2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« プレイバック徳川慶喜・(23)和宮下向 | トップページ | かわいい »

2015年5月27日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(113)

終点停留所の旅“たそがれ”第83弾です。

今回はF岡県北K州市M司区の
M布刈バス停をご紹介します。


Mh2293

M布刈にやってきました。

目の前には関門海峡が広がります。
こうして見ると、海峡というだけあって
とても狭いことが実感できますね。

左端には関門橋の姿も。

海のブルーと空のブルー、
夏の風景(※)というものは、なかなか鮮やかです。

(※)ここへは平成25(2013)年8月21日に訪問しました。

Mh2287

N鉄バスのファンをやっていますと
当たり前に読めるであろう“難読地名”。
一般の方々には、やっぱり読めません。


Oe2901
(※ イメージです)

バスの行先方向幕も、ひらがなで表記。
これはLEDになった今でも継承されてます?


Mh2288Mh2292

バス停の前には、M司港とココを結ぶ
トロッコ列車「潮風号」の関門海峡Mかり駅があります。

夏休み期間中ということもあって、観光にお見えの方も多数。
トロッコ列車待ちのお客さんもけっこういらっしゃいましたよ。


Mh2289Mh2291Mh2290

横には機関車と客車が展示中。

M司駅から本州側の直流電化区間と
M司駅から九州側の交流電化区間を両方走れる『交流直流機関車』で、
かつ関門海峡の塩害にも耐えられるステンレス製のこの機関車。

ワタクシが少年期には、いつかは見てみたい見てみたいと憧れていまして、
感動のご対面!!
……となったはずなのですが、
この時には、その熱意はちょっと薄れておりまして(^ ^;;)


Mh2294

トロッコ列車やって来ました!

トロッコ列車を眺めていると、乗っているお客さんが手を振ってきます。
思わず振り返してしまいましたw

« プレイバック徳川慶喜・(23)和宮下向 | トップページ | かわいい »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プレイバック徳川慶喜・(23)和宮下向 | トップページ | かわいい »