2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月の30件の記事

2015年11月30日 (月)

狙ったわけではないけれど

祝日だったり、何か予定がない限りは
現在は毎週月曜日に整骨院に予約して通っております。

今回の予約時間は19:20〜。
おしごとが終わるのが18:15なので、
残業がなければ時間的にはかなり余裕があります。

退勤して同僚といろいろと話をして、
チラッと買い物をしていっても、まだまだ余裕がありますが
そろそろ整骨院に向かった方がいいですかね。

というわけで、整骨院着が19:08。
学校帰りの学生サンたちを中心に、
けっこうな数の患者さんがいらしてます。

「時間前だから待ってもらって」と先生からのお言葉。
まぁ、確かに予約時間よりも早く来ているので
待ちますよ、あぁ待ちますよw

しばらく待っていると、ローラーベッドという
仰向けに寝ていると、下をローラーがマッサージしてくれて
とても気持ちよくなる不思議なベッドがあるんですけど、
それが空いたので、そちらに回ることになりました。

いつもは15分、たまに10分だけのローラーベッドですが、
今回は珍しく、時間を延長して20分で設定してもらえました。
わははわはは。やったね!

ローラー堪能……。

またこれを狙って、
ちょっとだけ早めに行くことにしようかなv(^ ^)v

2015年11月29日 (日)

大河ドラマ花燃ゆ・(48)富岡製糸場の危機 〜世界目指す二人に未来開けるか〜

明治14(1881)年・群馬──。

病気でこの世を去った姉・
寿の位牌に手を合わせる毎日です。
そんな姉に報告するのは、かつて姉と約束した
「おんなたちの学び場」が出来上がったことです。

書道にそろばん、源氏物語にお菓子作り。
みな楽しそうに勉強しています。
美和が作った氷菓子(アイスクリーム)も、
みなで試食して大歓声を上げています。

陣中見舞い(?)に訪れた阿久沢せいも
「休みン時になると、みんなこっちにすっ飛んでくるんだからね」と
嬉しいのやら寂しいのやら、です。

月謝も、野菜などの食べ物を持ち込んで。
美和は喜んでその気持ちを受けます。
お金がないなら、みんなができることでお月謝の代わりを支払う。
まるでここは、おんなたちの松下村塾のようです。

続きを読む "大河ドラマ花燃ゆ・(48)富岡製糸場の危機 〜世界目指す二人に未来開けるか〜" »

2015年11月28日 (土)

はぴはぴ

Happy Happy Birthday !!

たくとんさん


今日、11月28日は
たくとんさんの誕生日♪

てなわけで、Kassyから
奇跡の言葉をお一つ。

──────────

美しいものを美しいと思える、
あなたの心が美しい。


(相田みつをさんの言葉より)

──────────

おめでとうございまーす。

2015年11月27日 (金)

プレイバック翔ぶが如く・(41)東京政府孤立

明治6(1873)年11月。

西郷隆盛が朝鮮問題で辞職し、国元へ帰ったことで
それに同調する近衛兵や警察、官吏からも
大量の辞職者が出ました。
その結果、東京政府にはあらゆる面で
大きな空洞が出来てしまったようでした。

内務卿・大久保利通は、内務省に
大隈重信、山県有朋、川路利良、伊藤博文、西郷従道を集め
近衛兵に代わる鎮台兵の人材確保に
出身藩に関係なく全力を尽くすよう指示を出します。

続きを読む "プレイバック翔ぶが如く・(41)東京政府孤立" »

2015年11月26日 (木)

ぽちゃん

Kassy、入浴時にスマホを浴室内に持ち込んで
ニュースを読んだりツイッターを読んだり動画を見たり、
ゲームをやったりしておりますが、

今日は睡眠時間をほとんど確保できていなかったので
お風呂場でついついコクンコクンと船を漕いでおりました。

手に持ったスマホを落としそうになって、おとととと……と
慌ててしっかりと持ち直すということを繰り返しておりましたら、
ついにやってしまいました。

ぽちゃん……!

