2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« プレイバック武田信玄・(17)虎との出会い | トップページ | vol.188・旅情空間 »

2016年3月 9日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(144)

終点停留所の旅“たそがれ”第114弾です。

今回はF岡県F津市の
西F間三丁目バス停をご紹介します。


Mi2031

かつてここには、N鉄M地岳線「F間駅」がありました。

この写真のこの辺りには
電車が走っていた平成19(2007)年3月末までは駅建物があり、
鉄道線が廃止されて代替バス路線(行先番号[1-3])が運行されていた
平成21(2009)年3月末までは、バス転回場とバス停がありました。

取材当日(平成25(2013)年9月20日)時点では
駅建物は取り壊されて完全になくなってしまい、
今やその名残りすらなくなりつつあります。


Mi2028Mi2030

ここに駅があったことを知らせるもの、といったら
跡地前に立つ住居案内板の地図部分。
F間駅の記載があり、それが存在の証拠になっている程度です。

取材時にしばらくたたずんでいましたが、
ここが駅前だったという感じはほとんどなく
のどかな時間が流れていきました。


Mi2029

N鉄M地岳線のS宮〜T屋崎間が廃止された1年後の
平成20(2008)年4月1日から運行を開始した
コミュニティバス「Fくつミニバス」。

現在、旧駅前にはコチラのバスが乗り入れています。


Mi2032Mi2033

駅舎が取り壊された、ということは線路も撤去されて
跡地はご覧のように住宅地に代わってしまいました。

もともとあった住宅と、線路跡に一列に並ぶ新築住宅。
勘の鋭い方は、そういう事情だと
見ていて分かるのかもしれませんね。


Mi2034

街が変貌を遂げる、というのは
全体的に、いやほとんどの場合は一部で
区画整理が行われるということ。

ウチの近所も、小学校や中学校に通っていた時代とは大幅に違い
区画整理されたおかげで、近代的な街並になってしまいました。

小学校の玄関(生徒昇降口ではなく来客用玄関)に飾ってあった
この小学校の周辺の将来図を、小学生当時に見て
「こんな風になるわけないじゃん」って思っていましたが、
本当にそうなっちゃいましたww

今はこんな感じの変貌ですが、
もうしばらくして訪問してみたら
けっこう変わってしまっているのかもしれません。

« プレイバック武田信玄・(17)虎との出会い | トップページ | vol.188・旅情空間 »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プレイバック武田信玄・(17)虎との出会い | トップページ | vol.188・旅情空間 »