2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« プレイバック黄金の日日・(41)侵略者 | トップページ | vol.152・上を目指して »

2014年10月22日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(89)

終点停留所の旅“たそがれ”第59弾です。

今回はF岡県Y橋市の
Mの下バス停をご紹介します。


Mh2073Mi1902

Mi1903Mh2074

『今井の祇園さん』──。

祇園社の雄社・今井津須佐神社、旧称は今井津祇園社。
無病息災・厄除開運を祈願しに多くの方々が訪れるのだそうです。

Mh2075

その鳥居の脇に立つバス停。
N鉄バス廃止後に路線を引き継いだ
地元タクシー会社のバス停です。

ただし、N鉄バス当時は終点停留所でしたが
路線が引き継がれた現在では単なる通過点。
朝1本の都心向き、夕1本の郊外向きのみ立ち寄るダイヤです。

ちなみにバス停名称も、Mの下から『G園下』へ。


Mh2076Mh2072

鳥居の、道を挟んだ向かい側。

取材に訪れた2013年8月20日は、
お盆ということもあってか
ご覧のように無数のちょうちんが設置されていました。
(それとも外す直前か?)


Mi1901Mi1904

神社の脇には、神職が約40年前から栽培を始めたという
「椿山牡丹園」(または片山牡丹園とも)があります。
現在は牡丹が150種、1,500株にも増えたそうで
観覧者の目を楽しませてくれます。


そしてその脇には、バス転回場の跡地。

N鉄バスが廃止されたのは、ひと昔以上前の2001年3月末。
すでに13年以上が経過しているので
当時とは様子が変わっていますが、
石灯籠などほんの少しだけ面影を残してくれています。

1年に1度は帰りたくなるような、そんな風景です。

« プレイバック黄金の日日・(41)侵略者 | トップページ | vol.152・上を目指して »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プレイバック黄金の日日・(41)侵略者 | トップページ | vol.152・上を目指して »