« 抜糸 | トップページ | よふかし »

2016年4月17日 (日)

大河ドラマ真田丸・(15)秀吉

上洛する上杉景勝に従い、信繁は大坂を訪れる。
巨大な大坂城に圧倒される信繁。
やがて彼の前に、関白秀吉が姿を現す──。


壮大な大坂城に見とれていた信繁は
誰かが来そうだと察知し、慌てて対面の場へ戻ります。
そこに突如として現れた羽柴秀吉。

立てられた屏風の裏に隠れて、
呆気にとられている信繁に「来い!」と声をかけます。
訳も分からず、真田信繁も屏風の裏へ。

「真田安房守の息子だな」
そういうと、秀吉は福島正則が手配してくれた
着物に着替えて大坂を脱出していくわけです。
もちろん、信繁は秀吉のお供w

そして、不機嫌そうな表情の石田三成が対面の場に足を踏み入れ、
秀吉が着ていたであろう着物を見て「またやられた」とあきれ顔です。
バツの悪そうな表情で三成の後ろにいるのは片桐且元です。


秀吉がお忍びで向かったのは、お座敷。
吉野太夫が鼓に合わせて謡い、舞います。

その太夫が出て行くと、秀吉は信繁に
父・真田昌幸にはほとほと手を焼いている、と睨みます。
上洛せよと再三要請しているのに、なかなか来ないわけです。
「喧嘩売ってるのか?」

慌てて否定をする信繁に、
今さら自分に逆らってもいいことは一つもないぞ、と
しっかり脅しをかけておきます。

が、三成がいきなり現れ──。

秀吉は三成には逆らえないようで、
「源次郎が……な!」と思いつきで言い訳しますが、
そんなのお見通しな三成に
無理矢理大坂城に連れ戻されてしまいます(笑)。


石田屋敷に戻った信繁ですが、
三成が大谷吉継に会わせてくれます。
吉継は秀吉家臣団の中でもけっこうな切れ者のようで、
三成は高く評価しているようです。

信繁は、上杉景勝とともに秀吉との対面の席に行こうとした時
「そなたのことはまだ、殿下のお耳に入れておらぬ」と
三成から待機を命じられたことを持ち出し、
どうしてウソを言ったのかと聞いてみますが、

誤解されるような言い方をしたのかも、と
三成には軽く受け流されてしまいます。
まぁ、こういった感じの誤解が
後の大乱を引き起こすことにならなければ良いのですが。

吉継が見るに、三成が信繁に対して最初そっけなかったのは
三成が信繁を下に見ていて、話したくなかったからで、
今の三成がかなり親しげなのは、
信繁が秀吉のお気に入りになったから、と推測します。


6月14日、上杉景勝はついに関白秀吉に拝謁。

秀吉は、関東管領・上杉謙信の息子である景勝に
関東の要として、従四位下 左近衛権少将の位を
内裏に推挙しておきました。

その上で、驚くことを口にしたのです。
「これより後、真田への肩入れは無用とせよ」

徳川家康が真田討伐に名乗りを上げる予定です。
家康にとっては必ず勝たなければならない相手です。
そこで秀吉としては、少々めんどくさい家康を手懐けておくために
家康に恩を売っておきたいのです。

もし家康と真田が戦になった時、
上杉は真田に味方をするな、と遠回しに言っているわけです。

「やはりワシは、秀吉の下にはつかぬ!」
秀吉が去った後、景勝は肩をプルプルと震わせます。
どの面下げて信繁に会えばよいのだ、と顔面蒼白です。


秀吉の計らいで、千 利休の茶を楽しむために
茶室に招かれた景勝・直江兼続と信繁。

千 利休──元は堺の商人ながら
茶人として道を極め、今は秀吉の相談役であります。

利休は秀吉に茶を点て、景勝に茶を点てます。
そこで茶室の外で待てと秀吉から命じられるのですが、
秀吉は景勝のことを利休に聞いてみます。
「上杉殿、随分と心乱れておりましたのう」

しかし、何か踏ん切りがついたか
最後には心穏やかに茶を飲んでいたようです。
「わしに従うか」「間違いのう」
ニッコリする秀吉です。


今度は、秀吉は信繁を連れて茶々の居室を尋ねます。
「この大坂城の中で一番のべっぴんさまだ」

そう言いつつ、
茶々の顔が豊臣家臣の立花権三(ごんざ)に向いているのを
秀吉は見逃しませんでした。

権三も茶々も、秀吉にギッと睨まれていることに気づき
権三は目線を逸らし、茶々は愛想笑いでその場を切り抜けます。

子どもがいなかった秀吉は、血縁を大切にしていました。

羽柴秀長は3つ下の弟であり、
福島正則は秀吉の父の妹の子(=従兄弟)であり、
加藤清正は秀吉の母・大政所の従姉妹の子であります。

羽柴秀次は秀吉の姉の長男(=甥)であり
そしてまだ幼い少年は。秀吉の正室・寧の兄の子である
辰之助(後の小早川秀秋)であります。

その中心で、秀吉が明るく振る舞っています。
「うみゃあ! 母上さま! ゆっくり食べなあかんでぇ」

信繁が目撃した光景は、秀吉とその家族たちの
ごく短い幸せなときだったのかもしれません。

やがてこの中のひとりは、別の一人によって切腹に追い込まれ
少年は、自分のしたことの罪の重さに苛まれ、
21歳の若さでナゾの死を遂げるのです。

秀吉の笑い声がいつまでも響き渡っていました。


作:三谷 幸喜
音楽:服部 隆之
題字:挾土 秀平
語り:有働 由美子 アナウンサー
──────────
[出演]
堺 雅人 (真田信繁)
大泉 洋 (真田信幸)
長澤 まさみ (きり)
山本 耕史 (石田三成)
新井 浩文 (加藤清正)
藤本 隆宏 (堀田作兵衛)
藤井 隆 (佐助)
小林 隆 (片桐且元)
片岡 愛之助 (大谷吉継)
──────────
遠藤 憲一 (上杉景勝)
寺島 進 (出浦昌相)
近藤 芳正 (平野長泰)
山田 昌 (なか)
桂 文枝 (千利休)
竹内 結子 (茶々)
──────────
小日向 文世 (羽柴秀吉)
高畑 淳子 (薫)
鈴木 京香 (寧)
草刈 正雄 (真田昌幸)
──────────
制作統括:屋敷 陽太郎
    :吉川 邦夫
プロデューサー:清水 拓哉
演出:木村 隆文


◆◇◆◇ 番組情報 ◇◆◇◆

NHK大河ドラマ『真田丸』
第16回「表裏」

デジタル総合:午後8時〜
BSプレミアム:午後6時〜

|

« 抜糸 | トップページ | よふかし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 抜糸 | トップページ | よふかし »