配の坂道を登り、峠を越した所に
F日市エリアの「上N山」バス停があります。

その急勾配にさしかかる手前で、バスは左折します。
目印はこの看板↓。
Mg1203

おとうふにつられて曲がってください(笑)。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(68)"

| | コメント (0)

2014年4月16日 (水)

カラーは

本日、久々のドームです。
前回行ったのは、いつのことでしたっけ???(^ ^;;)

Kassyは、数年前にもらった
赤のレプリカユニフォームを持っていますが
今日行くと、紺とか緑とかいろんな色が……。

今年のカラーって何色ですのん??w

明日はおしごとということもあるので、
今日は初めてKassy号で乗り込みました。

でも、ドーム下の駐車場ではなく近隣のコインパーキングへ。
大通りから1本入ったところにステキな駐車場を見つけましたが
よくよく考えれば、高い高いと言われるドームの駐車場と
料金的には大して変わりはなかったかもしれません(笑)。

続きを読む "カラーは"

| | コメント (1)

2014年4月15日 (火)

プレイバック利家とまつ・(15)良之、三方ヶ原に死す

「佐脇良之は、きっと徳川に駆け込むでしょうな」
碁を打ちながら、木下秀吉は重々しく発言します。
織田信長と明智光秀、秀吉、そして前田利家が
碁盤を囲んでいるわけです。

比叡山焼き討ちの直後から行方をくらませていた良之。
福原という浅井家ゆかりの信長近習を斬りつけたそうです。

徳川が甲斐の武田と手を結ぶという噂もあるので、
それを探らせに、信長は良之を徳川に送り込むそうです。
そういう作戦を悟られないようにするために、
信長近習を斬って出奔したという設定にすれば自然です。

そして徳川家康は良之を気に入っているので、
もし門戸を叩けばすぐにでも家臣団に加えるでしょう。
ただし、浅井家の次は徳川家か、と
利家は信長のやり口を冷酷だと批難します。

予見通り、徳川から
良之を家来にしていいかと書状が届きました。
これで対徳川への準備は万全です。

次の作戦……武田信玄を暗殺すること、です。
戦の強者・信玄に真っ正面から挑んでも、
兵を無駄に失うだけであります。

続きを読む "プレイバック利家とまつ・(15)良之、三方ヶ原に死す"

| | コメント (0)

2014年4月14日 (月)

あぁビックリ

何だかとてもスゴイ夢を見ました。
ココに書いて、みなさんに笑われてしまうほどの。

自分の周りにはなぜか
梅ちゃん(梅ちゃん先生)や陽子さん(おひさま)、
桜子さん(純情きらり)らがいらっしゃいまして。
なんやかんやと楽しませてくれました。

ワタクシ、実はそれぞれのドラマは
全く見たことがないのですけれど
役者さんのお名前を出すのが憚られたので
あえて役名でボカシております(笑)。

そして不肖ワタクシも
歌も○・しゃべりも○、そして演技も○という
マルチタレントさんでありまして、

上記の大女優さん(あ、言ってもうた)方々と
おしゃべりしている間にも次々におしごとが舞い込む、
テレビ界に引っ張りだこであります。

続きを読む "あぁビックリ"

| | コメント (0)

2014年4月13日 (日)

大河ドラマ軍師官兵衛・(15)播磨分断 〜裏切りを操るものは?〜

天正6(1578)年元旦──。

このころの織田信長は、茶の湯を政治に利用し始めていました。
重臣たちにとって、信長の茶会に招かれることは
家中の出世争いで一歩抜きん出ることに他ならないことでした。

その中でも、わずか1ヶ月足らずで播磨を平定した
羽柴秀吉の功績は信長を唸らせ
乙御前の茶釜を褒美に取らせるほどでして、
織田家家中はその話でもちきりであります。

秀吉は、毛利攻めに信長直々の出馬を願い
信長も、珍しくその話に乗ってきます。

ただ、本願寺が毛利攻めには邪魔でありまして、
それを担当している荒木村重に
急いで片づけよ、とプレッシャーをかけます。

続きを読む "大河ドラマ軍師官兵衛・(15)播磨分断 〜裏切りを操るものは?〜"

| | コメント (0)

2014年4月12日 (土)

もう笑っちゃう

あまり詳細に書きますと身元がバレますので(笑)、
少々分かりにくく書きますと。

業務の関係上、もともと土曜日は
出勤日数が他の日よりも少ないのですが、
それに加えて特別業務に1割程度が取られて
その残りから病欠者が5〜6名出れば、
いつもの5/6ほどの人員で通常業務をこなさなければならず

かといって、集客時の土曜日ということもあって
通常業務が停滞するする。
業務が全然回らない回らない(^ ^;;)

もうね、笑うしかないですw

特別業務も致し方ないことだし、病欠も仕方ないんですけど
残された人間が行わなければならない通常業務というのも
ヘビーですなぁ。

いつまで続くのやら、全く先が見えてきません。

| | コメント (0)

2014年4月11日 (金)

プレイバック黄金の日日・(14)信玄上洛

元亀三(1572)年5月。

甲斐の戦国大名・武田信玄が
足利義昭が発していた織田信長追討の手紙に応じて
上洛を約し、信長との対決を決意します。

少しずつ大きく広がりつつある反信長勢力によって
追われる立場となった織田軍は
それに比例して動揺が広がりつつあります。

堺の日比屋礼拝堂では、
織田方に肩入れしすぎたと反省する日比屋了慶が
娘のモニカに津田宗及の後添えとして行けと言うし、

魔王信長は信玄に滅ぼされる、と信じて疑わない宗及は
反信長派の今井兼久を朝の茶の席に呼んで
絆を深め、堺の中での力を取り戻そうとしています。

続きを読む "プレイバック黄金の日日・(14)信玄上洛"

| | コメント (0)

2014年4月10日 (木)

vol.138・お金がない! (前編)

vol.138・お金がない! (前編)
(パーソナリティ:Kassy)

第138回放送です。

消費税率が8%に上がり、
消費の仕方も考えていかなければなりません。
今回はその現状をさらりとひとつまみ。

今回のListening Pointは……
800円


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

| | コメント (0)

2014年4月 9日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(67)

終点停留所の旅“たそがれ”第37弾です。
今回はF岡県B前市の
畑R泉バス停をご紹介します。

Mc1946Mc1947

「K州三名水」の一つ、B前R泉。
水神社の中にある樹齢約830年の大楠の根本から
清水がこんこんと湧き出でていて、
その冷水は年間を通じて水温15度なんだそうです。

その水、汲めます。ただし有料(100円)。

かつてはK菩提の山伏や神官が禊ぎ(みそぎ)をするという
聖なる水とされていまして、
明治30年代に畑村出身の神官が禊ぎ場を露天浴場に改造、
一般に開放したのが、“畑のR泉”のはじまりとのこと。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(67)"

| | コメント (0)

2014年4月 8日 (火)

プレイバック黄金の日日・(13)戦国哀史

元亀元(1571)年10月3日・岐阜──。

“放て!”の号令とともに、幾多の銃口から銃弾が飛び出し
とてつもなく大きな銃声があたり一帯に響きわたります。

銃口から火薬を詰め、弾を込め、
朔杖(カルカ)という木の長い棒で銃口から差し込み
シャカシャカと火薬と弾を押し込めます。

そして朔杖を銃の筒の下の部分に収納し
火皿に火薬(口薬=着火薬)を少量盛り、
火蓋を閉じて、その後火縄を火鋏につけて構えます。

射手は指揮官の合図で火蓋を開け(=火蓋を切り)、
「放て!」の命令で発射……。

続きを読む "プレイバック黄金の日日・(13)戦国哀史"

| | コメント (0)

2014年4月 7日 (月)

はぴはぴ

Happy Happy Birthday !!

しゅんさん


4月7日は
“ヘビーコメンテーター”のしゅんさんの誕生日♪


てなわけで、Kassyから
奇跡の言葉をお一つ。

──────────

前を向いて歩いてたって、つまんないよ。
後ろを振り返ったほうが
『あれが楽しかった』って楽しいよ。


(タモリの言葉より)

──────────

おめでとうございまーす。

| | コメント (1)

2014年4月 6日 (日)

大河ドラマ軍師官兵衛・(14)引き裂かれる姉妹

天正5(1577)年11月、
織田軍と毛利軍は播磨でついに激突。
勢いに勝る織田軍は、
わずか1日で播磨福原城を落とします。

織田の勝利により
播磨の中で毛利に味方するのは上月城ただ一つ。
この上月城には、官兵衛の義姉(妻・光の実姉)である
力が嫁いでおります。

この戦いにより、姉妹は
今まさに引き裂かれようとしていました。

続きを読む "大河ドラマ軍師官兵衛・(14)引き裂かれる姉妹"

| | コメント (0)

2014年4月 5日 (土)

はぴはぴ

Happy Happy Birthday !!

