« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月31日 (金)

プレイバック翔ぶが如く・(23)竜馬と海舟

朝廷内に吹き荒れた、長州藩による攘夷の嵐。

それに危機感を抱いた公武合体派の
薩摩藩と会津藩が巻き返しを図ります。
文久3(1863)年、八月十八日の政変で
長州は京を追われる形になるわけです。

朝敵と呼ばれるのを畏れた長州藩は
急進的攘夷論者である三条実美ら七人の公家たちを連れ
都を落ちていきます。

長州に戻った攘夷派の藩士たちは
その後の藩の方針を巡り2つに分かれます。

対外貿易を行い藩を富ませ力をつけようとする
桂 小五郎、高杉晋作の富国強兵派、
すぐにでも京都に取って返し、天皇を手中に取り戻そうとする
久坂玄瑞、来島又兵衛の急進派です。

一方、京都では参預会議が決裂。
主導権を巡って政局が混乱しています。
この間に、長州の急進派は京都に潜入、
失地回復の機会を狙っていました。

続きを読む "プレイバック翔ぶが如く・(23)竜馬と海舟"

| | コメント (0)

2015年7月30日 (木)

vol.172・あけまして

vol.172・あけまして
(パーソナリティ:Kassy)

第172回放送です。

九州北部といいながら、東北北部と一緒に
日本で最も遅く梅雨明け宣言致しました。
これから、夏、真っ盛りですよ♪

今回のListening Pointは……


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

| | コメント (0)

2015年7月29日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(120)

終点停留所の旅“たそがれ”第90弾です。

今回はF岡県北K州市Y幡東区の
S路バス停をご紹介します。


Mh2341

ほぼ直角に近い急カーブの頂点部分にあるS路バス停。
ゴルフ場の入口にもなっています。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(120)"

| | コメント (1)

2015年7月28日 (火)

プレイバック徳川慶喜・(33)池田屋騒動

今までは、薩摩藩主の実父という肩書きのみであったために
無位無官の田舎者としか見られていなかった島津久光ですが、
この度めでたく、従四位下 左近衛少将に叙任されます。

徳川慶喜は、新たに出された“無謀な攘夷は望まぬ”とある勅状で
孝明天皇の意向を酌み取り、
せめて横浜港を閉鎖して応えたいと考えていますが、

「横浜港閉鎖は難しい」と勅状の返意書に書くので、
改めて朝廷から、横浜港を断固閉鎖せよとの
御沙汰書を出してほしいと中川宮朝彦親王に依頼します。

続きを読む "プレイバック徳川慶喜・(33)池田屋騒動"

| | コメント (0)

2015年7月27日 (月)

アンケート

ポイント稼ぎのために、
数々のアンケートに時間をかけて答えております。

その中で、“テレビを見ている時間は1日どれぐらい?”という設問が
けっこうな頻度であり、
1週間の視聴時間総合計を7日で割って算出、とヒントがあるのですが、

Kassyの場合、テレビ番組を視聴すると言っても
毎週日曜日の大河ドラマ45分間のみでありまして、
それを7日間で割ってしまえば、なんと6.5分という
選択肢にも少量すぎて載っていない程度になってしまいます。

正確に言えば、それもケータイで拝見しているので
テレビを点けて、という意味で言えば、
全く点けていないわけです。

そうか、よくよく考えれば
ここ最近はテレビ番組見てないですなぁ。
最も最近見た民放のテレビ番組と言えば、
大晦日の“笑ってはいけない”か??w

見なくても、意外にも何とかなるものですね(笑)。

| | コメント (0)

2015年7月26日 (日)

大河ドラマ花燃ゆ・(30)お世継ぎ騒動! 〜奥御殿の危機に意外な秘策〜

朝敵となった長州を征討するため、幕府諸藩の軍が集結。
長州藩では椋梨藤太が復帰し、
幕府に徹底謝罪の上、恭順する道を選びます。

そして、藤太による粛清が始まります。
小田村伊之助の兄・松島剛蔵も牢に入れられ
高杉晋作や桂 小五郎も捜索に乗り出します。

晋作の居場所について、伊之助を問いつめますが
兄を捕らえられたからか、藤太に非協力的な態度を見せ
問いかけにも突っぱねて退出していきます。

そこで藤太は、晋作についての有力情報を耳にします。
「10月27日、姿を見せるやも……吉田松陰の命日です」


萩城の奥では、お世継ぎ誕生を願う
年中行事“おはぎ作り”が行われますが、
ご懐妊を期待されている銀姫は、気分がすぐれぬからと
おはぎ作りに美和を指名。

まあ、松下村塾であれだけ握り飯を作ってきたので
手際良く作り上げるわけですが、
これは銀姫が作ったおはぎではない、と
藩主の子・毛利元徳は即座に言い当てます。

続きを読む "大河ドラマ花燃ゆ・(30)お世継ぎ騒動! 〜奥御殿の危機に意外な秘策〜"

| | コメント (0)

2015年7月25日 (土)

とてもいい音楽なんだけど

毎週土曜日に放送されている、ある旅番組のテーマ曲が秀逸です。
曲を作った方も、とても有名で偉大な方なので、
当然と言えば当然かもしれません。

テーマ曲なので、一部しか放送に乗っからないんですが、
某動画サイトでフルサイズバージョンがアップされているので
聞いてみますと、心情に訴えかけるものが大きくて
とても素晴らしいです。

が。

ゆったり気分の時に聞くととても心地よい音楽も
出勤直前に聞くと、かなりブルーが入って、
テンション下がりまくりです。

テンション下がって出勤する、という
心の葛藤を繰り返す、毎週土曜日です。

| | コメント (0)

2015年7月24日 (金)

プレイバック翔ぶが如く・(22)燃える思い

元治元(1864)年2月。

京の人たちは、薄々感じ取っているのか
人斬りの薩摩武士が恐ろしいと見えて、
薩摩武士は嫌われてしまっているようです。

西郷信吾は町を歩きながら
「おいたちが何をやったとか」と悔しがりますが
それも仕方ないことです。

そんな時、ひとりの舞妓さんが逃げて来て
突然信吾の手を握って隠れます。
追って来た武士は、その姿を見て引き返していくわけですが、
信吾には、その時のことが強烈にインプットされます。

続きを読む "プレイバック翔ぶが如く・(22)燃える思い"

| | コメント (0)

2015年7月23日 (木)

文明のありがたさ

車のエアコンの調子が悪くて、全く効きません。

なじみのガソリンスタンドで見てもらうと
コンプレッサー?が回っていないとか。
7万弱支払ってコンプレッサーを交換してもらい、
直るかと思えば、エアコンガスが詰まっていると言われて
1万弱支払ってパーツを交換。

これでしばらくは様子見、と言われて周辺を試運転していたら
ファンが動いていなくて温度がどんどん上がる上がる!
ヾ(.;.;゚Д゚)ノ

リレーというパーツの接触が悪いらしく、中古部品で間に合わせ。
まぁ、今月だけでもこのガソリンスタンドに
メンテナンス含め10万近く落としていっているので……ね!w
ともかく、温度上昇はとりあえずはおさまりました。

エアコンは効くようになりまして、すごく快適にはなりました。
ここ1週間は、暑かろうが雨降ろうが
自然に任せての車内環境だったので
文明のありがたさをひしひしと感じた瞬間でした。

で。

エアコン故障騒動は、実は完結、というわけではなく
まだ、エアコンガス漏れという可能性はまだ消えたわけではないので
1ヶ月程度様子を見てみて、
ガスの残量を量れば漏れかどうかは分かるようです。

結論は、来月に持ち越しです(^ ^;;)

| | コメント (0)

2015年7月22日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(119)

終点停留所の旅“たそがれ”第89弾です。

今回はF岡県北K州市Y幡東区の
Y幡東Nュータウンバス停をご紹介します。


Mh2332

住宅街の奥の奥に進むと、終点停留所とバス転回場。

こういった折返し場は、
秘境という感じ(←奥に進んだ、という意味で)がして
少し心躍ります。

F岡地区で言うところの「S丘第五」のような感じでしょうか。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(119)"

| | コメント (0)

2015年7月21日 (火)

プレイバック徳川慶喜・(32)慶喜の悪酔い

攘夷決行期限を守れず、生麦事件の賠償金支払いの責任を取って
将軍後見職を辞任した徳川慶喜でしたが、
朝廷がそれを許してくれるはずもなく。

そのころ、長州藩や薩摩藩が外国船に攻撃を仕掛けて
それの100倍ぐらいの報復を受けて惨敗し、

さらに攘夷だ! ということで、長州藩士や
長州派の三条実美によってニセの勅命まで作られましたが、
それが孝明天皇の逆鱗に触れ、京都から追放させられます。

朝廷は、なお一層の公武合体を目指すべく
同じくそれを目指していた島津久光を京に呼びます。
久光は薩英戦争でなかなか上洛できませんでしたが、
15,000の兵を率いてようやく入京します。

