2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« プレイバック武田信玄・(27)川中島血戦(一) | トップページ | 後から分かる恐怖 »

2016年4月13日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(148)

終点停留所の旅“たそがれ”第118弾です。

今回はF岡県I塚市の
Kの森ヒルズバス停をご紹介します。


Mj0746Mj0747

実に名前がカッコイイ。
洋画に出てきそうな雰囲気です。
それらしいものは醸し出しています(←いちおう褒めてます)。


Mj0748

ほとんど埋まっていますが、
よーく見ればまだまだ空きがありますね。
とはいえ、取材日が2014年10月7日ですので
1年半近くも経てば、もう埋まっているかもしれません。

団地の地図の上の方に、バス停の位置が記載されています。
今からそこに行ってきます。

Mj0739Mj0740

ありましたありました。
ヒルズバス停です。

こちら側が終点側。
なのでsoramameさんのお言葉をお借りすれば
「おりばーくん」になるわけですが、


Mj0741

バスナビのカードが用意されています。
昔はココからいずれかのバス便に乗れたってことでしょうかね。
たとえば一時期はやっていた「復乗」パターンのように。

ちなみに現在、コード番号81384006を入力しても
「おりばーくん」つまりこちら側から出発する便がないので
表示はされません(^ ^;;)


Mj0742

「おりばーくん」の向かい側にある、正真正銘のバスのりば。
コチラにもバスナビのカードが入っていますが、
コード番号81384001を入力すれば
ちゃーんと出発案内が表示されますよ。


Mj0743Mj0744Mj0745

このスペースが、どうやらバスの折返し場らしい。
確かにタイヤ痕……ではないですけれど、
タイヤが通った痕がうっすらと見えますね。

このスペースのすぐ近くにある家の住人の方々であれば、
H多南駅のように、せっかくここで転回するんだから
ここからバスに乗せておくれよ! なんて
チラッと一度ぐらいは思ったかもしれませんね。

ま、そんな話はココに限らず、でしょうけどw

« プレイバック武田信玄・(27)川中島血戦(一) | トップページ | 後から分かる恐怖 »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プレイバック武田信玄・(27)川中島血戦(一) | トップページ | 後から分かる恐怖 »