2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« プレイバック利家とまつ・(39)成政切腹 | トップページ | vol.150・あたまの体操 (後編) »

2014年9月24日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(86)

終点停留所の旅“たそがれ”第56弾です。

今回はF岡県F智町の
K田H原団地バス停をご紹介します。


前回ご紹介のS岡から、エリアの中心部であるG藤寺を通り
ここK田H原団地まで、現在のダイヤでは直通しています。
バスルートを忠実にトレースすると、およそ45分。

しかし実際は、エリアの中心部であるG藤寺をいったん通るので
ちょっとした遠回りになります。
取材時、S岡に10:49までいたKassyは、
バスルートに構わずショートカットしたので
わずか10分後の11:00にはK田H原団地におりましたw

Mh2052

日ヤケが非常に気になりますが、
これは現在でもこの状態ですか??
(取材日は昨年、2013年8月20日)

Mh2053Mh2054

バス転回場は、
ほんのちょっとだけ先に進んだところにあります。

転回できるだけの充分なスペースはもちろんですが、
仮設トイレがひとつのポイントになりますなw


Mh2056Mh2051

バス停の横には、長屋の団地がたくさんありましたが
それが撤去されてご覧の通り。
草も生えて来ているころなので、
撤去されてすぐというわけではなさそうです。


Mh2055

そしてその横には、整備された大きな池。

« プレイバック利家とまつ・(39)成政切腹 | トップページ | vol.150・あたまの体操 (後編) »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プレイバック利家とまつ・(39)成政切腹 | トップページ | vol.150・あたまの体操 (後編) »