続きを読む "プレイバック徳川慶喜・(32)慶喜の悪酔い"

| | コメント (0)

2015年7月20日 (月)

難産

当然、子どもを産んだわけではありませんよw


その時に放映される大河ドラマの内容に合わせて
過去に放送された大河ドラマの視聴録も残しておこうと
日々奮闘してあらすじを書いております
「大河ドラマプレイバック」シリーズ。

週に2本ずつ投稿しているので、単純計算で
年間100本余りを視聴することになるわけですが、
まぁ、半年に一作品を見終われば
すべては計画通りに進みます。

先のストーリーをもっと見たい、と思わせる作品であれば
1週間に2本というペースも、時には4本ペースに上がったりもし、
トータルで4〜5ヶ月で見終わってしまうこともあって、
余った時間は、他の作品の視聴に費やすことも出来ます。

ただ、現在“プレイバック・シリーズ”で
『翔ぶが如く』とともにお届けしています『徳川慶喜』は
これまたなかなか先に進めませんで(^ ^;;)

『翔ぶが如く』は、予定では昨年4月から9月で視聴して
『徳川慶喜』を昨年10月から今年の4月で視聴する予定を立て、
『翔ぶが如く』は昨年8月に見終わったので、
予定より1ヶ月も早く完了でき、その分
『徳川慶喜』に時間を回すことが出来たはずなんですけど、

昨年9月から見始めたはずなのに、
これまたなかなか見たい! なんて気持ちになれませんで、
ようやく、ホントにようやく今月の頭に見終わりました。
費やした期間10ヶ月、これでもオンタイムより2ヶ月早いw

そういった意味での「難産」です。


さて、来年の大河ドラマ『真田丸』。

それ関連として昭和63年放送の大河ドラマ『武田信玄』と
昭和60年放送の新大型時代劇『真田太平記』を
なるだけ来年の5月末までに視聴し終えたいのですが、

今までのように順風満帆に行くか、またも難産か。
今からとても不安であります(笑)。

| | コメント (0)

2015年7月19日 (日)

大河ドラマ花燃ゆ・(29)女たちの園 〜秘密と欲望のリストラ〜

元治元(1864)年、高杉晋作らによる講和が成立し、
異国からの攻撃を免れた一方で
幕府による長州征討の大軍勢が
長州に迫ろうとしています。

山口・中河原御茶屋(藩庁) 奥御殿には
かつて失脚し、しかし再び勢力を盛り返した
椋梨藤太の姿がありました。

椋梨はさっそく、長州藩主・毛利敬親の政務場所を
山口から萩に移したいと進言。

しかし、萩城はもともと大きな作りではなく
もし全体として萩に移った場合、現在の奥女中たちの数では
屋敷の中に入りきれない恐れが出てきたのです。

奥御殿総取締役・園山は、美和に
お付きの者を減らせとリストラ役を命じます。

続きを読む "大河ドラマ花燃ゆ・(29)女たちの園 〜秘密と欲望のリストラ〜"

| | コメント (0)

2015年7月18日 (土)

3連休のはじまり

18(土)・19(日)・20(月)で3連休です。

その“初日”という意味の“はじまり”という意味も
ほんの少しだけ含んでおりますが、
これから年末にかけて、祝日がそこそこの頻度で出てくるので
3連休になりやすくなります。
そのタームという意味での“はじまり”の意味です。

一般の方々にしてみれば、お休みが確保しやすくて
お出かけするにも趣味に没頭するにももってこいの時間ですね。

お客さん商売している身としては
もちろん多客期で稼ぎ時ではあるのですが、
ここだけの話、本音はちょっと……うんざり?w

特に今年の9月には、
シルバーウィークという5連休もあるので、
ここだけの話、本音はかなり……うんざり?w

| | コメント (0)

2015年7月17日 (金)

プレイバック翔ぶが如く・(21)慶喜の裏切り

文久3(1863)年7月2日。

嵐を避けて湾内に停泊中の薩摩の軍艦3隻が
イギリスに拿捕されてしまいます。
戦争の総指揮を執る大久保一蔵は戦闘開始を号令。
天保山の砲台からの一発を合図に、一斉射撃を命じます。

大山格之助が「てーっ!」と命じると
湾に向けて並べられた大砲から幾多の弾が火を噴きます。
それに対して、いきなりの大砲に驚きつつも
イギリス艦隊からも大砲が発せられ……。

薩摩軍の砲台は旧式ではありますが、
よく敵艦まで届き、多大な損害を与えます。

ただ、イギリス艦隊に搭載している
新式アームストロング砲の威力はすさまじく、
次々と薩摩軍の砲台は破壊され、
城下まで火災に見舞われます。

続きを読む "プレイバック翔ぶが如く・(21)慶喜の裏切り"

| | コメント (0)

2015年7月16日 (木)

vol.171・落ちてます

vol.171・落ちてます
(パーソナリティ:Kassy)

第171回放送です。

急な出費がかさんで、せっかくの貯金を崩すことに。
家電といい車といい、なぜか一気に故障してしまうものですね。
都市伝説?

今回のListening Pointは……
ポンッ


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

| | コメント (0)

2015年7月15日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(118)

終点停留所の旅“たそがれ”第88弾です。

今回はF岡県北K州市K倉北区の
Aの家バス停をご紹介します。


Mh2329

都心部で、ココ行きのバスの方向幕を見た時
その名前にかなりミステリーさを感じていたわけですが、
名称の由来はコチラの施設から。

『救護施設 Aの家』

歩行障害等ある利用者さんたちが
自立を目指して多数利用する施設だそうです。
ホームページを拝見しますと、精力的に企業を見学しに行ったり
クラブ活動をがんばったり、となさっているようです。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(118)"

| | コメント (0)

2015年7月14日 (火)

プレイバック徳川慶喜・(31)孝明天皇の立場

江戸城に登城した徳川慶喜は
攘夷実行期限を5月10日に定めながら
それを各藩に伝えなかった理由を問いますが、

外国奉行は冷静に、攘夷などできないと反論。
攘夷の危険性を天皇に伝え、
諌めることこそが勤王だと返します。

それどころか、前の生麦事件の賠償金が支払われたことは
幕閣の面々には相談が一切なかったようで、
そのあたりの不満も噴き出してしまうのですが、

おおかた、賠償金支払い拒否という結論になりつつあった幕府内で
その結論に怒ったイギリス公使が戦闘準備を命じたため
老中格にあたる小笠原長行が独断で支払いを指示したということです。

慶喜は、どちらにしてもその責任は拙者にあり、と
将軍後見職を辞任する宣言をします。

と、ここまでは慶喜の筋書き通り。
しかし──。

続きを読む "プレイバック徳川慶喜・(31)孝明天皇の立場"

| | コメント (0)

2015年7月13日 (月)

営業時間

Kassyの職場から自宅までの間、
まっすぐに帰れば車で6分程度の距離ですが、
ちょっと大通りに出れば、飲食店がかなり並んでいます。

しょっちゅうしょっちゅう外食するわけにもいかないので
いつもというわけではないのですが、
外食する時は、「この前行ったから今日は止めとこ」と
なるだけ重ならないように“巡回”しています(笑)。

で、およそ半年ぶりに訪れたそのチェーン店。
現在時刻は23:00ですが、確か朝方まで開いているので
お客さんも多くなく、ゆったりできそうです。

それで赴いたのですが……。
お店のドアに“営業時間のご案内”という紙が貼ってありました。

『〜23:30 (ラストオーダー23:00)』

続きを読む "営業時間"

| | コメント (0)

2015年7月12日 (日)

大河ドラマ花燃ゆ・(28)泣かない女 〜新章今夜スタート 奥女中として再出発〜

攘夷を掲げ幕府と対立した長州藩は、
京での戦いに敗れます。
朝廷はすぐさま、長州征討を命じる詔を
幕府に下したのです。

同じころ、長州による異国船攻撃への報復として
イギリスをはじめとする四カ国連合艦隊が
下関への攻撃を開始。

そして文は──。

毛利家の奥御殿に上がることとなります。
「文という、無力な女の名は……捨てます」

続きを読む "大河ドラマ花燃ゆ・(28)泣かない女 〜新章今夜スタート 奥女中として再出発〜"

| | コメント (0)

2015年7月11日 (土)

WEB予約

WEB乗車券を出力する際のドタバタfは先日記事にしたところですが、
今回は、もっと詳細に。


Kassyブログでもご紹介しているあのページ(……お分かりですね?(笑))の
調査目的のため、北K州→O分の高速バスに乗ることにしたKassy。
予約センターに電話して座席を確保しても良かったのですけれど、
ものはためし、とネットで座席を予約してみることにしました。

このバス路線、N鉄バスとO分側バス会社3社による共同運行でありまして、
KassyとしてはN鉄バス便に乗車する必要があったので、事前調査して、
乗車日は北K州発の第1〜3便、第7〜9便がN鉄バス担当と判明。
自宅の出発時刻を考え、始発地9:44発の第3便を予約することにしました。

乗車地「K倉駅前(9:47)」、降車地「O分フォーラス前」、
座席の希望「前方」「窓側」。

この高速バス路線の乗車体験記などをいろいろ読んでみると、
そこまではお客さんは多くはないようなので(失礼)、
前方でも一番前の座席だったらいいなぁ……と考えておりました。

結果、割り当てられた座席は「1C」。
お! やった!! 一番前の座席だ!

……ん? 待てよ?

続きを読む "WEB予約"

| | コメント (0)

2015年7月10日 (金)

プレイバック翔ぶが如く・(20)薩英戦争前夜

文久2(1862)年9月。

江戸から帰郷した大久保一蔵は、
病床に伏す父・利世と母・福に挨拶。

利世は、まずは息子の無事の帰還を喜びますが
それよりも、薩摩の大名行列が無礼を働いた偉人たちに
殺傷事件を起こしたことを心配しています。

一蔵は、自分が幕府に掛け合ったので心配要らないと言いまして
心配するほどのことじゃないと言ったのに、と福。
自分に心配かけたくないからこそのウソだと
利世は何となく分かっております。

一蔵は、そのまま西郷家を訪問しますが
謹慎中の身である西郷信吾は、寺田屋事件の一件もあり
一蔵に対して固く心を閉ざしたままであります。

続きを読む "プレイバック翔ぶが如く・(20)薩英戦争前夜"

| | コメント (0)

2015年7月 9日 (木)

葛藤

毎週木曜日に、整骨院に通っております。

腰が痛くて通い出した整骨院ですが、
かつて記事でご紹介しましたが
腰につながる部分(太ももやふくらはぎ、背骨など)を
ぐいぐい押されてほぐされます。

痛い。うめき声が出るほど痛い。

腰の痛みは徐々に引いてきました。
でも、施術中は痛い。

痛い時間はというと、=施術の時間、ということになるので
せいぜい10分程度なんですけど、
その10分間がとても苦痛なほど、つらいわけです。

毎週木曜日は、その腰の痛みと施術の痛みの
どちらを取るかで葛藤しております(>_<;;)

| | コメント (0)

2015年7月 8日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(117)

終点停留所の旅“たそがれ”第87弾です。

今回はF岡県北K州市K倉北区の
Y田緑地バス停をご紹介します。


Mh2321Mh2322Mh2323

Y田緑地。

旧帝国陸軍の山田弾薬庫の跡地であり
昭和47年に米軍より当時の大蔵省へ返還された施設です。
公園整備をし、20年前の平成7年に開園しました。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(117)"

| | コメント (0)

2015年7月 7日 (火)

プレイバック徳川慶喜・(30)奇策

徳川慶喜が京で奔走していた頃、
生麦事件に怒ったイギリス・フランスの
艦隊が江戸湾に姿を現します。


このころの日本は、攘夷が正義、開国は不正義という図式で
相変わらず攘夷派が世をはびこっていたわけですが、

先日、慶喜が朝廷に約束させた
政治は幕府の元で、という件が、長州藩の横やりによって
場合によっては朝廷から諸大名に直接指揮することがある、
という文言に書き換えられてしまっていて、

そのことに怒った松平春嶽は
政事総裁職を辞し、幕府は大政奉還して
新たな政治を目指すべきと主張。

慶喜は必死に慰留しますが、春嶽の意志は固いです。

続きを読む "プレイバック徳川慶喜・(30)奇策"

| | コメント (0)

2015年7月 6日 (月)

しったかぶり

本日、産まれて初めて(←大げさ)
『ファミポート』ってやつを利用しました。

後日、記事にしようと思ってはいるのですが、
座席指定路線の高速バスに乗車する用事があり
ためしにオンラインで予約をとってみたのです。

その予約サイトによれば、決済番号を控えてコンビニに行けば
発券・支払いすることが可能なんだとか。
うーん、Kassyがいたころの予約システムとはえらい違いだ。。。

