2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« プレイバック黄金の日日・(27)信長死す | トップページ | ノグリー »

2014年7月 9日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(77)

終点停留所の旅“たそがれ”第47弾です。

今回はF岡県S田町の
J屋バス停をご紹介します。


Mg1258

S田駅付近から小I原方面に伸びる県道78号線を進むと
何か建造物?が見えてきました。


Mg1260

N鉄バス廃止後、代わってS田町バスが走っています。
建造物の横にはバス停標柱が立てられていますが……、

Mg1259

アピールが、標柱よりも目立ちますな。


Mg1261

この待合室を作るにあたり、
出資なさったであろう方々のお名前が載せられていました。


Mg1263

ちょうどいいスペースが、待合室の後ろにありましたが
ココで転回していたんですかね?


県道を小I原方面にそのまま進むと、J屋ダムがあります。

Mg1262

ダム貯水を放流することもあるので、
周辺にはこういう案内板があります。


Mg1265Mg1264

周辺は山なので、断崖絶壁で
岩が今にも転がってきそうです。


道路の向かい側には、記念碑が立てられていました。
“九十才の御祝”に、お子さまやお孫さまで立てたのでしょうね。

ご長寿なので、という理由もあるでしょうが
記念碑を建てるほど素晴らしいおばあちゃんなのでしょうなぁ。
優しかったり、偉大だったり。

« プレイバック黄金の日日・(27)信長死す | トップページ | ノグリー »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プレイバック黄金の日日・(27)信長死す | トップページ | ノグリー »