2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« はぴはぴ | トップページ | 行き当たりばったりの旅 »

2015年8月16日 (日)

大河ドラマ花燃ゆ・(33)花となるために 〜宿敵との対決 別れの果てに女咲く〜

ドラマを年表としてみたとき、現在放映している部分が
幕末という年表のどのあたりに位置しているか
分からなくなっている方も多いかもしれませんけど、

長州藩にとって運命の、元治元(1864)年がようやく終わりました。

ちなみにこのドラマでは、第24回「母となるために」から
前回の第32回「大逆転!」でこの元治元年という時期を扱っておりまして、
およそ2ヶ月にわたって放映していたので
少々間延びした感は否めませんけど(^ ^;;)

一応、足踏み状態からほんの少しだけ踏み出した、ということだけは
ご承知おきいただきたいと思います。

年末、突如としてクーデターを起こした高杉晋作ら諸隊の面々ですが
翌元治二(1865)年、久坂美和の長兄である杉 梅太郎が
和睦の使者に立ち、藩主・毛利敬親に目通りを許されます。

諸隊とは7日間、砲撃を中止するように申し合わせをしているので
その間で、椋梨藤太はじめ藩重役の面々を排し
民情を鑑みた新しい政治に改めてほしい、と梅太郎は訴えます。

一旦は、この件は敬親が預かる、ということで
梅太郎は、目通りの斡旋をしてくれた都美姫にお礼を言上。
戦は終わりでございます、との言葉を聞き、安堵した都美姫は
美和をチラと見て、あの者に強く請われたから、と正直に話します。

「このたびは、まことに……ありがとあんした!」
プッと笑う美和、そして都美姫であります。

藤太の役を解き、藩政を改めるという敬親の決断は
ただちに諸隊に伝えられます。

藩の実権から引きずり下ろされた格好の藤太は
弁明の機会を得るべく、奥で敬親に会おうとしますが、
敬親は珍しく「わしは、会うてはならぬ」と自分で決断します。

藤太の失脚により、幕府恭順派は一掃され
長州内戦は終結を迎えます。


「銀姫様、無事ご出産! お世継ぎ様のご誕生にございます!」
都美姫はじめ、歓喜に沸く奥御殿。

毛利家に産まれた待望の男子は、興丸(おきまる)と命名。
後の毛利元昭であります。

で。

傅役と乳母を立てて彼らが育てていくしきたりのはずですが
銀姫は、何としても自分の手で興丸を育てていくつもりのようです。

それだけは、と都美姫に言われて渋々引き下がる銀姫ですが、
興丸の傅役に美和を任命し、
傅役の美和とともに育てていくと宣言したのです。


藤太によって投獄されていた者たちが、次々と釈放されていきます。

諸隊が藤太の解散命令を聞かない代わりに処刑決定となりつつも
晋作のクーデターで処刑が当日に延期となり、
後に敬親からの直の命で処刑中止が決定された小田村伊之助は
晴れて出獄することが出来ました。

新しく藩政に携わる藩士たちの提案で、
他藩を巻き込むためにも太宰府に移った五卿にお墨付きをもらい
幕府との戦に供えて、再度山口城へ移ることにします。


都美姫は、美和が今後一切私情を挟まず
興丸のために尽くしてくれるというのなら
傅役として認めよう、と譲歩してくれます。

まずは城移りが済んでから、このことは考えよう、と言って
話は終わるのですが、
美和の頭の中には、気になることがひとつありました。

父・杉 百合之助の容体が芳しくないらしいのです。

美和の姿を見れば、少しは元気を取り戻すかもしれないと
杉 亀がちょこちょこ現れては、美和に宿下がりを求めるのですが
この大事な時期に、宿下がりなんてできようはずもありません。

ただ、その話をたまたま聞いてしまった日出から潮に話が行き
銀姫から、命令という形で半日の宿下がりを許可されます。


文(=美和)が帰って来る、と言うんで、
百合之介は張り切って風呂炊きをしています。
そして、夕餉に使うからとカブを掘り起こすのも
畑に向かい、よろめきながら頑張っています。

たった数時間という短い時間でしたが、
文はもう一度、百合之助の娘に戻れました。


萩城に戻った美和は、銀姫と興丸とともに山口城に移ります。

晋作は新たな野望を抱いて長崎に向かい、
伊之助は、藩の命運を背負って太宰府を目指します。


作:宮村 優子
音楽:川井 憲次
題字:國重 友美
語り:池田 秀一
──────────
[出演]
井上 真央 (久坂美和)
大沢 たかお (小田村伊之助)

高良 健吾 (高杉晋作)

原田 泰造 (杉 梅太郎)
優 香 (小田村 寿)

田中 麗奈 (銀姫)
劇団 ひとり (伊藤利助)
佐藤 隆太 (前原一誠)
三浦 貴大 (毛利元徳)
石橋 杏奈 (鞠)
江口 のりこ (日出)
──────────
若村 麻由美 (椋梨美鶴)
北見 敏之 (高杉小忠太)
田中 要次 (福川犀之助)
鷲尾 真知子 (潮)
銀粉蝶 (園山)
井川 遥 (高須久子)
──────────
内藤 剛志 (椋梨藤太)
檀 ふみ (杉 滝)
長塚 京三 (杉 百合之助)
松坂 慶子 (都美姫)
北大路 欣也 (毛利敬親)
──────────
制作統括:土屋 勝裕
    :小松 昌代
プロデューサー:堀之内 礼二郎
演出:安達 もじり


◆◇◆◇ 番組情報 ◇◆◇◆

NHK大河ドラマ『花燃ゆ』
第34回「薩長同盟!」

デジタル総合:午後8時〜
BSプレミアム:午後6時〜

« はぴはぴ | トップページ | 行き当たりばったりの旅 »

NHK大河2015・花燃ゆ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« はぴはぴ | トップページ | 行き当たりばったりの旅 »