« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月30日 (火)

プレイバック徳川慶喜・(28)上洛への道

生麦事件について、イギリス公使から
10万ポンドの賠償金と日本側の謝罪、
薩摩藩には下手人の召し捕りと
2.5万ポンドの慰謝料の要求がきます。

事件により、孝明天皇はさらに攘夷の度合いを上げ
即刻攘夷を謳う長州藩を頼りにしている様子。
薩摩藩の島津久光も、天皇のお膝元・京にとどまっているせいか
慰謝料の支払いは断固拒否しています。

政事総裁職・松平春嶽は、長州藩の考えにも一理ありと
日本を正しく開国するために、幕政を徳川だけで行わず
広く国民に広げて全体で行うべきだと主張。

しかし「それでは無責任じゃ!」と激しく噛みついたのは、
将軍後見職の徳川慶喜です。
日本国民といえども、皆がすべて高く広く日本を見ているとは限らず
私利私欲でへそを曲げ出したら、収拾がつかないというわけです。

徳川の専横政治となって250年、
賄賂や軟弱など幕府は次第に腐ってきました。
各地の諸大名は腐っていないかというと、
諸大名も幕府という傘の下で同様に腐ってきたのです。

だからこそ、幕府の力だけで
最初のような素晴らしい形の幕府に戻さなければならない、と
慶喜は老中たちを一堂に集めて喝を入れます。

続きを読む "プレイバック徳川慶喜・(28)上洛への道"

| | コメント (0)

2015年6月28日 (日)

大河ドラマ花燃ゆ・(26)夫の約束 〜禁門の変迫る・生きて帰る! 長州最大の危機乗り越えて〜

元治元(1864)年6月、久坂玄瑞は
政変で京を追われた長州藩の復権を懸け
兵を率いて京へ向かいます。

出発の直前、新選組と会津藩士らに
吉田稔麿ら長州藩士が殺害されるという
『池田屋事件』が勃発。

しかし、あくまで戦を避けようとする久坂と
敵討ちで一人残らず首を取る! と鼻息荒い
来島又兵衛との間には、溝が深まっていました。

続きを読む "大河ドラマ花燃ゆ・(26)夫の約束 〜禁門の変迫る・生きて帰る! 長州最大の危機乗り越えて〜"

| | コメント (0)

2015年6月27日 (土)

意外にあっさりと

ひさびさに、実にひさびさにケータイ(スマホ)から記事を投稿してみます。
やり方を忘れないうちに。


おしごとの時間帯によっては、帰宅前に外食することもあるわけですが、
何を食べるかは、その時の気分によるところが大きいわけです。

で、今日は……。

帰る直前、ふとおでんの匂いがした気がしたので、
こんな時期でもおでんが食べられる某うどんチェーン店に突撃!
家の近所のお店は、いつもお客さんでいっばいなので、
家の方角とは真逆のところにあるお店に行くことにしました。

おでん♪ おでん♪

そうワクワクしながら車を走らせていましたら、
以前から気になっていた、その名前からはおよそ
日本食しかイメージできないであろう洋麺屋さんの前を通りかかりました。

通り過ぎる際に駐車場を見てみると、車は大して停まっていなさそう。
土曜日の、お客さんが多いであろう時間帯であるはずなのに。
……迷わず、目標変更!
あれだけ“おでん♪ おでん♪”と騒いでいたのにねw


というわけで、まったりいただきながら
スマホで記事を書いているというわけです。

ほほー。

| | コメント (0)

2015年6月26日 (金)

プレイバック徳川慶喜・(27)幕政改革

生麦事件の翌日に報告があり
さらに翌日に正式な報告がありまして、

しかも神奈川奉行が報告してきた
行列先頭の薩摩藩士が斬ったとする内容と
薩摩の島津久光が報告してきた
道の脇から浪士たちが躍り出て斬ったとする内容とは
いちいち一致しません。

松平春嶽は、島津から下手人を出させるべきだと提案しますが、
久光が奉行に出していた東海道通行のことは
神奈川奉行は受け取っていないとのことで、
久光ばかりを責めてはならぬ、というのが慶喜の見解です。

続きを読む "プレイバック徳川慶喜・(27)幕政改革"

| | コメント (0)

2015年6月25日 (木)