いっぺんで目が覚めましたw

2015年11月25日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(133)

終点停留所の旅“たそがれ”第103弾です。

今回はF岡県北K州市W松区の
W田海岸バス停をご紹介します。


Mk1914

海岸。


Mk1918

いつもかかさず花が手向けられています。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(133)" »

2015年11月24日 (火)

プレイバック翔ぶが如く・(40)西郷、野に下る

明治6(1873)年、政局内で急速に熱が高まった朝鮮問題。
その是非を巡って意見はまっ二つに分かれます。

朝鮮国へ談判に行き、問題を解決しようとする
西郷隆盛を筆頭とした面々。
(板垣退助・江藤新平・副島種臣・後藤象二郎)

一方、大久保利通ら
(岩倉具視・木戸孝允・大隈重信・伊藤博文・大木喬任)
は時期が早いとして真っ向から対立します。

互いに相容れない西郷と大久保。
しかしその2人の考えとは別に
この論議には数々の思惑が絡んでいました。

中央集権官僚政治に反対している板垣退助は
これを機会に政府を開拓できないかと考えていました。
また、江藤新平はこの機を逃さず薩長閥を潰し
法治国家を自らの手で作る野心を燃え上がらせていました。

朝鮮問題は、日本国内における
権力闘争に姿を変えていき、
そして人々のさまざまな思惑が一つの時代の渦となり
大きな政変へとつながって行くのです。

続きを読む "プレイバック翔ぶが如く・(40)西郷、野に下る" »

2015年11月23日 (月)

マイナンバー

届きました。

夜8時ごろに配達に来たので
今月末までに配達し終えるという政府からのノルマ
(これは全国的にはもう無理という結論になったようですけど)
に少しでも近づけるために、
おそらく局員の方々が残業して配達してくださったのでしょう。

お疲れさまです。

でも、あれだけ報道が続いたにもかかわらず
自分のことであるにもかかわらず、
自分の番号を見ても、あまり興味が湧かないわけです。
見て番号を覚えようとも思わなかったし(^ ^;;)

ただ、いろいろな書類を出したりする中で
必要に迫られて覚えざるを得ないことになろうと思うので、
まぁ、着奥の片隅には入れておきまひょ。

2015年11月22日 (日)

大河ドラマ花燃ゆ・(47)姉妹の約束 〜最期まで夫を思う姉に妹は?〜

楫取素彦の世話をするという名目で
楫取邸に寝泊まりしていた久坂美和ですが、
素彦と一つ屋根の下というのも風聞が悪いし、
美和は楫取邸を出て空き家を借りることにしました。

何より決断させたのは、素彦の子・楫取久米次郎から届いた
手紙のこの言葉だったかもしれません。
「母の気持ちが分かるなら、今すぐその家を出て行ってほしい」

ともかく、ココで美和が寝起きをするのは言うまでもありませんが
そんなもったいない使い方はしません。
美和は、女たちのための学びの場をココに作ろうとします。

群馬県に送られた国事犯たち87名も、
養蚕農家から製糸工場までに分散し
「道を切り開いてください。それぞれに未来はある」
という素彦の言葉を希望とし、一生懸命に労務をこなします。

続きを読む "大河ドラマ花燃ゆ・(47)姉妹の約束 〜最期まで夫を思う姉に妹は?〜" »

2015年11月21日 (土)

寝酒

前日、昼まで10時間ぐらい寝て、
さらに昼から夕方まで3時間ぐらい寝てしまっているので、
夜は間違いなく眠れないであろうと、
お酒を買ってあおることにしました。

でも、寝過ぎた時って
すんごいお酒呑んでも少しも眠くならないんですねw
それはそれで爆笑しました。

ま、いつの間にか眠っていたんですけど
もしお酒呑んでいなかったら
完全に徹夜コースでしたなw

2015年11月20日 (金)

プレイバック翔ぶが如く・(39)両雄対決

朝鮮への大使派遣問題で揺れる新政府。
しかしこれ以外にも近況の外交課題が
日本を取り巻いていました。

修好条約により、
日本とロシアの共有の地であった樺太(サハリン)。

この時期、ロシアは積極的に樺太に乗り出し
その人口は日本人のほぼ2倍に上ります。
ロシア兵などによる殺傷事件なども多発し
現地の治安は最悪でした。

ロシアの進出に対して、イギリス公使のパークスは
樺太はおろか北海道もあやういと警告していました。

続きを読む "プレイバック翔ぶが如く・(39)両雄対決" »

2015年11月19日 (木)

vol.180・勘違いの軌道修正

vol.180・勘違いの軌道修正
(パーソナリティ:Kassy)

第180回放送です。

知っていたつもりが実は勘違いってありませんか?
それ正解! なんだけど、完全な100点じゃない!
そんな勘違いしやすいことをお勉強しましょ。

今回のListening Pointは……
財力


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

2015年11月18日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(132)

終点停留所の旅“たそがれ”第102弾です。

今回はF岡県北K州市W松区の
W田バス停をご紹介します。


Mi1957

W松の海岸沿いを西に向かって走っていたら
いきなり現れました、北K州市営バス。
バス転回場です。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(132)" »

2015年11月17日 (火)

