2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« プレイバック翔ぶが如く・(08)異変のきざし | トップページ | vol.163・人事のあれこれ (伝説編) »

2015年3月25日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(106)

終点停留所の旅“たそがれ”第76弾です。

今回はF岡県北K州市K倉南区の
四K彩の丘第5バス停をご紹介します。


Mh2231

団地の上の上まで上り詰めると、

Mh2229

存在を大々的にアピールしてました(笑)。


Mh2227

「第5」です。

ここから「第4」「第3」「第2」「第1」と
坂を下っていきます。


Mh2226Mh2228Mh2230

広めの転回場。

すぐ脇を通る高速道路からでも、
一瞬だけ見ることが出来ます。


Mh2232

坂道の途中に設置されている転回場にあって、
中途半端に水平になっている部分。

もっともっとダイヤ本数が増えて
ここで待機するバス車両が増えたとき、
「乗務員待機室」なるプレハブ小屋を設置できる
スペースになりそう。


Mh2233Mh2234Mh2235

転回場をさらに上ったところには
水道局の水道管理道を通って森林公園へ行くことができる
林道の入口があります。

訪問時(2013年8月21日 午前7時34分)は朝早かったせいか
フェンスは閉ざされ、南京錠で閉められていました。

« プレイバック翔ぶが如く・(08)異変のきざし | トップページ | vol.163・人事のあれこれ (伝説編) »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プレイバック翔ぶが如く・(08)異変のきざし | トップページ | vol.163・人事のあれこれ (伝説編) »