かえる

おしごとを終え、車を走らせておりますと
窓に何やら物体がへばりついております。

かえるです。

最初は窓の前方にへばりついていたのですが、
いきなり車が動いてビックリしたからか、
少しずつ少しずつ後方に移動してきました。

でも、信号が青になって交差点を右折すれば
そこは制限時速50kmの片側2車線道路であります。
このかえるくんには、時速50kmはかなり酷かもしれませんけど
何とかがんばってへばりついててもらいたいものです。

で、2〜3分走ったところの飲食店へご飯を食べに入ります。

30分ぐらい経ったでしょうか。
車に戻ると、同じ場所にまだいますw

それからすぐには車を動かさず、
しばらくは車内でスマホをいじっていたKassyですが、
気がつけばかえるくんはいなくなっていました。

よかったよかった。
走行中に道路のド真ん中におっこちて、
別の車に轢かれなんかしたら大変です。
草むらに入っていってくれたら、いいですね。

| | コメント (0)

2015年6月24日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(116)

終点停留所の旅“たそがれ”第86弾です。

今回はF岡県北K州市K倉北区の
K倉記念病院バス停をご紹介します。


Mh2315Mh2316

病院って、何度行っても慣れるものではないですな。
できれば避けて通りたい場所です(^ ^;;)

自分が病気をしているだけに、特に思いますわ。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(116)"

| | コメント (0)

2015年6月23日 (火)

プレイバック徳川慶喜・(26)生麦事件

徳川慶喜は、将軍徳川家茂の命により
「将軍後見職」に任命され、隠居身分を撤回。
改めて一橋家相続を許されます。

そして越前福井藩主の松平春嶽には「政事総裁職」を任命。

慶喜は、今ある難問を一つ一つ解決していこうと
老中を筆頭に幕閣の面々に所信表明します。
ただ老中たちは、
勅命によって決まった幕府人事に不満たらたらで、
慶喜に対しても春嶽に対しても冷たく当たります。


朝廷から、慶喜と春嶽に会いたいと勅使が来るようです。

それだけであれば特に問題はないのですが、
そこに島津久光を同席させよという注文つきです。
いかに島津藩主の実父とはいえ、無冠の者が
幕府政治の中枢にいる者と会見するなど言語道断なわけです。

続きを読む "プレイバック徳川慶喜・(26)生麦事件"

| | コメント (0)

2015年6月22日 (月)

夏至

夏至です!

今更ながら意味合いを書く必要もないかと思いますが、
日の出から日の入りまでの時間が一年でもっとも長い日です。
今日の日の入りは19:30で、すでに迎えてしまっている今
相当薄暗いですが、まだほんの少しだけ明るいです(どっちやねん)。

最近では、この時間帯に外に出て
まだ暗くなっていないことにとても驚いていたものですが、
これからは徐々に日の入りが早くなり、暗くなるのも早くなっていきます。

まぁ、地軸が傾いているからこそ起きるからくりなのですが、
改めて思います。
四季って不思議ですな。

| | コメント (0)

2015年6月21日 (日)

大河ドラマ花燃ゆ・(25)風になる友 〜池田屋事件で新撰組と死闘!〜

過激な攘夷を嫌う一派は
会津藩や薩摩藩の力を借りて長州藩を京から追放。
脱藩した高杉晋作は、京で久坂玄瑞らとともに再起を誓います。

しかし──。

萩に戻った高杉は、脱藩の罪で捕らえられ
野山獄に投じられることになりました。
「突然重役に取り立てられたと思うたら、今度は獄の罪人か」

まことにおもしろい! と壁をグーで殴りつけますが、
そこには刀傷で『至誠』と彫った文字が。
高須久子曰く、ここの獄は
吉田松陰がつながれていた部屋だそうです。

高杉は玄瑞に、急いで京の情勢を藩に報告させ
来島又兵衛の暴走を止めるように手紙にしたためて文に託します。

そこへ、妻の雅がやってくるのですが
雅のお腹には、高杉との子がいます。
高杉は雅のお腹に手を当てて、父の実感をかみしめます。

子どもと言えば、久坂家の養子になった久米次郎は
久坂家が家を構えるまでとの約束で、引き続き
寿が小田村家で養育していました。

続きを読む "大河ドラマ花燃ゆ・(25)風になる友 〜池田屋事件で新撰組と死闘!〜"

| | コメント (0)

2015年6月20日 (土)

カレー

って、職場の休憩室で食べると
そのおいしそうな匂いは辺り一面に充満します。
と同時に、一気に「カレー食べたい病」が蔓延するわけです。

今日はKassyが食べていたわけではなかったけれど、
目の前に座った後輩サン(♀)、そのお隣に座った年上の後輩サン(♀)、
どちらもカレーライスをご注文したので、
その匂いはハンパなく……!!

