2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« 当選! ですが | トップページ | 野菜生活 »

2014年11月23日 (日)

大河ドラマ軍師官兵衛・(47)如水謀(はか)る 〜天下狙う軍師の秘策〜

黒田長政、加藤清正、福島正則らと石田三成の対立、
ここに極まれり──。

しかし徳川家康は、自邸に逃げ込んで来た
石田三成を匿いその命を救います。

三成は、家康の勧めるままに
蟄居して、佐和山へ引きこもることにします。

「徳川の狙いは、天下を揺るがす大乱──」
家康はわざと三成を生かすことで、
彼は死にものぐるいで味方を集めて
家康打倒に奔走するでしょう。

ということは、家康派と三成派のどちらにつくか
日本の中で二分されるわけです。
それを充分見極めた上で、自分の敵を根こそぎ滅ぼして
その後に天下を取る。

「三成にはつかぬ……わしは我が道をゆく」

慶長4(1599)年9月9日、
家康は「重陽の節句」の祝いを述べるために
大坂城に豊臣秀頼を訪問します。

「大坂は相変わらず賑わっておりますな、豊臣繁栄の証し」
家康は秀頼にニッコリと微笑みますが、
淀にしてみれば、なんとしらじらしい、と
いったところでしょうか。

ゆっくりされるがよい、と淀は笑顔で返しますが
家康と淀との火花がバチバチと散っているように見えます。
そして家康は、淀の言う通り大坂城本丸に居座って
なかなか動こうとはしませんでした。

如水から見て事態は面白くなってきました。
如水は、西の丸に移っていた北政所(おね)に
西の丸を家康に譲っては? と提案し、
次の手を打つためにも中津に戻ることにします。


「もう無理でございます……里にお戻しください」
長政が黒田屋敷に帰って来ると、
糸は疲れ切った笑顔で長政にこう漏らします。
そんな糸に、長政は何も言うことが出来ません。


中津に戻る前に、如水は
隠居している三成を佐和山に訪ねます。

初めての佐和山城を眺めて、如水は
この城を落とすのは至難の業、と褒め称えた上で
いかにして徳川を討つか、ズバリ聞いてみます。

脇に控えていた増田長盛は、それを聞いて
いつもの細めを見開くほどビックリ。

三成は、そんな気は毛頭ないと無表情のまま返しますが
如水のけしかけは続きます。

例えば、三成と昵懇である上杉家の直江兼続に
主君・上杉景勝に反乱を起こしてもらえれば
家康は鎮圧に軍を起こさざるを得ません。
その時、秀頼を奉じて挙兵すれば、挟み撃ち──。

だが、と続けます。
「徳川殿はすでにお見通しでござろう」
それどころか、三成が挙兵するのを待っている家康には
それを望んでいるふしがあります。

家康は、亡き太閤秀吉でさえ勝てなかった相手でありまして
そんな男を相手に、その時がくるのをジッと待っている三成に
如水は最後の忠告をしておきます。
「策を立てるのとまことの戦では、まるで別物じゃ」

如水が去った後、三成は扇を床に叩き付けて悔しがります。


続いて如水は、中津に戻る途中
広島の毛利家を訪問します。

安国寺恵瓊は、あくまでも豊臣を支えると言い、
五大老のひとり・当主の毛利輝元は大老職を全うするのみで、
吉川元春の後を継いだ三成嫌いの吉川広家は、
石田側に味方することはあり得ないという立場です。

小早川隆景亡き後、毛利家には意見をまとめる人物がいません。
戦が始まれば、毛利家は分裂するに違いありません。
如水は、それを踏まえた上で策を立てることにします。


そして運命の慶長5(1600)年──。

徳川とのつながりを深めていく中で
家康の姪で養女の栄姫との縁組みを井伊直政に勧められた長政。
長政には糸という正室がおりますので、当然断るのですが
これからのことを考えると……という
直政の意味深な発言を聞くと、長政も事の大きさを察します。


5月、事態は動き始めます。
如水の予想通り、上杉に謀反の疑いが出てきたわけです。
これに対し、家康は上杉討伐に向かうに違いありません。

当然、挟み撃ちにせんと三成も佐和山から挙兵します。
家康は、それを承知の上で上杉討伐に向かうでしょう。
なぜなら、三成に挙兵してもらい、一気に叩き潰すためです。
わざと大坂を空けるのです。


糸とは、離縁することにしました。

そもそも糸から言い出したことでもあるし
別れの朝、糸の表情は少し晴れやかにも感じられます。

長政の、そして光の深い優しさこそが
糸にとっては辛かったのかもしれません。
最後の最後まで不満をぶちまけることなく、
黒田家を去っていきます。

そして、栄姫との縁談を受け入れる長政。

長政にとっては、生き残るために選んだ道であり
黒田家は徳川に味方すると
はっきり世に示したことになります。

6月6日、長政は栄と祝言を挙げます。


6月16日、家康率いる上杉討伐軍56,000は
東に向けて出陣。
そしてその背後で、ついに三成が挙兵します。

「九郎右衛門……兵を挙げるぞ」
中津には兵はわずかしか残っていませんが
如水は眼光鋭く見つめたままです。


作:前川 洋一
脚本協力:穴吹 一朗
音楽:菅野 祐悟
題字:祥洲
語り:広瀬 修子
──────────
[出演]
岡田 准一 (黒田如水)

中谷 美紀 (光)

松坂 桃季 (黒田長政)
二階堂 ふみ (淀)

濱田 岳 (栗山善助)
速水 もこみち (母里太兵衛)
高橋 一生 (井上九郎右衛門)
塚本 高史 (後藤又兵衛)
田中 圭 (石田三成)
高畑 充希 (糸)
東 幹久 (井伊直政)
山路 和弘 (安国寺恵瓊)
忍成 修吾 (小西行長)
石野 真子 (マグダレナ)
吉本 美憂 (栄)
──────────
黒木 瞳 (おね)
寺尾 聰 (徳川家康)
──────────
制作統括:中村 高志
プロデューサー:勝田 夏子
演出:田中 健二


◆◇◆◇ 番組情報 ◇◆◇◆

NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』
第48回「天下動乱」

デジタル総合:午後8時〜
BSプレミアム:午後6時〜

« 当選! ですが | トップページ | 野菜生活 »

NHK大河2014・軍師官兵衛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 当選! ですが | トップページ | 野菜生活 »