プレイバック翔ぶが如く・(38)大久保の決断

明治になり、朝鮮国を討つべしという
「征韓論」が政府内に沸き起こります。

そもそも日本と朝鮮国との国交は
幕府時代、朝鮮が特に対馬藩に限って許していたもので
釜山近くの草梁倭館で貿易が行われていました。

明治元(1868)年、新政府は対馬藩を通して
王政復古の通告をしますが、この中に
明治天皇を朝鮮国王の上に置くという意味の言葉が
あったため、朝鮮はこの通告を受理しませんでした。

木戸孝允は、度重なる改善要求に応じません。

続きを読む "プレイバック翔ぶが如く・(38)大久保の決断" »

2015年11月16日 (月)

念のため検査

「半年前ぐらいから痛み出した左足親指の付け根と
右足かかとの痛みを申告しまして、その治療に入りました」と
2週間前に書いて更新しましたが、

時間が経過するにつれて
右足かかとの痛みがひどくなってきまして、
朝からかかりつけの整形外科に行って
レントゲン撮ってきました。

レントゲンで見る限りでは、特に異常はなさそうです。
恐らくはアキレス腱の炎症ではないだろうか、ということで
先生が仰る通り、スニーカーに中敷きして
湿布買ってかかととアキレス腱に1枚ずつ貼り付けておしごと出勤。

先生曰く、足の痛みの多くの原因は靴らしいので
まずは靴環境を改善して様子を見てみましょう、ということです。
まぁ、何となくは軽減できた気がしますが、
しばらくはこの状態を維持して見てみたいと思います。

2015年11月15日 (日)

大河ドラマ花燃ゆ・(46)未来への絆 〜打つ手なし! 二人に挽回の道は?〜

群馬の生糸を守るためにも
生糸組合を作り、共同揚返場を作らなければならない。

この楫取素彦の主張は、生糸仲売人が不要となる案で
それだけに仲買人も県職員も猛反発。

仲買人たちを回って説得に当たる素彦ですが、
崖崩れによって町への道が塞がれ、
素彦はやむを得ず、その村の宿屋で
美和と同室で夜を明かすしかありません。


そんな時に発生した、建設中の生糸共同揚返場への放火事件。

緊急を擁する事態なので素彦に連絡しようとしますが、
自宅には誰もおらず、連絡がつきません。

続きを読む "大河ドラマ花燃ゆ・(46)未来への絆 〜打つ手なし! 二人に挽回の道は?〜" »

2015年11月14日 (土)

よしよし、いい調子

今日は開店要員の日です。

とりあえずお客さんの数も落ち着いているようだし、
やらなければならない業務を順序良く出来そうな一日です。

アレやってコレやって、ソレは後輩クンに任せて、
任せたら手が空くからその間にコレ片づけて。
いつもなら、ココまできた時にはお昼回っているんですが
今日はまだ10時半……うんうん、順調です。

というわけで、今日は心置きなく定時で帰りました。
ありがたやありがたや。

2015年11月13日 (金)

プレイバック翔ぶが如く・(37)遣韓大使志願

明治4(1871)年12月に出発した岩倉使節団の欧米視察は
当初10ヶ月の予定がなんと2年の長きに渡ってしまいます。

その間、国政を担当することになったのが留守政府。
参議筆頭・西郷隆盛を中心に、司法卿・江藤新平、
陸軍大輔・山県有朋、参議・板垣退助と大隈重信たち。

留守中は何もしてはならぬと念を押され
政権を担当した留守政府。
しかし、廃藩置県直後の激動の情勢に対応を迫られ
次々と日本の近代化を断行していきました。

明治5(1872)年9月の新橋〜横浜間の鉄道の敷設。
明治5年9月、近代化のために
国家が国民の教育を積極的に進めるべきだという学制公布。

明治6(1873)年1月、士族だけでなく
国民全員が兵士であるべきことを標榜した徴兵令。
明治6年7月、封建的土地制度を完全に打ち崩す地租改正条例。

政府首脳の半数以上が外遊中になされた数々の近代化政策。
時代の要請によってなされるとはいえ、この政策を断行したことで
やがて欧米を見て来た人々との深刻な対立を生むことになります。

続きを読む "プレイバック翔ぶが如く・(37)遣韓大使志願" »

2015年11月12日 (木)

呑み会の雰囲気

最近、某動画サイトで
ただひたすらお酒を呑んでトークするという番組を見るKassy。
少しでもその“呑み会”の雰囲気を味わおうと、
その動画を見ながら、お店でひとりお酒を呑むことにしました。

まぁ、当然ながら雰囲気なんて味わえるわけもなく、
けっこう急ピッチで呑んだんですが、全く酔えませんw

近いうちに、会社の人と呑みに行かなきゃですよね!