いわば飯テロですぞ、飯テロ。

1.5時間の残業のあと、帰る支度をしようと休憩室に入ると
先ほどのカレーの残り香が!?
……と思ったら、別の従業員の方がカレーをお召し上がり中でしたw

| | コメント (0)

2015年6月19日 (金)

プレイバック翔ぶが如く・(19)異人斬り

文久2(1862)年6月。

島津久光率いる薩摩の行列が江戸の町を進み
松平春嶽邸を目指します。

駕篭の中から見える江戸の町並みを眺めながら
久光は「これが江戸か……何か落ち着きのなか町じゃ」と
鼻で笑います。

久光は、春嶽を目の前にして
春嶽を政治総裁職、一橋慶喜を将軍後見職に就いてもらい
幕政改革に当たるのはどうかと提案するのですが、
春嶽は、半ばムッとしながら断りを入れます。

江戸幕府は、開幕以来200年余りにわたって
政治は家来筋が担当するきまりになっていて、
家来がすべき仕事をなぜ私にやらせるのか、とでも
言いたいような顔色です。

そんなことよりも、島津斉彬に終始付き従っていた
西郷吉之助はどうしているかと春嶽は久光に尋ねますが
今度は久光がムッとしながら、島流しにしたと答えます。

何があったのだ、という目で訴える春嶽の視線を
大久保一蔵は、目をそらしてかわします。

続きを読む "プレイバック翔ぶが如く・(19)異人斬り"

| | コメント (0)

2015年6月18日 (木)

vol.169・40周年 (後編)

vol.169・40周年 (後編)
(パーソナリティ:Kassy)

第169回放送です。

Kassyと同じ生誕40周年を迎えるキャラクターや
会社をいくつかピックアップしてみました。
冒頭はちょっとだけ録り鉄気分です。

今回のListening Pointは……
レールスター


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

| | コメント (0)

2015年6月17日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(115)

終点停留所の旅“たそがれ”第85弾です。

今回はF岡県北K州市K倉北区の
O谷池バス停をご紹介します。


Mh2307

お、お休み中のバスが見えました。

そのまま道なりに登っていけば、
写真奥に見える高台のマンション2棟に行けます。


Mh2304Mh2310

Kassyブログで、バスネタを扱っておきながら
滅多に登場しないバス車両。
せっかくお休みしているので、撮影させてもらいまひょ。

……と言っても、
シャイなKassyは堂々と撮るのが恥ずかしい。

後ろの方から、お尻をこっそりとw
手前のバスが出発して、ようやく横顔をパシャリw

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(115)"

| | コメント (0)

2015年6月16日 (火)

プレイバック徳川慶喜・(25)将軍後見職

罪を許された徳川慶喜は
晴れて自由の身になれはしましたが、
特に将軍より呼び出しがあるわけでもなし
とりあえずは汗でも流すかという感じで家臣と剣道の手合わせ。


同時期に罪を赦された
越前福井藩主の松平春嶽はさっそく江戸城に登城。
政事総裁職という、いわば幕政の相談役に抜擢されます。

そして、将軍もいい年齢なので
後見役も必要ないと言われていた将軍後見職に、
春嶽は徳川慶喜を推挙。

さらに、薩摩藩の島津久光が
勅使に随行して江戸に下って来るという噂を耳にし
藩主の実父というだけの、単なる地侍である久光が
幕府に対してもの申すというだけでも由々しき事態と主張。
だからこそ慶喜が必要と力説します。

続きを読む "プレイバック徳川慶喜・(25)将軍後見職"

| | コメント (0)

2015年6月15日 (月)

はぴはぴ

Happy Happy Birthday !!

