2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« プレイバック徳川慶喜・(30)奇策 | トップページ | 葛藤 »

2015年7月 8日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(117)

終点停留所の旅“たそがれ”第87弾です。

今回はF岡県北K州市K倉北区の
Y田緑地バス停をご紹介します。


Mh2321Mh2322Mh2323

Y田緑地。

旧帝国陸軍の山田弾薬庫の跡地であり
昭和47年に米軍より当時の大蔵省へ返還された施設です。
公園整備をし、20年前の平成7年に開園しました。

Mh2317_3Mh2320

入口からまっすぐに伸びる道上に往路・復路のバス停があります。
ちなみに公園駐車場はさらに奥にあり。

降車停留所、かつては行先欄に赤文字で
『降車場』と書いてくれていたものですが、
ここはわざわざ「折り返し」とプリントしてくれています。


Mh2319Mh2318

乗車側は、ちょうど真向かいに。
フェンスの向こう側に、何かの建物が見えますね。


Mh2324

おっと、いかんいかん。
自衛隊か何かの施設らしいです。
マップで検索してみても、
地図で示される建物には何も記載がありませんでした。


Mh2326Mh2325

折り返しの転回場は、
真っすぐに伸びる道をさらに奥に進んだところ。

奥の奥に、ちと膨らんだ場所がありまして、
そのスペースを利用して転回・待機が行われます。
アスファルトにうっすらタイヤ痕が見られるのでお分かりかと。

ただ、この道を奥に進んでも
こういう感じの行き止まりで何もありませんので、
一般向けには「車両進入禁止」とされています。

ちなみに、有料駐車場の一番奥に行けば
転回場までもう一歩のところまで近づけますが、
まずフェンスに阻まれるのと、
季節によっては、つたなどのつる性の植物に遮られ、
撮影も困難にw

一生懸命に背伸びして、足もプルプルさせながら腕を伸ばして
ようやく撮れた写真がコチラの2枚目↑(笑)。

本当は車両が待機中にやった方がいいのでしょうけど、
逆にバス側から見れば、つたの間から腕を伸ばして盗撮しているという
明らかに不審人物に見られてしまいますな(^ ^;;)

いや、有料駐車場の管理事務所から見ても、
明らかに不審人物ですけどね。

いいんです! ちゃんと駐車場代払って入場して
車で駐車場の奥の奥に進んで止めて、撮影したので。
悪いことは何ひとつしちゃおりませんw

« プレイバック徳川慶喜・(30)奇策 | トップページ | 葛藤 »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プレイバック徳川慶喜・(30)奇策 | トップページ | 葛藤 »