2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月の30件の記事

2014年11月30日 (日)

大河ドラマ軍師官兵衛・(48)天下動乱 〜東西激突 決死の大坂脱出行!〜

慶長5(1600)年7月。
佐和山城で蟄居していた石田三成が
徳川家康を討つため大坂城に入ります。

上杉討伐に向かう家康は江戸城に戻っていました。
「三成が、罠にかかりました!」

家康は東から、三成は西から味方を募っていました。

一方、黒田如水は豊前中津城で新たに兵を集め
来たる決戦に備え始めています。

如水に仕えたいという者たちは、
武士と言わず農民と言わず
全て雇い入れることにしていまして、

雇い入れれば賃金を与え、
武具のない者には支給する。
それを村々に評判として広めさせます。

如水が立ったという噂を九州一円に広めさせるのです。

続きを読む "大河ドラマ軍師官兵衛・(48)天下動乱 〜東西激突 決死の大坂脱出行!〜" »

2014年11月29日 (土)

プレイバック利家とまつ・(47)秀吉死す

慶長3(1598)年8月17日・伏見城──。

寝所で横たわる豊臣秀吉は危篤状態に陥っています。
枕元には北政所(おね)と前田利家が見守り
御簾の外には徳川家康や孝蔵主らが控えています。

突然「お館さま! お館さまァ!」と叫び出したかと思えば
彼を支える利家と北政所を見て急に冷静になり、
落ち着きを取り戻します。

今は亡き織田信長に首根っこを掴まれて
冥土の国へ引きずり込まれそうになっていたのだとか。

まつが寝所に入ってきて、秀吉の大好物なみそ汁を作ってきて
口元に椀を近づけ、飲ませます。
秀吉はそのまま眠るように横になりますが、
脈を取った薬師は、あと一時ほどの命、との宣告をします。

しかし、驚くべき生命力で持ちこたえます。

続きを読む "プレイバック利家とまつ・(47)秀吉死す" »

2014年11月28日 (金)

はぴはぴ

Happy Happy Birthday !!

たくとんさん


今日、11月28日は
たくとんさんの誕生日♪

てなわけで、Kassyから
奇跡の言葉をお一つ。

──────────

チャンスは貯金できない。


(ヘンリー・キッシンジャーの言葉より)

──────────

おめでとうございまーす。

2014年11月27日 (木)

眠さを越えて

今日のおしごとは、早朝から夕方前まで。

そのために、前日夜9時半に就寝する予定……でしたが、
超早起きして出勤しなければならない時ほど
神経が高ぶって眠れませんでw

およそ2時間程度の睡眠で起床。

ま、早く出勤した分
早く退勤できるので、帰って寝ればいいだけなのですが
夜は夜で同僚とお食事会が催されますので、それも叶わず。

結局は深夜2時半まで起きて
ファミレスでくっちゃべっておりましたw

最後の方は、もう眠くて眠くて
目がトローンとしておりましたけれど(^ ^;;)
その眠さを越えて、会話している自分自身は
やっぱり変な人間です(笑)。

2014年11月26日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(93)

終点停留所の旅“たそがれ”第63弾です。

今回はF岡県M都郡K田町の
T(Tに)バス停をご紹介します。


Mh2107

こちらにも、N鉄バス路線を引き継いだ
タクシー会社運行の路線バスがやってきます。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(93)" »

2014年11月25日 (火)

プレイバック黄金の日日・(47)助左衛門追放

慶長3(1598)年6月17日。
納屋助左衛門が堺奉行所に連行されます。

かつて、秀吉が朝鮮侵略をしようとした時
それをやめるように直談判した助左衛門。

その助左衛門につばを吐きかけ、極刑を命じた秀吉でしたが
実は石田三成が逃がしていた事実を知り
秀吉は逃がしたことに関して三成を咎めなかったらしく
食わせてやれ、と菓子をふるまうほどゴキゲンです。

秀吉と和解させるべく、
伏見城へ連れて行くつもりの三成ですが
助左衛門はその申し出を断ります。

自由都市・堺が今のままの状態では
どうしても秀吉と敵対する立場になってしまうわけで、
和解と言ってもそれはできない相談なわけです。

続きを読む "プレイバック黄金の日日・(47)助左衛門追放" »

2014年11月24日 (月)

野菜生活

気まぐれですw

夕ごはんとして千切りした野菜をお茶碗2杯分、
それにお豆腐をいただいております。

これだけでもけっこうお腹いっぱいになりますのよ。

気まぐれなので、いつまで続くことやら……。

2014年11月23日 (日)

大河ドラマ軍師官兵衛・(47)如水謀(はか)る 〜天下狙う軍師の秘策〜

黒田長政、加藤清正、福島正則らと石田三成の対立、
ここに極まれり──。

しかし徳川家康は、自邸に逃げ込んで来た
石田三成を匿いその命を救います。

三成は、家康の勧めるままに
蟄居して、佐和山へ引きこもることにします。

「徳川の狙いは、天下を揺るがす大乱──」
家康はわざと三成を生かすことで、
彼は死にものぐるいで味方を集めて
家康打倒に奔走するでしょう。

ということは、家康派と三成派のどちらにつくか
日本の中で二分されるわけです。
それを充分見極めた上で、自分の敵を根こそぎ滅ぼして
その後に天下を取る。

「三成にはつかぬ……わしは我が道をゆく」

続きを読む "大河ドラマ軍師官兵衛・(47)如水謀(はか)る 〜天下狙う軍師の秘策〜" »

2014年11月22日 (土)

当選! ですが

くじ運の悪いKassyにしては珍しく
あるくじ引きで2等を引き当ててしまいました(^ ^;;)

“しまいました”って卑屈にならなくても
チャンスは平等にあるわけで。
まぁ、そんな時もありますわ。

で、その当選内容なのですが、

続きを読む "当選! ですが" »

2014年11月21日 (金)

プレイバック黄金の日日・(46)五右衛門刑死

肥前・多久島に帰って来た納屋助左衛門と石川五右衛門。

そこで助左衛門は、豊臣秀吉が朝鮮出兵の指揮を執るために
彼を乗せて御座舟が九州へ下向するらしいという噂を耳にします。
今や秀吉憎しで固まった助左衛門は、秀吉が乗ったその御座船を
襲撃することしか頭にありません。

慶長2(1597)年6月、助左衛門は堺に戻ってきます。
今井館に入った助左衛門は、遺髪を見せて
美緒と小太郎に桔梗の死を知らせます。

ただ、もしルソンへは行かずに日本に残れば
豊臣秀次関係者ということで数日後に捕らえられ、
三条河原で刑死されていたかもしれません。
そう考えると、少しの間でも助左衛門のそばにいられて
幸せだった、と思いたい……いや、思うしかありません。

続きを読む "プレイバック黄金の日日・(46)五右衛門刑死" »

2014年11月20日 (木)

vol.154・かまってコンシェル (後編)

vol.154・かまってコンシェル (後編)
(パーソナリティ:Kassy)

第154回放送です。

相変わらず執事と遊んでいます。
今にも漫才を始めそうな関西弁の執事が初登場!
ちょっとノリの違う執事をお楽しみください。

今回のListening Pointは……
連休をショッピング


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

2014年11月19日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(92)

終点停留所の旅“たそがれ”第62弾です。

今回はF岡県Y橋市の
M田ヶ丘団地バス停をご紹介します。


N鉄バスから路線を引き継いだタクシー会社のバス路線では
Y橋駅方面からやってきたバスは団地内を一周して
再びY橋駅方面へ戻っていくという
団地内循環形態を採っています。

なので、厳密には『どこが終点停留所か』というと
どこもそうであり、どこもそうではなく、
団地内にある3ヶ所の停留所全てがそうだ、と認識すれば
幾分かは分かりやすいかもしれません。

その最初の停留所がコチラ。

Mh2095

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(92)" »

2014年11月18日 (火)

プレイバック黄金の日日・(45)天変地異

呂宋島・マニラ湾──美しい夕焼けです。

聚楽第から救出された桔梗は
石川五右衛門と一緒にルソン行きの船に乗り
ついに納屋助左衛門と再会することが出来ました。

文禄5(1596)年6月、
桔梗が“まるでお城が浮かんでいるよう”と喩えた
イスパニアが誇る世界最大の商船
『サン・フェリーペ号』はマニラを出航。

メキシコに向けて太平洋を船出したはずのこの商船は
しかし、目指す目的地には行き着かず
悪夢のような地獄の旅を経て
再びマニラへ舞い戻ってくることになりますが、

このことが、助左衛門らに
血の惨劇として振りかかってくるのは半年後のお話です。

続きを読む "プレイバック黄金の日日・(45)天変地異" »

2014年11月17日 (月)

疲労困憊

風邪を引いてはや半月。
熱はとうに引きましたが、咳がなかなか止まりませんで
毎日毎日マスク生活を送っております。

マスクも、1枚単価がかなり安い
使い捨てタイプを使用しておりますが、
そんな単価の割に、フェイスフォーム(フォルム?)ぴったりの
すっぽりと覆って完璧なまでにすき間を無くしたものなので
呼吸がかなり苦しい(笑)。

だからかどうかは分かりませんが
ちょっと走ればゼーゼーハーハー、
そしてゲホゲホ。

おかげで、毎日ぐったり状態で帰宅しています。

今日はお休みだったのですが、
昨日は夜9時半ごろには帰宅していたので
本当は朝7時ごろに起きてお出かけする“つもり”でいました。

すると、いったん朝7時に起きはしたのですが、
疲れてしまっていて、起きるどころの話ではありません。
そのまま枕に突っ伏して、結局起きたのはお昼……(汗)。

かなりお高い栄養補給剤も飲んでいるんですけど
本当に完治しなければ、困憊(こんぱい)状態から
抜け出すことは難しいことかもしれません。

というわけで、明日のおしごとに備えて
今日は寝ま〜す。

2014年11月16日 (日)

大河ドラマ軍師官兵衛・(46)家康動く ~後継争い激化! 勝者は誰か?〜

慶長3(1598)年8月18日の豊臣秀吉の死によって、
五大老筆頭の徳川家康は「勝負に出るぞ」と
諸大名取り込みに動き出します。

そして、天下は豊臣秀頼のものだとする淀殿は
実権を徳川に奪われてなるものか、と眼光鋭く言い放ち
三成も、豊臣家を守り抜くと決意表明。

そして主役の黒田如水は
「忙しくなるぞ、天下は再び乱れる──」と
つぶやきます。

続きを読む "大河ドラマ軍師官兵衛・(46)家康動く ~後継争い激化! 勝者は誰か?〜" »

2014年11月15日 (土)

サラダ。

やっぱりサラダが好きです(笑)。

以前はそんなに意識したことがなかったのですが、
今はサラダに対してけっこう見る目が変わって
自分からシャキシャキと食べていることがあります。

サラダの上に豆腐をドーンとのっけて
ドレッシングをかけていただく。

これがここ最近のしあわせですw

2014年11月14日 (金)

プレイバック利家とまつ・(46)父子の名乗り

文禄4(1595)年7月・京 聚楽第──。

石田三成ら奉行衆は、
関白・豊臣秀次に謀反の疑いありと詰問し、
関白左大臣の任を解いて高野山へ追放します。
太閤豊臣秀吉に権力を集中させんがための方策です。

浅野長政は、子の浅野幸長が
秀次と親しい間柄であったために
同様に詰問を受けたらしく、
前田利家に息子の取りなしを依頼します。

幸長の取りなしのこと、千世姫と細川家との縁組みのことなど
北政所(おね)からの文を金沢城で読んでいたまつは、
奥村家福から、この15日に関白秀次が自害した報告を受けます。

続きを読む "プレイバック利家とまつ・(46)父子の名乗り" »

2014年11月13日 (木)

夜型から朝型へ

……今日限定で(^ ^;;)

シフト上、仕方のないことですが
基本的には昼〜深夜の時間帯で働いておりますワタクシにも
たまには早暁〜昼過ぎの時間帯で
シフトを入れられていることもあります。

まぁ、月に1〜2回ぐらいですかね。

で、普段は深夜帯までのおしごとで慣れてしまっているので
いざ昼過ぎにおしごとが終わってしまうと
それから何して過ごそっかなぁ……ということになります。

特に明日、いつものように昼〜深夜の勤務時間帯であれば
睡眠時間を入れて、ほぼ丸1日時間が空くわけです。

かつては、Kassyブログの「バス・電車」カテゴリーの
取材のために、遠方にまで車を走らせたりもしておりましたが、
日暮れが早くなってきている季節柄、それも難しく。
仕方ないので、今回は早めに帰宅することにしました。

風邪だし(笑)。

2014年11月12日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(91)

終点停留所の旅“たそがれ”第61弾です。

今回はF岡県Y橋市の
Mの杜バス停をご紹介します。


Mh2094Mh2093

ニュータウンの入口。
アメリカの某映画にも出てきそうな
立派な構えに感じました。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(91)" »

2014年11月11日 (火)

プレイバック利家とまつ・(45)利家 出仕拒否

豊臣秀吉と前田利家、徳川家康の3人が
諸将や妻たちの前で狂言に興じています。
しかしそれを笑って見過ごせぬ人物がいました。
秀吉側近・石田三成であります。

三成は、3人が仲が良すぎるのはよくない、と
すくすくと成長するお拾のためにも
秀吉を柱とした一極集中の仕組みを作り上げたいわけですが、
利家も家康も、それぞれ天下人たる器だから困ったものです。

その密談を淀と交わしているのを、つねが聞き取り
それをまつに報告します。

続きを読む "プレイバック利家とまつ・(45)利家 出仕拒否" »

2014年11月10日 (月)

疲れが取れない

風邪を引きまして、熱はなんとか下がったのですけど
咳が相変わらず続いておりまして、
そのせいか、眠っても咳をして目が覚めるのか
疲れが取れないまま出勤し続けております。

そこでようやく、待ちに待ったお休み。

今度こそぐっすり眠ってやろうと
昨日は張り切ったはずなんですけど、
なんだかんだで結局夜更かししてしまいまして(^ ^;;)
それでもまぁ……就寝して7時間、昼前に起床。

咳がようやく落ち着いてきたかなぁ、と思った矢先
今度は鼻がジュルジュル言い出しまして(涙)、
咳風邪から鼻風邪に移行しつつあり。
慌てて鼻風邪用の風邪薬を飲みました。

めっきり身体が弱くなりましたなぁ……。

2014年11月 9日 (日)

大河ドラマ軍師官兵衛・(45)秀吉の最期 〜天下人死す! 軍師別れの涙〜

慶長2(1597)年 夏、黒田如水は豊臣秀吉の命により
再び朝鮮に出陣していました。

文禄の役では、総大将は宇喜多秀家でしたが
今回の朝鮮出兵では、中納言・小早川秀秋を総大将に据えた秀吉。
黒田の陣では、秀秋は16歳とあまりにも若すぎる、とか
秀吉は何を考えておられるのか、とか家臣たちが言いたい放題です。


一方、如水に留守番を命じられたはずの次男・熊之助は
戦稽古のために遠出する、と糸を欺いて出発。
母里太兵衛の子・吉太夫らとともに朝早くに出て行きます。

しかし、母の光宛てに手紙を残していて、
熊之助の思惑が明らかになったわけです。
誰の力も借りずに、独断で朝鮮に渡ろうとしていたのです。

続きを読む "大河ドラマ軍師官兵衛・(45)秀吉の最期 〜天下人死す! 軍師別れの涙〜" »

2014年11月 8日 (土)

意思の疎通

意思の疎通が充分に図れている同僚と
おしごとをするのはえらい楽。

私はアレしてコレしなきゃ、
だからKassyはソレやってね! なんて言われても
ワシも全くの同感なので、ラジャ! ってなります。
考えるまでもありません。

だけど、疎通が図れていない同僚の場合。

ソレやってね! って言われても
自分が考えた仕事の順序や内容でなかったりすると
いけないこととは分かっていながら
頭には「……なんで?」と疑問符がつきます。

それが明らかに向こうの間違いの場合は
アレはこう、コレはこうだから、
ソレはこうすべきだよね、と軌道修正してあげるのですが
向こうは向こうで、コチラを間違いと思っているわけです。

そもそも意思の疎通なんか図れていない相手なわけだから
自分がやりたいことと相手がやりたいことがちぐはぐに。
それを意思統一させるのは、
とても時間がかかることだしすごい大変。


そんな、冒頭にご紹介した
意思の疎通が図れていた同僚が転属します(涙)。

2014年11月 7日 (金)

プレイバック黄金の日日・(44)呂宋(ルソン)遠征計画

文禄元(1592)年──。

当時マニラ市内には300人の日本人が住んでいました。
このころ、豊臣秀吉のルソン侵略計画を知ったマニラ政府は
マニラに住む日本人を市外の指定区域に移住させ、
日本人に対する警戒を強くします。

文禄2(1593)年4月・ディラオの日本人町。
マイニラ総督ゴメスに宛てた秀吉の国書を鮫吉が入手し、
納屋助左衛門は旧知の友・ハギビスの前でそれを読み上げます。

秀吉は原田喜右衛門に利用されているだけというのに
当の本人である秀吉にはそれに気づいてくれないというのは
何とも悔しく、呆れるところであります。

その原田は、秀吉の国書に自己宣伝を加えて
大きく加筆・脚色を加えられて、マイニラ総督ゴメスに渡します。
漢文を理解できないゴメスは、
原田の解釈を鵜呑みにするよりほかにありませんでした。

続きを読む "プレイバック黄金の日日・(44)呂宋(ルソン)遠征計画" »

2014年11月 6日 (木)

vol.153・かまってコンシェル (前編)

vol.153・かまってコンシェル (前編)
(パーソナリティ:Kassy)

第153回放送です。

我が家に執事がやってきました。
明後日な方角にボールを投げる天然な執事と
会話を楽しんでみました。

今回のListening Pointは……
チューして


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

2014年11月 5日 (水)

方向幕考(95)改

“センバツ・ほうこうまくぅ(方向幕コレクション)”。
今回は、第95回(第46弾)でご紹介した内容の更新版です。

過去に公開した幕内容の更新ということで
上のようなタイトルにしているという裏事情は
前回もご説明いたしました通り。

第95回では、N鉄バス本体からH多営業所と
N鉄バス北K州からK倉営業所をご紹介しましたが、
今回更新したのはK倉営業所所属の
“北K州エアポートバス”車両の方です。

続きを読む "方向幕考(95)改" »

2014年11月 4日 (火)

プレイバック利家とまつ・(44)猿千代誕生

文禄2(1593)年 春・金沢城。
前田利家五女の与免が重い病にかかり、まつが看病しています。

「で、あるか」
織田信長の声が聞こえたように感じて、
居眠りをしていたまつは目を開けます。


そのころ、肥前名護屋城では淀が秀吉の子を身ごもりますが、
それよりも大ニュースなのは、
利家の子を千代保が身ごもってしまったことであります。

利家は「で、ある」と
少しバツが悪そうな表情を浮かべています。
まつに殺されてしまうぞ、と徳川家康や浅野長吉らが大笑いですが
それが考えられなくもない話だから利家は笑えません。

しかし、それをまつが知るまでには大して時間はかかりませんで、
忍びの四井主馬が、元服したばかりの前田利政に
名護屋城の様子を知らせるついでに千代保懐妊の話をしてしまい、
利政はそれをそっくりそのまままつに伝えたわけです。

続きを読む "プレイバック利家とまつ・(44)猿千代誕生" »

2014年11月 3日 (月)

休日の過ごし方

普段は、休日に家にいるなんてもったいないからと
努めて外に出て気分転換を図っているワタクシですが、

先日からの記事に書きましたとおり
風邪をこじらせておりまして、ずっと横になっているので
まぁ……今日は仕方ないか、と布団の中でガマンしております。

羽根を伸ばすのは、風邪を治してからですよね。

2014年11月 2日 (日)

大河ドラマ軍師官兵衛・(44)落ちゆく巨星 〜再び乱世か? 如水の策は〜

文禄4(1595)年7月3日、豊臣秀次の住む聚楽第に
石田三成ら奉行衆が秀吉の使者として訪問します。

「わしが謀反じゃと!?」
秀次は、鍛錬のために頻繁に鹿狩りに行っておりまして、
三成はそこを突き、同心の者たちと落ち合って
謀反の企てをしているという疑いをかけたのです。

逆臣などない! と秀次は顔を真っ赤にして怒りますが、
拾の行く手を遮る者を除去しようとする豊臣秀吉には
そんな弁明が通用するわけがありません。

三成が退出した後、秀次は
彼がいつ何をしかけて来てもいいように大量の兵を集め、
自らは鎧に身を包むなど用心に余念がありません。

続きを読む "大河ドラマ軍師官兵衛・(44)落ちゆく巨星 〜再び乱世か? 如水の策は〜" »

2014年11月 1日 (土)

確実に拾ってく

結局、昨日の出勤日は高熱+咳でお休みしまして
今日から出勤。

どうやらワタクシ、風邪のウィルスが落ちていたら
それを確実に拾って進んでいくようで
流行りの最先端に立っているようです。
光栄な話ではありませんが(^ ^;;)

ただ、2日間+今朝はおかゆしか食べてませんで
熱はまだ続いているし、フラフラも酷いので
ユンケルの高いやつ(笑)を買って、勤務開始前に一気飲み。

そのおかげか、最初の2時間は相当苦しんだワタクシは
その後なんとか持ち直し、
なんとかおしごとを終えることが出来ました。

ともかく、3連休の初日。
サービス業のワタクシ、風邪と怪我以外で
3連休なんかとったことありません(笑)。

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »