2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« プレイバック徳川慶喜・(33)池田屋騒動 | トップページ | vol.172・あけまして »

2015年7月29日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(120)

終点停留所の旅“たそがれ”第90弾です。

今回はF岡県北K州市Y幡東区の
S路バス停をご紹介します。


Mh2341

ほぼ直角に近い急カーブの頂点部分にあるS路バス停。
ゴルフ場の入口にもなっています。

Mh2339

自動販売機にピッタリと寄り添っていますw


Mh2337Mh2338

バス停の横には、転回場。

道路についたタイヤの痕を見ると、
ここでは時計回りで転回するようですね。


Mh2342

いかにもゴルフ場、という感じ。
ちなみに真上は都市高速です。


Mh2340

こんな看板もありました。

« プレイバック徳川慶喜・(33)池田屋騒動 | トップページ | vol.172・あけまして »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。

ここS路は、道路は先に続いているのに、
待合や転回スペースなど、
終点としての要素を一通り揃えた、
美しい場所だと思います。

転回の方法まで気にされるんだ!
細かいところまで観察されてるなぁ、と感心して、
自分のブログを確認してみたら、
すっかり忘れておりましたが、
私も転回の方向について言及していました(笑)。

いけませんね、
自分のコトバに全く責任を持ってなくて。

──────────

ちょんびんさーん。こんにちは!
今日もコメントありがとうございまーす。


>お久しぶりです。
ごぶさたしておりますm(_ _)m
最近地元バス停を取り上げてくださってまして
ありがとうございます(←?)。


>転回の方法まで気にされるんだ!
訪問した2年前も、それを元に記事にした今日も
道路についたタイヤの痕が気になったんでしょうねぇ。
「気にする」ってほどではないのですけど。


>私も転回の方向について言及していました(笑)。
いまちょんびんさんブログの該当記事を拝見しましたが
ちょんびんさんの方が理論立てての説明がうまくて
見たままをそのまま書いているワタクシなんか、
その足元にも及びません(^ ^;;)

文章力の違いに、ため息が出てきますw
しかも同じアングルで撮影した写真が(驚)。

ちょんびんさんはじめ
他の方の記事を事前に見てしまえば、
その方の記事のようにしか書けなくなってしまうので、
取材する時も記事にするときも、同業者の方の記事は
一切読まないようにしているワタクシですが、

図らずも似た記事になってしまったり、
画像になってしまったりすると、
一切参考にしていないんだよぉと弁解しつつ
それでも申し訳ない気持ちになりますね(> <;;)


>自分のコトバに全く責任を持ってなくて。
ワタクシも同様です(笑)。


((追伸))
まだ計画段階ですが、
近々、バスネタに関して新シリーズ始めます。

恐らく、ちょんびんさんは過剰に反応していただける
ものと確信しております。
「またもバカバカしいことをwww」という(^ ^;;)

どちらにしても夏場はまず無理な企画なので
しばらく後の実行になろうかと思いますが、
どうかご期待くださいね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プレイバック徳川慶喜・(33)池田屋騒動 | トップページ | vol.172・あけまして »