ただ、○ァミリーマートで利用したことがあるのは
お買い物とトイレ、コピーサービスぐらいで
それ以外のサービスは利用したことがありません。

なので、前もって画面の操作方法を予習して
出勤途中に立ち寄ってみることにしました。

続きを読む "しったかぶり"

| | コメント (0)

2015年7月 5日 (日)

大河ドラマ花燃ゆ・(27)妻のたたかい 〜夫の名誉のため私は負けない!〜

元治元(1864)年、長州勢は
京での失地回復のため兵を率いて京に向かいます。

久坂玄瑞が元関白・鷹司輔煕に
天皇への嘆願を働きかける中、事態は急転。

あくまで戦を避け、
話し合いでの解決を目指した玄瑞の思いは届かず
来島又兵衛の主張に引っ張られるようにして
長州勢は、とうとう御所への進撃を決定。

諸藩の軍勢が御所を取り囲む中、来島勢が蛤御門に到着。
門を守る会津勢を打ち破り、最初に御所に入ります。

……が。

続きを読む "大河ドラマ花燃ゆ・(27)妻のたたかい 〜夫の名誉のため私は負けない!〜"

| | コメント (0)

2015年7月 4日 (土)

ほっとけない

シフト勤務制のウチの会社。

基本的に毎週土曜日は誰よりも早く出勤して
誰よりも早く退勤できる日なのではありますが、
今日中にしなければならない業務の残り状況を見てみると
とてもとても定時で帰れそうな状況ではありません。

特に、誰よりも遅く出勤して誰よりも遅く退勤するシフトを
長らく経験しているものだから、
最後に残される従業員の、(片づけを含め)後処理を
全て終わらせてからしか帰れないという使命を考えると
「じゃ、あとヨロシク」と言って帰れないわけです。

ワタクシの性格ですか?
うーん、そう言われればそうかもしれませんけど
心配で心配で放っておけない性分なんでしょうなぁ。

| | コメント (0)

2015年7月 3日 (金)

プレイバック徳川慶喜・(29)将軍名代

水戸藩・江戸 小石川上屋敷──。

孝明天皇から水戸藩に下された勅状。
藩主の徳川慶篤は、一礼してその書状を開封します。

その勅状は、時の大老・井伊直弼が大軍を率いて京都に迫り、
天皇を彦根にお移しし、修好通称条約の締結に異を唱えた者たちを
罰し始める、という噂が流れたとき、

京を護衛する、という約束をしていた島津斉彬が急逝し
これでは井伊大老の思いのままに操られてしまう危惧を抱いた朝廷は
幕府の許可を得ないまま、ダイレクトに水戸藩に勅状を下したのです。
(正式な手続きを踏んで出された勅状ではないので「密勅」といいます)

水戸藩としては、密勅を速やかに各大名に回覧しなければ
天皇の意向を無視したことにもなるわけですが、
井伊大老からは、受け取るな、密勅を返納せよと横やりを入れます。
密勅を受け取った京都留守居役が捕縛され折檻されるという、
いわば「安政の大獄」のはじまりにつながった曰く付きの密勅ですが、

幕府から今ごろになって、水戸藩が受け取ってもいい!
諸大名に回覧してもいい! という許可が下り、
「むなしい……」と慶篤は落涙して悔しがります。

続きを読む "プレイバック徳川慶喜・(29)将軍名代"

| | コメント (0)

2015年7月 2日 (木)

vol.170・ご注意!

vol.170・ご注意!
(パーソナリティ:Kassy)

第170回放送です。

こんなこと言わんでも分かるやろ!? という注意でも
1つ1つしていかなくてはいけません。
特に相手が子どもでは。

今回のListening Pointは……
ピーッ


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

| | コメント (0)

2015年7月 1日 (水)

方向幕考(16)改

“センバツ・ほうこうまくぅ(方向幕コレクション)”。
今回は、第16回(第5弾)でご紹介した内容の再修正版です。

第16回では、N鉄バスM像から
A間営業所の一般車両(中型車)をご紹介しました。

このエリアのバス路線は、Kassyから見てみると
なかなか面白い要素を含んでいたりするわけですけど(笑)、

続きを読む "方向幕考(16)改"

| | コメント (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »