2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« 酷暑到来 | トップページ | 方向幕考(108)改 »

2016年7月 5日 (火)

プレイバック真田太平記・[新] (01)若武者たち

天正10(1582)年3月1日──。

全国制覇を目前にしていた
甲斐の武田信玄が死んですでに9年。

あまりにも偉大な力を持っていた信玄を前に
なりを潜めていた各地の戦国大名たちは
信玄の死を待っていたかのように動きだし、

特に尾張の織田信長はその勢力を広げて
小田原の北条氏政、三河の徳川家康とも手を結び
信玄の遺児・武田勝頼を攻撃していました。

今から400年前(※放送当時)のことであります。

そして武田軍最後の砦とも言うべき信州高遠城を
織田軍50,000が包囲していました。


原作:池波 正太郎

脚本:金子 成人

音楽:林 光

考証:鈴木 敬三
風俗考証:磯目 篤郎
殺陣:林 邦史朗

タイトル題字:池波 正太郎
タイトルバック:山口 泰博
語り:和田 篤 アナウンサー

──────────

[出演]

渡瀬 恒彦 (真田信幸)

草刈 正雄 (真田幸村)

遙 くらら (お江)

榎木 孝明 (樋口角兵衛)

木之元 亮 (向井佐平次)
大谷 友右衛門 (矢沢頼康)

真田 健一郎 (奥村弥五兵衛)
渋谷 天笑 (姉山甚八)

水島 涼太 (沢山東次)
野分 龍 (熊沢仙三)

入江 繭子 (弥生)
筑波 みどり (宇乃)

──────────

夏八木 勲 (壺谷又五郎)

香野 百合子 (久野)

石橋 蓮司 (猫田与助)

宏滋 晃 (武田勝頼)
戸沢 佑介 (小山田信茂)

古屋野 恵義 (原島市之介)
幸田 直子 (奈美)
小島 憲子 (女忍び)

岩間 志乃 (武田勝頼夫人)
都築 貴浩 (武田信勝)
中島 次雄 (組頭)

千葉 清次郎 (織田の忍び)
猫俣 博 (織田の忍び)
小田島 隆 (真田の忍び)
中村 正人 (真田の忍び)

中西 由香力 (真田家の侍女)
小西 美千代 (真田家の侍女)
江森 正枝 (真田家の侍女)
丹内 由基子 (真田家の侍女)

栗野 雅子 (真田家の侍女)
市来 まさみ (草屋敷の女)
鹿倉 加代子 (草屋敷の女)
小沢 悦子 (草屋敷の女)

若駒
鳳プロ
劇団ひまわり

──────────

加藤 嘉 (矢沢頼綱)

花沢 徳衛 (横沢与七)

小山 明子 (山手殿)

丹波 哲郎 (真田昌幸)

──────────

制作:榎本 一生

美術:内藤 政市
技術:設楽 国雄
効果:上田 光生

照明:高橋 猛
カメラ:吉野 照久
音声:谷島 一樹
記録・編集:野田 茂子

演出:大原 誠


武田家の命運がまさに尽きようとしているこの時、
上州岩櫃城を野駆けする3人の男たち。

真田の嫡男・真田源三郎信幸、
その弟・真田源次郎幸村、
それに樋口角兵衛であります。

3月の肌寒い時とはいえ
遠距離を野駆けしてくれば汗もかくわけで、
幸村と角兵衛は川の水で顔を洗って気持ちよさそうです。

しかし信幸は、汗もかかず生真面目な表情ばかり。
人が幸村らのような人間を好むことは、
信幸は重々分かっているつもりです。

信幸らは、上州沼田、岩櫃、信濃小県の領主である
父・真田昌幸の招集命令に応じて急いで岩櫃城に戻ります。


昌幸の目となり耳となっていろいろな情報をもたらす“草の者”。
そんな彼らを束ねる壺谷又五郎が昌幸の前に音もなく現れ
武田軍が織田軍に囲まれている現状を報告しています。

そこに戻って来た信幸と幸村。
それに真田家臣の矢沢三十郎頼康が加わります。

その席に加われない角兵衛は、
信幸・幸村の従兄弟(母親同士が姉妹)でありながら
軍議の場には呼ばれていません。
オレはいっつものけ者だ! とすねています(^ ^;;)

「勝頼さまをこの岩櫃にお迎えする」
真田の居城・岩櫃城は難攻不落という自信があり、
ここに地侍や農民たちをかき集めて
勝頼を迎えて1〜2年踏ん張っていれば
いずれは武田の陣構えができてくるであろう、という推測です。

打つ手がなくなる前に、
又五郎に高遠城へ向かわせることにします。
武田を救う道は、敵の大将である織田信忠を襲うしか
方法がなかったわけです。


そして昌幸は勝頼のいる新府城へ。

武田家父祖伝来の地、
甲斐信濃を捨てて岩櫃へ移ってほしい。
そう説得する昌幸に少し考えた勝頼は頷きますが、
昌幸が退室した後、小山田信茂が反対を唱えるわけです。

そしていよいよ、高遠城では
信忠による総攻めの命が下されます。


岩櫃城では、勝頼が入った時のために
籠城の支度が始められています。
しかし、昌幸がどれだけ待っても
勝頼が入城したという知らせがありません。

武田の命運尽きたか──。
昌幸がつぶやきます。


又五郎の配下の“女 草の者”お江は、武田軍の中から
向井佐平次という男を救い出せという命を受け
負傷した佐平次を支えながら城を脱出します。

その後高遠城が落ち、織田軍は更に怒濤のように
甲斐へなだれ込んできました。

3月10日、勝頼自害。

岩櫃へ迎え入れようとした時には10,000いた
武田の軍勢はほとんどが逃げ去り、
名門としてはあまりにも寂しい終焉でありました。


昌幸は、妻・山手殿の妹で
武田家家臣の樋口下総守の妻である久野に
武田家滅亡のことを伝えます。

樋口下総守も武田家と命運を共にしたということで
嘆き悲しむ久野ですが、昌幸は
このまま岩櫃で暮らせばよいと久野を抱き寄せます。

どうやら昔、昌幸と久野は関係があったようで(^ ^;;)
山手殿は、そんな妹と夫との関係を疑っています。


佐平次を介護するお江ですが、
介護しながら、敵の“草の者”につけられたと察知。
佐平次を突き落とし、生きたいならここを動くなと命令すると
敵の目を逸らそうと独自に動き出します。

お江をつけていたのは猫田与助。
織田信長のために働く甲賀忍びのひとり。

与助と対決したお江でしたが、
相手が忍びの男であっては
いくら強いお江といっても劣勢になります。
お江ピンチ!

しかしその瞬間、
横から仲間の奥村弥五兵衛による助けが入り、
命拾いです。


武田という主を失った真田のとるべき道は──。

3つの城を束ねる真田領に上杉が攻めてくるのは無論であり、
それを織田徳川が黙って見過ごすこともあり得ません。
北条からは、小田原につけと催促が来ています。

信幸は、北条とは手を切るべきだと主張。
北条と手を切るということは、つまり徳川につけということですが、
しかし昌幸は徳川家康という人物が好きではないと言い出します。

いやいや信幸は、徳川につけというのではなく
織田につけと言っているわけです。
信長に頭を下げよと言うのか、と昌幸はたちまち不機嫌になり
会議の席から追い出されてしまいます。


といいつつ、昌幸は信長に対して書状をしたためます。


天正10(1582)年3月11日、
「天目山の戦い」で滝川一益軍に奮戦するも、
午前11時ごろに武田勝頼は自害し、守護大名武田家が滅亡する。

慶長20(1615)年5月7日、
大坂夏の陣にて真田信繁が討ち死にするまで


あと33年1ヶ月──。

(『真田丸』では「(1)船出」〜「(2)決断」付近)

« 酷暑到来 | トップページ | 方向幕考(108)改 »

NHK新大型時代劇1985・真田太平記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 酷暑到来 | トップページ | 方向幕考(108)改 »