ぷりんさん


今日、4月5日は
“ヘビーコメンテーター”のぷりんさんの誕生日♪


てなわけで、Kassyから
奇跡の言葉をお一つ。

──────────

あなたが転んでしまったことに関心はない。
そこから立ち上がることに関心があるのだ


(アブラハム・リンカーンの言葉より)

──────────

おめでとうございまーす。

| | コメント (1)

2014年4月 4日 (金)

プレイバック黄金の日日・(12)叡山焼打

泥酔した南蛮人にからまれていた旅の女を助け出し
助左は手を取って走り出します。

そして、杉谷善住坊がお仙に匿われている小船に女を押し込み
追って来た南蛮人の囮(おとり)になるべく、更に先に走り去る助左。
南蛮人はふらつきながら、助左が走る方向へ追って行きます。

灯台のところまで走ってきました。
南蛮人はまだ追って来ています。
意外にしつこいヤツですなぁ。

……と、そこへ現れたのは今井の奉公人・梢。
岩陰から様子をうかがってみると、
見知らぬ男に何やら紙切れを渡しています。

その紙切れは、つい先日
梢が今井宗久の部屋にこっそり忍び込んで
模写した大筒の図面、
そしてそれを手渡した男は、服部半蔵であります。

続きを読む "プレイバック黄金の日日・(12)叡山焼打"

| | コメント (0)

2014年4月 3日 (木)

暇を持て余す

ヒマ、というわけではないのだけれど。

消費勢増税に向けて
今まで残業続きの日日を送っておりまして、
4月に突入したので、ひとまずは落ち着いたところです。
今日は定刻に退社させていただきやした(笑)。

しかし、いざ早く帰ると
(いや特別早いわけではなく、当たり前の時間なのですが)
時間が多すぎて何をしていいのか分からず、

いや何をすべきかは分かっているのですが
どこから手をつけていいのか分からず、
結局のところ、無駄に時間を過ごしてしまいまして(^ ^;;)

今度こそ、ということを考えているうちに
またも残業続きの日日が始まりそうです……。

| | コメント (0)

2014年4月 2日 (水)

方向幕考(104)改/(108)改

“センバツ・ほうこうまくぅ(方向幕コレクション)”。
今回は、第104回(第51弾)と第108回(第54弾)でご紹介した
内容の修正版です。

過去に公開した幕内容の更新ということで
上のようなタイトルにしているという裏事情は
前回もご説明いたしました通り。


第104回では、Tよのくに号車両とSせぼ号車両の2種類を
第108回では、N鉄バスの北K州高速営業所から高速車両を
ご紹介しましたが、今回更新したのは
Tよのくに号車両の方と、北K州高速車の近郊車の方です。

続きを読む "方向幕考(104)改/(108)改"

| | コメント (0)

2014年4月 1日 (火)

プレイバック黄金の日日・(11)珊瑚珠(さんごじゅ)無情

元亀2(1571)年、春の黒潮に乗って南蛮船が
泉州・堺の港へ渡ってきました。

「南蛮船が着いたぞーッ」という納屋番の男の叫び声は
まるでバケツリレーのようにまたたく間に堺の町へと伝わり、
みな、物珍しさに大はしゃぎして港へ急ぎます。

最初に下りて来たのは、宣教師の方々?
つづいて、宣教師の格好がイマイチな男三人。
そう、助左と杉谷善住坊、そして石川五右衛門です。
身を隠すために服を借りたのでしょうか(笑)。

善住坊はお尋ね者ですし、
五右衛門は主君の命を果たせていないので
ふたりは顔を隠しての上陸ですが、
助左もどことなく足が地に着かないような浮ついた感じです。

でも、人目のつかないところでは
日本に、堺に戻って来られて大喜びです。

続きを読む "プレイバック黄金の日日・(11)珊瑚珠(さんごじゅ)無情"

| | コメント (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »