« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月31日 (月)

機能停止

比較的遅めの、具体的には
「昼前から」「昼後から」の勤務が多かったKassyが
約1年前から「早朝から」「昼後から」の勤務体系に変わり、

それが最近「早朝から」「朝から」の体系に変わりつつあります。
(でもそれは不変ではありません。それがシフト制の恐いところ)
ちなみに本日は「朝9時半から」のおしごとです。

前にもお話ししました通り、Kassyはお店の店員をやっておりまして
お客さんからいろいろと質問を受けることも多々あります。
今日は「朝から」のおしごとだったから、というわけではないのでしょうが
おしごとに入って、しばらくは頭の機能が停止した状態でw

「○○ありますかぁ?」と質問されても、
あれ、○○ってどこにあったっけ? と考え出して
そこから先に進みません。

一生懸命思い出そうと、うーんうーんと唸ってみるのですが
物忘れしてしまったかのように、全く思い出せないわけです。
で、同僚を捕まえて「○○ってどこだっけ」と聞き
あっちだよ、と言われて、ようやく「あっ」と思い出す有り様。

寝起きで頭が起きていないんでしょうか、
それとも単に年なんでしょうか。
今までも何度かあったピンチですが、
とにかく今回は今までで最も酷い立ち上がりでした(^ ^;;)

| | コメント (0)

2015年8月30日 (日)

大河ドラマ花燃ゆ・(35)孤高の戦い 〜夫の裏切りに奥御殿も揺れる〜

長州再征討の勅許が下り、全国32藩に出兵が命じられて
幕府軍は広島に陣を進めていました。
幕府軍総督・徳川茂承、副総督・本荘宗秀が任に当たります。

それに対する長州軍は、下関駐屯所に集結。

芸州口、石州口、周防大島口、小倉口、萩口──。
幕府軍はこの5方面から長州に侵攻してくるようです。
この5つの入口のいずれも、突破されては非常に厄介です。

長州軍としては、そのいずれも取られないようにすべきですが、
武士・百姓・町人が総力を挙げて戦うと言えども
その兵隊の訓練や仕官養成、新式小銃の扱いに慣れるための訓練など
もう少し時間が欲しいところであります。

小田村伊之助は、嘆願書を持って広島に乗り込むことにします。
毛利家の罪状をすべて否定した上で
談判に持ち込み、時間稼ぎをするつもりなのです。

京では桂が薩摩藩と密約を結ぼうとしているし、
何せ長州には、海軍総督・高杉晋作という風雲児もいます。

続きを読む "大河ドラマ花燃ゆ・(35)孤高の戦い 〜夫の裏切りに奥御殿も揺れる〜"

| | コメント (0)

2015年8月29日 (土)

プレイバック徳川慶喜・(39)将軍急死

長州征伐の1回目が、ようやく開始されようとしていました。

幕閣の面々は、役目を降りる代わりに、
禁裏御守衛総督たる徳川慶喜に
将軍の相談役として中核に残ってほしいと推挙。

慶喜は、その件はしばらく考えさせてほしいと答えたのち
共和政治を目指して長州のために奔走する
西郷吉之助ら薩摩の動きが怪しいと察知します。


共和政治を説いて回る大久保一蔵ですが、
その説得がなかなか浸透しないことに
多少苛立ちを見せ始めています。

上役にあたる小松帯刀は、
条約についてすばやく勅許を得て連合艦隊を撤退させた
徳川慶喜の手腕に対して潔く負けを認めますが、
政治の主導権を慶喜に渡すことだけはしたくありません。

薩摩藩の当座の目標は、長州征伐をやめさせることです。

続きを読む "プレイバック徳川慶喜・(39)将軍急死"

| | コメント (0)

2015年8月28日 (金)

ダブルはぴはぴ

Happy Happy Birthday !!

soramameさん
松原さつきさん


今日は“ヘビーコメンテーター”の
soramameさん & 松原さつきさんの誕生日♪


てなわけで、Kassyから
奇跡の言葉をお一人お一つずつ。

──────────

soramameさんへ

ハードルは高ければ高いほどくぐりやすい。


(ネット上の言葉より)


松原さつきさんへ

わたくしは自分の価値観で、生きています。

色々なことを言われているのは、知っていますけれども、
それによって、わたくしの価値観や生き方を、
変えるつもりはありません。

たとえ、そのことによって、
誰からも好かれないとしても、かまわないのです。


(叶 恭子さんの言葉より)

──────────

お二人ともおめでとうございまーす。

| | コメント (1)

2015年8月27日 (木)

vol.174・コーニー

vol.174・コーニー
(パーソナリティ:Kassy)

第174回放送です。

2日前に、非常に強い台風15号が直撃しました。
というわけで、台風関連の情報をお届け。
悲喜こもごもが垣間見えるかもしれません。

今回のListening Pointは……
ゼッタイない!!


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

| | コメント (0)

2015年8月26日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(123)

終点停留所の旅“たそがれ”第93弾です。

今回はF岡県北K州市Y幡西区の
Y形船車庫バス停をご紹介します。


Mh2357

Y形船車庫。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(123)"

| | コメント (0)

2015年8月25日 (火)

プレイバック翔ぶが如く・(25)薩長同盟

元治元(1864)年、
イギリス・フランス・アメリカ・オランダの4ヶ国は
下関攻撃の後、独自の対日政策を取っていました。

オランダには、もはやかつての勢力はありません。
アメリカでは南北戦争が行われており
対日政策について積極策がとれませんでした。

幕末の対日外交をリードしてきたのは、
イギリスとフランスでした。

まずイギリスは、雄藩との結びつきに外交の主眼を置きます。
それに一役買ったのが、
武器を売るイギリス商人のグラバーであります。

特に、幕府との戦争に備える長州藩は
下関での密貿易でグラバーから
大量に武器を購入しようとしていました。

一方、イギリスに対抗するフランスは
公使ロッシュを通じて幕府に接近。
幕府を強力な政権にしようとします。

続きを読む "プレイバック翔ぶが如く・(25)薩長同盟"

| | コメント (0)

2015年8月24日 (月)

今年もそんな季節か

某テレビ局の「24時間テレビ」、終わりましたね。
結局今年も、1秒も見ませんでしたw

動画検索サイトでも扱っていますが、
初期の頃の「24時間テレビ」、
Kassyが見たい「24時間テレビ」は
まさしくこれ! って感じですよね。

エンターテインメント性? は極力抑えてますし、
募金という性格が前面に出ているので、
コーナーの進行に多少の不備はあっても
全然気になりません。

まぁ、20年以上前の、いわゆる初期のころに比べると
芸人さんの絶対的人数が増えているので、
番組を作る上で、芸人さん主体のコーナーが
増えてしまうってことなのかなぁ。

だから、番組が“お笑い”を追究する結果になって
娯楽性が出てきてしまうのかもしれません。

まずは一度、見せるステージではなくて
純粋に募金を集める単純明快な番組、
マラソンもサライもジャニーズもなくして
初期の頃に帰って番組を作るっていうのもいいかもしれませんね。

| | コメント (0)

2015年8月23日 (日)

大河ドラマ花燃ゆ・(34)薩長同盟! 〜史上最悪の敵と手を組む〜

長州藩の大転換期、であります。

高杉晋作の挙兵により幕府恭順派は一掃され
これによって長州藩は幕府との対決に向けて
大きく舵を切ることになります。

それにより、幕府が薩摩をはじめとする長州征伐軍を送り込み
いずれは幕府と戦になるのは必定であります。
その前に、毛利家お世継ぎの子として生まれた
毛利元徳と銀姫の子・興丸に、小姓をつけることになりました。

続きを読む "大河ドラマ花燃ゆ・(34)薩長同盟! 〜史上最悪の敵と手を組む〜"

| | コメント (0)

2015年8月22日 (土)

何時間寝るンだ

睡眠という観点で言えば、最近はなかなか調子がいいです。

いや、調子がいいのか? 悪いのか?w
つまり寝過ぎってわけですね。
寝過ぎもあまりよろしくないですよね。

昨日は午前1時まで夜更かししてしまったのですが、
午前10時に起床し、
午後2時から5時までお昼寝してしまいました。

でも、夜は夜で午後11時半から朝5時半まで
しっかりと眠っていましたものね。

まぁ、日ごろ寝る時間が短めなので
何もせずに寝てばっかりの休日もいいですよね。
許しておくれ〜。

| | コメント (0)

2015年8月21日 (金)

プレイバック徳川慶喜・(38)条約勅許

新門辰五郎の娘・よしが
徳川慶喜の身の回りの世話係として
宿舎としている京の小浜藩邸に入ることになりました。

とはいえ、火消しの娘がべらんめえ調でお世話していては
慶喜の名誉にも関わることなので、ここはおとなしく
女中に礼儀作法を習うことにしますが、

まずは基本からということで、おじぎの仕方から始めるのですが
短気なよしには、お公家調の礼儀作法はなかなか大変そうです。

続きを読む "プレイバック徳川慶喜・(38)条約勅許"

| | コメント (0)

2015年8月20日 (木)

2週間の間隔

いつもお世話になっている整骨院がお盆休みということもあって、
前回の施術から2週間の間隔となりました。

はじめて2週間空けるということもあって
身体の不調は少し不安だったのですが、
お盆休みで激務であった割には、腰の痛みはさほど強くなく
安定していた2週間であったと思います。

ただ、先生曰く
身体のゆがみが生じているとかで、
骨盤と背骨と
噛み合わせの問題でアゴをごりごりやられました(涙)。

非常に痛かったっす(T^T)

| | コメント (0)

2015年8月19日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(122)

終点停留所の旅“たそがれ”第92弾です。

今回はF岡県北K州市Y幡東区の
H柱Kーブル駅バス停をご紹介します。


Mh2348

“H柱Kーブル”の山麓駅。

北九州を一望できる皿倉山山頂(標高622m)までは
ケーブルカーとスロープカーを乗り継いで行くことが出来ます。

ケーブルカー約6分800円、スロープカー約3分420円。
通しで1,200円なり。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(122)"

| | コメント (0)

2015年8月18日 (火)

プレイバック翔ぶが如く・(24)新たな契り

長州藩は、完全に孤立しております。
海からは外国艦隊の攻撃を受け
陸からは征長軍に囲まれていたわけです。

そして瀕死の長州藩を滅亡から救ったのが
西郷吉之助でありました。

長州藩では元来、家臣団の集団指導体制が確立していました。
この時期は穏健な保守派が実権を握っていましたが、
藩内には依然として、過激な尊王攘夷の声が高かったわけです。

征長軍の引揚げと同時に、
高杉晋作と桂小五郎をリーダーとする
尊攘派が蜂起し再び藩の実権を握ります。

禁門の変に敗れ、外国との戦いに敗れ、
征長軍にも屈した長州藩は、その苦難の中から
従来の過激攘夷思想を捨て、討幕を旗印に再起。
ここに桂・高杉を中心とする新生長州藩が誕生したわけです。

続きを読む "プレイバック翔ぶが如く・(24)新たな契り"

| | コメント (0)

2015年8月17日 (月)

行き当たりばったりの旅

行き当たりばったりの旅行は、とっても楽しいですね。

ガイドブックなんか見ながら、あっこに行ってみよう! とか
あれ食べてみよう! とかここ泊まってみよう! とか決めながら
予期せぬ出来事があって……。

まぁ、Kassyの場合
ひとりで日帰り旅に行くことはよくありますが、

どのルートに乗って行って
どう帰って来るかをベースに考えて行動するので、
どこで何食べて、どこで泊まって、ということは一切考えませんが、
それでもなかなか楽しいものです。

ただ、ひとり旅っていうのはちょっと不安要素もあるんですよね。
ここで倒れたらどうしようとか、事故起こしたらどうしようとか、
帰れなかったらどうしようとか。
だからこそ、ひとり旅の時はあまり無茶しないようにしています。

でも、行き当たりばったりの旅、すごい憧れます。

| | コメント (0)

2015年8月16日 (日)

大河ドラマ花燃ゆ・(33)花となるために 〜宿敵との対決 別れの果てに女咲く〜

ドラマを年表としてみたとき、現在放映している部分が
幕末という年表のどのあたりに位置しているか
分からなくなっている方も多いかもしれませんけど、

長州藩にとって運命の、元治元(1864)年がようやく終わりました。

ちなみにこのドラマでは、第24回「母となるために」から
前回の第32回「大逆転!」でこの元治元年という時期を扱っておりまして、
およそ2ヶ月にわたって放映していたので
少々間延びした感は否めませんけど(^ ^;;)

一応、足踏み状態からほんの少しだけ踏み出した、ということだけは
ご承知おきいただきたいと思います。

続きを読む "大河ドラマ花燃ゆ・(33)花となるために 〜宿敵との対決 別れの果てに女咲く〜"

| | コメント (0)

2015年8月15日 (土)

はぴはぴ

Happy Happy Birthday !!

ちょんびんさん


今日、8月15日は
ヘビーコメンテーターのちょんびんさんの誕生日♪

てなわけで、Kassyから
奇跡の言葉をお一つ。

──────────

学校の成績なんて気にすることはありません。
何か好きなことが一つあって、
それを一生懸命できる
ということが人生の一番の喜びなんです。


(瀬戸内寂聴さんの言葉より)

──────────

おめでとうございまーす。

| | コメント (0)

2015年8月14日 (金)

プレイバック徳川慶喜・(37)慶喜の頭痛

中山道の山中。

兄・早川重吉の仇討ちで
弟・良介の襲撃を受けた村田新三郎ですが、
良介を斬って倒したものの、自身も瀕死の重傷を負います。

遠く離れていたみよは
倒れた新三郎に駆け寄り名前を何度も呼びますが、
無念ながらそのまま息絶えてしまいます。

後を追おうと、新三郎の刀で自害しようとするみよ。
そのみよの手から刀を取り上げようとする女がいました。
新三郎の妻・たみです。

後生だから! 待ってるから!
そう懇願するみよに、天狗党への攻撃が始まったため
新三郎から無理矢理引き離して避難するたみです。

続きを読む "プレイバック徳川慶喜・(37)慶喜の頭痛"

| | コメント (0)

2015年8月13日 (木)

vol.173・渋滞の季節

vol.173・渋滞の季節
(パーソナリティ:Kassy)

第173回放送です。

お盆の帰省ラッシュに、観光に、Uターンラッシュに、と
この時期はとかく渋滞の多い季節!
うんざりする前に、打てる手は打っておきましょ♪

今回のListening Pointは……
流星


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

| | コメント (0)

2015年8月12日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(121)

終点停留所の旅“たそがれ”第91弾です。

今回はF岡県北K州市Y幡東区の
I倉バス停をご紹介します。


Mh2347

普段走っている高架道路の下に
まさか“終点停留所”というお宝が
眠っていよう(※)とは思いませんでした、の図。

(※)決して眠っているわけではないのですけれどw

地元の方にとっては当たり前すぎる光景も
地元以外の人にとっては非日常ゆえに
通り過ぎる風景も、実際にそこで降りてみて
ハッと気づくことも多いと思います。

特に、防音壁で囲まれて、道路下の風景を
見づらい環境にある高架道路ではなおさらです。

あとは、地図などで確認して「そうだったんだー」と認識するパターン。
でもこれは、地図を見て探してみようという意欲がなければ
なかなか発見できません。

そうです、一般に市販されている道路地図というものは
宝の地図とは違って、わざわざバッテンして
教えてくれているわけではないのです。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(121)"

| | コメント (0)

2015年8月11日 (火)

プレイバック徳川慶喜・(36)仇討ち

長州征伐の勅命が下ったとはいえ、
実質的には何も動けていない状況に
徳川慶喜は焦りの色を見せ始めています。

将軍が長州征伐に向かう以上、
征伐の総督には御三家から、という思惑があって
尾張藩の徳川義勝を推挙したものの、固辞しているとか。

慶喜は、義勝への説得はそのまま続けるとしても
将軍に一日も早く上洛してもらわねば
勅命を出した天皇や朝廷への信頼問題に関わるわけです。

続きを読む "プレイバック徳川慶喜・(36)仇討ち"

| | コメント (0)

2015年8月10日 (月)

お酒は弱い

……という、自分自身としては分かっていたつもりのことを
改めて認識しないといけませんね(^ ^;;)

普段は焼酎ロックを楽しむKassyですが、
まぁ確かにロックはちょびちょび呑んでいくので
アルコール度数が高くても、そこまで影響しなかったのでした。

チューハイの軽さにだまされて(?)、
たまたま見つけた焼き鳥専門店で買った焼き鳥と合わせて
度数の高いものをクイックイッと短時間で飲み干してしまったら
頭が急にガンガンと痛み出しました。

基本的にKassyはお酒は弱いのです。
本人でさえ忘れていたことを再認識した一日でした。

| | コメント (0)

2015年8月 9日 (日)

大河ドラマ花燃ゆ・(32)大逆転! 〜高杉決起、女も決戦で奇跡が!〜

幕府への絶対恭順を掲げる椋梨藤太によって
長州藩三家老が切腹、四参謀が斬首を命ぜられるなど
藩内改革派への粛清は激しさを増していきます。

そんな中、驚きの知らせが萩にもたらされます。
元治元(1864)年12月15日のことであります。
「高杉が、下関で兵を起こした」

萩城下も大変な騒ぎになっていて、
小田村伊之助の処刑も土壇場で取りやめとなります。
藤太に伊之助助命を訴えて騒ぎを起こし、牢に隔離されていた美和は
その反乱から銀姫を守るために牢を出されます。

続きを読む "大河ドラマ花燃ゆ・(32)大逆転! 〜高杉決起、女も決戦で奇跡が!〜"

| | コメント (0)

2015年8月 8日 (土)

心が風邪を引いた時は

ゆっくり休むに限るっ!
もう何も考えない!

一心不乱に集中する!
没頭する!
何も考えない!
忘れる!

| | コメント (0)

2015年8月 7日 (金)

プレイバック徳川慶喜・(35)母の苦悩

天皇のお膝元、京都で勃発した戦。
徳川慶喜は、果敢にも戦場へ飛び出して行きます。

しかし、一発の銃弾が慶喜の身体を貫き──。
「殿ーッ! 殿をお運びいたせッ!!」

後方へ運ばれて行く慶喜ですが、パッと目を覚まします。
どうやら鉄砲玉は身体を貫いたのではなく、
頬をかすめていって、慶喜は気絶していたようです。

慶喜は、長州勢を追い払うためにも
京の屋敷に火をかけさせます。
おかげで長州勢を追い落とすことが出来ましたが
京の町は焼け野原になってしまいました。

続きを読む "プレイバック徳川慶喜・(35)母の苦悩"

| | コメント (0)

2015年8月 6日 (木)

こんなところで話しても

毎週木曜日は整骨院の日ですw

今日、いつもよりも20分ほど早く整骨院に乗り込んだので、
予約時間までの間、「ローラーベッド」と言って
仰向けに寝て背中側をローラーでゴロゴロされる機械に
横たわって身を任せておりました。

すると、近くから聞き慣れた声が。
職場の元同僚の方ではないですか!!
半年ぐらい前に職場に遊びに見えられていたので
それ以来でしょうか。

Kassyは、その元同僚の方が
ココの整骨院に通っていらっしゃる(らしいよ)、というのを
他の方から聞いていましたが、
実際にココでお会いするのは初めてであります。

元同僚の方も、予約時間まで少し時間があるようで
お互いの待ち時間、いろいろとお話ししました。
お話、といってもネタは専ら“ココの整骨院のすばらしさ”。

対談で特集組めるのではないかしら、というぐらい
たくさんたくさんお話ししたのですが、
よくよく考えれば、院内で院をベタ褒めする話をしても
あまり意味ないですよね(^ ^;;)

院外で話をして評判作りをしないと(笑)。


というわけで、次の整骨院は
来週は院がお盆休みに入るので
再来週、ということになりました。

| | コメント (0)

2015年8月 5日 (水)

方向幕考(121)改

“センバツ・ほうこうまくぅ(方向幕コレクション)”。
今回は、第121回(第67弾)でご紹介した内容の再修正版です。

第121回では、N鉄バスグループのH田バスからYふいん号車両と
N鉄バスH多営業所からHかた号車両をご紹介しましたが、
今回修正したのは、Yふいん号車両の方向幕です。

突然ですが問題です。

今まで公開していた方向幕と、今回修正して更新した方向幕、
ほんのちょっと、ほんのちょっとですが変化しています。
さて、それはどの部分でしょう?

ヒント1:修正した部分は1ヶ所ではありません。
ヒント2:よりオリジナルに近づけました。
(これでもう分かっちゃうかなw)


<方向幕コレクション>
専用ページへ

| | コメント (0)

2015年8月 4日 (火)

プレイバック徳川慶喜・(34)御所突入

八月十八日の政変により京都を追われた長州藩が
京都奪還を目論んで京の町を襲撃する計画を密談中、
嗅ぎ付けた新選組によって御用を受けた池田屋事変。

このことが良かったのか悪かったのか
長州藩の立場がなおいっそう悪くなり、
ここは窮鼠猫を噛むが如く、後には引けず
薩摩藩や会津藩と一戦交えることになるかもしれません。

京で迎え討つ側としては、
危険因子である長州藩を一掃するチャンスではあります。

続きを読む "プレイバック徳川慶喜・(34)御所突入"

| | コメント (0)

2015年8月 3日 (月)

時間的な余裕

“時間的な余裕”は、時として余裕でなくなることが多いです。
それは意図する意図しないに関わらず。

「今日は時間的に余裕がある」から、業務の残り時間に
あれやってこれやって、それでも時間が余るだろうから
日ごろできないあんなことこんなことをこのチャンスに
こなしてしまおう、と頭の中であれこれと考えるわけですが、

やれ外線電話の応対だの(←想定外の問い合わせ数が一気にw)、
設備の故障で修繕だの(←身動き取れないw)、

予測しうること以外で時間を取られてしまって
“あれやってこれやって”の部分すら
できなくなってしまうことがよくあります。

まぁ、いつも“最悪の状況を考える”とか
“想定外を想定する”必要があるのでしょうけどね(^ ^;;)

| | コメント (0)

2015年8月 2日 (日)

大河ドラマ花燃ゆ・(31)命がけの伝言 〜二度と会えぬなら告白を!〜

長州藩に大粛清の嵐が吹き荒れます。

幕府に恭順し許しを請うため、三家老が切腹。
四参謀も打ち首となり、椋梨藤太によって捕らえられた
小田村伊之助・松島剛蔵のふたりにも、斬首の危機が迫っていました。

野山獄でふたりを見守る福川犀之助ももちろんですが、
美和も、ふたりに対して何もしてあげられません。


ともかく萩城の奥では、おはぎの効力があったかどうかはさておいて
銀姫懐妊が明らかとなり、その準備に大わらわです。
藩主・毛利敬親の正室、都美姫は、大事なお世継ぎだからと
自分のお抱え医師を銀姫に譲るなど、相当に気を配ります。

そして銀姫は、嫌いでありながらも美和を頼り
お側近くにおくようになっていました。
美和の出世を快く思わない日出や園山には
「早めに芽を摘んでおかねば」と、恨みの対象でしかありません。

続きを読む "大河ドラマ花燃ゆ・(31)命がけの伝言 〜二度と会えぬなら告白を!〜"

| | コメント (0)

2015年8月 1日 (土)

せっかくの早上がりなのに

1度ならず2度までも忘れ物を取りに
会社に戻る羽目になってしまいました(^ ^;;)

1度目は、会社を出て車で2〜3分走ったところで
備品を戻し忘れたのを思い出し、そのままUターンして。

備品をきちんと戻し、夕ご飯を食べに某飲食店へ出向いたとき
いつものようにスマホでも触ろうかねぇ、とカバンの中に手を突っ込むと
……な、ないw

始めは、もう会社に戻らずに明日でもいいか〜、という感じでしたが
迷った挙げ句、再度会社へ戻りました。
これで2度目。

あー、なんてドジなんだろう……(^ ^;;)

| | コメント (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »