« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月30日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(127)

終点停留所の旅“たそがれ”第97弾です。

今回はF岡県北K州市K倉南区の
O馬バス停をご紹介します。


Mh2377

O馬からの風景。
奥の奥までやってきた感じです。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(127)"

| | コメント (0)

2015年9月29日 (火)

プレイバック翔ぶが如く・(27)王政復古

薩摩は、ついに討幕の密勅を手に入れますが
坂本竜馬提唱の大政奉還で、
将軍徳川慶喜は名を捨て、実をとったわけです。

討幕の名目は、ここで潰えた……かに見えました。
しかし西郷吉之助、大久保一蔵らは、
討幕の密勅をどうにか活かしたいと模索しています。


慶応3(1867)年11月、薩摩から藩主島津茂久が
兵を率いて上洛することになりました。

国父島津久光は、有村俊斎とともに薩摩でお留守番です。
そして今回の出府には、西郷家から
次男西郷吉二郎も参加することになりました。

続きを読む "プレイバック翔ぶが如く・(27)王政復古"

| | コメント (0)

2015年9月28日 (月)

退勤直前に

明日締切の予期せぬ仕事が舞い込んできました。

ただ、締切は明日の15時なので
その仕事に気づかなかったフリをして明日に回す、という手もあり(笑)
他部門では現にそうしているところもあったようですが、

明日には明日の、大量の業務があり
締切の15時までにその仕事をこなせるかを考えると、
恐らく無理な気がしてきました。
やはり今日のうちになんとか仕上げてしまわねばならないわけです。

ナイショで居残って、仕上げました(^ ^;;)

まぁ、放っておけないんでしょうな。
同僚の方に「もう性格だね」と言われてしまって
自分でもそれは充分すぎるほど分かっているだけに
思わず苦笑してしまいました。。

| | コメント (0)

2015年9月27日 (日)

大河ドラマ花燃ゆ・(39)新しい日本人 〜奥御殿解散! 女の再就職は?〜

前藩主・毛利敬親が病床に伏し
奥御殿では、その病気回復を願って
必死の祈りが捧げられていました。

興丸の傅役であった久坂美和ですが、
敬親は、美和が作り育てた野菜だけは口にするらしく
都美姫と銀姫の命により、興丸の世話からはひとまず離れて
敬親の世話をすることになりました。

敬親は、新政府の参与という重要な職に就いていながら
己の一存で楫取素彦を長州に引き戻してしまったことを後悔していて、
美和にも、己の信じる道を真っすぐに
進んで行ってもらいたいと言葉をかけます。

新しい日本で、新しい日本人を作っていきたい──。
「そうせい」

それが、敬親の美和への最期の言葉となりました。

続きを読む "大河ドラマ花燃ゆ・(39)新しい日本人 〜奥御殿解散! 女の再就職は?〜"

| | コメント (0)

2015年9月26日 (土)

査定

数年ぶりに本を売りました。
本と言っても情報雑誌ですけど。

こういった情報系雑誌の場合、出版時期が査定に大きく影響するのは
かつて中古本販売店でアルバイトしていたワタクシは知っていたので、
手遅れになる前にパパッと売ってしまおうと考えていたのですが、

かつてアルバイトに行っていたお店に持って行きますと、
雑誌A・雑誌B・雑誌Cの3冊で130円という査定。。。

そして、雑誌Aは実は同一内容で2冊ありまして、
(Kassyが間違えて、全く同じ本を別のお店で買ってきてしまったことに由来)
うち1冊は買取、残り1冊は買取不可ということになりました。
これはまぁ、盗難品などを大量に持ち込まないようにする防御策なので
同一本は1冊のみしか買い取り出来ないのは仕方ないのです。

まぁ、1冊10円という最低金額での査定を考えれば
もちろん高価買取というわけですが、

とても新しい雑誌であったので、購入金額の
2掛、3掛(0.2倍、0.3倍)かと思っていたら、
それよりも遥かに安い査定金額に思わず顔も引きつります(^ ^;;)

で、買取出来なかった雑誌Aを1冊、
別の書店に持ち込んで買い取ってもらうと
査定金額はナント100円……!!

うーん!
さすがツ○ヤさん、分かっていらっしゃる!
こんなことなら3冊ともコチラに持ち込めば良かったぞ!!
ま、手遅れですけどね(^ ^;;)

今度から、ツ○ヤさんに売りに行くことにしましょう(笑)。

| | コメント (0)

2015年9月25日 (金)

プレイバック徳川慶喜・(46)小御所会議

大政を奉還した徳川慶喜は
将軍の職務を辞退する旨、朝廷に届け出ますが、

政権を返上されて大混乱に陥っている朝廷では
各諸大名に諮った上で決めるゆえ、
それまでは将軍職も政務もそのままに、との返答です。
将軍職も返上した! と慶喜は返答をはねのけます。

京都所司代の松平定敬は
幕府の軍勢が無傷でいるのに、
摂政の署名がないニセの密勅に脅かされて
大政を奉還したのが悔しくて、慶喜に挙兵を求めますが
慶喜は首を縦には振りません。


二条城に松平春嶽が来ました。

続きを読む "プレイバック徳川慶喜・(46)小御所会議"

| | コメント (0)

2015年9月24日 (木)

vol.176・あなたのお名前

vol.176・あなたのお名前
(パーソナリティ:Kassy)

第176回放送です。

ものの名前の呼び方によって、
出身地域が分かるそうですよ。
懐かしい名称が登場するといいですね。

今回のListening Pointは……
チュチュ


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

| | コメント (0)

2015年9月23日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(126)

終点停留所の旅“たそがれ”第96弾です。

今回はF岡県北K州市Y幡東区の
T代バス停をご紹介します。


Mh2371

地図にあるように「現在地」とある“バス停”部分でお客さんを下ろし、
デルタ地帯を上手く使って方向転換し、折り返して行く……のかな?

取材日にはすでにN鉄バスが廃止されていて
地図にあるような 公民館前にバス停がなかったので、
もしかしたら、廃止最晩年には、後でご紹介する乗車バス停のみで
お客さんを乗降させていたのかもしれませんね。

ちなみにこの看板は、「筑前」「豊前」の国境を示す石
“T代の国境石(くにざかいいし/こっきょういし)”の説明板です。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(126)"

| | コメント (0)

2015年9月22日 (火)

プレイバック徳川慶喜・(45)大政奉還

長州藩主・毛利敬親は謝罪の嘆願書を差し出すこと──。

将軍・徳川慶喜のこの主張に
松平春嶽、島津久光、山内容堂、伊達宗城は、
長州処分と兵庫開港を同時に進めていく約束を反古にして
独断で政治を行っていると糾弾。

ともに政治を行っていこうという自分たちの意見を無視し
利用されているだけではないか、と疑念を抱き始めた彼らは
慶喜に大政奉還をさせようという気持ちが強くなりつつあります。


土佐浪人・坂本龍馬が考えた『船中八策』を入手しました。

長州や薩摩に頻繁に出入りしている龍馬の考えを知れば
長州や薩摩が何をどうしようとしているのかを
理解しやすいかもしれないと幕臣が入手したものですが、

大雑把な箇条書きで「分からぬ」と言いつつも
およそ横井小楠と考えが一致しているようです。
もしその考えが長州や薩摩がすでに持っているとすれば
幕府側もゆっくりと構えている場合ではありません。

続きを読む "プレイバック徳川慶喜・(45)大政奉還"

| | コメント (0)

2015年9月21日 (月)

おとなの遠足

先日、会社でお世話になっている先輩や仲のいい同僚を誘って
Kassy含め合計6人でちょっと遠出して参りました。
“おとなの遠足”、またの名を『カッシーツアーズ』と申しますw

もうね、数日前からワクワクがピークに達しておりまして
あまりに興奮しちゃって全然眠れない眠れない(子どもかw)。

Kassy家の車に乗って行く、ということもあり、
2日前のお休みの日にも、気合い入れて
車のお掃除してピッカピカに仕上げました。
どれだけ楽しみにしていたか、お分かりいただけるものとw

続きを読む "おとなの遠足"

| | コメント (0)

2015年9月20日 (日)

大河ドラマ花燃ゆ・(38)届かぬ言葉 〜銃声の城で彼女の涙を受け止めるは誰〜

明治が、幕を開けました。

毛利敬親から毛利元徳へ世代交代した
長州藩の政治を支えるために
楫取素彦は京から山口に戻ってきました。

そして奥御殿にも変化が起きていました。
明治2(1869)年、「御前様」と呼ばれていた
トップの都美姫が敬親とともに隠居し、
藩主の妻たる座を、嫁の銀姫に譲ったわけです。


「知藩事」となった元徳には、明治新政府から
やっとの思いで成し遂げた版籍奉還に続いて
兵制改革をせよ、とのお達しが届いていました。

これまで長州藩は、幕末の動乱を戦い抜くために
兵力を次々に増強し、財政に大きな負担をかけてきました。
奇兵隊など諸隊を解散し、財政の立て直しを図るという
大きな使命が、元徳に課せられたわけです。

まぁ、仮に新政府からのお達しがなくとも
諸隊を解散して財政的に軽くしなければならないということは
いずれは実行しなければならないので、
一挙両得、というものです。

続きを読む "大河ドラマ花燃ゆ・(38)届かぬ言葉 〜銃声の城で彼女の涙を受け止めるは誰〜"

| | コメント (0)

2015年9月19日 (土)

5連休!

連休初日です。
みなさまいかがおすごしでしょうか。

もともとは、まとめて取れる休日を増やそう!
というところからスタートした休日の考え方ですが、
そういう意味で休みを組んでいくと
今回のような長期連休が数年ぶりに出来上がるわけですが、

Kassyのようなお客さん商売をしておりますと
連休ということは、それを利用してお買い物をするお客さんを
受け入れる側として身構えなければなりません。

「もうけ時じゃん」と言う方もいらっしゃるでしょうが、
もともとは“休みを増やそう”という考えからスタートしているはずです。
公務員はじめ、一般企業の方々のお休みが増えれば増えるほど
サービス業の休日は減り、通常の仕事はハードになっていきます。

サービス業に携わる人たちの休日も
もうちっと考えてほしいなぁ……と愚痴りたくなる一日でした。

| | コメント (0)

2015年9月18日 (金)

プレイバック徳川慶喜・(44)討幕

徳川慶喜による兵庫開港の約束は、朝廷内を混乱に巻き込み
今は政治的権力が失われている薩摩長州寄りの
公家たちの復権活動へと広がってしまいます。

混乱していたのは朝廷だけではなく、二条城でも
今度の将軍は幕臣たちの思い通りにはならないと知って
反発するやら、嘆き悲しむやら。

一方、民衆たちの面ですが
物価が高騰した影響で一揆や打ち壊しが各地で発生します。

薩摩藩の家老・小松帯刀は、慶喜が行う幕政改革
あるいは陸海軍の基礎固めに危機感を抱いております。
あと2年もすれば、慶喜率いる幕府は強力な存在に成長していて
各国の諸大名がまったく太刀打ちできない相手になっているでしょう。

慶喜に出し抜かれないように、と
藩士の大久保一蔵に釘を刺しておきます。

続きを読む "プレイバック徳川慶喜・(44)討幕"

| | コメント (0)

2015年9月17日 (木)

新サラダ

某ファミリーレストランのメニューに
新しいサラダが登場!
お値段なんと90円!w

最近、焼酎ロックにサラダをいただいているのですが、
お値段が290円or390円なので
経済的にもなかなかうれしい価格設定です。

まぁ、価格が言うように
通常のものよりもシンプルな作りなのですが、
カロリーもとても低いし、仮に2皿食べたとしても
低価格・低カロリー・満腹感!

これからのKassyの中での定番になりそうです。

| | コメント (0)

2015年9月16日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(125)

終点停留所の旅“たそがれ”第95弾です。

今回はF岡県北K州市Y幡西区の
畑K音バス停をご紹介します。


Mh2364

畑K音とは「音滝山釈王寺(いんたきさんしゃくおうじ)」のことで
他にも「音滝観音」「瞽女観音(ごぜかんのん)」とも呼ばれているそうです。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(125)"

| | コメント (0)

2015年9月15日 (火)

プレイバック徳川慶喜・(43)議題草案

孝明天皇崩御の訃報を受け、江戸城大奥では
和宮からおつきの者に至るまで嘆き悲しみます。

和宮にしてみれば、江戸城に入って
母の観行院が亡くなり、夫の徳川家茂が亡くなり、
今度は兄の孝明天皇であります。

これほどまでに身内が次々と亡くなれば、
天皇がかつて目指していた公武一和も
話自体がなかったことになってしまいます。


16歳の睦仁親王が新たな帝として玉座に就き、
後見役の摂政には関白の二条斉敬が就任します。

長州寄りの公家たちは、今までに処罰を受けて長州に流れている公家、
現在処罰を受けている公家、岩倉具視らも含めて
先帝に罰を受けた者たちの赦免を摂政に働きかけているようです。

続きを読む "プレイバック徳川慶喜・(43)議題草案"

| | コメント (0)

2015年9月14日 (月)

ちょっと夜更かしできる♪

ウチの会社のシフトを、勤務時間の早い順に
A(午前7時〜)、B(午前9時〜)、C(午前11時〜)、D(午後1時〜)と打つと、
今までは、毎週月曜日はDで、毎週火曜日がCだったKassyのシフトが、
7月からは、毎週月曜日はBに、毎週火曜日がDに変更されました。

Dは午後1時にスタートします。
シフトDの日は、午前2時半に寝て午前10時半に起きれば充分なので、
(前日のシフトBで)午後6時に勤務終了し、
ふつうに帰ってふつうにご飯を食べ、ふつうにお風呂に入っても、
時間的にはかなり余るわけです。

この余裕さが、Kassyは大好きです。
本を読むのもよし、DVDを見るのもよし、
パソコンでいろいろ文書やデータをいじるような
時間がかかってしまう作業に入っても、余裕で全く問題ありません。

(といいながら、そんな時間を利用して更新していなかった日の
ブログ記事をせっせせっせと書き上げているわけですがw)

はい、楽しませてもらっておりますー♪

| | コメント (0)

2015年9月13日 (日)

大河ドラマ花燃ゆ・(37)夫の忘れがたみ 〜まさかの出会い! 新時代! 女の本音と決意〜

慶応4(1868)年・京──。

幕長戦争で幕府を打ち破った長州藩は
薩摩藩とともに決戦に備えていました。

美和が京に到着したとき、“京で戦が始まる”と
民衆たちは続々と避難を始めていました。
長州藩の陣所に顔を出した美和ですが、
元徳の薬を届けるのもそこそこに
亡き久坂玄瑞の子を捜しに、京の町に出て行きます。

しかし、品川弥二郎に教えてもらった
その玄瑞の相手・辰路がいる場所に赴いてみても、誰もいません。
戦の直前だけに、みな身を隠してしまったらしいのです。

失意のまま、長州本陣に戻ろうとしますが、
道に迷ってしまって帰ることが出来ません。
ひょんなことで浪人にからまれた美和は必死で逃げますが、
それを救ったのが、なんと辰路でした。

続きを読む "大河ドラマ花燃ゆ・(37)夫の忘れがたみ 〜まさかの出会い! 新時代! 女の本音と決意〜"

| | コメント (0)

2015年9月12日 (土)

久々の登場

あれはKassyがオーディオメーカーの販売員として
Yマダ電機に通っていた頃だったので
およそ13年前……? でしょうか。

ひさびさに、押入から引っ張り出してきました。
小型マッサージ機。
買って13年が経過するというのに
ほんの数回しか使っていないという……。

本当に必要だったのか?
その是非が問われると言っても過言ではない
(いや、やっぱり必要だった、と声を大にして言いたい)
そんな小型マッサージ機を、久々に出してきました。

仕組みは非常にシンプルなもので
イボイボのついたローラーがゴロゴロと回って
当てた身体の部分をマッサージするという仕組みなのですが、
それは、マッサージというにはほど遠く、少々痛い(笑)。

それでも、
昨日は太ももをゴロゴロ、
今日は足の裏をゴロゴロ。

まぁ、マッサージ店でマッサージしてもらっても
基本的に脚を触られると、パンパンに張っていて痛いので
人の手であろうが、小型マッサージ機であろうが
結果的には痛いのですけど、

お金はかからない(電気代のみ)ので、
これでしばらくはガマンしたいと思いますw

| | コメント (0)

2015年9月11日 (金)

プレイバック徳川慶喜・(42)孝明天皇の死

第15代将軍に就任した徳川慶喜は、幕政改革に取り組みます。

江戸の一橋家ですが、慶喜はお殿さまから「上様」へ、
美賀は、将軍正室を表す「将軍御台所」へ呼び方が変わり、
これまでのような親しい間柄ではなくなります。

さらに、慶喜が徳川将軍家を継いだことで
空位になる一橋家当主の座には、元尾張藩主の36歳
徳川茂徳(もちはる)が相続することになり、

その正室も一橋屋敷にやって来るので、
慶喜の先々代当主の正室(慶喜の義祖母)・徳信院直子も
そろそろ一橋屋敷を出ることを考えなければなりません。

続きを読む "プレイバック徳川慶喜・(42)孝明天皇の死"

| | コメント (0)

2015年9月10日 (木)

vol.175・the Wrong Number

vol.175・the Wrong Number
(パーソナリティ:Kassy)

第175回放送です。

間違い電話、かけた方も受けた方も
気まずくなってしまいますよね。
というわけで、間違い電話の爆笑話をどうぞ!

今回のListening Pointは……
戸次さん結婚!!


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

| | コメント (0)

2015年9月 9日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(124)

終点停留所の旅“たそがれ”第94弾です。

今回はF岡県北K州市Y幡西区の
北K州ハイツバス停をご紹介します。


Mh2359

北K州ハイツ──。

外観は、一見すると結婚式場のようにも思えますが、
ネットで調べてみますと、「会議・研修」「宿泊」「レストラン」など
いろいろなことができる施設のようです。

実は「北K州パレス(『北K州勤労青少年文化センター』)」と
先ほどの先ほどまで勘違いしていました。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(124)"

| | コメント (0)

2015年9月 8日 (火)

プレイバック翔ぶが如く・(26)討幕への道

第二次長州征伐は、幕府側の大敗に終わります。

10万の幕府軍は、島根、広島、瀬戸内と
小倉の四方から長州に攻め寄せ、
対する長州勢はわずか5,000。

しかし長州勢は、郷土を守ろうという意識は高く
天才的軍略家の大村益次郎も頭角を現し
彼が指揮するゲリラ戦法は、各地で連戦連勝。

そんな中、将軍徳川家茂が突然の病死。
将軍後見職たる一橋慶喜は最後の切り札となります。
8月、徳川宗家を相続することは是としますが、
将軍職継承については断固として拒否。

10年前、薩摩藩が将軍に押し上げようとした慶喜は
いま、薩摩の最大の敵として姿を現したわけです。

続きを読む "プレイバック翔ぶが如く・(26)討幕への道"

| | コメント (0)

2015年9月 7日 (月)

はぴはぴ

Happy Happy Birthday !!

弟くん(甥っ子くん2号)♪


昨日、9月6日は弟くんの誕生日♪
(毎週日曜日は大河ドラマ記事と決まっておりますので
1日遅れのご紹介となりました。あしからず!)

てなわけで、Kassyから
奇跡の言葉をお一つ。

──────────

自分を好きになるということは、
自分を変えて、好きな自分になるのではなく、
ダメな自分を受け入れることだから


(心屋仁之助さんの言葉より)

──────────

おめでとうございまーす。

| | コメント (0)

2015年9月 6日 (日)

大河ドラマ花燃ゆ・(36)高杉晋作の遺言 〜仰天! 夫の秘密を知り天命を〜

高杉晋作らが幕府軍を撃破していたころ、美和は
これまでの奥への忠義が認められて、都美姫から中臈に任ぜられ、
家名断絶となっていた久坂家を再興させるお許しを得ます。

中臈に上がったことで、着物もきらびやかになり
なお一層、興丸の養育に力を注ぐ美和ですが、
興丸は美和が育てた野菜をなかなか食べてくれません。
身体に良いものだ、と説明しても、こればかりは何ともw

母の銀姫も「食べなくともよい」と援護射撃。
「子を産んだことのないお前に何が分かる」と
銀姫に言われてしまっては、何も言えなくなってしまうのです。

お世話役の潮までも、興丸の好きなものに作り直させると言い出す始末。
美和は完全に立場をなくしてしまいます。

傅役とはいえ、興丸は美和が産んだ子どもではないので
銀姫に対抗してもなかなか難儀なことだとは容易に想像がつきます。
遠くからその様子を見つめる都美姫は
美和にいたわりの言葉をかけてやります。

続きを読む "大河ドラマ花燃ゆ・(36)高杉晋作の遺言 〜仰天! 夫の秘密を知り天命を〜"

| | コメント (0)

2015年9月 5日 (土)

ツメ

Kassyの足の指のツメ(特に親指)は
なるだけ短く、と努めて切っていくと巻きヅメになってしまい
ツメの端が皮膚に食い込んでしまってとても痛いので、
その対策として、皮膚に食い込まない程度まで
しばらくツメを放置するようにしております。

放置する、と言っても
永久に放置し続ければ、ツメも長く長く伸びてしまって
靴下に穴を空ける結末に至ってしまうので、

もちろん長くなったらツメは切るのですが、
完全に切って短くするのではなく、
多少ツメは残す程度で切っていました。

ただ、今回はツメの部分がむずがゆくて
久々に短くしよう! と思い立ったわけです。

ま、短く切ったとしても、またしばらくは放置して
巻きヅメにならないように気をつければいいだけなので
恐らく、痛い思いはしなくてもいいでしょう。

しばらく伸ばしていた(※ 意図的にあらず)ツメを
思い切ってキレイさっぱり切ってしまうと、
何だか少し開放感に浸れますねw
あるはずのものが、ない感じ?ww

| | コメント (0)

2015年9月 4日 (金)

プレイバック徳川慶喜・(41)将軍就任

長州討伐の一時中止を打ち出した徳川慶喜でしたが、
幕閣や朝廷の面々はその決定に憤ります。

果ては孝明天皇までが
討伐中止はならぬ! と異例のメッセージを出したことで、
慶喜は京都御所でその弁明をすることになりました。

かつて天皇が討伐の勅命を出した時とは状況ががらりと変わっており
長州征伐に向かうはずの各地の諸大名たちは幕府側から気持ちが離れ
幕府に味方しないか、長州側に寝返るかという有り様です。

そこに諸外国が長州に肩入れすれば
幕府軍としては甚大な被害を受ける可能性があります。
よって、将軍徳川家茂の喪を発表して長州征伐は一旦中止とする、と。

関白・二条斉敬は、小さな戦場で敗戦を喫したとはいえ
幕府軍全体が滅んだわけではないし、
今からその戦に出かけようとする慶喜は元気にピンピンしているのに、
先日の出陣の決意表明は何だったのか、と迫りますが、
戦い方を知っている慶喜は、それでも中止の方針を曲げません。

慶喜は、天皇から討伐中止の勅命が出ると仮定して
それよりも前の段階で長州側と水面下で話し合いを行わせます。
幕府側代表として向かうのは、軍艦奉行・勝 海舟。
海軍操練所時代の教え子が長州にもたくさんいるので、好都合です。

続きを読む "プレイバック徳川慶喜・(41)将軍就任"

| | コメント (0)

2015年9月 3日 (木)

検診

健康診断、受けてきました。

前日は23時半まで会社に残っていての
検診センター1番乗り!(何やってんだw)

40歳になったので、腹部エコー、眼底検査、
それから肺機能検査という検査項目が増えました。

その腹部エコーですが、脇腹が非常に弱い(痛い?)Kassyは
エコーの「探触子(というらしい)」を脇腹に当てられて
グリグリされると、もうたまりません。
奇声を発しそうでした(^ ^;;)

それともう一つ、肺機能検査ですが、
検査するKassy本人よりも、機械を操作する技師さん(♀)の
「ハイ吸って吸って吸って吸って吸えないってぐらいに吸って吸って」
という必死なかけ声がおかしくておかしくて、思いきり吸えなくてw

その勢いで「ハイ吐いて吐いて吐いて全部吐き出して吐いて吐いて」
という必死なかけ声に笑ってしまい、検査になりませんでした。
すんません、一生懸命になっているのにこんなこと書いてしまって。
でも、結果、再検査したんです(汗)。

この腹部エコーと肺機能検査、今までの胃透視検査に
ちょっと苦手な検査項目として加わっちゃいました。

| | コメント (0)

2015年9月 2日 (水)

方向幕考(129)

幕ファンのみなさま、
大変長らくお待たせいたしました。

“センバツ・ほうこうまくぅ(方向幕コレクション)”
通称“幕コレ”の第129回(第75弾)は
Kの井バスから観光快速:Yふりん号車両を
ご紹介します。

続きを読む "方向幕考(129)"

| | コメント (4)

2015年9月 1日 (火)

プレイバック徳川慶喜・(40)徳川家相続

長州征伐が、幕府軍の負け戦のような情勢になり
そんな時に将軍徳川家茂が薨去。

江戸城大奥では、御年寄・瀧山がさも言いにくそうに
次の将軍を決めねば、と天樟院と和宮に伝えます。

天樟院は、家茂がかつて望んでいたように
田安家の亀之助を次期将軍に、と推挙しますが、
和宮は、亀之助がまだ4歳の子供であることを危惧します。

和宮はかつて、次期将軍が亀之助で異存がなかったのは
家茂から将軍を継ぐ時期がまだまだ先で
その間に亀之助は成長すると考えていたからで、
こんなに早くお別れが来ようとは思っても見ませんでした。

続きを読む "プレイバック徳川慶喜・(40)徳川家相続"

| | コメント (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »