2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« プレイバック武田信玄・(43)八千年の春 | トップページ | 好転 »

2016年6月 8日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(154)

終点停留所の旅“たそがれ”第124弾です。

今回はF岡県I塚市の
M星寺団地バス停をご紹介します。


Mj0779

取材でこの場所にやって来た時、ちょうどバスが待機中でした。

このテーマで長年やってきておりますが、
写真にバスが写り込むことはほとんどないので
……まぁ、本来はこうあるべきなんでしょうけどね!

Mj0780

住居案内板に「バス停留所」と書いていると
コチラとしては非常にありがたい。
もし迷ったときでもヒントになりますし、
廃止されて転回場が埋め立てられても遺構になります。


Mj0781

あっっ! 行かないで!!

あちこちキョロキョロしていたら、待機していたバスが
出発時間を迎えて行ってしまいました(^ ^;;)


Mj0782Mj0784Mj0786

図らずもバスが行ってしまいましたので、
いつも通りのテンションでお届けしますねw

先週の「H瀬団地」ほどではありませんが、
団地の真ん前にバス停があるっていう環境は
プチバス好きにとっては素晴らしい環境ですよね。

ウチ?
ウチはちょっと近くを通り過ぎるだけですから(^ ^;;)
バス停までも少し距離あるし。


Mj0783

行先のバリエーションは豊富です。
行先番号は1つだけなんですけど。


Mj0785

バス停前のほかに、恐らく駐車スペースであろうところにも
黄色いラインで3台分のスペースを確保されています。

と思って、およそ20年前の時刻表データをあさってみましたら
1時間あたり4本の高頻度運行をしている時間帯もあって、
(といいつつ、現在でも1時間あたり3本の時間帯あり)

ココでどれだけの待機時間が設けられているかは分かりませんが
3台はともかく、2台は重なる場合もあったかもしれませんね。


Kassyが小学校4年生の時、日曜日には
けっこうな時間をかけてラストの急坂もなんとか上り切って、
Tの浦営業所の前身・H野台営業所へ
よくバスを見に行っていたものです。

日ごろ見る路線のバス、
それからここに来なければ見られないバス、
バス停にずっと立ち尽くして、出発して行くバスを眺めたものでした。

Kassyが小学生なら、例えば土曜日の半ドンの下校時
この転回場前にずっと腰掛けて、入っては出て行くバスを
ずっと眺めていたかったなぁ。

« プレイバック武田信玄・(43)八千年の春 | トップページ | 好転 »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プレイバック武田信玄・(43)八千年の春 | トップページ | 好転 »