2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« プレイバック利家とまつ・(22)女将軍 | トップページ | プレイバック利家とまつ・(23)豪姫の母 »

2014年6月11日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(74)

終点停留所の旅“たそがれ”第44弾です。

今回はF岡県K崎町の
HK山Y遊共和国バス停をご紹介します。

かつてご紹介した、元Kヶ畑バス停から
廃止されて久しい[83]系統のルートに乗っておよそ10分強。
左手に見えて来る温泉施設であります。


Mg1246

「多目的温泉保養館」と銘打っておりますが、
館の入口には『HK山グランドホテル』という文字があり
温泉施設であると同時に宿泊施設であることもうかがえます。


Mg1245Mg1243

といいつつ、こちらの施設は
平成19(2007)年4月30日をもって閉鎖されたそうで、
その後、福岡地裁から破産手続き開始の決定を受けています。

あれから数年が経過し、ご覧のように。


Mg1247

お、何かいる!


で、結局この温泉施設を訪問された数名の方が綴られた、
今となっては貴重な訪問記などから
施設内の写真をくまなく探してみましたが、
ほとんどの方が自家用車で訪問なさっておられるようで
N鉄バスの写真、あるいはバス停の写真はありませんでした。

バス停の位置までは特定できず。
地理的な問題を考えれば、それも仕方ないかな、と。

Mg1248

軽自動車用を示す文字も残っているので
航空写真からの発見を目論みましたが、
それでもそれらしいスペース、文字等は
発見できませんでした。


Nf1202Nf1201Nf1203

もしかしたら、外観を撮った
最初の写真の立ち位置(県道の向かい側)の空き地?
路線バスぐらいなら、待機できそうなスペースです。

そしてあるサイトの写真には、
ここにバスが駐車しているのが確認できます。
ただ、バスと言ってもN鉄バスのカラーリングではなく、
しかもマイクロバス。

この温泉施設では、入館のことを「入国」、
館長(社長?)のことを「国王」などと呼び換えていたようなので、
こういった、路線バスが乗り入れという場合でも
1回敷地内に乗り入れするごとに“入国料○○円!” といった
契約があるのでしょうかね?

もしそうであったなら、少しでも入国料という経費を浮かせるために
敷地の道路を隔てた向かい側にバス停があったって
何ら不思議ではありませんが、

写真にかろうじて写っていたそのマイクロバスが
この温泉施設所有のものであるならば、
この土地もこの温泉施設所有のものである可能性もあり、
そこを借りてバス停および転回場を作ったとしたら
またそこでお金が動いてしまう結果になり得ますね。

ま、Kassyはこんな世の中の流れについて全く無知識であり
ある程度の可能性でしかお話ししていないので、

これが例えば、温泉施設側が
「バス路線を呼び込もう!」とバス会社側に話を持ちかけ
「バスを敷地内に入れる入国料? んにゃ! 要りません!」と
太っ腹に商談している可能性だってあるわけで、

それは関係者の方々しかご存じない内容であります。

地元の方、バス停位置についてご存知の方は
どうぞお知らせくださいm(_ _)m (←他力本願w)


Mg1244

旧上Y田線の線路跡は、現在は
遊歩道(サイクリングロード?)になっています。

« プレイバック利家とまつ・(22)女将軍 | トップページ | プレイバック利家とまつ・(23)豪姫の母 »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

初めて投稿させていただきます。

2002年11月に車でこの辺りを訪れたときに写した写真が残っており、それによると最初の写真に写っているゲートの右側(敷地内ではなく道路寄り)にバス停が建っていました。バス停の看板にはすでに「83」の表記はなく、「83」廃止後に新調されたものかもしれません。バスが敷地内で転回していたかどうかは不明です。
以上、甚だ中途半端な情報ですが報告させていただきます。

──────────

まさちゅんさーん。初めまして!
Kassyです。よろしくお願いいたします!


>この辺りを訪れたときに写した写真が残っており
おぉw
そうでしたか(^ ^)

それって、バス路線も施設もなくなった今となっては
かなり貴重な写真ではないですか〜!
すごい歴史的画像を撮影されたものですねぇ。


>バスが敷地内で転回していたかどうかは不明です
バス停が敷地内にあれば、
そこで転回・待機をすれば事足りるので
敷地外にバス停があったということですと、
転回場所も敷地外という可能性が高いですね。

これ以上の調査は、
当時、この路線を乗務したことのある乗務員さんや
この施設で働いていらした元従業員さんに
お聞きするぐらいしか思いつきませんが、

バス停の位置が確定できただけでも
大きなことだと思えます。ありがとうございます。


>甚だ中途半端な情報ですが報告させていただきます
いえいえ!
決して中途半端ではありません。

単なる思いつきで始めたシリーズでありますので、
現在はその遺構も材料も残っていないことも多く
推測でしか記事に出来ない心苦しさもありますが、
そんな中での今回のような情報はかなり有益で
大変助かります。

感謝感謝です(^人^)

また、ご存知の内容がございましたら
ご遠慮なく、お気軽にお寄せくださいませ。
よろしくお願いいたしますm(_ _)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プレイバック利家とまつ・(22)女将軍 | トップページ | プレイバック利家とまつ・(23)豪姫の母 »