2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« プレイバック黄金の日日・(51)堺炎上 [終] | トップページ | 大河ドラマ軍師官兵衛・(50)乱世ここに終わる [終] 〜遂に決着! 波乱の生涯 最後に見た天下の夢〜 »

2014年12月20日 (土)

お散歩(120-1)

臨時バスでしか行けない場所に、
通常運行のバスが通っている最寄りのバス停から
てくてくと歩いていこうじゃないか! というシリーズ、

題して『臨時バスでもよかろうもん』。

11月は……ゴメンナサイ、
ちょっとおサボりいたしまして
今月からまた再開です。

第3回の今回は、一般路線バス「Iの瀬」から
臨時バス「GリンピアなKがわ」までを歩きます。

Nl0803Nl0801Nl0802

「Iの瀬」バス停は、N鉄O橋駅から
国道をおおよそ南の方角に進んだところにありまして、
この周辺のバス路線を担当するバス営業所から更に奥。

現在の終点停留所となっておりまして、
ここ始発で平日朝5本、土曜朝3本、日祝日朝2本、
ここ終点で平日のみ夕方7本が行き来しています。

ちなみに四半世紀前(=25年前)は、平日9本、日祝日18本。


Nl0804

すぐ近くには、由緒ある神社もありまして。

実は、おばさまがてくてくと歩いていったので
ココの存在に気づいたのですが、
そのおばさま、神社の方に歩いていくかと思いきや
すぐ手前のお家に入ってしまいました。

住人の方だったのねw


Nl0806Nl0807

Nl0808Nl0861

中ノ島公園というものがあって、夏場は涼めるので
お子さまの水遊びにはもってこい!
取材は真冬(12月)なので、
水遊びしている方はさすがにいません(笑)。

他にも、公民館にお店などが並んでいます。

N鉄バスは、最初にご紹介の「Iの瀬」までなので、
それより先は、町のコミュニティバスが運行されています。
この公園前にも、もちろん停車。

Nl0805

あと7kmなんですって。

ざっと計算して2時間弱。
日没までにたどり着くかなぁ?


Nl0809

「あけとります」w
非常に味のある看板です。


Nl0810

本線からちょっとだけズレたところに上下のバス停。


Nl0811Nl0859Nl0860

ここが、現在運行されているコミュニティバスの終点。

「M畑発電所前」バス停周辺には、かつては
N鉄バス「C紫耶馬渓入口」というバス停がありました。


Nl0812

バス転回場です。
(逆光失礼m(_ _)m)


Nl0857Nl0858

おそばやさん。
おそばやさんの右手には民宿もありますが
どうやら現在はやっていらっしゃらないご様子。

徒歩や自転車等で峠越えするかたがいらっしゃれば
ちょうどいい場所にあるお店だったでしょうに。

ちなみにこの周辺に「C紫耶馬渓」バス停がありました。


Nl0813Nl0814

やはり川の上流ともなると
大きな大きな岩がゴロゴロ。


Nl0815Nl0816

この急カーブに橋が
「新Y馬渓橋」バス停があった場所の目印。


Nl0817Nl0818

この暴走族対策の波状舗装。
走っていてグォングォンとなる、アレです。


Nl0856

けっこう登ってきましたよ。


Nl0819Nl0820

こんな細い道を、大型バスが走っていたとは
なかなかスゴイ時代だったんだなぁ。

歩きの旅には大助かりの、休憩できる小公園。


Nl0821Nl0822

「ダム記念碑前」バス停跡。
ダムとはむろんM畑ダムでありまして、
F岡市の水がめであります。


Nl0824

ココを通る時には、いつもは
ホットドッグ屋さんが出店しているのですけど
今日は時間が遅すぎたのか、そのお姿はありませんねぇ。


続きはダムの写真から。。。

((つづく))

« プレイバック黄金の日日・(51)堺炎上 [終] | トップページ | 大河ドラマ軍師官兵衛・(50)乱世ここに終わる [終] 〜遂に決着! 波乱の生涯 最後に見た天下の夢〜 »

バス・電車」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プレイバック黄金の日日・(51)堺炎上 [終] | トップページ | 大河ドラマ軍師官兵衛・(50)乱世ここに終わる [終] 〜遂に決着! 波乱の生涯 最後に見た天下の夢〜 »