« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月28日 (土)

お散歩(122-1)

臨時バスでしか行けない場所に、
通常運行のバスが通っている最寄りのバス停から
てくてくと歩いていこうじゃないか! というシリーズ、

題して『臨時バスでもよかろうもん』。

第5回の今回は、一般路線バス「M像大社前」から
臨時バス「C国寺」までを歩きます。


Ob0602

大社の鳥居。

幼いころ、N鉄バスに乗ると
ココのお守りが運転席に貼ってあるのを見て
自分がもし車を持ったら、ココで交通安全の
お守りを買うんだ! と強く思ったことがあります。

はい、今年もお守りを求めて行って参りましたよん。

続きを読む "お散歩(122-1)"

| | コメント (0)

2015年2月27日 (金)

プレイバック徳川慶喜・(06)安政の大地震

徳川斉昭が引き受けた海防参与という職も
老中でもなければ大目付でもありませんので、
自分たちの考えを通すために存在しているもののよう。
まるで飾り物のような扱いであります。

斉昭は、海防参与の職を辞してきました。


水戸藩士・藤田東湖のもとに
薩摩藩から藩主・島津斉彬の書状を持って
薩摩藩士の西郷吉之助が訪問します。

今の幕府は、ペリーの半ば強引な条約調印を
拒否する気概もなく、その責任すら一切とらず
のらりくらりと安穏に過ごしている有り様です。
今後、西洋にどう対応していくのか不安です。

続きを読む "プレイバック徳川慶喜・(06)安政の大地震"

| | コメント (0)

2015年2月26日 (木)

vol.161・人事のあれこれ (異動編)

vol.161・人事のあれこれ (異動編)
(パーソナリティ:Kassy)

第161回放送です。

春と言えば、人事に関して出会いと別れの季節です。
今回は異動編として、人事異動あるあるをご紹介。
こんな人、周りにいませんか?

今回のListening Pointは……
あきらめないで

番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

| | コメント (0)

2015年2月25日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(103)

2013年8月20〜21日で敢行した
終点停留所の取材敢行弾丸ツアー。

今回からは、その第2日目である
2013年8月21日に取材した終点停留所を
ご紹介していくことになります。


夜間とはいえ、真夏でもとても暑くて寝苦しく
11時間待機という夢のような時間がありながらも
ほぼ完全徹夜状態で夜明けを迎えたワタクシ。

朝6時にコンビニを出発しまして、
近くのガソリンスタンドで給油。
さらに近くの某牛丼チェーン店で朝ご飯をいただき、
本日第1チェックポイントとなる「A部山公園」へ──。

というわけで、
終点停留所の旅“たそがれ”第73弾です。

今回はF岡県北K州市K倉南区の
A部山公園バス停をご紹介します。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(103)"

| | コメント (0)

2015年2月24日 (火)

プレイバック翔ぶが如く・(06)庭方役拝命

安政と改まった1854年3月6日、
ようやく江戸に到着した薩摩の大名行列。
50日の予定だった行程も、46日と
4日も短縮するほど急ぎ旅でありました。

しかし、斉彬が江戸の薩摩藩邸に到着した3日前に
日米和親条約が締結されてしまっていました。

斉彬は、幕府から許可が下りた軍船建造について
なんと15隻を作る計画です。

老中の阿部正弘は、うち3隻を
幕府に譲ってくれないかと持ちかけますが──。
「売る気はございません。献上仕る所存」

続きを読む "プレイバック翔ぶが如く・(06)庭方役拝命"

| | コメント (0)

2015年2月23日 (月)

これから正念場

ウチのお店には、分野ごとにそれぞれ専任の担当者がおりまして
基本的には自分の分野は
その担当者のチームでご案内することになります。

ただ、その担当者が急病でおやすみとなったとき、
他のチームがカバーして売場を守っていくわけです。

閉店2時間前から、その分野の担当者がいなくなり
他チームからのフォローでカバーしていたのですが、
ワタクシ、その分野の接客に1時間かかってしまいまして(笑)。
ありゃりゃ。

接客が終わったのが閉店1時間前ですが、その時上司から聞いたのは、
“閉店2時間前から、その分野の担当者がいなくなり”と
先ほど書きましたが、実はその分野の方に
1時間残業して残ってもらっていたようなのです。

なので、閉店1時間前からは、ほんまもんの担当者ゼロ状態。
ここからが正念場ってことです。
こりゃなかなかハードなラストになりそうですぞ……。

| | コメント (0)

2015年2月22日 (日)