甥っ子くん


6月14日は
Kassyの甥っ子くん(お兄ちゃん)の誕生日♪
(ただし昨日は大河デーでありまして、1日遅れのご紹介です)

久々の『育児』カテゴリーですが、
Kassyの甥っ子くんは覚えておられますか?
どうぞコチラで懐かしんでくださいませ。

小学4年生の甥っ子くんは再び東京へ引っ越しました。
大阪へ越してから、話す言葉も少し大阪なまりになっていましたが
東京に戻って、なまりも元に戻りつつあるのかな?w

てなわけで、例の如くKassyから
奇跡の言葉をお一つ。

──────────

チャンスは貯金できない。


(ヘンリー・キッシンジャーの言葉より)
──────────

おめでとうございまーす。

| | コメント (0)

2015年6月14日 (日)

大河ドラマ花燃ゆ・(24)母になるために 〜過ち許し永遠の愛を誓うか〜

「京の女と……情を通じた」
夫からの突然の告白は、妻を呆然とさせるに余りある言葉でした。

放心状態のままとぼとぼと歩く文を、
七卿方御用掛を命じられて奔走する前原一誠が呼び止めます。

「あかんあかん、みそは白みそ!」「漬け物は辛すぎたらいかん!」
「お口に合うもんこさえてくれんと困る!」と
お公家サンたちはワガママ勝手の言い放題。
食事を作る女中たちを完全に振り回しております。

警護・接待をする奇兵隊もいっぱいいっぱいで、
自分たちの食事のことはままならず。

……と、ここまで話せば、さすがの文もピーンときます。
「もしや……私が奇兵隊のみなさんの飯炊きを?」
お願いします女幹事どの、と頭を下げる前原です。

続きを読む "大河ドラマ花燃ゆ・(24)母になるために 〜過ち許し永遠の愛を誓うか〜"

| | コメント (0)

2015年6月13日 (土)

はぴはぴ

Happy Happy Birthday !!

MIさん


6月13日は
“ヘビーコメンテーター”のMIさんの誕生日♪


てなわけで、Kassyから
奇跡の言葉をお一つ。

──────────

いまの人は、みんな、「何かしなければ」と思いすぎる。


(河合隼雄の言葉より)
──────────

おめでとうございまーす。

| | コメント (0)

2015年6月12日 (金)

プレイバック翔ぶが如く・(18)公家攻略策

文久2(1862)年4月23日夜半に起きた伏見寺田屋の惨劇には
朝廷も一般庶民も京の人々全てが薩摩藩の所業に震え上がります。

このままでは戦になる、と近衛忠煕は顔色を無くしていますが、
島津久光をけしかけた岩倉具視は、思った通りの展開に大笑い。
むしろ久光が京にいる限り、京都所司代といっても手出しできず
戦はなくなるという予測です。

岩倉具視──。

1969(昭和44)年11月1日に発行開始された
500円札にも彼の肖像画が描かれています。
(ついでにいえばその前の世代の500円札も彼の肖像画)

公家としては身分が低かった岩倉がどう成り上がっていったのか?

続きを読む "プレイバック翔ぶが如く・(18)公家攻略策"

| | コメント (0)

2015年6月11日 (木)

整骨院

毎週木曜日はおしごとが夕方前に終わるので、
その日に整骨院に通っておりますKassy。

でも最近は残業続きで、
がんばって切り上げても2時間半の残業……(T^T)

18:30に予約を入れて整骨院を受診しますと、
まぁ患者さんの多いこと多いこと!
やはりみなさん、会社帰りや学校帰りで
この時間帯というのはラッシュになりやすいようです。

こうもラッシュだと、自分の番まで待たされることも多々あり
それまで椅子に座ってボーッとしているしかないわけですが、
(目の前では別の患者さんが指圧を受けているので、
正直目のやり場に困るw)

今日、久々にいつもの“16:30”に予約を入れて行ってみました。

先生2人に対して患者さんは2人のみ、
18:30ごろのギュウギュウな整骨院ではなく
とても広々で、楽々な雰囲気?でした。
(建物自体は広くなったり狭くなったりするわけではないのですけれど)

やっぱこれだよな〜♪
そう感じながら、院長先生の指圧を受けます。

「痛てててて!」(> <;;)

| | コメント (0)

2015年6月10日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(114)

