2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« プレイバック徳川慶喜・(25)将軍後見職 | トップページ | vol.169・40周年 (後編) »

2015年6月17日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(115)

終点停留所の旅“たそがれ”第85弾です。

今回はF岡県北K州市K倉北区の
O谷池バス停をご紹介します。


Mh2307

お、お休み中のバスが見えました。

そのまま道なりに登っていけば、
写真奥に見える高台のマンション2棟に行けます。


Mh2304Mh2310

Kassyブログで、バスネタを扱っておきながら
滅多に登場しないバス車両。
せっかくお休みしているので、撮影させてもらいまひょ。

……と言っても、
シャイなKassyは堂々と撮るのが恥ずかしい。

後ろの方から、お尻をこっそりとw
手前のバスが出発して、ようやく横顔をパシャリw

Mh2306

「O谷池」。


Mh2309

T野中学校のすぐ近くです。

取材は平成25(2013)年8月21日という
夏休み真っ盛りのはずですけれど、
校内には部活生で賑わって?いました。


Mh2305

転回場の目の前にはマンションのベランダがあります。

バス好きの方なら、夜の涼しい季節に
ベランダに出て、お酒を片手にのんびりというのも
とても雰囲気があっていい気がします。
(あくまでも、その環境にない人の意見)

でも、いざその環境に住んでみたら慣れてしまって
楽しめる感じにはならないのかも?


Mh2308

奇抜な色とでっかい文字で圧倒されますが(^ ^;;)

『九州石鎚大権現社』
神社です。

不潔を嫌い奢侈と怠慢を忌み嫌い
日常精神を清くし円満な人格を創ることを信仰としています。

もしバスでお越しの際には、立ち寄ってみてはいかがでしょう?
バス本数はけっこうあるので、お帰りの心配もいりません(^ ^)

« プレイバック徳川慶喜・(25)将軍後見職 | トップページ | vol.169・40周年 (後編) »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プレイバック徳川慶喜・(25)将軍後見職 | トップページ | vol.169・40周年 (後編) »