« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月29日 (月)

前日のワクワク

3連休、やっと取得できました!
明日から火水木で連休です。

もともと、愛知県・博物館明治村→茨城県・ワープステーション江戸→
岩手県・えさし藤原の郷、の旅を頭に思い描いていたワタクシ。
始発の新幹線に乗って、明治村に11時ごろに到着。
14時ごろに出て、名古屋駅経由で東京周辺で1泊目。

で、朝からWS江戸に行って、15時ごろに出て
東北新幹線に乗って岩手県周辺に移動しそこで2泊目。
で、朝からえさしに行って、13時ごろに出て
空港に移動して1日1便の飛行機で福岡へバビュンと帰る。

自分なりにはよくできた旅だなぁなんて考えていたけれど、
お金の面で考えると、ちと現実味は薄いか……??

あるいは、出雲大社に行ってお参り。
終わって電車を乗り継いで近鉄大和西大寺駅周辺で1泊目。
翌朝は大和西大寺駅を見学し、近鉄で伊勢神宮に行ってお参り。
そして名古屋経由で新幹線で帰って来る。

これに関しては、電車を使ってという旅と
すべて自動車で回るっていう旅とを計画中。

どうなるかは……。
(多分、何もしないか?w)

| | コメント (1)

2016年2月28日 (日)

大河ドラマ真田丸・(08)調略 〜人の心〜

北条は勢いに乗っている。
旧武田領を一気に呑みこもうとしていた。
上杉についた昌幸は、その裏で、
信繁に密命を与えていた──。


「北条が攻めて来るぞ北条が!」
徳川家康は完全に自分を見失って
両手の爪という爪を噛みながら
居室の中をウロチョロと忙しなく歩き回っています。

手がつけられない、と
側室の阿茶局が重臣の本多正信に助けを求めますが、
正信はいたって冷静に、上野国を攻めた北条の
次の狙いは信濃にあると分析します。

勢いに勝る北条軍が、碓井峠を越えたという情報を
正信は持っていたわけです。

続きを読む "大河ドラマ真田丸・(08)調略 〜人の心〜"

| | コメント (0)

2016年2月27日 (土)

プレイバック武田信玄・(14)尾張の異端児

釜無川(山梨県)──。

水を制するものは天下を制す。
釜無川は毎年のように氾濫し、農民たちを苦しめた。
この暴れ川を治めようと、晴信は大治水工事を敢行した。

水をもって水の勢いを削ぐ。
晴信が用いた工法は自然の力を利用して洪水を防ぐという
現代にも通用する画期的なものであった。

『信玄堤』。
この20年にわたって行われた大規模プロジェクトは
甲斐の国をさらに豊かにし、
山梨県の農業の基礎を築き上げたのである。

続きを読む "プレイバック武田信玄・(14)尾張の異端児"

| | コメント (0)

2016年2月26日 (金)

茹で方。

Kassyツアーズ第4弾
ラーメン力士級食い倒れの旅(仮)に行って参りました。
(ちなみに本当のタイトル→『茹で方。』)

Kassyツアーズでは、参加者のみなさんに
移動時の車内でも楽しんでもらいたいので
特製フリップなんかを作って、それを活用しながら
車内でゲームしてヒマにならないように遊んでます。

Pb2601

これは第2回で使ったフリップ。

テレビ番組みたく、紙をペリペリッと剥がせるように
水のりを乾かして粘着力を低下させ、貼り付けたんですが、
いざ剥がそうとすると地までベリッと剥がれてしまい、
非常に見にくいフリップになってしまいました。

続きを読む "茹で方。"

| | コメント (1)

2016年2月25日 (木)

vol.187・朋有り、遠方より来る。

vol.187・朋有り、遠方より来る。
(パーソナリティ:Kassy)

第187回放送です。

ブログを始めたばかりのころのワタクシを知る
昔なじみのヘビーコメンテーターさんと久々に再会しました。
その模様をご一緒に。あ……伝わるかなぁ?

今回のListening Pointは……
興奮


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

| | コメント (1)

2016年2月24日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(143)

終点停留所の旅“たそがれ”第113弾です。

今回はF岡県F津市の
Kの浦バス停をご紹介します。


前回「T屋崎橋」をご紹介しました。

現在はバス路線は廃止されていますが、
かつてバスが走っていた、ということで
今回はその場所まで足を伸ばしてみます。


Mi2001

「Kの浦」入口。


Mi2002

Kassyが2000年(だったかな?)にこの地を訪れたときは
「G海彫刻の岬・Kの浦」でした。
その翌年(2001年)に入園者低迷のために閉園しまして、
2008年に「G海国定公園・Kの浦ガーデン」としてリニューアル。

およそ7年にわたり、閉鎖されていたんですね。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(143)"

| | コメント (0)

2016年2月23日 (火)

プレイバック武田信玄・(13)川中島への道

甲斐の国主となって10年、晴信は、内にあっては国造り、
外に向かっては、諏訪、佐久、伊那、小県の平定に力を注いだ。

しかし数多くの戦は信濃、上野などを刺激し
北へ北へと新たなる敵を作っていくきっかけとなった。
戦が戦を呼んだのである。

晴信は、30歳という若さで信濃のほぼ全域を手に入れる。
と同時に、越後という最大の強敵を目覚めさせることになる。

甲府から北へ160km、
やがて晴信はこの地「川中島」で
12年間に渡る死闘を繰り広げることになるのである。

続きを読む "プレイバック武田信玄・(13)川中島への道"

| | コメント (0)

2016年2月22日 (月)

電話のない国に行きたい

今日は、普段通りのおしごと業務以外に
直属の上司から依頼された、棚卸の数入力をやってきました。

紙に書かれた数字をひたすらにPCに入力するだけの、
パソコン能力など全く必要ない業務でありますが、
入力の間にも、外線電話がプルルルルとかかり続けます。

事務所にいる他の社員さんも、もちろん電話に出てくれますが
だからといってKassyは出なくていい、という風にはなりません。

電話に出てお答えする、あるいは該当するコーナーへつなぐ。
PC入力に戻る。
いくつか進んだところで外線電話が鳴る。
電話に出てお答えする、あるいは該当するコーナーへつなぐ。

永久にリピートです。
そのうち、ワタクシを呼び出す無線も入ったりして
もう身動きできないし、お手上げ状態であります。

「電話のない国に行きたい」とは
某放送局の番組プロデューサーのお言葉ですが、
そんな状況までには至っていないと感じつつも
言葉の意味はとてもよく分かる気がした、Kassyでありました。

| | コメント (2)

2016年2月21日 (日)

大河ドラマ真田丸・(07)奪回 〜戦国の女 人質の覚悟〜

昌幸は大勝負に出る。
滝川一益が北条討伐に向かう隙に、沼田城、岩櫃城の奪還を狙う。
だが、一益のもとには、人質としておとりがいた──。


6月18日、滝川一益は上野で北条氏直と激突します。
滝川勢は当初、優勢でしたが
神流川の戦いにおいて北条の大軍の前に総崩れ。

北条家臣・板部岡 江雪斎の報告を
居城、相模小田原城で聞いたご隠居・北条氏政は
一日も早く上野を押さえよ、と氏直に伝言します。
「今夜はもう起こすな」

続きを読む "大河ドラマ真田丸・(07)奪回 〜戦国の女 人質の覚悟〜"

| | コメント (0)

2016年2月20日 (土)

楽しみ

毎日毎日同じコンビニでお昼ご飯を買い物しておりますと
やはりメニューが代わり映えしませんで、
こちらとしても飽きが参ります。

身体的には避けた方がいいのでしょうが、
最近はカップ麺に逃げてしまいます。
選ぶの楽だしw

で、メジャーな商品から最近出たばかりの新商品、
マイナーな商品、コラボ商品などなどいろいろあって
その時の気分で選び放題だからとても楽しいです。

ただ、毎日カップ麺だとこれまた身体によろしくないので
だいたい週1、多くて週2ぐらいですかね。

それより、新しいお弁当を入れてください、店長!

| | コメント (0)

2016年2月19日 (金)

プレイバック武田信玄・(12)海の北条

「かくて入試はついに来た!」
「共通一次完全突破!」
「オヤジよ見ていろ俺はやる!」

たとえ銃弾が飛び交うことはないにしても
人間社会、あらゆるところに戦いがあり、
名もなき兵士たちの姿がある。

戦国時代、下級兵士たちのほとんどが農民であった。
ひとたび戦いが起きれば、
寄親・寄子制度と呼ばれるシステムによって
人数が割り当てられ、戦場へと送られた。

食糧は配給されず、
自分で用意するという苛酷な条件ではあったが、
税金と強制労働の免除が約束されていたのである。

しかし、彼らはつねに
権力者の意のままに動いていたわけではない。
味方に勝ち目がないと見るや、
いち早く敵前逃亡し、あるいは寝返った。

下剋上という時代を敏感に感じ取っていたのである。

戦国の世、それは戦いに明け暮れた武将たちの時代であり、
かつまた、その狭間でしたたかに生きた
兵士たちの時代なのである。

続きを読む "プレイバック武田信玄・(12)海の北条"

| | コメント (0)

2016年2月18日 (木)

堺 雅人さんの「適応力」

堺 雅人さんといえば、宮崎県出身の俳優さんで
今年のNHK大河ドラマ『真田丸』で主演されている方。

これまでも、大河『新選組!』(山南敬助役)、『篤姫』(徳川家定役)のほか
『クライマーズ・ハイ』『ツレがうつになりまして。』『リーガル・ハイ』
『半沢直樹』など、代表作がいくつもあってたくさん受賞されている
今や日本を代表する俳優さんのひとりであります。

そんな堺さんですが、『新選組!』での共演がきっかけで
『香取慎吾の特上! 天声慎吾』というバラエティ番組に
呼ばれたことがありました。

続きを読む "堺 雅人さんの「適応力」"

| | コメント (0)

2016年2月17日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(142)

終点停留所の旅“たそがれ”第112弾です。

今回はF岡県F津市の
T屋崎橋バス停をご紹介します。

Mi2019Mi2026

「T屋崎橋」。
港町っぽい風情で、お隣には水産センターがあります。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(142)"

| | コメント (0)

2016年2月16日 (火)

プレイバック武田信玄・(11)越後の虎

今から120年前(※)の慶応4(1868)年3月、
国内各地で官軍と幕府軍の戦いが繰り広げられた。
世に言う「戊辰戦争」である。
(※) 昭和63(1988)年の放映当時から数えて。

新しい明治の世の幕開けとなったこの戦いの最中、
ひとりの軍人が官軍の将として甲府城を占領した。

彼の名は板垣退助。
後に「板垣死すとも自由は死せず」の言葉を残した
自由民権運動のリーダーである。

この板垣退助こそ、武田信虎・晴信の二代に重臣として仕え
名称の誉れ高い板垣信方の子孫であると伝えられている。
官軍の将として甲府を攻めた板垣退助から歴史を遡ること300年、
いま信方は、奥信濃・上田原に壮烈な戦を開始しようとしていた。

続きを読む "プレイバック武田信玄・(11)越後の虎"

| | コメント (0)

2016年2月15日 (月)

世話にならンぞ!

何かに使うようで、親が指定のボタン電池を買いに
雪がちらつく中を出かけて行ったのですが、
近所のドラッグストアやら100円ショップやら
スーパーやらには置いていないタイプのようで、
結局手ぶらで帰ってきました。

整骨院の予約時間までちょっと時間があったので
先に夕ごはんを済ませようと家に帰ってきていたワタクシ、
整骨院帰りに「B電器」に行って買ってくることにしました。

整骨院は20時15分ごろに終わったので
営業時間の点で心配しましたが、
21時までの営業だったので、とりあえず店内へ。
エスカレーターで2Fへ上がりまして電池コーナーを探します。

電池はだいたいレジ前に並べたりすることが多いので
レジに向かおうとてくてく歩いておりましたが、
お店の中央付近から、Kassyの姿を見つけた店員さんが
多分用件を聞きにこちらに向かってくるのが見えまして。

店員さんの世話にはならん! と、なぜか意地になるワタクシ。
なぜなら、店舗こそ違えどワタクシもかつて
この「B電器」にお世話になっていたからなのです。
(およそ14〜10年前。社員としてではなくメーカー側の人間として)

天井から釣り下がっている“○○コーナー”という看板から
“電池”という文字を捜し出し、そのコーナーに行って
買いたい電池の品番から商品を見つけ出して
そのままレジカウンターへすたすたと。

お会計を済ませて店外へすたすたと。
やったv(^ ^)v

というか。

ウチのお店にも電池コーナーはあるので、
ウチで買えばいいんですけどねーw

| | コメント (1)

2016年2月14日 (日)

大河ドラマ真田丸・(06)迷走 〜無念の涙 生きてこそ〜

本能寺の変から2日。
日本中に信長の死という衝撃的な知らせが伝わっていく。
信繁たちは明智の兵に占拠された安土を脱出しようとしていた──。


抜け穴を使って安土城から城外に脱出した
松・小山田茂誠夫妻はじめ多くの人質の女・子どもたち。

しかし周辺は明智の兵がうようよおりますので、
街道を進むのではなく、琵琶湖沿いの林の中を進み
愛知川を渡って高宮を目指し、東山道を行くことにします。

こんな内密話も、明智の兵が小屋の近くを歩いていれば
隠れて! と中断せざるを得ないわけですが、
あまりの恐怖心からか、子どもが泣き出してしまい
運悪く、近くを通りかかった兵に感づかれてしまいます。

続きを読む "大河ドラマ真田丸・(06)迷走 〜無念の涙 生きてこそ〜"

| | コメント (0)

2016年2月13日 (土)

リズムを整えるのは大変

体内時計は1日25時間といいます(ホント?)。

毎日同じ時間に出勤し、同じ時間に退勤し、
同じ時間に就寝→起床していても、25時間であれば
単純に計算すれば1日1時間ずつ後にずれていくわけで
それを調整するだけでもなかなか大変だというのに、

Kassyのようにシフト制のおしごとに携わっていますと、
その大変さはなかなか……(^ ^;;)
だから、寝たい時に身体が起きちゃって寝られない、
眠たいけれど明日の出勤時間を考えると
今寝るわけにはいかない、とかいろいろ葛藤があるのです。

何が言いたいか?
つまり“眠い”ってことです(笑)。

| | コメント (1)

2016年2月12日 (金)

プレイバック武田信玄・(10)国造り

私たちの身の回りに満ちあふれている音の中には
いかにも日本的なものがいくつかある。

NHK509スタジオ(東京・渋谷)──。

ドラマにとって音楽は、
その時代のイメージを作るために重要な要素である。
中でも、この中国での伝統的な楽器「秦琴」の音色は
まさに戦国時代のイメージそのものである。

「秦琴っていうものなんですけど……ちょっと弾いてみてくれる?
 このビブラートが何とも言えないですよね、
 ワンワンワンワンワンっていうのねえ」
(作曲者・山本直純さん、演奏者・深草アキさん)

秦琴は、桐の板に絹糸の弦を共鳴させる。
この音色が、いま400年前の戦国時代を
思い起こさせてくれるのである。

「じゃあ、そろそろじゃ行ってみるかな。テーマ、M1!」

続きを読む "プレイバック武田信玄・(10)国造り"

| | コメント (0)

2016年2月11日 (木)

vol.186・とりあえず謝罪

vol.186・とりあえず謝罪
(パーソナリティ:Kassy)

第186回放送です。

今や議員の先生方の常套句ともなっている
キーワードについて徹底研究!
あ、「建国記念日」ではありません。建国記念「の日」です!

今回のListening Pointは……
誤解を招いたのであれば


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

| | コメント (0)

2016年2月10日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(141)

終点停留所の旅“たそがれ”第111弾です。

今回はひとまず小休止と致しまして、N鉄バスで
“車庫”と名のつくバス停を取り上げて見たいと思います。


まずはコチラ、北K州市Y幡西区にある「K嶺車庫」。

Nh1734Nh1735

広めの(といっても、中央分離帯が幅をとっているので
片側わずか1車線)道路に車庫のバス停。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(141)"

| | コメント (0)

2016年2月 9日 (火)

プレイバック武田信玄・(09)女のいくさ

昭和62(1987)年12月・ワシントン──。

戦わずして勝つ。
現代は戦略の時代とも言える。
核戦略を如何に封じ込めるか。
戦略の極意は、いま宇宙にまで展開されている。

囲碁は、その戦略的性格から
多くの戦国武将が愛好した。
伝えられる棋譜によれば、数多の戦略家の中でも
晴信の戦略は群を抜いている。

「なかなか、やっぱりあのー、戦上手というような感じですねえ。
 やっぱ戦略家だから戦が上手いわけだ、まあ当然だけど(笑)。
 良く攻め良く凌ぎっていうのが、だいたいあのー、
 碁の一番の戦略としては最上なんだから、
 アマチュアとしても相当な……じゃないかと僕は思うわけですよね」
(坂田栄男 名誉本因坊が、永禄9(1566)年に対局された
武田晴信と春日源五郎(高坂弾正)対局の棋譜を見て)

良く攻め、良く凌ぐ。
囲碁からも、当代一の戦略家であったことが伺い知れる武田晴信。
その強さは、独自の戦略を駆使して戦をしたからに違いない。

続きを読む "プレイバック武田信玄・(09)女のいくさ"

| | コメント (0)

2016年2月 8日 (月)

のび太くん

確か某アニメのキャラクター、のび太くんは
横になって1秒弱で眠りにつくことが出来ます。

まぁ、さすがに1秒とまではいきませんですが、
ワタクシも横になってすぐに眠りについてしまいまして(^ ^;;)

今日は整骨院の日だったのですが、
待ちの間、マッサージベッドに横たわって
背中側をゴリゴリとマッサージしてもらっていたわけです。

すると、1〜2分経ったでしょうか、眠ってしまいましてw
自分のいびきで目を覚ましました(汗)。

起きた瞬間、すぐに眠ってしまったことに笑えたことよりも
周囲の患者さんの前でいびきをかいて寝てしまって
恥ずかしい!という気持ちの方がとてもとても大きかったわけですが。

ともかく、今日はこのネタでブログ書こ! と思いまして、さっそく実践w

| | コメント (0)

2016年2月 7日 (日)

大河ドラマ真田丸・(05)窮地 〜本能寺の変! 父の本心〜

真田の織田への服属が決まった。
信繁は人質となった松を送るため、信長の本拠地、安土を訪れた。
事件は、明くる日の未明に起こった──。


天正10(1582)年6月2日、早朝。
一代の風雲児・織田信長は、本能寺において
49年の波乱の生涯を閉じました。
武田家を滅ぼしてからわずか3ヶ月後のことです。

本能寺を焼いた明智光秀軍は、その足で
嫡男・織田信忠のいる二条城を襲います。

破竹の勢いを誇り、
日本全国にその名を轟かせた親子が、
突然、消えました。

続きを読む "大河ドラマ真田丸・(05)窮地 〜本能寺の変! 父の本心〜"

| | コメント (0)

2016年2月 6日 (土)

一眼レフ

今年の初夢で、一眼レフの夢を見たんです。

Kassy、カメラと呼べるものは全く所有しておりませんで
一眼レフが何なのか、ということすら理解しておりません。
ちなみに、このブログやツイッターに載せている写真は
すべてスマホ(または先代のガラケー)で撮ったものです。

そんなKassyが、一眼レフを手にするというのは
ふつうに考えれば全くあり得ない話なのですが、
ふと気になって、カメラ屋さん店長だった先輩に
一眼レフで上手に撮影できるポイントを質問してみたところ
「まぁ、本人の腕だね」と言われてしまいました(^ ^;;)

初夢に出てきたぐらいなので、一眼レフカメラと
何か縁があるのかなぁとも思いましたが、
今のところは何にもありません(^ ^;;)

あれはなんのメッセージだったのだろう……???

| | コメント (1)

2016年2月 5日 (金)

プレイバック武田信玄・(08)湖衣姫

結婚──。

二人の愛の結びつきこそが、祝福されるべき姿である。
東西、老若男女を問わず、人々は
お互いの愛情を温め合い、育み、結婚にゴールインする。
まさに「愛こそ全て」である。

しかし、ここに悲しい運命を背負ったひとりの女性がいる。
戦国の世を生きた女・湖衣姫。

彼女について歴史は多くを語ろうとはしない。
生まれた年、幾つで亡くなったのか、
そして本当の名前ですら定かではない。

ただ、晴信と湖衣姫が
たとえどのような結びつきであったにせよ、
人々はふたりの間に燃えるような愛が
あったことを信じ、語り継いでいる。

続きを読む "プレイバック武田信玄・(08)湖衣姫"

| | コメント (0)

2016年2月 4日 (木)

ノーマーク

チラシに掲載されたある商品。

普段であれば、地道にコツコツ売れていって
入荷した数の1割程度がチラシが終わっても売れ残り、
チラシが終わった以降に残りを売り切る、という感じなのですが、

その商品は、チラシ掲載の初日にしてバカ売れしまして
大量に入荷していたにも関わらず、初日にして完売してしまいました。
バカ売れ、というか、一部のお客さんが大量に買っていっちゃったのです。

まぁ、制限(おひとり1個、など)はかけていなかったので、
大量買いを止める理由が無かったわけですがw

チラシ、あと10日残っているのに(T^T)

特にその商品は、そのチラシ用に特別に入荷したものでして、
普段からお店に置いている商品ではありません。
ゆえに本部にかけあっても追加の手配ができず
致し方なく『完売』と案内しております。

特にこの時期に売れる! というものでもなかったし、
特段安い! というものでもなかったので、
全くもってノーマークでした。

| | コメント (0)

2016年2月 3日 (水)

方向幕考(134)

幕ファンのみなさま、
大変長らくお待たせいたしました。

“センバツ・ほうこうまくぅ(方向幕コレクション)”
通称“幕コレ”の第79弾は
N鉄バス大M田の大M田営業所車両を
ご紹介します。


Kassy家からこのエリアまで距離がある、ということも含めて
方向幕調査に難航したものであります。

通常、方向幕を携えたバスであれば、
運転席に座ったままでも指定のコマを表示できるように
運転席の近く、特に側面サンバイザーや
方向幕操作板の付近に「方向幕対照表」を添付していて、

この「方向幕コレクション」を更新するにあたり、
運転席のすぐ後ろの座席、あるいは前扉のすぐ後ろの席に陣取って
それをサササと書き写して、あとは実物コマが作動しているのを
目視してという調査が主になっているのですが、

続きを読む "方向幕考(134)"

| | コメント (0)

2016年2月 2日 (火)

プレイバック武田信玄・(07)風林火山

アポロ11号打ち上げ──。

1969(昭和44)年7月、歴史上初めて
人類を乗せてアポロ11号が月に着陸した。
その時、宇宙飛行士たちが月に残したものは
自らの足跡と1本の星条旗だった。

人は旗にそれぞれの思いを託す。
それぞれの思いが違うように、
旗もまた、その意味するところを変える。

戦意の鼓舞。
情報の伝達。
団結、そして主張。

人は、1本の旗の下に集まり、
争い、時として涙する。

そして今、甲斐という関東の小国に
恐らく、世界で最も正確なメッセージを持って
1本の旗が生まれようとしている。

続きを読む "プレイバック武田信玄・(07)風林火山"

| | コメント (0)

2016年2月 1日 (月)

微調整

毎週火曜日は、ウチのお店は商品が入荷する入荷日となっております。
しかし明日は、お店はとある行事が入っておりまして
ケツ(=終了時刻)が決まっております。

さらに翌日に仕事を持ち越すわけにもいかないので、
明日入荷する量を微調整して発注。
現在の在庫数と照らし合わせてみて、今回は発注しなくても
次回の発注日まで持ちそうな緊急性のない商品は発注せず、
ちょっと数量が足りない物でも、発注数を抑えて発注しました。

どれぐらい削減できたかは、お店全体として確定してみないと
数字が出て来ないんで分からないのですが、
本日その結果が出まして、およそ2割減v(^ ^)v
まぁ、まずまずの数字ですかね。

| | コメント (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »