2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« 心配で心配で | トップページ | 玉砕 »

2014年12月 7日 (日)

大河ドラマ軍師官兵衛・(49)如水最後の勝負 〜天下狙い脅威の進撃〜

慶長5(1600)年9月、
日本を二分する大戦が始まろうとしていました。

「東軍」徳川家康 vs 「西軍」石田三成──。

三成は家康に備えつつ、如水の動きを封じるため
大友吉統を九州に送り込みます。

豊前中津城では、農民と言わず町民と言わず
如水に付き従う者たちが戦の恵子に励んでいました。

運命の時が、刻一刻と迫っています。

家康が江戸城を出発し、
思ったよりも早い行軍で西に向かいつつある今
三成は“奥の手”を出してきました。
豊臣秀頼の出陣であります。

豊臣家の跡継ぎ・秀頼が
家康討伐のために出陣となれば、味方の士気は高まるし
何より東軍に与している諸大名も西軍に戻ってくるはず。

「ならぬと言ったらならぬ!」
そんな三成の思惑を、淀は大声で突っぱねます。


黒田長政は、美濃赤坂に陣を構えていました。
そこに現れる小早川秀秋の家老・平岡頼勝。

長政は、態度を明らかにしない小早川が
後に徳川方に寝返るのだな、と念押しします。

家老平岡は力強い言葉で帰しますが、
主君の小早川秀秋の気持ちが
イマイチはっきりつかめません。

ただ、小早川調略に動いているのは
長政だけではなく、三成もそうでした。

三成は、もし家康を討った暁には
秀頼が15歳になるまで、
今の筑前に加えて播磨も所領として与え
さらには関白職を預ける、というエサをぶらさげます。


9月9日、如水は出陣。
九州制覇に乗り出します。

如水はまず、西軍についた豊後高田城を囲みます。

「半兵衛殿のいとことは思えぬ浅はかさじゃ」
かの竹中半兵衛のいとこにあたる竹中重利が城主ですが、
如水は容赦しません。

ほどなくして重利は如水方に下り、
次の富来城攻めに加わらせます。


豊後に帰還した大友軍は
東軍についた木付城を包囲。
如水への反撃を開始します。

以前大友に属していた宗像鎮続や
かつて黒田の食客であった吉弘統幸までも
大友の下に戻ってきたそうです。

「やっかいなことになりましたな……」
如水は、井上九郎右衛門に3,000の兵を与え
大友を止めるべく出陣させます。


そのころ家康は、清洲城まで陣を進めていました。

如水出陣の知らせは、長政から
井伊直政経由で家康の耳に入れられるわけですが、
九州の三成方の武将たちを攻撃している、という報告に
家康は途端にイライラを募らせ始めます。

「まさか……天下を狙っておると!?」
家康にとって、やっかいな敵が増えてしまいました。


如水は、豊後の西軍を次々と打ち破ります。

敵兵たちは、百戦錬磨の如水軍に翻弄され
なすすべもなく崩れていきます。

如水軍の勢いを知り、
大友軍は態勢を立て直そうと一時後退。
そこへ、先発の九郎右衛門が到着し
石垣原で激突します。

九郎右衛門は、旧知の吉弘統幸を相手に戦い
「これまでじゃ」と吉弘に降伏を説きますが
吉弘は討ち死にの道を選びます。

吉弘の死は大友軍に大打撃を与え
翌日、吉統はあっけなく降伏します。
如水の動きを止めようとした三成の策は
水泡に帰しました。

「如水恐るべし」という噂は次第に広がり
西軍一色に染まっていた九州は
土台から揺れ始めます。


家康は美濃赤坂に到着。
近くの大垣城攻め──と誰もが予想したとき
「佐和山を攻めようと思う」と家康がニヤリ。

三成の居城が攻められれば、敵も兵を動かさざるを得ません。
城を取り囲んでの戦より、野戦に引きずり込むわけです。

三成は、佐和山を落とされでもしたら
大坂との連絡が絶たれてしまうので、
大垣城を捨て、関ヶ原に陣を移すことにします。

そして雨の中、各陣営を最後のお願いに回ります。


9月15日早朝。
東西両軍およそ20万の軍勢が関ヶ原に集結。

東軍8万に対し、西軍10万。
しかし戦う気があるのは石田・宇喜多・小西・大谷ぐらいで
実質およそ2〜3万といったところのようです。
残り7〜8万は、物見遊山……でしょうか。


九州全土を、そして天下を狙う如水の軍勢は
破竹の勢いで進軍を続けます。


作:前川 洋一
脚本協力:穴吹 一朗
音楽:菅野 祐悟
題字:祥洲
語り:広瀬 修子
──────────
[出演]
岡田 准一 (黒田如水)

中谷 美紀 (光)

松坂 桃季 (黒田長政)
二階堂 ふみ (淀)

濱田 岳 (栗山善助)
速水 もこみち (母里太兵衛)
高橋 一生 (井上九郎右衛門)
塚本 高史 (後藤又兵衛)
田中 圭 (石田三成)
東 幹久 (井伊直政)
山路 和弘 (安国寺恵瓊)
的場 浩司 (吉弘統幸)
忍成 修吾 (小西行長)
石野 真子 (マグダレナ)
春風亭 昇太 (毛屋主水)
吉本 美憂 (栄)
──────────
黒木 瞳 (おね)
寺尾 聰 (徳川家康)
──────────
制作統括:中村 高志
プロデューサー:勝田 夏子
演出:本木 一博


◆◇◆◇ 番組情報 ◇◆◇◆

NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』
第50回「乱世ここに終わる」(最終回)

デジタル総合:12月21日(日) 午後8時〜
BSプレミアム:12月21日(日) 午後6時〜

« 心配で心配で | トップページ | 玉砕 »

NHK大河2014・軍師官兵衛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 心配で心配で | トップページ | 玉砕 »