2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« プレイバック武田信玄・(49)幻の都 | トップページ | vol.196・夏バテのメカニズム »

2016年6月29日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(157)

終点停留所の旅“たそがれ”第127 弾です。

今回はF岡県M若市の
C前畑バス停をご紹介します。


Mj0799

非常に趣のある建物。
小学校の分校かと思っていたら、公民館なんだそうです。

Mj0800

公民館から道路に出れば、バス停が見えます。


Mj0802

お客さんのために、ポツンと立ち続けます。


Mj0801Mj0803

まっすぐ伸びる県道に比べて、
バス停前のスペースのえらい広いこと。
バス転回用?


Mj0804

……とも考えたのですが、
ここだけではなく、その先も同じような形状。

もしかしたら、かつては川に沿って道が走っていたものの
道を直進に伸ばしてショートカットしてあげるようになったため
元々の道がこういった形で残ってしまった、とか?

航空写真など昔の資料を見てみる必要がありますね。

« プレイバック武田信玄・(49)幻の都 | トップページ | vol.196・夏バテのメカニズム »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プレイバック武田信玄・(49)幻の都 | トップページ | vol.196・夏バテのメカニズム »