2015年11月11日 (水)

方向幕考(131)

“センバツ・ほうこうまくぅ(方向幕コレクション)”
通称“幕コレ”。

Kassyの中で、幕コレは第1水曜日に更新と決めておりますが、
先週が第1水曜日だったですね。
全く気づかなくて、“終点停留所の旅”を載せてしまいました。
完全に失念です、スミマセンm(_ _)m

というわけで、幕ファンのみなさま、
大変長らくお待たせいたしました。

“センバツ・ほうこうまくぅ(方向幕コレクション)”
通称“幕コレ”の第77弾は
H田バスからYふいん号車両を
ご紹介します。

続きを読む "方向幕考(131)" »

2015年11月10日 (火)

プレイバック翔ぶが如く・(36)破裂弾中の昼寝

岩倉使節団の最も重要な使命、
不平等条約の改正は失敗に終わり
もう一つの目的である
西洋文化の調査を果たすべく、一行はヨーロッパへ。

イギリス、フランス、ベルギー、オランダ、
ドイツ、ロシア、デンマーク、スウェーデン、
イタリア、オーストリア、スイス──。

実に11ヶ国を歴訪し、異常なほどの熱意を持って
西洋文明の調査に没頭し大きな収穫を上げます。

例えば。

続きを読む "プレイバック翔ぶが如く・(36)破裂弾中の昼寝" »

2015年11月 9日 (月)

のど元過ぎれば

Kassyが働いているお店では
全体的に閑散期といえば2月ごろだと思うのですが、
Kassyが属している部署は、
11月ごろから徐々に落ち着いてきます。

ちなみに、逆に繁忙期といえば、絶対的に夏場です。

ほんの1ヶ月前までは、けっこうドタバタとしていた“はず”なのですが、
「これだけの人数で、あれだけの物流量をさばいてたんだから!」
と上司に言われたんですけど、スイマセン、
のど元過ぎれば ではありませんが、ちょっと記憶が……(^ ^;;)

先月行われたお祭りで、頭がリセットされてしまいましたw

2015年11月 8日 (日)

大河ドラマ花燃ゆ・(45)二人の夜 〜追い詰められた義兄と妹 まさかの天の采配〜

明治10(1877)年・群馬県 前橋──。

春が訪れた前橋で、久坂美和は女たちに学問を教える一方で
阿久沢せいから繭から生糸を紡ぐ方法を学びます。
「熱ッ」「熱いよ、気をつけて……ハハッ、案外ぶきっちょだねえ」

そんな美和からの近況を知らせる手紙を受け取った
毛利安子(銀姫)は、美和はホントに物好きだな、と笑います。


ナツという女が阿久沢商会にやって来ました。
東京にいる息子に手紙を出したいと思っていて、
最近、近くに郵便局ができたということもあって
セイが“美和さんに頼んでみたら?”と持ちかけたようです。

ただ、せいとナツの間には、
何かわだかまり?のようなものがあるようで。
阿久沢商会よりも高値で繭を買うと言われたナツは
せいを裏切って、そちらに繭を流してしまったようです。

そちら、とは繭を扱う生糸仲売人の小林のことですが、
繭をもらってくよ、と言う割には
その支払いは次回にしてくれ、などとあり得ないひと言。
これではナツでなくても、美和でも心配になります。

そんな時に飛び込んだ、生糸の値の暴落の話。

続きを読む "大河ドラマ花燃ゆ・(45)二人の夜 〜追い詰められた義兄と妹 まさかの天の采配〜" »

2015年11月 7日 (土)

宿題というか

提出期限が明日という書類があります。
まぁ、サラリーマンやってる方々にはお馴染みのアレです。

本来であれば、家で書類に記入して
会社に持ってくればそれでいいのだけれど、
書類をもらっておよそ5日、何もしないところを見ると
間違いなく家では記入しない、いつものパターンになりそうです。

なので、忘れないうちにと
書類とそれに関連するハガキをバッグに入れて出社。
おしごとを終えて、会社で記入しました。

やってしまえばちょちょいと数分で終わるのに
どうして自宅ではやらないんだろう?
そういえば、学生時代の宿題もそんな感じでしたなあ。
ま、宿題は学校ではやりませんけど(笑)。

2015年11月 6日 (金)

プレイバック翔ぶが如く・(35)留守政府分裂

明治4(1871)年11月12日、
明治政府の最初の大事業である遣欧使節団が
欧米に向けて横浜港を出発。

そのメンバーは、全権大使として右大臣・岩倉具視、
副使として参議・木戸孝允、参議・大久保利通、
工部大輔・伊藤博文、外務少輔・山口尚芳など
およそ50名の大使節団であり、
他にも女子を含む留学生たちも乗り込みます。

使節団の目的は、条約改正の本交渉の条件作りのため
欧米諸国の制度・文物を調査し、その条件が整うまで
交渉を延期する旨を伝えることにありました。

幕末に各国と結ばれた条約は
「治外法権」と「関税自主権」の欠如を含む
極めて不平等な条約で、
その改定期日が翌年5月26日に迫っていたわけです。

続きを読む "プレイバック翔ぶが如く・(35)留守政府分裂" »

2015年11月 5日 (木)

vol.179・朝のオイラは危険だゼ

vol.179・朝のオイラは危険だゼ
(パーソナリティ:Kassy)

第179回放送です。

あなたは寝起きはいいほうですか?
ちょっとした工夫で、寝起きがよくなる方法をご紹介。
これで明日からスッキリ目覚めましょ。

今回のListening Pointは……
スマホ


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

2015年11月 4日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(131)

終点停留所の旅“たそがれ”第101弾です。

今回はF岡県北K州市W松区の
H町・Eコタウンバス停をご紹介します。


「あらゆる廃棄物を他の産業分野の原料として活用し、
最終的に廃棄物をゼロにすること(ゼロ・エミッション)」を目指し
資源循環型社会の構築を図る事業が“エコタウン事業”であります。

全国にもこういったエコタウンがあるわけですが、
ここ北K州市のエコタウンは、
K崎市・N野県I田市・G阜県とともに事業初期に始まりました。

バス停は、H灘東部地区の一番奥にある
「総合環境コンビナート Hびきリサイクル団地」
にあります。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(131)" »

2015年11月 3日 (火)

プレイバック翔ぶが如く・(34)欧米視察団出発

明治4(1871)年9月。
横浜〜川崎間に鉄道が敷け、試し乗りが行われます。
世の人々は、汽車のことを「陸蒸気」と呼びます。

横浜に行っていた西郷従道・清、西郷小兵衛が
甘い西洋菓子を土産に、西郷隆盛邸を訪れます。

その味に感激した隆盛は、
いくらでも、という清の言葉に甘えて
父さま母さまの分、そして爺さま婆さまの分と
一切れずつもらうことにします。

……食い過ぎ(笑)。

続きを読む "プレイバック翔ぶが如く・(34)欧米視察団出発" »

2015年11月 2日 (月)

おっ、いかんいかん

今日は整骨院の日でした。
あやうく忘れるところでしたわ(^ ^;;)

先々週の、ウチの会社の「お祭り」で
残業が発生する関係により
整骨院に行く日を一時的に変則的にしておりまして、
毎週月曜日→翌週水曜日→翌々週金曜日
として、ふたたび月曜日に戻ってきたのでした。

腰の調子は、だいぶいいです。

前の整骨院のときは、院に行った時は軽くなるのですが
それから比較的早い段階で元通りになって
腰に湿布を貼って痛い思いをしながら1週間過ごすという
いわば一進一退の状況だったのが、

今は湿布は必要ないし、痛みはかなり感じなくなりました。
(とはいえ、姿勢次第では痛み出すこともあり)

だから、整骨院に行かなきゃ! というふうに思わなくなって
行く日(予約した日)を忘れてしまいがちなんですね。
それはそれでいかんいかんです。

ただ、良くなったのは、治療してもらっていた“腰”だけ。
なので、半年前ぐらいから痛み出した左足親指の付け根と
右足かかとの痛みを申告しまして、その治療に入りました。

しばらくは痛みが続くでしょうが、ガマンの日々ですね。

2015年11月 1日 (日)

大河ドラマ花燃ゆ・(44)運命の糸つなげて 〜未来のため義兄と妹が約束!〜

阿久沢権蔵は、生糸の相場をみて
売りを控えるように仲買人にアドバイスをしているようで、
それが結果、いいように運んだものだから、
仲買人たちは県令の楫取素彦を差し置いて権蔵にべったり。

しかも、何かいざこざがあった場合にも
権蔵が仲介してなんとか場を収めたらしく、
彼らには、そういった感謝もあるのかもしれません。

武士の世は終わった、これからは商人の世──。

それは無論、素彦も同感でありますが、
だからこそ次世代を担う子どもたちに教育の機会をと考える素彦に対して
教育よりも目先のことが大事、と
前橋に鉄道を引っ張ってほしいと権蔵は素彦に願い出ます。

続きを読む "大河ドラマ花燃ゆ・(44)運命の糸つなげて 〜未来のため義兄と妹が約束!〜" »

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »