2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« プレイバック黄金の日日・(31)竜虎相撃つ | トップページ | 結局はそうらしい »

2014年8月20日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(82)

終点停留所の旅“たそがれ”第52弾です。

今回はF岡県T川市の
S谷バス停をご紹介します。


Kassyにとって、上Y田エリアというのは非常に遠いイメージ。
なぜって、D宰府→T神→I塚→上Y田という
“コの字形”ルートが頭の中で構成されてしまうのですね。

しかし、取材で車を利用すると
“コの字”の線が無い部分を直線で進むだけなので
Kassy家から上Y田まで1時間強といったところ。

ココS谷は上Y田のちょい先にありまして、
初めてここを通りかかったとき「えっ!! ココ!?」と
かなりビックリした覚えがあります。

Mg1300

その時は、写真の向こう側から
手前側に走って来たんですけどね(^ ^)

Mg1301

バス停銘板の形は、明らかにN鉄バスのものですよね。
こうして見ると、銘板のカラーリングが変わるだけで
かなり印象が変わるものです。

スカイブルーというのも、なかなかよろし。

バス停横には「S谷うどん」店があります。
店の建物が写り込んでいますよね。
今度取材する時には、ぜひ堪能したいです(笑)。


で、もう一つの目的“バス転回場”。
見る限り、道沿いには転回場らしきものはありません。

“バス転回場 他車駐車禁止”というような看板が見当たらないので
「道沿いには転回場らしきものはない」と書いたまでで、
正確に言えば道沿いにはけっこうスペースがありすぎて
「ココが転回場ですよ」と教えられれば素直に信じてしまえるほど
どこが転回場なのか分からないのが正直なところ。

んで、正解はコチラ↓

Mg1302Mg1304

バス停からすぐを曲がりますと
ただ通っただけでは見落としそうな、
ちょっとしたくぼみ(?)。


Mg1298Mg1299

のぞき込むと、奥に探していた看板らしきものを発見。

ぐるりん! と回れるスペースを備えた転回場が多い中で
こういうちょっとしたスペースを利用して転回しているとは
なかなか趣深い場所です。

F岡都心部を走る地下鉄線ですが、あの折返し線(引込み線?)は
上り線と下り線の間に設置してありまして、
通常、駅のホームからは支柱が邪魔して見ることが出来ません。
(もしくは、見れても非常に見にくい角度)

それを見るとしたら、
運行中の電車に乗ってその真横を通った時に
支柱と支柱の間を見るしかないのですけど、
電車はそんなコチラの都合良く止まってはくれない(笑)。

結局は、その引込み線に停まっている電車からの
漏れる車内灯などを間近に見て
あぁ、折返しの電車が停まっているんだなぁと感じる程度です。

ここの転回場も、そんな地下鉄の折返し線のように
実際にバスがココでお休みする様子をご覧になった方には
おっ? と驚かれたことでしょう。

もしかしたらそんな感じなのかもしれません。

« プレイバック黄金の日日・(31)竜虎相撃つ | トップページ | 結局はそうらしい »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プレイバック黄金の日日・(31)竜虎相撃つ | トップページ | 結局はそうらしい »