大河ドラマ花燃ゆ・(08)熱血先生、誕生 〜日本一の塾から未来を作る人材続々〜

安政2(1855)年12月。
野山獄を出た吉田寅次郎は、生家の杉家に戻ります。
ペリーの黒船に乗り込んでから
1年8ヶ月の月日が流れていました。

実父・杉 百合之助や、実母・滝、そして
出獄に尽力してくれた末妹・文に手をつきます。
しかし、寅次郎には寅次郎の思いがあってやったこと、と
割り切る百合之助は、寅次郎を寛大に迎え入れます。

杉家のわずか3畳半の一室で、
寅次郎の謹慎生活が始まろうとしていました。


そのころ、小田村伊之助の元には
椋梨藤太からの手紙が届けられていました。

続きを読む "大河ドラマ花燃ゆ・(08)熱血先生、誕生 〜日本一の塾から未来を作る人材続々〜"

| | コメント (0)

2015年2月21日 (土)

確認の重要性

我がおしごとはシフト制で、
代表的な勤務体系でも5種類あります。
(細かく分類すればもっともっとあるらしい(^ ^;;))

んで、次週(明日〜)のシフトをまだ見ていなかったワタクシ。
いや、正確に言えば“見せてもらえていなかった”わけです。

ちなみに今日は、おそらくこのシフトだろうと予想して
一番最初のシフトで出勤しました。
もし違っても、一旦家に帰ればいいことだし。

ただ、明日以降は出勤者によって変更も大いにあり得るので
ウチのチームのリーダーに「見せてけろ^ ^」と言って
見せてもらいましたら、何と明日はおやすみ!

確認しなかったら、お休みなのに
無駄に早起きして出勤するところでしたわ(汗)。

| | コメント (0)

2015年2月20日 (金)

プレイバック徳川慶喜・(05)日米和親条約

嘉永7(1854)年1月、水戸藩駒込中屋敷に隠居している徳川斉昭は
町火消しを組の棟梁・新門辰五郎とれん夫妻を呼び出します。

「相変わらず、美しい女だのう」と斉昭はれんに声をかけ
れんが照れるシーンがあるのですが、いけないと思いつつも
ついつい大河ファンとして連想するのは……。

ここでの演者の菅原文太さんと大原麗子さんは
当時から18年遡った昭和55年放送の大河『獅子の時代』で、
主役とヒロインを務めたふたりでありまして、

文太さんは、それはそれは麗子さんをいたわり、
可愛がる役だったので、その時から、という意味で
“相変わらず美しい女”だと言っていたら、
そりゃすごいことだなぁ……と。

ただ、『獅子の時代』と本作とでは脚本家も違うし
そんな深い意味もあるわけないので
関連性はまったくないのは重々承知致しておりますがw
でも、連想してみたくなるわけですよ。。。

脱線失礼。

続きを読む "プレイバック徳川慶喜・(05)日米和親条約"

| | コメント (0)

2015年2月19日 (木)

睡眠不足のツケ

今日は開店からの出勤なので、
とても早い時間帯に起床したワタクシ。

ということは、不眠症に悩むワタクシとしては
当然の話として、前日は早く就寝しているわけですが、
昨日はなぜか、ホントになぜか眠りがやってきませんで
長時間、布団の中でゴロゴロやっていたような気がします。

いつの間にか眠ったので、完全徹夜ではないですが
アラームが鳴るかなり前に起きてしまったので
睡眠時間は恐らく2〜3時間?

早く出社したので、退勤時間も当然早く帰宅したワタクシ。
やらなければならない作業をパソコンでやっておりましたら
猛烈な睡魔が襲ってきました。

翌日以降のリズムが崩れるから、
しばらくはガマンして画面に向かっておりましたが
夜7時ごろ、どうやらそれも限界に近づいて参りました。

休憩がてら、ちょっとだけ、
ほんのちょっとだけ横になりましたら
みなさんご推察の通り、2時間ほど眠ってしまいましてw
しかもその後、またも睡魔が襲って来ない。

この調子では、昨夜同様
夜更かしと同じ状態になってしまいます。
やばいやばい。
明日は出かける予定があるのに……。

| | コメント (0)

2015年2月18日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(102)

終点停留所の旅“たそがれ”第72弾です。

今回はF岡県北K州市K倉南区の
S和池入口バス停をご紹介します。


Mh2166

この先に進むことのない終点停留所……
っぽくはない雰囲気です。

降車停留所は転回場の手前、市道上に設置されています。


バス停名の「S和池」というのは、

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(102)"

| | コメント (0)

2015年2月17日 (火)

プレイバック翔ぶが如く・(05)江戸へ

江戸行きが決まり、西郷吉之助は
祖父、父、母の墓前に報告に上がります。

お役目から帰宅した大久保正助は、
吉之助の江戸行きの件を聞かされますが
母や妹たちに、祝いに駆けつけた方がと勧められ
「このまま行ってきもんで」と家を出ます。

家庭の事情もあり、願書も提出していないというのに
どうして急に……? という思いでいっぱいです。

西郷家では、正助の予想以上の盛況でした。
お役所関係、ご近所、二才仲間などなど
狭い西郷家に溢れんばかりの人、人、人。
そしてその人は、さらに増えていきつつあります。

ただ、藩主・島津斉彬が直々に
吉之助を書き加えての決定らしいことに
あれだけ江戸へ行きたい、行きたいと
言っていた正助はジェラシーを感じます。

続きを読む "プレイバック翔ぶが如く・(05)江戸へ"

| | コメント (0)

2015年2月16日 (月)

豆腐

豆腐はいいですね。
夏場は冷や奴でいただいても美味しいし、
冬場は湯豆腐でいただくと美味しいです。

最近、大量のサラダを買ってくることが多いのですが、
豆腐も一緒に買って、ポン酢で食べてます。
いろんな種類の豆腐がありますが、
コレ! というのは特になく全種類好きです。

まぁ、豆腐のおいしさについて熱く語っても
読者の皆さまには特に得しないネタでしょうから
それは控えるとしてw

| | コメント (0)

2015年2月15日 (日)

大河ドラマ花燃ゆ・(07)放たれる寅 〜今夜復活! 松下村塾への一歩は夢から〜

「寅兄さまを獄から出して差し上げたい──」
いきなりの文の提案に、杉家の面々はきょとんとしています。

文は長兄・杉 梅太郎を連れて野山獄へ。
そこでは、吉田寅次郎が
囚人たちや福川を囲んで講義を開いていました。

面会を許された文と梅太郎は、寅次郎から
『福堂策』というタイトルの意見書を渡されます。

アメリカの牢獄を例に挙げ、
更正を目的として獄囚による自治や学芸を奨励し
医師の回診など日本の獄の改善点を提案するものです。

続きを読む "大河ドラマ花燃ゆ・(07)放たれる寅 〜今夜復活! 松下村塾への一歩は夢から〜"

| | コメント (0)

2015年2月14日 (土)

物欲

物欲は、あるかと言われれば
あるほうでは決してありません。

ど────しても欲しいものがあったとしても
それを入手して生活が変わったイメージをして
入手しなかったときの生活とを比較してみて
それでも欲しかったら買おうと決意しますが、
ほとんどの場合、「いらないかなぁ」で終わります。

実は今、29,800円の商品を
買おうか買うまいか迷っているわけですが、
約9割方、買わないかと思います(^ ^;;)

なら書くなってw

| | コメント (0)

2015年2月13日 (金)

プレイバック徳川慶喜・(04)将軍候補

徳川御三卿のひとつである一橋家。

御三卿は将軍家の家族という扱いであるため
独自の領国を持たず江戸城内に屋敷があって
参勤交代もする必要がないわけですが、

それがゆえに、将軍薨去ともなれば
真っ先に挨拶に出向かなければならないという立場も
存在するわけです。

さっそくお悔やみを述べにお城に上がる慶喜ですが、
江戸城内がペリー来航による大混乱に陥っているため
将軍の葬儀どころの話ではなく、
家慶の死自体を表沙汰にしていない有り様であります。

そして、将軍後見となった実子の徳川家定は
身体がえらく弱く、じっと座っていることさえも辛そう。
家定が気を失ってのけぞった時のために、
後ろに支えるための家臣が控えているほどです。

続きを読む "プレイバック徳川慶喜・(04)将軍候補"

| | コメント (0)

2015年2月12日 (木)

vol.160・我が家のルール

vol.160・我が家のルール
(パーソナリティ:Kassy)

第160回放送です。

各ご家庭に存在する“ルール”。
厳しいけれどそれはそれでためになっている
ちょっぴり変なルールをご紹介します。

今回のListening Pointは……
おやすみ

番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

| | コメント (0)

2015年2月11日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(101)

終点停留所の旅“たそがれ”第71弾です。

今回はF岡県北K州市K倉南区の
貫Y生が丘三丁目バス停をご紹介します。


Mh2163Mh2161

団地の一角に設けられた転回場。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(101)"

| | コメント (0)

2015年2月10日 (火)

プレイバック翔ぶが如く・(04)黒船来たる

嘉永4(1851)年2月、島津斉彬は
薩摩藩・大隅藩・日向藩のうち72万8200石を相続し
薩摩守に任ぜられて薩摩藩主となりました。

そのころアメリカ合衆国の領土は、大西洋側からついに太平洋側に達し
ランプの原料となる“鯨油”を求め、捕鯨船団が太平洋に乗り出します。
その船団の補給基地として、また太平洋横断航路の中継地点として
アメリカは日本に目をつけたわけです。

一方、すでに産業革命を経たイギリスは市場の拡大を求め、
また、フランスはイギリスに対抗して中国から日本への進出を企て
東方進出を狙うロシアも、北から日本を目指していました。

太平洋の島国・日本が鎖国の夢を貪っている間にも、
近代的な軍事力を背景とする欧米諸国が
ひたひたと日本に迫りつつありました。

続きを読む "プレイバック翔ぶが如く・(04)黒船来たる"

| | コメント (0)

2015年2月 9日 (月)

ラッシュ

日ごろ、ウチのお店では
昼前(11:30ごろ)と昼後(13:30ごろ)にラッシュタイムを迎えます。
(※ 平日のお話)

もちろんそれ以外の時間帯は閑散かというと
決してそういうわけではないのですが(^ ^;;)
時間が経てば経つほどお客さんの数も少なくなっていって
19:00〜20:00ごろは比較的落ち着いた時間帯となります。

そして、20:00以降は閉店時まで
ウチの店では最後のラッシュを迎えます。
この最後のラッシュはウチの店独自?
あまり他のお店では聞かない時間帯ですね。

ともかく、店内のスタッフの数が
シフト制によって最も少なくなっている時間帯に
プチラッシュを迎えるものだから、
プチであっても極少の人数ではかなりハードなのです。

なのですが、今日は実に実に落ち着いた時間でした。
スタッフの数も少ないのですが、
お客さんもほとんどいらっしゃいません。
寒いからですか?(^ ^;;)

こんな日はそうそう来ない、と思いまして
平々凡々な一日をネタに記事にしてみました。。。

| | コメント (0)

2015年2月 8日 (日)

大河ドラマ花燃ゆ・(06)女囚の秘密 〜家族のぬくもりが獄に光あたえ復活へ〜

安政2(1855)年1月。

「高須 久です。お願いがございます……」
吉田寅次郎と面会する文を見かけて、
女囚の高須久子が寅次郎を通じて
文に使いを頼みたいと申し入れがありました。

亡き父の菩提を弔いたいので、遺品をもらい受けたい。
その使いというわけです。

書状を持って、文は高須家に向かいます。
「書状を持参致しました! お取り次ぎ願います!」

続きを読む "大河ドラマ花燃ゆ・(06)女囚の秘密 〜家族のぬくもりが獄に光あたえ復活へ〜"

| | コメント (0)

2015年2月 7日 (土)

ワガママ

ウチの会社はシフト制で、
その勤務時間は数種類に分かれています。

入社後、かつてはほとんど
閉店要員のメンバーだったワタクシ、
最近では週の半分は開店要員です。

開店要員となると、退社時間も当然早まるわけで。

いつもの感覚で家に帰り、
ネットを見てスマホで遊んで夕ご飯を食べて、
更にネットを見てスマホで遊んでふと時計を見ると、
お店はまだ閉店時間を迎えていなかったりします。

おぉおぉ、みんなまだ働いとるのぉ、と
ちょっとした優越感に浸れるのですが、

逆にその日が閉店要員で、例えば昼前に目覚めたとき
その起床時間がすでに開店時間を迎えていたとしても
おぉおぉ、みんなもう働いとるのぉ、と
優越感にはなぜだか浸れませんw

それは、恐らく自分の勤務時間を
まだ迎えていないからなのですが、
逆の立場になるだけで、こうも感じ方が変わるとは
人間ってとにかくワガママな存在ですなぁ。

| | コメント (0)

2015年2月 6日 (金)

プレイバック徳川慶喜・(03)黒船が来た

一橋家を継いだ慶喜、童髪から大人用の髪型にする
いわば前髪取りの儀式に臨みます。

元服の一儀式に過ぎませんが
これをやるとかなり大人っぽく見えまして、
慶喜も手鏡を見ながら、自分の姿にホレボレ。


再び藩政に携われるようになった徳川斉昭は
自らを窮地に陥れた結城寅寿らを罰します。

それも、己の損得でそうしたわけではありませんで、
斉昭が長年にわたって進めてきた藩政改革を
紙くず同然に捨て去り、旧態依然の状態にまで
戻してしまった罪で咎めたわけです。

続きを読む "プレイバック徳川慶喜・(03)黒船が来た"

| | コメント (0)

2015年2月 5日 (木)

矯正

毎週1〜2回通って身体のメンテナンスを続けている
ワタクシでございますが、骨盤に少々ゆがみがあるということで
昨日より、従来の鍼灸・指圧・電気治療に加えて
骨盤矯正も始めることにしました。

矯正というと、かつて通っていた
整体院でやってもらっていたような
2人がかりでボキボキッとやるアレを
不覚にも思い浮かべてしまったのですが(^ ^;;)

何か大きな機械? というか台?
(「トムソンベッド」と言うそうです)に乗せられて
ガコンガコンと腰の部分が出たり引っ込んだりして
ものの2〜3分で終了。

実にあっけなさすぎて、本当に効果があるの? と半信半疑。

でも、少しは身体が柔らかくなっているみたいだし、
身体をひねった時に感じていた痛みが矯正後には感じられないし、

重いものを持ったり腰を曲げたりした時に
腰は確かに痛むのですけど、
今までは痛みがしばらく続いていたのに
今は痛みが消えるまでの時間が短くなったような感じです。

車のシートや会社の椅子に座っていて、ふと立ち上がった時に
すぐには姿勢を真っすぐに出来ないほど痛かったのですが、
今はあまり違和感なく腰を真っすぐに立つことが出来ます。
ということは、効果があるってことじゃん!!w

よしよし、この調子で腰を良くしていきますぞ。

| | コメント (0)

2015年2月 4日 (水)

方向幕考(114)改/(127)

“センバツ・ほうこうまくぅ(方向幕コレクション)”。
今回は、第114回(第60弾)でご紹介した内容の再修正版と
新たな内容でお届けする第127回(第73弾)です。

第114回では、N鉄バスC豊から
G藤寺営業所の直行・特急用トップドア車と、
一般路線バス車の2本をご紹介しましたが、

今回更新したのは、うち直行・特急用トップドア車の方です。


と言っても、バイパスからG藤寺を経由して
県立大学へと向かう通常の直行系統のルートに、
「バイパスから県立大学を経由してG藤寺へ」という
2種類目の新ルートが出来まして、

それに伴う表示コマの追加というわけで、
申し訳ないのですが、たったの1コマです(^ ^;;)

続きを読む "方向幕考(114)改/(127)"

| | コメント (0)

2015年2月 3日 (火)

プレイバック翔ぶが如く・(03)運命の女たち

嘉永5(1852)年正月、
西郷吉之助、吉二郎、信吾、小兵衛の
西郷4兄弟は近くの神社に初詣です。

吉之助が家内安全を祈願している横で、吉二郎は
兄が江戸留学に選ばれることをお願いしています。
えっ? と思わず見つめる兄。

そして、西郷家でついた餅をもって大久保家へ。
大久保家では、とうとう父の帰郷も赦免もないまま
正月を迎えることになってしまいました。

ただ、生真面目な正助にしては珍しく
正月だからデッカい夢を見てもいいじゃろ、と
前向きポジティブ発言です。

続きを読む "プレイバック翔ぶが如く・(03)運命の女たち"

| | コメント (0)

2015年2月 2日 (月)

お散歩(121-2)

((つづき))

Nl1223Nl1224Nl1225

無人のアスパラ販売所。

信用営業だけに、足りない場合は問題なのですが
多い場合ってあるんですかね?w


Nl1226

あと1.5km!

続きを読む "お散歩(121-2)"

| | コメント (0)

2015年2月 1日 (日)

大河ドラマ花燃ゆ・(05)志の果て 〜国禁犯し見た夢は友の命を救うか〜

安政元(1854)年、
黒船でアメリカに密航しようとした吉田寅次郎は
萩の野山獄に投獄されることになりました。

身分の低い金子重輔は、
野山獄の道を隔てた岩倉獄へと投ぜられ
重い病に苦しんでいました。

「ここはただの牢獄ではない」
寅次郎から見えない場所で、
だれかが寅次郎に向かってささやきます。

入った者は生きて再び外の景色を見ることはない。
ここで見るものは、眠りの中の夢しかない。
だから、眠れ──。

寅次郎は、そんなささやき声に抗うが如く
再起を決意します。
「ここで、終わるわけにゃいかん」

続きを読む "大河ドラマ花燃ゆ・(05)志の果て 〜国禁犯し見た夢は友の命を救うか〜"

| | コメント (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »