2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« プレイバック真田太平記・(03)幸村初陣 | トップページ | vol.197・おっさんの傾向と対策 (前編) »

2016年7月13日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(158)

終点停留所の旅“たそがれ”第128弾です。

今回はF岡県M若市の
C前Y崎バス停をご紹介します。


Mj0807

「C前Y崎」バス停。
JアールK州バスとしてはここにやっては来ませんが、
「M若市乗合バス」として、
JアールK州バスが運行してやってくるみたいです。

月〜金は5往復、土は2往復、日祝お休み。

Mj0808

それにしても、もともと別の場所にあったバス停を
こちらに転用して使うのはよしとしても、
旧バス停名の上に新バス停名を貼り付けて
急場をしのいだように見受けられますが、

重ねた紙なりシートなりが、経年劣化で剥がれてしまい
旧バス停名もハッキリと見えるようになってしまった時
何と書いてあるかパッと見では分からなくなってしまいます。

ちなみにこれ、旧バス停は“坂ノ市町”と読めるようですが……?

O分県にこの地名があるみたいですが、
“駅”とは違う場所のバス停ですかね?


Mj0806

バス停前は公民館。
ここのスペースを使って転回していたのでしょうか。
それとももっと先?


Mj0805

気を許してしまうと、ついうっかり見落として
通り過ぎてしまいかねないところに標柱が立っています。

Kassyは、調査時にこの付近にナビの目的地フラグを
置いていたので難なく発見できましたが、
もし置いていなくて地図だけを頼りにココに向かっていたら
まちがいなく通り過ぎていたでしょう。

« プレイバック真田太平記・(03)幸村初陣 | トップページ | vol.197・おっさんの傾向と対策 (前編) »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プレイバック真田太平記・(03)幸村初陣 | トップページ | vol.197・おっさんの傾向と対策 (前編) »