終点停留所の旅“たそがれ”第84弾です。

今回はF岡県北K州市M司区の
M司高校バス停?をご紹介します。


Nh1717Nh1710Nh1713

この道路の形状がポイントといえばポイント。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(114)"

| | コメント (0)

2015年6月 9日 (火)

プレイバック徳川慶喜・(24)久光上洛

どうやら、徳信院直子から
いつになったら子供が産まれるのか、といびられたようで
美賀は涙ポロポロであります。

「子は天からの授かり物じゃ」などと
ベタな一言を表情変えずに返す徳川慶喜ですが、
美賀にとって悲しいのは、もしお前が産めなければ
元気な女を慶喜のお側近くに置いてはどうかと言われたことです。

「そなたの好きにすれば良い」と
これまた表情を変えずに言ってのける慶喜。
美賀としては、お前がいれば充分だ、などという
気の利いたセリフすらも聞けず、ちょっとご立腹です。

そこに、みよと村田新三郎の子供を略奪して育てているたみが
久々に一橋家に顔を出しますが、こちらも涙ポロポロ。。。
そんなに悲しい毎日ならば、とたみを自分に預けてもらいたいと
美賀の許可を得たところから話がおかしくなってきました。

慶喜はあくまでも、自分のために働いてほしいと
手下として置いておきたいつもりなのですが、
美賀はたみを側室としておくのだ、と勘違いします。

続きを読む "プレイバック徳川慶喜・(24)久光上洛"

| | コメント (0)

2015年6月 8日 (月)

たまには遠出

おしごとが終わって、後輩クンとお食事に行くことにしました。

今日、というお約束はしていなかったのですが、
「いつか行こうね!」とは話していたのです。
ただ、シフトや公休日が後輩クンとはなかなか合わず、
今日、せっかくシフトが同じだったので、急でしたが行くことにしました。

その後輩くんと、とは限りませんが、社内の人とだいたい食事に行く時は
「○ョイフル」や「○さんうどん」「餃子の○将」などなど
仕事場の近場でパパッと済ませることがほとんどです。

しかし今回は、ちと遠くにお出かけすることにしました。
(遠くと言っても車で15分程度?)

まぁ、話の中身は内々の人にしか分からないネタなので
ここでは割愛するとして、
趣向を変えて、たまには真夜中に遠出というのも
気分転換できてなかなかいいものです。

| | コメント (0)

2015年6月 7日 (日)

大河ドラマ花燃ゆ・(23)夫の告白 〜長州最大の危機に家族をも巻き込む秘密が!〜

長州藩は下関戦争で外国と戦い、完敗しました。

その先頭に立って戦っていた久坂玄瑞は、
敗戦の責任を背負ったまま、京に向かいます。

文久3(1863)年、京に到着した玄瑞は
国一丸となっての攘夷実行に向け、奔走していました。

朝廷を説得し、あくまで異国を打ち払おうとする長州藩に対し
過激な攘夷に反対する薩摩・会津藩らは
玄瑞の動きを阻止しようとしています。

続きを読む "大河ドラマ花燃ゆ・(23)夫の告白 〜長州最大の危機に家族をも巻き込む秘密が!〜"

| | コメント (0)

2015年6月 6日 (土)

総選挙

おなじみ! AKB総選挙が
地元F岡のヤフオクドームで開催されました。
『AKB48 41stシングル選抜総選挙』

結果は……速報であったとおり、我らがさっしーでした(^ ^)

Kassy、その中継を見ながら
ふと、ウチの会社で総選挙のようなことをやったとしたら
Kassyはどの順位なのだろう?? と考えこんでしまいました。

この総選挙では、80〜65位の16人は「アップカミングガールズ」、
64〜49位の16人は「フューチャーガールズ」、
48〜33位の16人は「ネクストガールズ」、
32〜17位の16人は「アンダーガールズ」、
そして16〜1位の16人が表題曲の選抜メンバー、であります。

まぁ、私どもはガールズではないのでw
そこはちょっと割愛するとして。

ウチの会社は、ウチの支店だけでも150名ほどおります。
会社全体では、1000名は軽く超える……と思います。
そう考えると、1000名以上いる中での上位80名というのは
かなり高嶺であるわけです。

Kassy、80名の中に、入れる???

……いや、いまの私なら間違いなく入れませんな。
ましてや1位だなんて、無理無理(^ ^;;)

もっと本気で頑張らなければ、到底無理な順位です。

まぁ、彼女たちは真面目に頑張って来て
それがなかなか順位に反映されにくいという環境の中で
嬉しさも悔しさも感じながらも、みんなから評価を得て
総選挙に臨む姿は、人間としてとても見上げたものであります。

私には、同じ真似はできません。
でも、目指さなければならないんでしょうな。

| | コメント (1)

2015年6月 5日 (金)

プレイバック翔ぶが如く・(17)同士討ち

文久2(1862)年4月。

有村俊斎の額面通りの報告を真に受けて
薩摩藩主の実父・島津久光が自分たちに対して
捕縛命令を出しているなんてつゆとも思っていない
西郷吉之助と村田新八は、定宿『鍵屋』を後にします。

そのころ、歴史の表舞台に立ち始めた公家がおひとり。
岩倉具視です。

薩摩生まれの薩摩育ちである久光が上洛して来るにあたり
朝廷のことなど何も知らない彼に自由気ままに動かれては
はた迷惑だと困惑している近衛忠煕ですが、

岩倉は、近衛の名で久光の上洛を歓迎する旨の書状を書かせ
その気にさせて朝廷の言い分に従ってもらう、と言い出します。
「ご心配は要りません。あとは私が何とでも対応いたします」

続きを読む "プレイバック翔ぶが如く・(17)同士討ち"

| | コメント (0)

2015年6月 4日 (木)

vol.168・40周年 (前編)

vol.168・40周年 (前編)
(パーソナリティ:Kassy)

第168回放送です。

前回までの芸能界ネタにつながるわけではありませんが
レイザーラモンHG、さかなクン、バカリズム……。
実はKassyとお仲間です。

今回のListening Pointは……
あー、誰だっけ


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

| | コメント (0)

2015年6月 3日 (水)

方向幕考(91)改

“センバツ・ほうこうまくぅ(方向幕コレクション)”。
今回は、第91回(第44弾)でご紹介した内容の再修正版です。

第91回では、N鉄バスM像から
A間営業所のトップドア車両をご紹介しました。

今回も前回同様、キーポイントは“タクシー”であります。
Kassy劇場でお楽しみくださいw


あれは4月5日(日)のことでしたか──。

北九州東部にあるY橋営業所からの
臨時便に運用される車両の方向幕を調査しようと考えていたのですが、
Kassyのおしごとのお休み日と、臨時バスの運行日が重ならずに
そういったチャンスになかなか巡り会えず。

それが今回、たまたま日曜日にお休みを取得できたので、
勇んで調査に向かうことにしました。

続きを読む "方向幕考(91)改"

| | コメント (0)

2015年6月 2日 (火)

プレイバック翔ぶが如く・(16)吉之助帰る

文久元(1861)年12月・奄美大島──。

西郷吉之助(菊池源吾)に対して召喚状が届いたのは
愛加那との新居が完成した翌日のことであります。

島の人たちは、吉之助が薩摩に戻れると知り
お祝いの言葉をかけるのですが、
それを頭を下げて受けつつ、「では」と立ち去ります。

新居から愛加那と菊次郎がいなくなって
あちこち探しまわっている吉之助には、
正直それどころではないのです。

ふたりは、浜辺にいました。

「父さんを乗せた船は、まっすぐこン沖ば出ていくんどー」
父さんに会いたくなったら、ここに来ればいいんじゃな、と
まだ言葉の分からない菊次郎に、語りかけます。

続きを読む "プレイバック翔ぶが如く・(16)吉之助帰る"

| | コメント (0)

2015年6月 1日 (月)

口軽

秘密をベラベラしゃべる、というわけではありませんが
Kassy、余計な一言をしゃべってしまい
「あっちゃー」となることがあります。

言わなきゃよかったと。

いや、言うべきではないな、と
一瞬は頭の中で考えはするのです。
一瞬は。

でも、話の流れから言った方がおもしろいかなぁと
ついつい口を滑らせてしまうわけですね。

口を滑らせて誰かを傷つけることはありません。
口を滑らせて、結果的には自分の立場が追い込まれるだけです。
だからこそ、言わなきゃよかったと後悔するわけです。

気をつけようっと……。

| | コメント (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »