2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« プレイバック武田信玄・(47)三方ヶ原の戦い | トップページ | 1週間前 »

2016年6月22日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(156)

終点停留所の旅“たそがれ”第126弾です。

今回はF岡県M若市の
C前H吉バス停をご紹介します。


Mj0794

ヘアピンカーブの頂点部分に
斜線が引かれたエリアがありまして、

Mj0796

そこがC前H吉バス停。

ここで折り返していたときは転回スペース、
折り返さなくなったら、バスバースとでもいいましょうか。


Mj0795

M若市(旧若M町)とI塚市の境界部分。
手前側がI塚市Y木山です。

F丸というジェイアールのバス駅からこんな峠道までやってくるので
路線バスではなく「予約制タクシー」での運行なのですが、
朝の上り(F丸ゆき)1便は、小学校登校日に限りマイクロバス運行。
小学校休校日は、通常通り「予約制タクシー」制。

上り(F丸ゆき)、月〜金4便、土2便、日祝運休。
下り(F丸発)、月〜金6便、土2便、日祝運休。
(平成26年時点)


Mj0797

コンビニやお店が途絶える中「そば」!! という文字を見れば、
カーブを曲がりかけていても、このバス停前に思わず車を停車させ
看板の内容を確認した後、おそば屋さんに向かいそう。

それほどのインパクトです。


Mj0798

バス停のすぐ横には、川のせせらぎ。
水の音を聞くのは、夏場にはかなりの効果絶大。
でもそれに負けないぐらい、セミの鳴き声もウルサいですけどね。

ジェイアールS栗駅からN山観音に向けて
期間を限って臨時バスが走りますが、
途中でN山観音方面へ右折するところをそのまま直進して
ひたすら道なりに進むと、このあたりに出てきます。

一瞬だけ方向感覚を失いかねませんが、
歩くのには少し遠いものの
涼しい時期に行ってみるのもいいかもしれません。

« プレイバック武田信玄・(47)三方ヶ原の戦い | トップページ | 1週間前 »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プレイバック武田信玄・(47)三方ヶ原の戦い | トップページ | 1週間前 »